カテゴリー「写真」の66件の記事

2019.10.20

安部公房の字は達筆とはいえないけれど読みやすいですね - 東京都写真美術館 写真の時間展

恵比寿ガーデンプレイスの東京都写真美術館で開催されている「写真の時間」を見てきました。

191020
・ 写真の時間のチケット、パンフレット、作品リスト/東京都写真美術館

僕はこの美術館の存在を学生時代の後輩の紹介で初めて知りました。写真や映像専用の美術館があるなんて、さすが東京都ですね。

「写真の時間」はロバート・キャパや土田ヒロミ、東松照明、森山大道などモノクロームを中心とした作品の展示です。

最も印象に残ったのが、それも作品そのものの表現ではなくて申し訳ないですが、米田知子の著名人の眼鏡をとおして見た著作を撮ったものです。

たとえば「フロイトの眼鏡-ユングのテキストを見る」とか「マーラーの眼鏡-交響曲(未完成)第10番の楽譜を見る」とか。

面白い着眼点だと思ってみていると「安部公房の眼鏡-『箱男』の原稿を見る」があります。安部公房ってけして達筆とはいえないけれど原稿用紙のマス目にきちっと収まった読みやすい字を書くなあと思ったりして。
その横に「谷崎潤一郎の眼鏡-松子夫人への手紙を見る」の原稿用紙のマス目を無視した流れるような達筆だけど僕にはにわかに読み取れない文字を見て、理系と文系の人間の文字の違いなのかなあと、全く根拠のないことを思ったりして...

こんな見方をするなんて邪道なんだろうな ^^;

| | コメント (0)

2019.07.12

NHKのハイスピードカメラにフィルムカメラ時代のNIKKOR 105mm f 1:2.5が使われているんですね

今日のNHK・チコちゃんに叱られる!の「雷がジグザグに落ちるのは?」の中で、雷の落ちる様子を撮影するためにNHKの研究所が開発したハイスピードカメラが出てきました。

そのカメラに使われていたのが、30年以上前に製造された35mmフィルムカメラ用のNIKKOR 105mm f 1:2.5です。

190712
・ NIKKOR 105mm f 1:2.5

このレンズを僕は持っているので、NHKが開発したハイスピードカメラにも使われていたんだと少し驚きました。

基本的な性能がしっかりしているので、古いレンズでも最新の機器に使えるんですね。

| | コメント (0)

2019.06.12

富士フイルムがこの秋に黒白フィルムを復活させる

昨年秋に黒白フィルムの販売を終了した富士フイルムが、この秋に再開するそうです。富士フイルムがプレスリリースしていました。

販売を再開するのは、35mmとブローニーサイズのISO100の黒白フィルムで、名称は「ネオパン100 ACROSII」です。懐かしいネオパンが復活します。

復活の理由は、古くからのフィルムカメラを使用していた世代に加えて、SNS世代の若年層の要望もあったとのこと。フィルムになじみのない若年層がフィルム独特の風合いを好むとは少し意外です。

ネオパンが発売されたら使わなくなったNikon FEを復活させようかな。試しに動かしてみたらとりあえずシャッターは切れるし、露出計も作動します (^^;

190612
・ Nikon FとネオパンF

現像タンクもまだどこかにしまってあるので探してみよう。停止液は酢で代用できるとして、現像液や定着液はまだ販売しているのだろうか?
引き伸ばし機は使い物にならないと思うので、フィルムからはスキャナーでデジタル化することになるのかな。

