カテゴリー「気象」の467件の記事

2022.09.26

台風第15号の影響による清水区の断水の解消は10月初旬

近所のコンビニに寄ったら水や清涼飲料の棚が空でした。これは清水区の台風第15号による断水の影響だろうか?

静岡新聞によると清水区の断水は6万3千戸で、復旧には1週間以上かかるようです。

我が家は12時間の停電以外は台風の影響はなかったけれど、清水区では大変なことになっています。

220926
・ 2022.09.25 18:52 静岡市葵区

引用文清水区の断水、解消は10月初旬か 取水口に大量障害物 台風15号被害
台風15号の影響により静岡市清水区で発生した大規模な断水被害について市は25日、解消時期は10月初旬になる見通しを示した。断水する世帯は5万5千戸から約6万3千戸に増えたとも発表。田辺信宏市長は「遅くとも1週間以内の復旧を目指す」とするが、市は原因となった興津川の取水口のがれき除去に本格着手できておらず、影響は長期化する恐れもある。市は清水区などの小中学校計42校を26日は休校とし、断水や停電が解消され次第再開すると決めた。
2022.09.25/ソフトバンク

| | コメント (0)

2022.09.25

停電時はラジオが頼りになります

台風第15号の影響で24日2時から14時まで停電になりました。時折、稲光はするものの辺りは真っ暗です。


2022.09.24 台風第15号 静岡市葵区 停電中

停電になるとテレビや光回線は使えなくなります。

停電下でもiPhone(SoftBank)でネットにつなぎ、数時間は情報を得ていました。ところが停電の影響でSoftBankもつながらなくなってしまいました。

それで役に立ったのがラジオです。

K-MIX、NHK、SBSは県域の情報が中心ですが、静岡市のコミュニティFM FM-Hi!が市内の情報が中心で役に立ちました。

足久保の送電鉄塔が山崩れで倒れたことが停電の原因であることもFM-Hi!で知りました。

ラジオはバッテリーの持ちもいいし停電時には役に立つことを再認識しました。

22092501

22092502

引用文障害情報 台風15号の影響により静岡県の一部地域で携帯電話サービスがご利用しづらい状況について(9月24日 午後6時現在)
-----
台風15号の影響により、下記のとおり静岡県の一部地域で携帯電話サービスがご利用しづらい状況となっております。
現在復旧作業に努めておりますが、お客さまにはご迷惑をお掛けしておりますことをお詫び申し上げます。

(発生日時)
2022年9月24日(土)午前5時頃
(影響地域)
以下の一部地域
静岡県 静岡市(葵区、清水区)、掛川市、島田市、榛原郡川根本町
以下の地域は復旧しました。
静岡県 周智郡森町
-----
(原因)
台風15号に伴う停電および伝送路支障の影響
2022.09.25/ソフトバンク

| | コメント (0)

2022.09.24

14時に停電から復旧しました。12時間の停電長かった。

2時に発生した停電は14時に解消しました。12時間と長い停電でした。

中部電力パワーグリットによると、台風第15号の影響で、葵区足久保の送電鉄塔2基が山崩れで倒れたことが原因で、別ルートの送電に切り替えることにより停電解消したとのことです。

関連エントリー:静岡は2時頃から停電が続いています 2022.09.24

引用文台風15号による停電発生について(お詫び)
風接近による大雨、雷などの影響により、現在、静岡県内の広範囲で停電が発生しております。
停電している地域のお客さまには、大変ご迷惑をおかけしていることを、深くお詫び申し上げます。
静岡市葵区を中心とした故障については、ヘリコプターなどを使った送電線巡視を行った結果、静岡市葵区足久保口組地内の山崩れで当社の送電鉄塔2基が倒れていることが判明いたしました。
なお、倒壊した鉄塔からお送りしていた電気については、14:28までに別の送電線ルートから送電することができており、上記を原因とする停電については概ね解消できています。
2022.09.24/中部電力パワーグリッド

| | コメント (0)

静岡は2時頃から停電が続いています

台風第15号の雨はおさまりましたが、6:30現在停電は続いています。

光回線もWifiも使えないので、4GによるiPhoneからの投稿です。でも、やけに重たい。

関連エントリー:14時に停電から復旧しました。12時間の停電長かった。 2022.09.24

| | コメント (0)

2022.09.23

台風第15号の接近で静岡は雨が強く降ってきます

台風第15号は、21時の気象庁の発表では中心気圧1002hPaで小さいものの明日の9時頃に静岡県に最接近しそうです。

その影響で、静岡では夕方から雨が強くなり、スマートフォンの緊急速報が鳴るようになりました。

最新の緊急速報(23:50頃)で、巴川、長尾川、足久保川流域に警戒指示(警戒レベル4)が発令されました。

22092301
・ iPhoneに通知された「緊急速報」 2022.9.23 23:50頃

NHKの「ニュース・防災」アプリを見ると、巴川も長尾川、足久保川をはじめ静岡市内の中小河川の多くが「危険」の紫色になっていました。また、巴川や長尾川の水を葵区側に流す大谷川放水路も「危険」になっています。

