カテゴリー「スポーツ」の149件の記事

2022.05.03

ようやくエスパルスは選手がそろってきました(2022シーズン 第11節

今シーズンの清水エスパルスは、第10節終了時点で1勝3敗6分 勝点9で16位と今シーズンも低迷しています。

開幕から主力の多くが怪我で欠場しやむを得ないところもありましたが、少しずつ戻ってきました。

今日の11節は、アウエーで得点力不足に苦しみ17位に低迷する湘南ベルマーレとの対戦で、なんと4-1で勝利し勝点3を取りました。

今日はセンターバックのバウドが欠場したものの、サンタナ、松岡、カルリーニョスも出場し、メンバーがそろってきました。

次節は川崎フロンターレ戦です。戻ってきたメンバーを交え強敵川崎にどこまで戦えるのか楽しみです。

220503


【DAZN J.LEAGUE ハイライト】5月3日 明治安田生命J1リーグ 第11節 vs 湘南ベルマーレ @レモンS

| | コメント (0)

2022.03.14

清水エスパルスも創設30周年ですか

清水エスパルス後援会が今年で30周年。当然ながエスパルスも創設30周年です。

Jリーグに当初から参加するオリジナル10で、最初の頃は優勝はできないけれどシルバーホルダーと呼ばれる強いクラブでした。

その後、なかなか勝てなくなって2016シーズンにはJ2に降格。1年で昇格できたものの、昨シーズンまで残留争いを続けています。

2022シーズン主力に怪我人が多い状態でのスタートですが、どうなるのでしょう。

20220304

| | コメント (0)

2022.03.07

「2022 清水エスパルスオフィシャルイヤーブック」が届きました

今日、「2022 S-PULSE OFFICIAL YEARBOOK」が届きました。

エスパルスは今シーズンで設立30周年です。

MF3 ホナウド、DF5ヴァウド、MF8 松岡大起、FWチアゴ・サンタナ、FW10 カルリーニョス・ジュニオ、MF16 西澤健太、MF22 ヘナト・アウグスト 主力メンバーが開幕から間にあっていません。

そうした中で、リーグ戦1勝1敗1分、カップ戦2分は善戦しているのかな。

220307
・ 2020 清水エスパルスオフィシャルイヤーブック

| | コメント (0)

2022.03.04

2026年に清水エスパルスの新スタジアムが建設予定

清水エスパルスのホームグラウンドとなる新スタジアムの建設構想があるそうです。日本経済新聞が報じていました。

完成予定は2026年が目途で、場所はJR清水駅みなと口(東口)から左に行ったとことのENEOSの製油所跡地だそうです。清水湾に面し、富士山も望めるいい場所ですね。

何よりも清水駅から徒歩10分程度の近さも魅力です。平日の試合も仕事帰りに気軽に観戦できるようになります。もっとも、不甲斐ないエスパルス、仕事帰りに行ったはいいが、フラストレーションを溜めて帰宅するなんてことになりそうですが...(^^;)

収容人員も2万5千人超とエスパルスにとっては手ごろなサイズです。

楽しみです。

220304
・ 新スタジアム建設候補地 ※ Googleマップに加筆

清水エスパルスに新スタジアム 駅に隣接 26年めど完成
サッカーJ1・清水エスパルスのホームスタジアムを静岡市内のJR清水駅前に建設する構想が3日、明らかになった。収容人員2万5千人超で完成は2026年ごろを想定。200億円規模となる総事業費は同市や静岡県、地元企業などが共同で拠出する見通し。地域振興につながる集客拠点としても活用する。
予定地はENEOSの清水製油所跡。ENEOSが太陽光発電による水素製造を柱とした次世代型エネルギー拠点とする計画を進めている土地で、一部を地元の要望が強いサッカー専用スタジアム向けに提供する。
静岡市は4月に新スタジアムに関する官民の検討会議を立ち上げ、11月に最終案を決定する。現在のエスパルス本拠地で老朽化が課題となっている「IAIスタジアム日本平」の建て替えや他の候補地への移転を含めて協議するが、アクセスなど好条件がそろう今回の構想は「現状では最もすぐれた案」(関係者)だ。
新スタジアムと直結可能な清水駅は新幹線が停車する静岡駅から在来線で約10分の位置にあり、県内外のファンがアクセスしやすい。約2万人収容の現スタジアムは清水駅発の路線バスに15分以上乗車後、徒歩で10分程度の距離にある。
2022.03.04/日本経済新聞

| | コメント (0)

