カテゴリー「書籍・雑誌」の299件の記事

2024.04.16

米国で13年ゼミと17年ゼミが221年ぶりに同時に発生する

アメリカの東部・南部で13年や17年の周期で発生する周期ゼミ(素数ゼミ)が、今年同時に発生するとロイターが報じていました。

前回同時発生したのが、1803年で13と17の最小公倍数は221なので221年後の今年になります。

そもそも、13年や17年という昆虫としては長い一生を送るのか?何故、それが13年や17年という素数なのか。そのことを考察した吉村 仁さんの「素数ゼミの謎」です。

もう20年以上も前に読んだ本ですが、セミの過酷な環境の中で生き残っていったのか、それに素数がどのように敢為しているのか、面白い本でした。

関連エントリー:素数ゼミの謎/吉村 仁 2005.09.07

引用文セミの恐怖!?米国で221年ぶりの大発生へ 数十億~数千億匹の大合唱!2種類の周期ゼミのタイミング重なる
今年、米国でセミが大発生すると専門家らが予想し、話題になっている。13年の周期で地上に出現する「13年ゼミ」と、17年周期の「17年ゼミ」のタイミングがぴったりと重なることが原因。この現象が最後に記録されたのは1803年で、実に221年ぶりの大量発生となる。2種類のセミが見られるイリノイ州では、少なくとも数十億匹のセミによる“大合唱”が起こる可能性が高い。
2024.02.07/ロイター

| | コメント (0)

2024.04.02

城北公園の枝垂桜は散り始め

城北公園の枝垂桜は散り始めています。

枝垂桜の前に俵万智さんの句碑があることに気が付きました。

「水仙の うつむき加減やさしくて ふるさとふいに 想う一月」/俵万智

そういえば俵さん、中学・高校と福井県に在住していたんだ。

24040201

24040202

・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0)

2024.03.04

「2024 清水エスパルスオフィシャルイヤーブック」が届きました

今日、清水エスパルスの「2024 OFFICIAL YEARBOOK」が届きました。

相手のハイプレスに苦しみながら、なんとか開幕2連勝。幸先の良いスタートを切ったエスパルスです。

長いシースンになりますが、今年こそJ1昇格です。

240304
・ 「2024 清水エスパルスオフィシャルイヤーブック」の表紙から引用

| | コメント (0)

2023.10.26

「エスパルスオフィシャルマガジン」が廃刊

2021年3月からデジタル化された「S-PULSE NEWS」が、来年の1月号をもって廃刊になるそうです。

情報は他の媒体でも得られるので問題はないけれど、少し淋しいです。

231026
・ 紙媒体で提供された最後のS-PULSE NEWS 2021年2月号

関連エントリー:「S-PULSE NEWS」も電子化ですか 2021.01.14

引用文エスパルスオフィシャルマガジン 「(デジタル版)S-PULSE NEWS」 に関しての重要なお知らせ
クラブ発足時から長きにわたり、皆様にご愛顧を賜りました「(デジタル版)S-PULSE NEWS」につきまして、2024年1月号を最終号として廃刊させていただくことになりましたのでお知らせいたします。
「(デジタル版)S-PULSE NEWS」にてお楽しみいただいておりました、選手やスタッフにスポットを当てたコーナー・OBによるコラムなどの人気コンテンツにつきましては、エスパルス公式サイト有料コンテンツ(現プレミアム会員コンテンツ)にて引き続きご提供させていただきます。
「(デジタル版) S-PULSE NEWS」は廃刊となりますが、エスパルス後援会員の皆様は2024シーズンよりエスパルス公式アプリ有料コンテンツが、レギュラー・法人会員の皆さまへの会員特典として付帯させていただくこととなりましたので、ぜひこの機会にエスパルス公式アプリ有料コンテンツもお楽しみいただけますと幸いです。
2023.10.26/清水エスパルス

| | コメント (0)

2023.10.13

2022年のデータが追加された「富士山観測の記録」

富士市が毎年度発行している「富士山観測の記録」に2023年のデータが追加されました。

この資料は、富士市役所8階から毎日8時、12時、16時に目視又は定点カメラで観測したものです。

観測項目は、富士山が「全体が見えた」「一部が見えた」「まったく見えない」で、1991年から続いておりこれだけの期間のデータが蓄積されています。

記録はアナログだけど、積み重なると貴重なものです。

231013

参照:富士山観測の記録/富士市

| | コメント (0)

2023.08.15

アマゾンプライムが値上げをするそうです。

僕はamazonをCDや書籍の購入で頻繁に利用するため送料が無料になるプライムに加入しています。

以前、DAZNのJリーク中継を'Amazon Fire TV Stickを使うとテレビでも見られることを知ってFire TV Stickを使い始めました。使ってみるとPRIME VIDEOやmusicが無料でで観られることを知り、結構使っています。

僕は月額契約500円で使っていますが、これが600円になり年換算では7200円になります。年間契約は4900円から5900円になるとのことで、これを機会に年間契約に変更しました。