22092302
・ 「NHK ニュース・防災」アプリの中小河川情報 2022.09.23 23:53

静岡では、1974年7月7日朝から8日朝までの大雨(七夕豪雨)で、巴川(長尾川は巴川の支流)が氾濫し、死者27人、全壊・流出家屋数32戸、床上浸水11,981戸、床下浸水14,143戸の大規模な災害が発生しました。大谷川放水路は、清水湾に流れ込む巴川を葵区古庄で分岐し巴川の水の一部を葵区の駿河湾に流すものです。

大谷川放水路の効果は大きく、その後、巴川の大きな氾濫は起こらなくなりました。

その大谷川放水路も「危険」に達するなんて、結構雨が降っているんですね。

関連エントリー: 「かわなび」と大谷川放水路に行ってきました 2018.07.16

| | コメント (0)

2022.09.19

静岡でも台風第14号の雨が強くなってきました

今日の静岡は晴れて蒸し暑い日中でした。

23時を過ぎた頃から断続的に強い雨が降るようになりました。これから台風14号の影響が出てくるのだろうか。

22091901

22091902

| | コメント (0)

2022.09.10

2022年の中秋の月は満月です

今日は旧暦の8月15日、中秋です。

久し振りに晴れて満月が明るく輝いています。

220910
・ 満月(月齢 14.2 2022.9.10 21:50 静岡市葵区 南東の空

| | コメント (0)

2022.09.04

2020年梅雨入り・明けの確定値に関する気象庁の発表資料

9月1日に今年の梅雨入り・明けの確定値の発表があり、東海地方の梅雨明けが6月27日から7月23日に大幅に変更なりました。
その確定値に関する詳しい内容が気象庁の資料に掲載されていました。

3 令和4年の梅雨入り・明け(確定値)
令和4年の春から夏にかけての天候経過を総合的に検討し、各地方の梅雨入りと梅雨明けの時期を確定した。 梅雨入りは、九州南部、近畿地方、東海地方でかなり遅く、九州北部地方、四国地方、中国地方で遅かった。一方、沖縄地方、奄美地方、北陸地方、東北南部、東北北部で早かった。
梅雨明けは、奄美地方でかなり早く、沖縄地方で早かった。一方、九州南部、九州北部地方、四国地方、中国地方、近畿地方、関東甲信地方で遅かった。九州から関東甲信地方の梅雨明けの確定値は7月下旬となった。北陸地方、東北南部、東北北部では梅雨明けの時期を特定できなかった。
梅雨の時期の降水量(6~7月、沖縄と奄美は5~6月)は、沖縄地方と奄美地方でかなり多く、東海地方で多かった。沖縄地方では、1951 年の統計開始以降、最も多かった。一方、九州北部地方、中国地方、北陸地方で少なかった。
夏(6~8月)の天候 別紙 2022.09.01/気象庁大気海洋部 PDF 751KB

関連エントリー
2022年の東海地方の梅雨明けが6月27日から7月23日に変更になった 1 2022.09.01
2022年の東海地方の梅雨明けが6月27日から7月23日に変更になった 2 2022.09.02

----------
PDF形式のファイルの閲覧には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、下のバナーのリンク先からダウンロードしてください。

get_adobe_reader

| | コメント (0)

2022.09.02

2022年の東海地方の梅雨明けが6月27日から7月23日に変更になった 2

今年の梅雨明けの変更前と変更後をグラフにしました。

静岡の変更前の梅雨期間の降水量は120.5mm、変更後は538.0mm。7月にかなりの雨が降ったことがわかります。

220902

関連エントリー
2022年の東海地方の梅雨明けが6月27日から7月23日に変更になった 1 2022.09.01
2020年梅雨入り・明けの確定値に関する気象庁の発表資料 2022.09.04

| | コメント (0)

2022.09.01

2022年の東海地方の梅雨明けが6月27日から7月23日に変更になった 1

気象庁から2022年の梅雨入り、梅雨明けの確定値の発表がありました。

それによると東海地方の梅雨入りは6月14日で変更はありませんが、6月27日ころの梅雨明けが7月23日ころと大幅に見直されました。

これにより平年より4日遅い梅雨明けで、梅雨日数は40日と平年より4日短くなっています。

220901

参考 昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値):東海/気象庁

関連エントリー
2022年東海地方の梅雨明けは平年より22日早い6月27日 2022.06.27
2022年の東海地方の梅雨明けが6月27日から7月23日に変更になった 2 2022.09.02
2020年梅雨入り・明けの確定値に関する気象庁の発表資料 2022.09.04

| | コメント (0)

より以前の記事一覧