カテゴリー「ニュース」の1000件の記事

2024.06.12

現行の健康保険証は2024年12月2日以降発行されなくなる

以前からアナウンスされていることですが、現行の健康保険証は今年の12月2日以降発行されなくなり、マイナ保険証に一本化されます。

マイナ保険証に移行しても、現行の保険証は保険証の期限まで最大1年間、保険証の期限が切れた後は2025年12月1日まで「資格確認書」がマイナ保険証の替わりになるとのことです。

総務省の2024年5月1日現在の人口推計よると人口は12,393万人(概算値)です。一方、デジタル庁の2024年4月末時点でのマイナンバーカードの保有枚数は92,378,034枚、マイナ保険証の有効登録数は72,548,167となっています。

マイナンバーカードをマイナ保険証と紐づけしている割合は78.5%になっています。よくマイナ保険証の利用率が5%程度だと言われるけれど、マイナ保険証を持っていて使わない人が多いんだと思います。

ただ、統計が違うので目安になってしましますが、マイナ保険証の人口に対する割合は58.6%と6割弱です。

最大で’25年12月1日までマイナ保険証への完全移行の猶予があるけれど、4割強の人の移行は大変のことと思います。

24061201
・ マイナ保険証をご利用ください/厚生労働省 PDF 232KB
※ 画像をクリックすると別ウインドウに拡大表示します。

04061202
・ マイナ保険証の利用促進等について 第174回社会保障審議会医療保険部会 令和6年1月19日から抜粋/厚生労働省 PDF 186KB
※ 画像をクリックすると別ウインドウに拡大表示します。

参照:マイナンバーカードの普及に関するダッシュボード/デジタル庁

| | コメント (0)

2024.05.02

静岡の2024年1月、2月、4月の月平均気温は過去最高

5月に入りました。

「統計開始以降、「最も暑い4月」だったと朝日新聞デジタルが報じていました。

それで、静岡はどうだったのか調べてみました。

静岡の4月の平均気温は17.6℃で、1940年からの統計期間で過去最高の1位でした。2024年は2月も10.1℃で1位、1月は8.7℃で4位でした。240502

20024年になってとても暑かったんですね。

引用文統計開始以降、「最も暑い4月」だった 季節外れの真夏日続出
各地で暑い日が続出した4月の全国の平均気温は、1898年の統計開始以降で4月として最も高かったと気象庁が1日、明らかにした。
同庁は、都市化の影響が小さい全国15の観測地点のデータを用いて、月ごとの平均気温を算出している。1991~2020年の平均値との差でみると、今年4月分は2.76度高く、これまで過去最高だった1998年(プラス1.97度)を大きく上回った。
2024.05.01/朝日新聞デジタル

| | コメント (0)

2024.04.25

TポイントがVポイントに

スマートフォンでTポイントを使おうと画面を見るとVポイントのアイコンに変わっていました。

そうだ、TポイントはVポイントに統合されたんだ。まあ、問題なく使えました。

240425

引用文VポイントとTポイントが統合 ポイント経済圏はどう変わる?
共通ポイントの先駆けとしてレンタル事業大手の運営会社が展開してきた「Tポイント」が、大手金融グループが展開する「Vポイント」と22日、統合しました。ポイント経済圏をめぐって携帯大手などが存在感を高める中、統合を通じ巻き返しを図れるかが注目されます。
都内で記念のイベント
「TSUTAYA」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブが展開してきた「Tポイント」が、三井住友フィナンシャルグループが展開する「Vポイント」と22日、統合し、都内では記念のイベントが開かれました。
2024.04.22/NHK

| | コメント (0)

2024.04.16

米国で13年ゼミと17年ゼミが221年ぶりに同時に発生する

アメリカの東部・南部で13年や17年の周期で発生する周期ゼミ(素数ゼミ)が、今年同時に発生するとロイターが報じていました。

前回同時発生したのが、1803年で13と17の最小公倍数は221なので221年後の今年になります。

そもそも、13年や17年という昆虫としては長い一生を送るのか?何故、それが13年や17年という素数なのか。そのことを考察した吉村 仁さんの「素数ゼミの謎」です。

もう20年以上も前に読んだ本ですが、セミの過酷な環境の中で生き残っていったのか、それに素数がどのように敢為しているのか、面白い本でした。

関連エントリー:素数ゼミの謎/吉村 仁 2005.09.07

引用文セミの恐怖!?米国で221年ぶりの大発生へ 数十億~数千億匹の大合唱!2種類の周期ゼミのタイミング重なる
今年、米国でセミが大発生すると専門家らが予想し、話題になっている。13年の周期で地上に出現する「13年ゼミ」と、17年周期の「17年ゼミ」のタイミングがぴったりと重なることが原因。この現象が最後に記録されたのは1803年で、実に221年ぶりの大量発生となる。2種類のセミが見られるイリノイ州では、少なくとも数十億匹のセミによる“大合唱”が起こる可能性が高い。
2024.02.07/ロイター

| | コメント (0)