230815

amazonで頻繁に買い物をしたりPRIME VIDEOを観たりする僕には、年間5900円は安いです。

アメリカでは日本円でおよそ2万円、イギリスではおよそ17000円などだそうで、それに比べると日本は値上げをしても割安ですね。

関連エントリー:DAZNのJリーグ中継を綺麗に観たくて'Fire TV Stick'を使った 2018.07.28

引用文アマゾンジャパン 「プライム」の料金値上げ 年間契約で1000円
アマゾンジャパンは有料会員「プライム」の料金を値上げすることを明らかにしました。年間契約の場合、1000円の値上げとなり、アメリカなど海外と比べ割安だった日本での料金を4年ぶりに引き上げます。
アマゾンジャパンによりますと、有料会員「プライム」の料金について、▽年間契約の場合は1000円値上げし、4900円から5900円となります。▽月額の場合は100円値上げし、500円から600円となります。
値上げは、▽新規の会員については今月24日からで、▽現在の会員は、来月24日以降の更新から適用されるということです。
「プライム」の料金は海外で先行して値上げが行われ、年間契約の場合、▽アメリカでは日本円でおよそ2万円、▽イギリスではおよそ1万7000円などとなっていて、割安だった日本での料金も4年ぶりに値上げされることになります。
2023.08.10/NHK

| | コメント (0)

2023.06.09

週刊朝日が2023年6月9日号をもって休刊

週刊朝日が6月9日号で休刊なりました。

まあ、定期購読をしているのは週刊少年ジャンプだけで、週刊朝日を読まなくなって久しいため休刊の感慨はほとんどありません。

朝日新聞社の週刊誌の一方の雄だった朝日ジャーナルが休刊になったのは1992年5月29日号で、読み返してみるとすでに週刊誌の衰退が書かれています。ハイパーメディアとかパソコン通信などの表現だけど、それら存在によってメディアがどう変わるのか論じています。

Windows95の出現とともにインターネットが普及し始めるのは数年後です。それ以降、インターネットはインフラにまでなり社会や個人に欠かせないものになったけれど、その中で週刊朝日はよく持ったというべきなのかな。

230609

| | コメント (0)

2023.06.06

「ONE PIECE」が4週にわたり休載

週刊少年ジャンプ連載の「ONE PIECE」が、再来週発売の29号〜32号まで4週にわたり休載と、twitterのONE PIECE スタッフがアナウンスしています。尾田栄一郎さんの目の治療のための休載のようです。

昨年は、最終章に向けて30号〜33号が休載になりましたが、今回は病気治療のためなので十分療養して元気な復活を願っています。

参照:ONE PIECE スタッフ/twitter

関連エントリー:「ONE PIECE」4週間休載 2022.06.20

| | コメント (0)

2023.05.30

清水港の鉄道と荷役/フェルケール博物館

このブログで1984年に廃線になった旧国鉄の清水港線と駅の跡地を取り上げています。

なかなか当時の資料を探すのに苦労していますが、面白い資料を見つけました。

それは、「清水港の鉄道と荷役」という清水区港町の港と船をテーマとしたフェルケール博物館が2008年に発行した冊子です。

230530

タイトルにあるように清水港とともに発展した明治後期から昭和50年代の鉄道についても書かれています。

内容は、国鉄 清水港線、静岡鉄道・静岡-清水線、石炭、木材、雑貨(緑茶・みかん・米・塩・大麦・砂糖・缶詰・綿花・洋紙・他)港周辺の工場の紹介、統計資料などです。

清水港線の歴史と痕跡を探索するのに役に立ちそうです。

冊子は、博物館のサイトでPDFファイルで提供されています。

参照:清水港の鉄道と荷役/フェルケール博物館

関連エントリー:清水港線跡 2022.09.08

本清水港の鉄道と荷役 明治後期~昭和50年代
フェルケール博物館
財団法人清水港湾博物館 /2008

書籍の紹介一覧 B0167

| | コメント (0)

2023.05.14

富士宮の歴史 自然環境編/静岡県富士宮市

「富士宮の歴史 自然環境編」は、静岡県富士宮市が市政施行80周年(2022年)を記念して発行されたものです。「富士宮の歴史」は、「自然環境編」の他「民族編」「通史編1~3」が予定されていて、「自然環境編」は第1弾とのことです。

内容は、

第1編 富士宮の自然環境 第1章 富士宮の大地 第2章 富士宮の気象 第3章 富士宮の植物 第4章 富士宮の動物

第2編 富士宮の自然と向き合った人々 第1章 先史~中世 第2章 近世~現代

で構成され、全223ページとボリュームがあります。

特に富士山南西麓に位置する富士宮の地学な成り立ちが図や写真を交えでわかりやすく説明されています。

小山真人静岡大学未来社会デザイン機構教授が編纂に加わっており内容は本格的なものになっている。また、巻末に参考文献が掲載されているのも便利です。

「富士宮の歴史 自然環境編」は、下記、富士宮市のサイトから1000円(送料別)で販売され、また無料ダウンロードができます。

230514

参考:富士宮の歴史 自然環境編/富士宮市

本富士宮の歴史 自然環境編
静岡県富士宮市 編集:市史編さん委員会
静岡県富士宮市/2023

書籍の紹介一覧 B0166

| | コメント (0)

より以前の記事一覧