デジタルの時代には考えられないほど、1枚の写真にするのに手間と時間がかかります。

関連エントリー:富士フイルムが黒白フィルム及び黒白印画紙の販売を終了 2018.04.11

引用文黒白フィルムの販売を今秋より再開 ― 世界最高水準の粒状性と立体的な階調再現で超高画質を実現 黒白フィルム「ネオパン100 ACROS(アクロス)II」新開発
富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、世界最高水準の粒状性と立体的な階調再現で超高画質を 実現し、幅広い分野の撮影に適した、黒白フィルム「ネオパン100 ACROSII(以下、「アクロスII」)」を新たに 開発しました。2019年秋に、35mmサイズ、ブローニーサイズの2種類を発売する予定です。
当社は、黒白フィルムの需要の減少と、生産に欠かせない原材料が入手困難になったため、黒白フィルムの販売を昨秋に終了いたしました。しかし、フィルム愛好家をはじめフィルム独特の風合いによる写真を好むSNS世代の若年層の方を中心に、当社の黒白フィルムの販売継続を望む声が多く寄せられたことを受け、あらゆる角度から販売再開に向けた検討を進めてきました。入手困難になった原材料の代替品の研究や新たな原材料に合わせた製造プロセスの抜本的な見直しにより、このたび、黒白フィルム「アクロスII」の開発に成功しました。
今回開発した「ネオパン100 ACROSII」は、感度ISO100の超高画質な黒白フィルムとして、世界最高水準の粒状性と立体的な階調再現、優れたシャープネスを備えており、風景・山岳写真、ポートレート、製品写真、建築写真から、長露光撮影の天体・夜景写真など幅広い分野の撮影に適しています。
【「ネオパン100 ACROSII」の特長】
当社独自の「Super Fine-Σ粒子技術」(*1)を採用することにより、感度ISO100の黒白フィルムとして世界最高水準の粒状性を実現。
当社従来品「ネオパン100 ACROS」に比べハイライト部の階調をメリハリのある設計とし、立体的な階調再現が可能。
世界最高水準のシャープネスにより、被写体の輪郭を強調した描写が可能。
-----
*1 写真フィルムに含まれるハロゲン化銀粒子のサイズと、その組成を精密にコントロールすることで、感度と優れた粒状性を両立させ、プリントの高画質化に寄与する技術。

1. 製品名 ネオパン100 ACROSII(35mmサイズ・ブローニーサイズ)
2. 発売時期 2019年秋(予定)
2019.06.10/富士フイルム株式会社

| | コメント (0)

2019.01.08

Nikon D610のライブビュー機能を使って太陽を撮ってみる

太陽はとてつもなく明るいので、撮影には太陽撮影用のNDフィールターが必要になります。
僕が使っているのはマルミの太陽撮影用NDフィルターで、10万分の1に減光します。

このフィルターをCanon EOS Kiss Xとタムロン 28-200mmズーム使って撮っています。Kiss XはAPS-Cサイズなので35mmレンズの1.6倍になるので、望遠側で320mm相当になります。

ただ、ファイダーを覗いて太陽を撮っていいものかと不安を感じていました。

NDフィルターにより光量は10万分の1になりますが、赤外線や紫外線などが完全に減光されるわけではなく、眼に影響がないかという不安です。
メーカーも直接、ファインダーを覗かずライブビュー機能を利用し液晶画面を使って撮影するよう注意がされています。

でも、残念ながらKss Xにはライブビュー機能はありません (^^;

そこで、ライブビュー機能のあるNikon D610で太陽を撮ることを思いつきました。
ただ、D610用の望遠レンズを持っていないので、フィルムカメラ用のNikkor 200mm f4を使ってみることにしました。
さらに、フルサイズのD610で200mmでは倍率が足りないため、ほとんど使っていなかった2倍のテレプラスをボディとレンズの間に挟み400mmとしました。

まあ、こんな乱暴な組み合わせで画質は相当落ちると思いますが、太陽の撮影ということでよしとします (^^;

Nikon
・ Nikon D610 + Kenko *2 TELEPLUS MC7 + Nikkor 200m f4 + Kenko 変換アダプター 52mm→77mm + マルミ 太陽撮影用NDフィルター

Nikon D610 ライブビューで見た太陽
・ Nikon D610 ライブビューで見た太陽

そして、下の画像が撮ったものです。黒点は見えませんでした。

太陽
・ 太陽

関連エントリー
太陽撮影用フィルターを買った 2012.04.20
太陽を一眼レフで撮るには 2012.05.20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.31

キヤノンがフィルムカメラの販売を終了

キヤノンがフィルムカメラの販売を終了したそうです。NHKが報じていました。先日は、富士フィルムから黒白フィルムの生産をこの秋に終了するとアナウンスがあったり、フィルムカメラは絶滅危惧状態になるのでしょうか?

手元には、一眼レフのNikon FE、Canon EOS kiss、コンパクトカメラのRICOH GR1、Konica A4があるけれど、全く使わなくなりました。
ただ、ニコンやキヤノンの一眼レフの交換レンズはデジタル一眼レフと互換性があるので使っています。

 左からCanon EOS kiss、Nikon FE、RICOH GR1、Konica A4
・ 左からCanon EOS kiss、Nikon FE、RICOH GR1、Konica A4

 左からCanon EOS kiss、Nikon FE、RICOH GR1、Konica A4

アナログレコードでは、昔のレコードを再生するにはアナログレコードプレーヤーが必要だし、最近はアナログの音質が見直されたりして、アナログレコード復活の兆しがあるけれど、写真の場合はあえてフィルムで撮影する必要はないものね。今、フィルムカメラを必要とするのはどんな場合だろう?