2024.04.10

日本で次に日食が見られるのは、金環日食が2030年、皆既日食が2035年

8日は、皆既日食が、アメリカの南部テキサス州から東部メーン州にかけて大陸を斜めに横断する形で見られたそうで、NHKニュースをはじめ話題になっていました。

うらやましい限りです。

国立天文台の日食一覧によると次の日本で日食が見られるのは、2030年06月01日の金環日食、次は’35年9月2日の皆既日食です。

しかし、日食各地予報の’30年6月1日の静岡市葵区の食の最大は17時8分の0.768なので、完全に欠けません。

また、’35年9月2日の静岡市葵区の食の最大は10時6分の0.961なので、皆既にはなりませんがほとんど月に隠れます。

ステラナビゲータ12により当日の静岡での食の最大をシミレートしたのが下の画像です。

2404100124041002
・ ステラナビゲータ12による静岡市葵区のシミレーション
・ 左:2030.6.1 17:08 右: 2035.9.2 10:06

でも、この歳になるとそれまで生きていられるか ^^;

参照:日食一覧 日食各地予報/国立天文台

引用文皆既日食 アメリカで7年ぶりに観測 数分間 夜のように暗くなる
太陽が月と重なり完全に隠れる皆既日食が8日アメリカを横断する形で見られ、晴れた地域では、皆既日食になった数分間、あたりが夜のように暗くなりました。
皆既日食は、太陽と月と地球が一直線に並び、地球から見た太陽が月と重なって完全に隠れる珍しい天体現象で、8日、北米の一部の地域で見られました。
このうちアメリカでは、南部テキサス州から東部メーン州にかけて大陸を斜めに横断する形で見られ、晴れた地域では太陽が徐々に欠けていく様子が観測され、皆既日食になった数分間、あたりが夜のように暗くなりました。
アメリカで皆既日食が観測されたのは2017年以来です。
2024.04.09/NHK

| | コメント (0)

2024.03.28

SLIMが2度目の活動を再開

14日周期で昼夜を繰り返す月面。3月1日に夜に入り再び活動を停止した小型月着陸実証機SLIMが、高温の昼を超えて再び通信を回復したそうです。JAXAがアナウンスしています。

赤道付近は昼は110℃、夜は-170℃になるという過酷な月面。

タフですね。SLIM!

関連エントリー:SLIMが活動再開 2024.02.26

引用文日照に伴う活動再開
月面での2回の夜を越え、高温になる昼を経て、この日、SLIMとの通信を再度確立しました。仕様外の過酷な温度環境によってバッテリや一部温度センサが不調になり始めていることを確認しました。なお、バッテリは着陸後に電気的に切り離していますので、運用そのものには影響が出ないようになっています。
2024.03.27/国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構J(JAXA)

| | コメント (0)

2024.03.11

2024年4月1日から中大型トラックの高速道路の最高速度が90km/hに

4月1日から「道路交通法施行令の一部を改正する政令」が施行され、中大型トラックの高速道路での最高速度が80km/hから90㎞/hにひき荒れられるそうです。JAF Mateが報じています。

中大型トラックの最高速度が10km/h上がることによって、普通車の流れがよくなるといいですね。

引用文中大型トラックの高速道路での最高速度を2024年4月から時速90kmに引き上げ変更!
中大型トラックの高速道路での最高速度を、現行の時速80kmから時速90 kmに緩和する道路交通法施行令の一部を改正する政令が3月1日に公布され、2024年4月1日から施行される。4月からはトラック運転手の残業規制も実施される。物流業界の「2024年問題」解消に向け、輸送効率の向上が期待されているが、一般ドライバーへの影響はあるのだろうか…?
1963年の高速道路開通から初となる最高速度変更
トラックドライバーの慢性的な人手不足をはじめ、2024年4月から実施されるトラックドライバーの残業規制強化などで、深刻化する物流の「2024年問題」。すでに2024年に入っているが、このままでは「物が運べなくなる」ことが懸念されている。
その解消措置として、2024年4月から総重量8t以上の中大型トラックについて、高速道路での最高速度を時速90kmに引き上げることが決まった。1963年に初めて高速道路が開通して以来、大型トラックの速度規制変更は初となる。
2024.03.08/JAF Mate

| | コメント (0)

2024.03.03

千葉県東方沖を中心に頻発している地震とプレート境界面のゆっくりすべりの関係は?

