カテゴリー「音楽」の419件の記事

2022.11.06

粘着テープのついたLPやCDの外袋は、粘着部分がジャケットにくっついてしまうことがあり困る

最近、LPレコードやCDを買うとビニールの外袋が折り返せるようになっていて、さらに粘着テープで固定できるようになっているものがあります。

多分、ていねいにLPやCDが保管できるようにするサービスなのだと思います。

でも、この粘着部分がジャケットの紙の部分にくっついてしまい印刷が剥がれてしまうことがあって、困ります。まあ、僕の不注意といえばそれまでですが...

LPが全盛期の頃は、外袋は折り返しのない単純な袋でした。今でも市販の外袋を使っています。

22110601
・ 折り返しがつき粘着テープで留められる外袋

余談ですが、昨年発売された山下達郎さんの「アルチザン」の30周年記念盤のLPレコードの外袋は従来の折り返しのない単純なものでした。

流石、山下達郎と思いました。

22110602
・ ARTISAN (30th Anniversary Edition) (アナログ盤) /山下達郎の外袋

関連エントリー:レコード用の袋は個別に買えるんですね! 2019.05.11

| | コメント (0)

2022.04.27

皮膚が超高音を聞いているという話

今夜、放送されたヒューマニエンス クエストのテーマは皮膚でした。

皮膚は触覚ばかりではなく、視覚や聴覚、嗅覚、味覚も感じるとのことです。

その中で印象に残ったのが、皮膚が超高音を聞いているというところ。

超低音ならエネルギー量が大きいので、音圧を肌で感じることはわかるけれど、超高音は意外でした。

それで思い出したのが、レコードからCD、アナログからデジタルにかわった時のことです。

CDは記録されている音域が20kHzまでということで、当時、それより高音域まで記録されているレコードに比べ、音に厚みがないと言われることがありました。

聴力正常な若者が聞き取れるのは20kHzまで、僕は10kHzくらいまでがせいぜいなので、CDの音質はあまり気になりませんでした。

番組では、同じ曲で20kHzまでのものとそれ以上も記録いているものを6人被験者に聞かせその感想を求める実験を紹介していました。(被験者は皆、半袖)

結果は全員が違いがわかり、20kHz以上記録された音源のほうが暖かいとか心拍が少し多くなった気がしたとの感想がありました。

そうなるとCDが出始めた当時に言われたことはまんざらはなかったのかな。

でも、現在はデジタル音源が全盛ですが、デジタルの音が冷たいとか厚みがないとかという話は聞かないからどういうことなのだろう。

220427
・ NHK ヒューマニエンスQのサイトから画像引用

| | コメント (0)

2021.12.26

ツツ元大司教が亡くなられた 享年90歳

南アフリカのデズモンド・ムピロ・ツツ元大主教が亡くなられたそうです。享年90歳。

今夜は、反アパルトヘイト活動で活躍したネルソン・マンデラ元南ア大統領が2013年12月に亡くなられた時にも聴いた、マイルス・デイビスの「TUTU」を聴いています。

211226
・ TUTU/Miles Davis 1986

ツツ元大主教死去、90歳 アパルトヘイトと闘いノーベル平和賞 - 南アフリカ
南アフリカでアパルトヘイト(人種隔離)撤廃に向けた運動を推進し、1984年にノーベル平和賞を受賞したデズモンド・ムピロ・ツツ元大主教が26日、死去した。90歳だった。南ア大統領府が発表した。死因は明らかにされていない。
2021.12.26/時事通信

| | コメント (0)

2021.12.12

上原ひろみ ザ・ピアノ・クインテット JAPAN TOUR 2021「SILVER LINING SUITE」に行ってきました

アクトシティ浜松 大ホールで開催された上原ひろみピアノ・クインテットを聴きに行ってきました。

これまでに、トリオ・ザ・プロジェクト、矢野顕子さんとのデユオ、エドマール・カスタネーダさんとのデユオ、そしてソロと組合せの違った上原さんのコンサートに4回行っていますが、今回も今までとは違ったクインテットの演奏です。

先日リリースされたアルバム「SILVER LINING SUITE」のクインテットで、1stバイオリン 西江辰郎さん、2ndバイオリン ヒルマン聡平、ビオラ 中 恵菜さん、セロ 向井 航さんといったクラシックの弦による構成です。

演奏は、ジャズとクラシックのテイストが混在していて、ジャンルは関係なくいいものはいいんだと感じました。

セロがウッドベースのようにリズムを刻む場面が多くあって音が高い分、クリアでそれもありだなあと。

これについては、アンコールでセロの向井さんが、クラシックでは弓が主体でピッチカートで長い時間リズムを刻むことはないと言っていました。そのため指の皮がむけ水ぶくれができ大変とのこと。実はジャズとクラシックでは弦を張る強さが違い、ジャズではゆるく張り長時間リズムが刻めるそうです。向井さんはそれでも強く張った弦でピッチカートをしているそうだけど。

