カテゴリー「ウイルス、細菌、微生物」の377件の記事

2022.01.19

1日当たりの新型コロナウイルスの陽性者が過去最大に

新型コロナウイルスの陽性者が急増いています。

全国も静岡県も1日当たりの陽性者が昨年夏の第5波を超え、日々最高値を更新しています。

今後、感染拡大にとなって重傷者や死亡者が増えるか、オミクロン株の病原性が対応のキーになりますね。

22011901

22011902

| | コメント (0)

2022.01.14

新型コロナウイルス オミクロン株の病原性に関するデータが少しづつ公表されるようになりました

新型コロナウイルス オミクロン株の感染拡大は急激で、第5波のピークに達しそうです。

22011402

22011403

その中で、知りたいのはオミクロン株の病原性です。

デルタ株よりも伝播のスピードは速いけれど、病原性は弱いと言われています。ただ、なかなか具体的な数字は見つけられませんでした。

でも、国立感染症研究所からサンプル数は少ないけれど病原性が推察できるデータが公表されました。

それによると、入院患者のうち無症状と軽症を合わせて95%になっています。

22011401

参照:SARS-CoV-2 の変異株 B.1.1.529 系統(オミクロン株)について(第6報) 2022.01.14/国立感染症研究所 (PDF 1.58MB)

----------
PDF形式のファイルの閲覧には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、下のバナーのリンク先からダウンロードしてください。

get_adobe_reader

| | コメント (0)

2022.01.13

新型コロナウイルス感染症は第6波到来かな

全国の新型コロナウイルスの陽性者が、12日に13,249人になり急増しています。第6波の到来ですか。

デルタ株がオミクロン株に置き換わりつつあるようで、オミクロン株は伝播のスピードは速いものの病原性は低いなどの情報が断片的に伝えられています。

コロナウイルスのようなRNAウイルスは変異があたりまえだし、増殖に有利な株が主流を占めることも当然でしょう。今後もオミクロン株よりもより環境に適応した株が登場すれば、また置き換わっていくのだと思います。

問題はその株の病原性であって、感染者数の報告ばかりでなくその症状の程度も公表されるといいのだけれど。

22011301

静岡県の陽性者も増加していて、12日の新規陽性者は212人でした。静岡も同じように今後、増えるだろう。

22011302

| | コメント (0)

2021.12.31

年が明けたら新型コロナウイルスの陽性者が増えそうですね

年が明ける直前の渋谷スクランブル交差点のライブカメラを見たら、結構な人出です。

211231
・ YouTube 渋谷ライブカメラ 2021.12.31 23:55


【LIVE】渋谷スクランブル交差点 ライブカメラ/ANNnewsCH

新型コロナウイルス感染症の第5波の後、ウイルス陽性者数は極端に少なくなっています。

しかし、デルタ株にかわってオミクロン株に置き換わりつつあるので、年が明けると陽性者数は増加するのでしょうね。

まあ、病原性が低下して入院するほどの症状にならなければ大きな問題にはならないと思うので、オミクロン株の病原性を知りたいです。

211231_20220101013501

| | コメント (0)

2021.12.08

今シーズンの鳥インフルエンザはH5N1とH5N8のふたつの亜型が発生しているんだ

昨日、千葉・行徳の叔母と電話で話をしていたら、最近、近所で鳥インフルエンザが出たと言っていました。

行徳は千葉県でも東京都境に近く養鶏場があったかと思って調べてみると、宮内庁の御用牧場・新浜鴨場のアイガモで発生していました。

そう言えば今シーズンは、鳥インフルエンザの発生を耳にします。

これまでに秋田、埼玉、千葉、兵庫、広島、熊本、鹿児島の7県8例でA/H5N1とH5N8のふたつの亜型が発生しています。

カモやハクチョウの渡りのルートがオホーツク海経由や朝鮮半島経由があるから、ルートによって持ち込まれるウイルスが違うのかと思いましたが、鹿児島・出水市のふたつの養鶏場では違う亜型が発生しているので、ルートによる違いではないようです。

211208

| | コメント (0)

2021.11.20

2021/'22シーズンのインフルエンザワクチンを接種してきました

毎年、接種しているインフルエンザワクチンを今日窃取してきました。

昨シーズンのインフルエンザの発生は極めて少なかったですが、今シーズンはどうだろう。

それにしても新型コロナウイルスワクチンが、インフルエンザワクチンのように副反応が少ないといいのですが...

21112001

21112002
・ ワクチン接種の際、配布された接種後の注意事項のリーフレット
※ 画像をクリックすると別ウインドウに拡大表示します。

211120

21101102

| | コメント (0)

2021.11.16

新型コロナウイルス「ワクチン・検査パッケージ」制度

新型コロナウイルス対策として「ワクチン・検査パッケージ」制度の案が、新型コロナウイルス感染症対策分科会で了承されたとNHKが報じていました。

この制度が導入されると、コンサートやイベントなので「予防接種済証」を提示する機会が増えるのかな?