最近、少しずつ過去に取ったフィルムをスキャニングしてデジタル化しています。それで、気がついたのはワンシーンでシャッターを切る回数がデジタルに比べて、少ないことです。デジタルに比べてフィルム代や現像、プリントにコストがかかったものね。

関連エントリー:富士フィルムが黒白フィルム及び黒白印画紙の発売を終了 2018.04.11

引用文キヤノン フィルムカメラ販売終了 80年超の歴史に幕
「キヤノン」は、販売していた唯一のフィルムカメラの販売を終了し、創業から80年以上続けていたフィルムカメラの歴史に幕を降ろすことになりました。
発表によりますと、キヤノンは、会社で唯一のフィルムの一眼レフカメラ、「EOS-1v」の販売を終了するということです。
販売終了の理由について、会社では、デジタルカメラの普及に伴って、フィルムカメラは需要が縮小し、販売の継続が難しくなったためと説明しています。キヤノンは、会社が設立された1937年からフィルムカメラを販売してきましたが、その80年を超える歴史に幕を降ろすことになりました。
フィルムカメラをめぐって国内の大手メーカーでは「ニコン」が販売を続けていますが、富士フイルムが、ことし10月の出荷を最後に、白黒フィルムの販売を終了すると発表するなど事業を縮小する動きが続いています。
カメラメーカーで作る「カメラ映像機器工業会」によりますと、フィルムカメラの出荷のピークは1990年の538万台余りでした。※ フィルムカメラの出荷台数 1990年の100分の1
2018/05/30/NHK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.11

富士フイルムが黒白フィルム及び黒白印画紙の販売を終了

フィルムカメラ時代には35mm黒白フィルムと黒白印画紙をよく使いました。
その黒白フィルムと黒白印画紙の販売から富士フィルムが撤退するそうです。富士フィルムイメージングシステムズがプレスリリースしていました。

黒白フィルムのネオパンは今年の10月に、黒白印画紙のフジプロは製品によって時期は違いますが今年10月、2019年3月、10月、'20年3月に販売を終了するそうです。

デジタルカメラとPCプリンターの性能が向上し、フィルムや印画紙、中でも黒白用の需要は激減してるのだろうと思います。

また、フィルム現像には現像タンクやダークバック、写真の焼き付けには引き伸ばし機や印画紙のサイズに応じた現像、停止、定着液用のバット、そして暗室と、デジタルカメラに比べて、時間も場所もそしてお金もかかるものね。

僕は黒白フィルムは、もっぱらコダックの黒がシャープで高感度なTry-X(ISO400)を現像の時に200に減感して使っていました。また、富士フィルムはネオパン400を時々使っていました。一方、黒白印画紙は富士フィルムの製品を使っていました。

下の写真は、ネオパン Fです。Fは感度ISO(古くはASAといっていた)32で、極めて微粒子な低感度黒白フィルムです。有効期限は1985年3月となっているから、今では劣化して使い物にならないのでしょう。ISO32のフィルムはめったに使わなかったので、ラックの奥に残っていたのだと思います。

 NEOPAN F 135-36 極微粒子 黒白フィルム/富士写真フィルム
・ NEOPAN F 135-36 極微粒子 黒白フィルム/富士写真フィルム

レコード、最近はカセットテープに復活の兆しがあるというけれど、フィルムは現像、引き延ばしが一般的ではなかったからデジタルに移行したら後戻りはないのでしょう。

それにしても、停止液の酢酸のにおいや暗室の赤いランプ、現像液に浸けた印画紙から徐々に画像がでてくるワクワク感など懐かしいです。

引用文黒白フィルムおよび黒白印画紙 販売終了のご案内
富士フイルムイメージングシステムズ株式会社(社長:西村 亨)は、長年ご愛用いただきました黒白フィルムおよび黒白印画紙につきまして、生産効率の向上や経費節減など懸命なコスト吸収につとめてきましたが、需要の継続的な減少により安定的な供給が困難となりましたので、販売を終了させていただきます。
-----

