カテゴリー「天文」の577件の記事

2024.04.10

日本で次に日食が見られるのは、金環日食が2030年、皆既日食が2035年

8日は、皆既日食が、アメリカの南部テキサス州から東部メーン州にかけて大陸を斜めに横断する形で見られたそうで、NHKニュースをはじめ話題になっていました。

うらやましい限りです。

国立天文台の日食一覧によると次の日本で日食が見られるのは、2030年06月01日の金環日食、次は’35年9月2日の皆既日食です。

しかし、日食各地予報の’30年6月1日の静岡市葵区の食の最大は17時8分の0.768なので、完全に欠けません。

また、’35年9月2日の静岡市葵区の食の最大は10時6分の0.961なので、皆既にはなりませんがほとんど月に隠れます。

ステラナビゲータ12により当日の静岡での食の最大をシミレートしたのが下の画像です。

2404100124041002
・ ステラナビゲータ12による静岡市葵区のシミレーション
・ 左:2030.6.1 17:08 右: 2035.9.2 10:06

でも、この歳になるとそれまで生きていられるか ^^;

参照:日食一覧 日食各地予報/国立天文台

引用文皆既日食 アメリカで7年ぶりに観測 数分間 夜のように暗くなる
太陽が月と重なり完全に隠れる皆既日食が8日アメリカを横断する形で見られ、晴れた地域では、皆既日食になった数分間、あたりが夜のように暗くなりました。
皆既日食は、太陽と月と地球が一直線に並び、地球から見た太陽が月と重なって完全に隠れる珍しい天体現象で、8日、北米の一部の地域で見られました。
このうちアメリカでは、南部テキサス州から東部メーン州にかけて大陸を斜めに横断する形で見られ、晴れた地域では太陽が徐々に欠けていく様子が観測され、皆既日食になった数分間、あたりが夜のように暗くなりました。
アメリカで皆既日食が観測されたのは2017年以来です。
2024.04.09/NHK

| | コメント (0)

2024.03.28

SLIMが2度目の活動を再開

14日周期で昼夜を繰り返す月面。3月1日に夜に入り再び活動を停止した小型月着陸実証機SLIMが、高温の昼を超えて再び通信を回復したそうです。JAXAがアナウンスしています。

赤道付近は昼は110℃、夜は-170℃になるという過酷な月面。

タフですね。SLIM!

関連エントリー:SLIMが活動再開 2024.02.26

引用文日照に伴う活動再開
月面での2回の夜を越え、高温になる昼を経て、この日、SLIMとの通信を再度確立しました。仕様外の過酷な温度環境によってバッテリや一部温度センサが不調になり始めていることを確認しました。なお、バッテリは着陸後に電気的に切り離していますので、運用そのものには影響が出ないようになっています。
2024.03.27/国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構J(JAXA)

| | コメント (0)

2024.03.05

国際宇宙ステーションが日本上空を通過する時刻がわかるサイト「#きぼうをみよう」

KIB放送局の「#きぼうをみよう」では、国際宇宙ステーション(ISS)が日本上空を通過する日時がわかります。

以前は宇宙航空研究開発機構のサイトで運用されていましたが、こちらに移転されました。

サイトでは日本上空を通過する日時や経路が確認できます。

直近で静岡上空をISS(きぼう)が通過するのは、3月8日4:56ころ、北西から南東の空を移動します。

240305
・ 「#きぼうをみよう」から画像引用

下の動画は、2015年10月25日に静岡市上空を通過したISSです。ハッキリと写っていませんが ^^;


静岡市葵区上空を通過する国際宇宙ステーション
2015.10.25 17:54頃 静岡市葵区平野部 西→南の空

参照:#きぼうをみようKIB放送局

| | コメント (0)

2024.02.28

国際宇宙ステーションの位置が確認できるiPhone用アプリ ’ToriSat’は’SpaceStation’に変わった?

久しぶりに国際宇宙ステーション(ISS)を見ようとして、新しいiPhoneに ’ToriSat’をインストールしようと思いました。

Apple Storeで ’ToriSat’を検索すると’SpaceStation’が表示されました。

使ってみると’ToriSat’でできたことは’SpaceStation’でもできるようです。

240228
・ ’SpaceStation’のアイコン

関連エントリー:4444 2013.02.25

| | コメント (0)

2024.02.26

SLIMが活動再開

1月31日に月の公転・自転の関係で太陽光を受けられなくなり活動を停止してい小型月着陸実証機(SLIM)が、再び太陽光を受けられるようになり通信機能が回復したと、@SLIM_JAXAかXに投稿しています。