211116

接種や検査済を提示するスマートフォン向けのアプリケーションも考えられているようですが、アプリの乱立にならないよう統一して欲しいです。

「ワクチン・検査パッケージ」制度要綱案を了承 政府分科会
新型コロナウイルス対策にあたる政府の分科会が開かれ、ワクチン接種や検査による陰性の証明によって行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」制度の要綱案が示され了承されました。新型コロナウイルス対策にあたる政府の分科会が開かれ、ワクチン接種や検査による陰性の証明によって行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」制度の要綱案が示され了承されました。
専門家からは、接種を終えた人でも感染リスクがあるといった限界があることに注意し、感染が大きく拡大した場合には停止も検討する必要があるといった意見が出されたということです。
-----
案では、飲食やイベントでの行動制限を緩和しようとする事業者は、あらかじめ、制度の適用を都道府県に登録し、利用者に対してワクチンの接種証明か検査の陰性証明のいずれかを選択するよう求めるほか、ワクチンの接種証明について、2回目の接種から14日以上経過したことの確認を条件とし有効期限は当面定めないなどとしています。
これについて、専門家からは接種を終えた人や検査で陰性の人も感染リスクがあるといった限界があることに注意し、感染が拡大し、一般医療を相当程度制限しなければコロナ対応ができない「レベル3」では停止も検討することや接種証明の有効期限について、今後検討することが必要だといった意見が出されましたが、要綱案は了承されました。
2021.11.16/NHK

| | コメント (0)

2021.11.12

今シーズンのインフルエンザワクチンが不足気味だそうです

今シーズン(2021/'22)のインフルエンザワクチンが不足気味と静岡新聞が報じていました。もっとも、供給の立ち上がりが遅れただけで、需要は満たされるようです。

昨シーズンは、インフルエンザの発生が記録的に少なかったです。

新型コロナウイルスの感染拡大第5波が収束し新規陽性者が少なく推移しています。

まだ、インフルエンザの感染者は少ない状態ですが、今シーズンのインフルエンザと新型コロナの感染はどうなるのでしょう。

211112

関連エントリー:2021/2022シーズンのインフルエンザワクチン接種の予約をしました 2021.10.11

インフルワクチン不足気味 接種需要高まるも供給立ち上がりに遅れ
11月に入り、季節性インフルエンザの流行期を迎えた。新型コロナウイルス予防の波及効果で昨季の患者数は激減したが、今季は海外の状況を理由に国内流行を懸念する声がある。ワクチン供給は例年より立ち上がりが遅く、需要の高まりもあって不足気味。ただ、県は「供給量は年内にも回復する。焦らず情報確認を」と冷静な対応を呼び掛ける。
2021.11.09/静岡新聞

| | コメント (0)

2021.10.22

静岡県の1日当たりの新型コロナウイルス陽性者が0に

今朝のJR静岡駅 新幹線下りホームは、いつもより人が多くいました。

最近、静岡県の一日当たりの新型コロナウイルス陽性者数は一桁が続いていて、今日は0でした。

陽性者の急激な減少もあって、人が動き出したのかな。

211022_20211023223501

211022

| | コメント (0)

2021.10.11

2021/2022シーズンのインフルエンザワクチン接種の予約をしました

かかりつけ医にインフルエンザワクチン接種の予約をしました。

厚生労働省の新型コロナワクチンQ&Aによると、新型コロナワクチンと他のワクチンの接種間隔は2週間あけるとのことです。

僕が新型コロナワクチンの2回目を摂取したのが9月18日だから、11月のインフルエンザワクチンの接種まで十分間隔が開いています。

今シーズンのワクチンもA型 H1N1 pdm2009、H3N2、B型 山形系統、ビクトリア系統の4種混合ワクチンです。

21101102

昨シーズンのインフルエンザの発生は極めて低く、ほとんど問題になりませんでした。

新型コロナ対策でマスクや手指消毒、外出の制限などでインフルエンザの発生も抑制されたのか、それとも新型コロナウイルスが蔓延したためインフルエンザウイルスが抑制されてしまったのか? 何か昨シーズンのインフルエンザの少なさの原因があるのでしょう。

今シーズンはどうだろう。

21101101

Q 新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種することはできますか。
A 原則として、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種できません。
原則として、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種できません。 新型コロナワクチンとその他のワクチンは、互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。
(例) 4月1日に新型コロナワクチンを接種した場合、他のワクチンを接種できるのは、4月15日(2週間後の同じ曜日の日)以降になります。
なお、創傷時の破傷風トキソイド等、緊急性を要するものに関しては、例外として2週間を空けずに接種することが可能です。
2021.10.11現在/新型コロナワクチンQ&A 厚生労働省

関連エントリー:新型コロナウイルスワクチンの2回目の予防接種を受けてきました 2021.09.18

| | コメント (0)

より以前の記事一覧