1. 対象製品および出荷終了時期の見込み
(1) 黒白フィルム
-----
(2) 黒白印画紙
2.今後の推奨品
黒白フィルムおよび黒白印画紙ともに、全種類販売終了となりますので、ご使用推奨品はございません。
2018/04/06/富士フイルムイメージングシステムズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.16

古い「Nikkor 35mm f2」を使ってみる

Nikon D610にフィルム時代のマニュアルレンズ「NIKKOR 35mm f2」をつけて撮ってみました。

僕は35mmレンズの画角が好きで常用しているので、D610を購入した際に「NIKKOR 35mm f1.8 ED」を購入しました。
このレンズは、D610のフルサイズに対応したもので、デフォルトでは露出も焦点も自動で制御されます。

Nikon D610+NIKKOR 35mm f1.8 ED(左)とNIKKOR 35mm f2
・ Nikon D610+NIKKOR 35mm f1.8 ED(左)とNIKKOR 35mm f2

古い「NIKKOR 35mm f2」と「NIKKOR 35mm f1.8 ED」は、画角は同じで明るさもほぼ同じなので比較をしてみました。

ふたつのレンズの絞りをf2に固定して、絞り優先のオートで咲き始めのマーガレットを撮影したのが下の写真です。

当たり前ですが同じ35mm、f2での撮影ですのでほとんど変わりはありません。

NIKKOR 35mm f1.8 ED 1/15秒 f/2 -2 6016x4016ピクセル FINE ISO 100
・ NIKKOR 35mm f1.8 ED 1/15秒 f/2 -2 6016x4016ピクセル FINE ISO 100

NIKKOR
・ NIKKOR 35mm f2 1/13秒 f/2 -2 6016x4016ピクセル FINE ISO 100

下の2枚は6016×4016ピクセルを原寸大に切り取ったものです。
若干、古い「NIKKOR 35mm f2」のほうが若干露出オーバー気味になります(これは撮影の際にアンダー気味に撮れば修正できると思います。)が、ほとんど差が出ませんでした。

【等倍】NIKKOR 35mm f1.8 ED 1/15秒 f/2 -2 6016x4016ピクセル FINE ISO 100
・ 【等倍】 NIKKOR 35mm f1.8 ED 1/15秒 f/2 -2 6016x4016ピクセル FINE ISO 100

【等倍】NIKKOR 35mm f2 1/13秒 f/2 -2  6016x4016ピクセル FINE ISO 100
・ 【等倍】 NIKKOR 35mm f2 1/13秒 f/2 -2 6016x4016ピクセル FINE ISO 100

さすがにNIKKORレンズですね。マニュアル・フォーカス時代のレンズもデジタル一眼レフで十分使えます。

関連エントリー
Nikonのフルサイズのデジタル一眼レフは古いマニュアルレンズを昔の感覚で使えるんですね 2017.11.15
古い「NIKKOR 200mm f4」で月を撮ってみる 2017.11.28
古い「Nikkor 28mm f3.5」を使ってみる 2017.12.04

・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.04

古い「Nikkor 28mm f3.5」を使ってみる

先日、Nikon D610にフィルム時代のマニュアルレンズ NIKKOR 200mm f4を使ってみたことを書いたけれど、今回は28mm f3.5です。

関連エントリー:古い「NIKKOR 200mm f4」で月を撮ってみる 2017.11.28

Nikon D610とNIKKOR 28mm f3.5
・ Nikon D610とNIKKOR 28mm f3.5

28mm f3.5も40年以上前の学生時代に購入したものです。
当時、Nikomat FTNと50mm f2を使っていたので、広角系のレンズとして28mm f3.5を購入しました。本当はf2クラスの明るいレンズが欲しかったのですが、そのクラスはとても高価で当時の僕には手が出ませんでした。(今も状況は変わっていませんが ^^;)

その後、標準レンズとして35mm f2を使うようになったので、28mmの画角は中途半端なものになってしまいました。

28mm f3.5を試しに使ってみようとD610につけて、散歩の時に少し撮ってみました。
とりあえず撮れて使えそうです。

Nikon D610 NIKKOR 28mm f3.5 / 1/20 f5.6 -1 ISO200
・ Nikon D610 NIKKOR 28mm f3.5 / 1/20 f5.6 -1 ISO200

Nikon D610 NIKKOR 28mm f3.5 / 1/60 f8 0 ISO100
・ Nikon D610 NIKKOR 28mm f3.5 / 1/60 f8 0 ISO100

