カテゴリー「鉄道」の469件の記事

2019.04.12

座席前のトレイに貼ってある東海道・山陽新幹線の運行状況にリンクするQRコード

新幹線の座席の前にあるトレイの裏側に、JR東海の東海道・山陽新幹線の運行状況のサイトにリンクするQRコードが張ってあります。
通勤で使っている、それも目の前にもかかわらず、最近QRコードに気がつきました。

19041201

アクセスしてみるとなかなか面白いです。

19041202

残念!?ながら正常に運行している時にアクセスしたので、止まっていたり遅れていたりしているときの状況はわかりませんが、今、どこを走っているのか、他の新幹線の運行状況もわかります。
たとえば、新横浜-小田原間では、上りが4編成(のぞみ3、こだま1)、下りが3編成(のぞみ2、こだま1)走っていました。

19041203

便利なサイトです。

参照:東海道・山陽新幹線運行状況/JR東海

| | コメント (0)

2019.03.19

JR東海 寄畑駅

JR東海 寄畑駅 1番ホーム(身延線)

JR東海 寄畑駅

・ S245 一覧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.08

JR東日本 栗橋駅

JR東日本 栗橋駅 1番ホーム(宇都宮線(東北本線))

JR東日本 栗橋駅 1番ホーム(宇都宮線(東北本線))

・ S244 一覧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.01

卒業の季節ですね。JR静岡駅の高校生を送るメッセージ

JR静岡駅のコンコースに卒業する高校生を送る手書きのメッセージのボードがありました。

卒業シーズンですね。

JR静岡駅コンコースの卒業する高校生を送るメッセージ

・ JR静岡駅コンコースの卒業する高校生を送るメッセージ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.28

首都圏新都市鉄道 守谷駅

首都圏新都市鉄道 守谷駅 1-2番ホーム(つくばエクスプレス)

首都圏新都市鉄道 守谷駅 1-2番ホーム(つくばエクスプレス)

・ S243 一覧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.18

15日午前に発生した新幹線券売機の不具合は完全には解消していないようです

2月15日午前に発生した新幹線券売機の不具合の一部は、今日も続いているようです。

帰宅途中の浜松駅 新幹線券売機に貼り紙がしてありました。

新幹線自由席特急券の片道のみの発券ができないようです。

JR東海 浜松駅 新幹線券売機 2019.02.18 19:01
・ JR東海 浜松駅 新幹線券売機 2019.02.18 19:01

ニュースを聞いたときはすぐに解消すると思っていましたが、結構長引きますね。

引用文新幹線券売機一部使えず JR東海などの複数駅で
15日午前、JR東海の東海道新幹線の東京駅や新横浜駅、名古屋駅など複数の駅で、新幹線自動券売機の一部にシステムの不具合が生じ、切符が購入ができない状態になった。正午ごろまでには多くの駅でトラブルは順次解消し、新幹線は通常通り運行している。
JR東日本や西日本の管内でも新幹線自動券売機で自由席特急券を買えないなどのトラブルが発生した。JR各社が出資しシステムを管理する「鉄道情報システム」によると、券売機のプログラムの不具合が生じたことが原因という。システム改修などとの関連を調べている。
JR東海によると、利用者が自動券売機を操作したところ使用できなくなるトラブルが15日早朝から相次ぎ、駅員のいる窓口での購入を呼びかけるなどして対応した。在来線の券売機などには障害はなく、同社は「新幹線の運行に影響はなかった」としている。
JR東日本によると、同社管内の駅の新幹線自動券売機でもシステム障害が発生。往復の自由席特急券が購入できない状態になったという。指定席や片道の自由席券の購入は可能だが、復旧のめどは立っていない。
JR西日本管内でも、新大阪駅など複数の駅の新幹線自動券売機で往復の自由席特急券が購入できないトラブルが発生している。
2019/02/15/日本経済新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.13

東海道本線 袋井-磐田間の新駅は「御厨」に決定

東海道本線 袋井-磐田間に建設中の新駅の名称が「御厨(みくりや)」とするそうです。JR東海がプレスリリースしていました。

JR東海のサイトから画像引用
・ JR東海のサイトから画像引用

袋井-磐田間は7.8km、市街地と水田地帯の比較的平坦な地形を走るわりに駅間距離が長く、御厨駅周辺にはヤマハ発動機やNTN磐田製作所、そしてジュビロ磐田のホームスタジアム・ヤマハスタジアムがあるので、新駅があってもおかしくない位置です。