また、月面の写真も公開しています。

それにしても、月面の赤道付近は昼は110℃、夜は-170℃になるといいます。SLIMの耐候性は大したものですね。

240226
・ X @SLIM_JAXAから画像引用

関連エントリー:SLIM、再び活動停止 2024.01.31

引用文小型月着陸実証機SLIM
「昨晩、コマンドを送信したところSLIMから応答がありました。SLIMは通信機能を維持しての月面での越夜に成功しました!昨晩はまだ月の昼で通信機器の温度が非常に高かったことから短時間の運用のみで通信を終了しています。今後、温度が十分に下がったところで観測を再開できるように準備を進めます。
2024.02.26/@SLIM_JAXA

| | コメント (0)

2024.02.24

久し振りに月が見えます

このところ2月というのに雨が続き、月や星は見られませんでした。

でも、今夜は雲間に満月が見えます。今年、地球から一番遠い満月です。

240224
・ 満月 月齢14.5 2024.2.24 20:34 静岡市葵区平野部 東の空

| | コメント (0)

2024.02.03

SLIMが着陸した「神酒の海」や「テオフィルス・クレーター」

1月20日に月面着陸に成功した小型月着陸実証機(SLIM)の着陸地点は、神酒の海(みきのうみ Mare Nectaris)のそばのテオフィルス(Theophilus)というクレータのへりだそうです。

24020501
・ 神酒の海とテオフィルス・クレーター付近

24020502
・ 神酒の海とテオフィルス・クレーター
※ ステラナビゲータ12から画像引用

関連エントリー:小型月着陸実証機(SLIM)の月面着陸成功 2024.01.20

| | コメント (0)

2024.01.31

SLIM、再び活動停止

1月20日に月面着陸に成功した小型月着陸実証機(SLIM)は、太陽光パネルが28日に発電ができるようになり通信機能が復活しました。

しかし、公転・自転の関係で再び太陽光を受けられなくなり、今日再び活動を停止し休眠に入るそうです。朝日新聞が報じていました。

再び光が当たるのは約2週間後とのこと。太陽光が当たらないと月面は-100℃以下になりSLIMの設計仕様を超えるため復活するかはわからないそうです。

ただ、メインエンジンが故障した状態でも誤差は出たけれどピンポイント着陸に成功したSLIM。高い技術力で超極寒を超えることを期待します。

朝日新聞の記事の見出しに「観測結果に興奮」とあります。X @SLIM_JAXAでその様子が発信されています。

240131
・ X @SLIM_JAXAから引用

関連エントリー:SLIMの通信機能が復活 2024.01.30

引用文月探査機SLIM、再び休眠 犬種付いた岩石増加「観測結果に興奮」
月への着陸に成功した探査機SLIM(スリム)の月面探査が31日、いったん終了した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、着陸地点は2月1日ごろに太陽光が当たらなくなり、再び「休眠」状態に入るという。
月では太陽光が当たる状態と当たらない状態が約2週間ずつある。太陽光が当たらないと、零下100度以下まで下がる。SLIMはこの極寒に対応する設計になっていないという。電子機器が約2週間の過酷な環境を乗り越えて、再び起動するかどうかはわからない。
2024.01.31/朝日新聞

| | コメント (0)

2024.01.30

SLIMの通信機能が復活

1月20日に月面へのピンポイント着陸に成功した小型月着陸実証機(SLIM)ですが、この時に機体がさかさまになってしまい太陽光パネルが光を受けられなくなり通信を停止していました。

それが、月の公転・自転により太陽の位置が変わり28日に発電ができるようになり通信機能が復活したそうです。

JAXAがXの@SLIM_JAXA「小型月着陸実証機SLIM」で発信しました。搭載マルチバンド分光カメラの月面写真も掲載されています。

ところで岩石に名前が付けられているけれど、「プードル」て写真のどれ ^^;

240130
・ X @SLIM_JAXA「小型月着陸実証機SLIM」から画像引用

関連エントリー:SLIMが撮影した月面の画像が公開された 2024.01.26

| | コメント (0)

2024.01.26

SLIMが撮影した月面の画像が公開された

20日未明に月面に着陸した小型月着陸実証機(SLIM)が撮影した月面の写真を宇宙航空研究開発機構が公開されました。

SLIM搭載のマルチバンド分光カメラ(MBC)が撮影した傾斜はしているものの比較的平な月面に小さな岩石が点在しています。

また、SLIMから放出された変形型月面ロボットLEV-2「SORA-Q」が撮影したSLIMの写真も公開されています。

こちらの写真には月面に着陸したSLIMが逆立ちの状態で金色に輝いて写っています。

参照
小型月着陸実証機(SLIM)搭載マルチバンド分光カメラ(MBC)による撮影画像の公開について 2024.05.25/JAXA他
変形型月面ロボットによる小型月着陸実証機(SLIM)の撮影およびデータ送信に成功 2024.01.25/JAXA他

| | コメント (0)

より以前の記事一覧