Nikon D610とNIKKOR 28mm f3.5
・ Nikon D610 NIKKOR 28mm f3.5 / 1/80 f3.5 -1 ISO400

ただ、絞り優先のオート撮影をすると、露出がオーバーになるため-1程度に露出を補正する必要がありました。
TTL測光をしているので、露出に影響はないように思うのですが、レンズの情報がカメラに正確に伝わっていないのかもしれません。

古いNIKKOR 35mm f2と105mm f2.5もあるので試してみようと思います。

関連エントリー
Nikonのフルサイズのデジタル一眼レフは古いマニュアルレンズを昔の感覚で使えるんですね 2017.11.15
古い「NIKKOR 200mm f4」で月を撮ってみる 2017.11.28
古い「Nikkor 35mm f2」を使ってみる 2017.12.16

・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.28

古い「NIKKOR 200mm f4」で月を撮ってみる

先日、購入したフルサイズのNikonデジタル一眼レフ D610で、フィルムの頃のNIKKORレンズが使えることを勝手に喜んでいます。

関連エントリー:Nikonのフルサイズのデジタル一眼レフは古いマニュアルレンズを昔の感覚で使えるんですね 2017.11.15

まあ、喜んでいるだけではもしょうがないと思って、試しに今夜の綺麗な上弦をひとつ過ぎた月を撮ってみました。

使ったのは「NIKKOR 200mm f4」です。このレンズは僕が高校の頃に買った、もう40年以上前のものです。もちろん絞りも焦点もマニュアルです。

 Nikon D610とNIKKOR 200mm f4
・ Nikon D610とNIKKOR 200mm f4

D610で撮ると全画面に月はこのような大きさで写ります。流石に200mmの望遠レンズでは月には寄れません ^^;

月齢 10.0の月 NIKKOR 200mm f4 1/200秒 f/11 6016x4016ピクセル Fine ISO 100
・ 月齢 10.0の月 NIKKOR 200mm f4 1/200秒 f/11 6016x4016ピクセル Fine ISO 100

下の写真はその月の原寸大のものです。フルサイズということもあって古いレンズでもある程度月の表面がわかります。

月齢 10.0の月 NIKKOR 200mm f4 1/200秒 f/11 6016x4016ピクセル Fine ISO 100 【原寸】
・ 月齢 10.0の月 NIKKOR 200mm f4 1/200秒 f/11 6016x4016ピクセル Fine ISO 100 【原寸】

古いレンズも結構使えそうです。NIKKOR 28mm、35mm、105mmもあるので、いろいろな被写体で試してみたいと思います。

関連エントリー
Nikonのフルサイズのデジタル一眼レフは古いマニュアルレンズを昔の感覚で使えるんですね 2017.11.15
古い「Nikkor 28mm f3.5」を使ってみる 2017.12.04
古い「Nikkor 35mm f2」を使ってみる 2017.12.16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.15

Nikonのフルサイズのデジタル一眼レフは古いマニュアルレンズを昔の感覚で使えるんですね

35mmレンズは35mmとして105mmレンズは105mmとして使いたくなって、Nikonのフルサイズのデジタル一眼レフ D610とNIKKOR 35mm F1.8 EDを買いました。

D610は、セットアップが必要ですが古いフィルムカメラの頃のマニュアルレンズが使えます。レンズの絞りの情報を機械的にカメラに伝えていた頃のレンズです。

それで、使わなくなって久しいNIKKOR 28mm f3.5、35mm f2、105mm f2.5、200mm f4をD610に付けてみました。

左からNIKKOR 28mm f3.5、35mm f2+D610、105mm f2.5、200mm f4
・ 左からNIKKOR 28mm f3.5、35mm f2+D610、105mm f2.5、200mm f4

当然、フォーカスはマニュアルですが、露出は絞り優先のオートが可能です。ちょうどフィルムカメラのNikon FEを使っている感覚です。デジタルになっても、昔の資産を引き継ぎ、絞りの情報は機械的にカメラに伝えているのですね。

Nikonのデジタル一眼レフの販売は苦戦しているとか。
でも、Fマウントを変えず昔のレンズも使えるようにしているのは、流石、老舗Nikonだと思います。

慣れ親しんだレンズが使えるなんて、昔の感覚が呼び戻されて写真をまた始めようかと思います。

関連エントリー
古い「NIKKOR 200mm f4」で月を撮ってみる 2017.11.28
古い「Nikkor 28mm f3.5」を使ってみる 2017.12.04
古い「Nikkor 35mm f2」を使ってみる 2017.12.16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