開業は2020年春の予定だそうです。

僕は静岡から浜松まで新幹線で通勤しています。新幹線は御厨駅のすぐ脇を通過していきます。


東海道新幹線から見る建設中の東海道本線 御厨駅

引用文東海道本線 袋井~磐田間新駅の名称等について
東海道本線の袋井駅と磐田駅の間に新たに設置する駅の名称が決定しましたので、お知らせします。
1. 駅の名称
「御厨」(みくりや)
2. 所在地
静岡県磐田市鎌田地内
3. 新駅位置
・袋井駅から 4.6km
・磐田駅から 3.4km
※浜松駅から 14.4km
4. 設備概要
・駅舎:橋上式
・ホーム:2面2線
・エレベーター:橋上駅舎に2基、自由通路に3基を設置
※完成イメージは別紙
5. 開業時期
2020年春(予定) 
2019/02/06/東海旅客鉄道株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.29

東日本大震災で不通となっていた宮古-釜石間が3月23日に8年ぶりに再開

東日本大震災のため不通となっていたJR山田線の宮古-釜石間が、3月23日の再開に向けた試運転が始まったそうです。読売新聞が報じていました。
復旧後はJR東日本から三陸鉄道に移管されるそうです。

三陸鉄道 36 100形ディーゼルカー 復興支援列車/TOMIX Nゲージ
・ 三陸鉄道 36 100形ディーゼルカー 復興支援列車/TOMIX Nゲージ

これで三陸鉄道としては、宮古-久慈間の北リアス線と盛-釜石間の南リアス線がつながります。
三陸鉄道のサイトを見ると名称はリアス線になるようです。

宮古-釜石間がつながることで、学生時代に旅した東北本線の盛岡から北上山地を超え宮古、宮古から三陸海岸沿いに釜石、再び北上山地を越え花巻で東北本線に戻ることができます。

引用文宮古―釜石間で試運転、南北リアス線と連結へ
東日本大震災で不通となり、第3セクターの三陸鉄道として今春、運行が再開される岩手県のJR山田線宮古―釜石駅間(55.4キロ)で28日、試運転が始まった。同区間は、JR東日本が復旧工事を行った後、三鉄に移管され、3月23日に8年ぶりに運行が再開される。
三鉄の南北リアス線とつながり、総延長は第3セクター路線では国内最長の163キロになる。JR東日本は昨年、ディーゼル機関車で線路の強度を確認する試験走行を実施。今回は実際に三鉄の車両を走らせ、踏切の動作確認などを行う。
午前9時40分頃に宮古駅を出発した車両は、住宅が再建されたかさ上げ地や建設中の防潮堤の近くを時速25キロでゆっくり走った。
試運転は2月3日まで続き、その後、運転士の訓練運転を行う。
2019/01/28/読売新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.13

カプセルトイの列車や機関車のミニチュア?

部屋の片付けをしていて、列車や機関車のミニチュアが出てきました。
ゼンマイ仕掛けになっていて、走ります。

同じものあるためカプセルトイ(ガチャガチャ)で手に入れたのかなあ??

カプセルトイの列車や機関車のミニチュア?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.05

湘南色の天浜線の目覚まし時計

少し前に、湘南色の天竜浜名湖鉄道の目覚まし時計を買いました。

これは、TH2100形の天浜線をオレンジと緑にカラーリングしたもので、Re+(リ・プラス)と呼ばれています。

実物は一度見かけただけで、写真には撮っていません。

天竜浜名湖鉄道 Re+の目覚まし時計
・ 天竜浜名湖鉄道 Re+の目覚まし時計

すでに天浜線の目覚まし時計は、現役で使用されているTH2100形とTH3000形、それと退役したTHI形の3台が発売されています。

天竜浜名湖鉄道の列車型目覚まし時計 左からTH2100形、THI形、TH3000形
・ 天竜浜名湖鉄道の列車型目覚まし時計 左からTH2100形、THI形、TH3000形

時計は目覚ましと時報の機能があって、アラームが鳴るときは、時計両脇の昇降口の窓が点滅します。
また、後ろに引っ張って放すと前進します。

関連エントリー:天浜線の列車型目覚まし時計は、こんな感じで光って鳴ります (2015.12.03)

引用文「新ラッピング列車 『Re+(リ・プラス)』運行について
平成30年5月16日(水)より、『Re+(リ・プラス)』として新たに運行開始。
天浜線沿線のお茶の葉とみかんをイメージしたカラーと東海道線で親しみのある懐かしの配色でラッピングを実施いたしました。平成30年5月16日(水)以降、定期列車として運転いたします。
2018/05/16/天竜浜名湖鉄道

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