2022.02.26

2022シーズン 清水エスパルスはまずまずの滑り出しですね

今日のJ1リーグ第2節、清水エスパルスはジュビロ磐田とアウエーのエコパスタジアムで対戦し、2-1で勝ちました。

シーズン立ち上がり早々、得点源のサンタナや攻守の要 ボランチの松岡をはじめ、多くの故障者がいる中で、1節に続き鈴木唯人がゴールを決め今シーズンの活躍に期待が持てワクワクします。

水曜日に行われたルヴァンカップの名古屋グランパス戦も引き分け、まずまずの滑り出しです。

暫定3位、この時点の順位表なんて意味はないけれど、エスパルスがこの順位にいることは希なので載せておきます^^;

220226

| | コメント (0)

2022.01.23

DAZNが大幅値上げ

DAZNが2月22日から新料金を適用する旨のメールがきていました。

僕は月額のプランなので、1950円から3000円になり、156%と大幅な値上げです。

Jリーグ、特に清水エスパルスの試合は毎試合見ているので、値上げは痛いですが受け入れざるを得ません。

それでも安くならないかと、年一括払い27000円(月換算2250円)にしました。

220123

| | コメント (0)

2022.01.11

2022シーズンの清水エスパルスの新体制が発表になりました

清水エスパルスの2022シーズン、大きな移籍はなく中盤の充実ぶりはすごいです。

どのような組合せにするのだろうか? 平岡監督の手腕に期待がかかります。

開幕のコンサドーレ札幌戦が楽しみです。

2022シーズン 清水エスパルス新体制

1 GK 大久保択生
2 DF 立田悠悟
3 MF ホナウド
4 MF 原輝綺
5 DF ヴァウド
6 MF 竹内涼
7 DF 片山瑛一
8 MF 松岡大起
9 FW チアゴ・サンタナ
10 FW カルリーニョス・ジュニオ
11 MF 中山克広
12 Supporter's Number
13 MF 宮本航汰
14 FW 後藤優介
15 MF 岸本武流(鳥栖/完全移籍)
16 MF 西澤健太
17 MF 神谷優太(柏/完全移籍)
18 MF 白崎凌兵(鹿島/完全移籍)
19 FW ディサロ燦シルヴァーノ
21 GK 権田修一
22 MF ヘナト・アウグスト
23 MF 鈴木唯人
24 DF 菊地脩太(昇格)
25 GK 永井堅梧
26 MF 滝裕太
29 DF 山原怜音(新加入)
30 FW 千葉寛汰(昇格)
32 MF ベンジャミン・コロリ
36 FW 栗原イブラヒムジュニア(鈴鹿/復帰)
37 FW 高橋大悟(北九州/復帰)
38 DF 井林章
39 MF 川谷凪(新加入)
40 MF 成岡輝瑠(相模原/復帰)
49 FW 加藤拓己(新加入)
50 DF 鈴木義宜

監督 平岡宏章
ヘッドコーチ 篠田善之
コーチ 加藤慎一郎

| | コメント (0)

2022.01.08

Jリーグは今シーズンも新型コロナウイルス感染症の影響を受けるのだろうか?