アルバムよりも演奏は、いつものようにドライブし、元気を与えられました。

211212

関連エントリー
シルヴァー・ライニング・スイート/上原ひろみ 2021.11.24
上原ひろみ JAPAN TOUR 2019 ’SPECTRUM’に行ってきました 2019.12.05
「上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ LIVE IN JAPAN TOUR 2017」を聴いてきました 2017.12.07
ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-/矢野顕子 上原ひろみ 2017.04.05
上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクトを聴いてきました 2016.11.19

| | コメント (0)

2021.12.09

矢野顕子 さとがえるコンサート2021 ~音楽はおくりもの~ に行ってきました

グランシップ中ホールで開催された矢野顕子さんの「さとがえるコンサート2021 〜音楽はおくりもの 〜」に行ってきました。

去年の12月の渡辺貞夫さん以来なので、1年ぶりのコンサートです。

メンバーは、矢野さんとギターに佐橋佳幸さん、ベースに小原 礼さん、 ドラムスに林 立夫さんです。一番若い佐橋さんが還暦を迎えたと言っていたし、矢野さんが4人の音楽経験を足すと200歳を超えると言っていたとおり、ベテラン中のベテランです。また、小原さんと林さんは先日リリースされた「スカイ」のメンバーで、このアルバムには矢野さんも参加しています。

演奏された曲は、新譜「音楽はおくりもの」からの選曲が中心ですが、ザ・ブームの「中央線」やはっぴえんどの「相合傘」の演奏もあって嬉しかった。もちろん、ラストは「ひとつだけ」でした。

デビュー45周年! 僕も長く矢野さんの音楽を聴いてきたということは、歳をとったということです。

 

211209

関連エントリー:「渡辺貞夫 バップ・ナイト」に行ってきました 2020.12.06

| | コメント (0)

2021.12.07

SKYE/スカイ

鈴木 茂、小原 礼、林 立夫、松任谷正隆の全員70歳で結成されたバンド スカイのファーストアルバムです。

もともと、スカイは鈴木と小原、林が高校時代に結成していたバンドだそうです。

鈴木ははっぴいえんどやティン・パン・アレイ、小原はサディスティック・ミカ・バンド、林と松任谷はティン・パン・アレイと日本のポップスの草分け的存在です。

そんな彼らが70歳になってどんな音楽をつくるのか興味津々でした。まあ、期待を裏切らないというか当時のサウンドを彷彿とさせます。

それと「ちぎれ雲」が収録されていることです。この曲は、作詞 松本 隆、作曲 鈴木 茂のはぴいえんどの作品です。

ただ、僕の知る限りスタジオ録音はなく、音源は「HAPPY END BOX」の「はっぴいえんど ライヴ・ヒストリー ~レアリティーズ~ VOL.2」に収められた1972年8月5日 長崎公会堂のライブ音源のみだと思います。それがずいぶん洗練されて復活しました。

古くからのファンにはどこか懐かしいアルバムです。

LP/CDSKYE
鈴木 茂(g),小原 礼(b),林 立夫(ds),松任谷正隆(key)
SKYE/BETTER DAYS/2021

01. Less Is More
02. OTHELLO
03. ISOLATION
04. Dear M
05. Daydream
06. ちぎれ雲
07. マイミステイク
08. 川辺にて
09. Reach Out To The Sky
10. ROCK'N PINO BOOGIE
11. Always
12. BLUE ANGELS

LP・CDの紹介一覧 M0213

-----
Amazon.co.jp アソシエイト

| | コメント (0)

2021.11.29

銀河鉄道の夜 サウンドトラック/加賀谷 玲

宮沢賢治の「星めぐりの歌」が無性に聴きたくなって探しで見つけたのが、加賀谷 玲さんのサウンドトラック「銀河鉄道の夜」です。

失礼ながら加賀谷さんの名前も音楽も全く知りませんでした。

このCDは、プラネタリウムの「銀河鉄道の夜」をテーマにした上映のバックに流れる曲です。たぶん、夏の天の川を白鳥座から南十字座のまで、ジョバンニとカンパネルラの銀河鉄道の旅の恒星たちが映し出されるのでしょう。

音楽もそれに合わせてスケールが大きく心地よくゆったりと流れます。

焼津のディスカバリーパークのプラネタリウムでもこの企画をやっているとのこと。今度、行ってみようかな。

関連エントリー:銀河鉄道の夜/宮沢賢治 2005.03.17

LP/CD宮沢賢治 銀河鉄道の夜 Sound Track
加賀谷 玲(Kagaya Reyehara)/ ‎ Dream Side Records/2007

01. 銀河鉄道の夜(オープニングテーマ)
02. 午后の授業
03. 家
04. ケンタウル祭の夜
05. 天気輪の柱
06. 銀河ステーション
07. One night
08. 星は三角標 -北十字へ-
09. 鏡に映した天井の世界 -イギリス海岸とプリオシン海岸-
10. 燈台の灯と渡り鳥
11. 星めぐりの旅
12. 苹果の匂い
13. 主よみもとに近づかん(讃美歌320番)
14. 新世界交響楽(ドヴォルザーク作曲「新世界より」第2楽章)
15. 蠍の火
16. 南十字座
17. サウザンクロス
18. 石炭袋 -大きな闇の中-
19. Fantasy Railroad in the Stars(エンディングテーマ)
20.銀河の君へ
21.星めぐりの歌
22. One night(Instrumental Varsion)