2月29日頃から千葉県東方沖を中心にマグニチュード2~5の地震が頻発しています。

また、国土地理院はこの時期に房総半島の電子基準点観測データに、通常と異なる地殻変動が検出されているとアナウンスしています。

また国土地理院は、変動の原因を房総半島沖のフィリピン海プレートと北米プレートの境界面で発生している「ゆっくりすべり(スロースリップ)現象」によるものと推定しています。

房総半島沖のゆっくりすべり現象は、1996年、2002年、2007年、2011年、2014年、2018年にも観測されており、今回もその一連の流れでしょうか?

房総半島沖は、北米プレートの下にフィリピン海プレートが、さらにその下に太平洋プレートが沈み込むという複雑な地形のところです。

今回、頻発している地震とゆっくりすべり現象は関係しているのだろうか?

240303

引用文令和6年(2024年)2月 房総半島の非定常地殻変動
房総半島沖でプレート境界面のゆっくりすべり現象を検出
概要
房総半島の電子基準点観測データに、2024年2月26日頃から、通常とは異なる地殻変動(非定常地殻変動)が検出されています。これまでに検出された非定常地殻変動は大きいところで約1cmです。
この変動は、房総半島沖のフィリピン海プレートと陸側のプレートの境界面で発生している「ゆっくりすべり(スロースリップ)現象」によるものと推定されます。
2月28日までのデータを用いた非定常地殻変動からプレート境界面上のすべりを計算したところ、房総半島沖で最大約2cmのすべりが推定されました。
房総半島沖では、1996年5月、2002年10月、2007年8月、2011年10月、2014年1月、2018年6月の6回、同じような場所でゆっくりすべりが発生したことが、電子基準点の観測データで確認されています。発生間隔は、それぞれ77か月、58か月、50か月、27か月、53か月で、今回は68か月でした。過去6回のゆっくりすべりでは、房総半島を中心とした領域で非定常地殻変動が約10日間観測されました。
なお、この非定常地殻変動は現在も継続しているとみられます。このため、今回得られた解析結果はあくまでも暫定的なものであり、今後のデータの蓄積、精査により、情報が更新される可能性があります。
国土地理院では、引き続き、この非定常地殻変動を注意深く監視していくこととしています。
2024.03.01/国土地理院

| | コメント (0)

2024.02.26

SLIMが活動再開

1月31日に月の公転・自転の関係で太陽光を受けられなくなり活動を停止してい小型月着陸実証機(SLIM)が、再び太陽光を受けられるようになり通信機能が回復したと、@SLIM_JAXAかXに投稿しています。

また、月面の写真も公開しています。

それにしても、月面の赤道付近は昼は110℃、夜は-170℃になるといいます。SLIMの耐候性は大したものですね。

240226
・ X @SLIM_JAXAから画像引用

関連エントリー:SLIM、再び活動停止 2024.01.31

引用文小型月着陸実証機SLIM
「昨晩、コマンドを送信したところSLIMから応答がありました。SLIMは通信機能を維持しての月面での越夜に成功しました!昨晩はまだ月の昼で通信機器の温度が非常に高かったことから短時間の運用のみで通信を終了しています。今後、温度が十分に下がったところで観測を再開できるように準備を進めます。
2024.02.26/@SLIM_JAXA

| | コメント (0)

2024.02.23

静岡県の花粉症の発症率は74%で全国1位

第一三共ヘルスケアの調査によると、静岡県の花粉症の発症率は74%(全国平均 55.1%)で全国1位だそうです。

4人に3人が花粉症を発症しているとは驚きです。

240223
・ 「花粉症」が及ぼす影響に関する47都道府県全国調査 2024.2.16/第一三共ヘルスケアから画像引用
※ 画像をクリックすると別ウインドウに拡大表示します。

参照:「花粉症」が及ぼす影響に関する47都道府県全国調査 2024.2.16/第一三共ヘルスケア PDF 1.55MB

| | コメント (0)

より以前の記事一覧