清水エスパルスの選手の一人で新型コロナウイルスの陽性者が確認されたとエスパルスがアナウンスしています。とりあえず、今後の日程に影響はないようです。

また、全国高校サッカー選手権大会の準々決勝で静岡学園高校をPK戦のすえ破った関東第一高校の選出2人から陽性者が確認され、準決勝の大津高校戦を辞退しました。国立競技場での準決勝までたどり着いたのに出場できないなんて無念のことでしょう。

全国の新型コロナウイルスの陽性者が、1日当たりの新規感染者が8日、8,000人を超えました。静岡でも8日に100人を超え増加傾向にあります。

2月18日に川崎フロンターレ-FC東京戦で開幕するJ1リーグ、今シーズンはどの程度新型コロナウイルス感染症の影響を受けるか心配です。

22010801
22010802

トップチーム選手 新型コロナウイルス感染症の陽性判定について
このたび、トップチーム選手1名が静岡県外にて新型コロナウイルス感染症のPCR検査を受けたところ、陽性判定が確認されました。当該選手は現時点で体調不良や発熱などの症状は確認されておらず、適切な対策のもとで療養しております。なお、その他選手、クラブスタッフに濃厚接触者はおらず、チームの活動に影響はございません。
クラブでは、これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策を継続して実施し、選手、スタッフ、関係者全員に感染症防止策の周知、徹底を図ってまいります。
2022.01.08/清水エスパルス

第100回全国高等学校サッカー選手権大会 準決勝出場辞退について
第100回全国高等学校サッカー選手権大会の準決勝を前に、進出した4チームを対象に大会前に定められた検査を行った結果、関東第一高校の選手2名から新型コロナウイルスの陽性反応が認められました。現時点において、スタッフも含めて当該者以外からの体調不良の報告はありません。
これにより、大会感染対策ガイドラインの内規に則り、正規登録チーム(選手30名及びチーム役員)に代わり予備登録チーム(選手14名及び正規登録チーム以外のチーム役員)での出場について、関東第一高校およびサッカー部の関係者で検討した結果、関東第一高校は準決勝の出場を辞退することになりました。これにより、準決勝で関東第一高校と対戦する予定だった大津高校が決勝に進出することとなりました。
2022.01.07/日本サッカー協会

| | コメント (0)

2021.12.04

清水エスパルス 最終節で残留決定 J1リーグ2021シーズン

清水エスパルスは、最終節 ホームでのセレッソ大阪戦に2-1で勝って、自力でJ1リーグ残留を決定しました。

前節終了時点で降格の可能性のある湘南ベルマーレと徳島ヴォルティスとは勝点3があったため、得失点差の関係で湘南と徳島が勝って清水が負けない限り降格しないという残留に有利な条件でしたが、心配は心配でした。

前半35分にオウンゴールで1点を失ったものの、前半47分に西澤健太のフリーキックを鈴木義宜が決め同点、後半6分に相手のクリアボールを西澤が利き足ではない左足でミドルシュートでゴール、その後守り切って勝点3を取りました。

試合後のインタビューで、西澤が来シーズンは静岡ダービーができると言っていたのが印象的でした。

211204

残留を決めほっとしたところですが、ここ数シーズン降格圏すれすれの成績だったもの。

来シーズンは、優勝とは言わないけれど少し安心して試合を観たいです。

| | コメント (0)

2021.11.27

'21シーズン 清水エスパルスの残留は最終節に持ち越し

今日の埼玉スタジアムで行われた浦和レッズ戦に清水エスパルスは、後半アディショナルタイムに途中出場の中村慶太がゴールを決め1-0で勝点3をとりました。浦和に勝ったのは8年振りくらいじゃないかな。

残留争いをしている徳島ヴォルティスも勝ったので、清水の残留決定は最終節 ホームでのセレッソ大阪戦に持ち越されました。

今日の試合で勝点3を得たことで、残留の可能性は高まりました。

最終節で清水が勝つか引き分けの場合は残留、負けた場合でも16位の湘南ベルマーレと17位の徳島の勝者が勝たなければ残留となります。

頑張れ!清水エスパルス。

21112701

21112702

| | コメント (0)

より以前の記事一覧