LP・CDの紹介一覧 M0212

-----
Amazon.co.jp アソシエイト

| | コメント (0)

2021.11.24

シルヴァー・ライニング・スイート/上原ひろみ

上原ひろみのピアノにバイオリン2、ビオラ1、チェロ1によるクインテットによるアルバムです。

弦楽器との組み合わせでは、2017年のハープのエドマール・カスタネーダとのデュオ「LIVE IN MONTREAL」があります。この作品は、僕のハープに印象を覆すアグレッシブな演奏です。

一方、「SILVER LINING SUITE」は、弦楽器とのクインテットということもあるのか、上原の作品としてはおとなしい静かな演奏です。

12月にこのクインテットで浜松・アクトシティでコンサートがあります。果たしてライブではどのような演奏になるのか楽しみです。

このアルバムにはボーナスCDとして2020年 ブルーノート東京でのソロライブが付属しています。こちらも静かな演奏が主体です。

LP/CDSILVER LINING SUITE/Hiromi THE PIANO QUINTET
上原ひろみ(p),西江辰郎(1st violin),ヒルマン聡平(2nd violin),中 恵菜(viola),向井 航(cell)
上原ひろみ(Uehara Hiromi)/Universal Music/2021

01. Silver Lining Suite:Isolation
02. Silver Lining Suite:The Unknown
03. Silver Lining Suite:Drifters
04. Silver Lining Suite:Fortitude
05. Uncertainty
06. Someday
07. Jumpstart
08. 11:49PM
09. Ribera Del Duero
[Bonus Disc]
Solo Piano Live at Blue Note New Tokyo "BALLADS" 2020.9.10-11
01. Somewhere
02. Wake Up and Dream
03. Whiteout
04. Firefly
05. Moonlight Sunshine 
06. Beethoven's Piano Sonata No.8,Pathetique
07. Gren Tea Farm
08. Sepia Effect

LP・CDの紹介一覧 M0211

-----
Amazon.co.jp アソシエイト

| | コメント (0)

2021.10.14

思い出を置く 君を置く/太田裕美

作曲家のすぎやまこういちさんが亡くなられたそうです。享年90歳。

すぎやまさんといえば、やっぱりドラゴンクエストの楽曲かな。それと、ガロの「学生街の喫茶店」もすぎやまさんの作曲だったんですね。

僕の持っているすぎやまさんの作品は、太田裕美さんの「思い出を置く 君を置く」です。

211014

このレコードは、当時の太田さんのポップな楽曲とは違い、作詞をサトウハチローさんが手がけています。

演奏もすぎやまさんが指揮をするバイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラ・バス、チェンバロ、ピアノの弦楽合奏団で、静かな演奏です。

すぎやまさんの訃報にふれて久しぶりに針を落としました。

LP/CD思い出を置く 君を置く
太田裕美
ヒロミック弦楽合奏団
CBS・ソニー/1980

saide A
01. 嘆きのバラ
02. 泪の中に顔がある
03. モモンガー モモンガー
04. ことしも春の中にいる
05. 少年の日の花
Side B
01. おぼえているかいあの春を…
02. キッス パレード
03. 知らないところで…
04. なにもかもたったひとつ
05. 思い出を置く 君を置く

LP・CDの紹介一覧 M0210

-----
Amazon.co.jpアソシエイト

すぎやまこういちさん死去 ゲーム「ドラクエ」作曲
人気ゲーム「ドラゴンクエスト」の音楽や「学生街の喫茶店」などで知られる作曲家のすぎやまこういち(本名椙山浩一)さんが9月30日、敗血症性ショックのため死去した。90歳。東京都出身。
2021.10.07/共同通信

| | コメント (0)

2021.10.02

ゆでめん/野上眞宏・鈴木 茂

1970年にリリースされたはっぴいえんどのファーストアルバム「はっぴいえんど」(通称:ゆでめん)の録音当時の写真集が発売されました。

写真は野上眞宏、監修ははっぴいえんどのメンバーの鈴木 茂が行い、巻末には鈴木 茂が録音当時を語るインタビューが掲載されています。

写真はのほとんどはモノクロームのスナップ写真で、若き日の細野晴臣、大瀧詠一、松本 隆、鈴木 茂が切り取られています。

はっぴいえんどの曲を初めて聴いたのは、NHK AM 第一の22:20~23:00まで放送していた「若いこだま」です。

当時、そこから流れるはっぴいえんどの曲は、挑発的で実験的で生き生きとしていて、中学生の僕に衝撃的でした。

古くからのファンには貴重な写真集です。

210925
・ 写真集「ゆでめん」(左)とLP:はっぴいえんど/はっぴいえんど

本ゆでめん(写真集)The First Album by Happy End Recorded in April 1970
写真:野上眞宏(Nogami Mike) 監修:鈴木 茂(Suzuki Shigeru)
ミュージックマガジン/2021

書籍の紹介一覧 B0164

-----
Amazon.co.jp アソシエイト

| | コメント (0)

より以前の記事一覧