カテゴリー「鉄道」の426件の記事

2017.09.07

通勤時間帯の3両編成、なんとかならないものか

通勤時間帯の静岡の東海道本線は、だいたいが6両編成なんですが、どういうわけか富士 18:05発(三島始発-浜松行き)の下り電車は静岡まで3両編成です。

さすがに3両編成だと混むことが多いので、この時間帯に利用する場合は18:05発の前後の列車を利用します。

どうせ静岡で3両接続して6両編成にするなら、最初から6両編成で運行すればと思うのですが、何か三島-静岡間を3両編成にする理由があるのだろうか?

東海道本線 下り 静岡 18:50発 浜松行き 静岡駅で3両連結
・ 東海道本線 下り 静岡 18:50発 浜松行き 静岡駅で3両連結

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.01

10月に103系電車がJR大阪環状線から姿を消すそうです

旧国鉄時代の都市型通勤電車103系が、この10月にJR大阪環状線から引退するそうです。読売新聞が報じていました。

103系といえば子どもの頃、京浜東北線や山手線を走っていて、僕の中で国電といえば103系です。
その103系も山手線では1988年、首都圏全体でも2006年までに姿を消してしまいました。

随分前に京都駅の奈良線ホームで久しぶりに103系を見た時、懐かしく感じました。

奈良線の103系 京都駅9番ホーム 2008.02.12
・ 奈良線の103系 京都駅9番ホーム 2008.02.12

奈良線の103系 京都駅9番ホーム 2008.02.12

大阪環状線から姿を消した後も阪和線や大和路線、筑肥線など全国で約50編成(約180両)が運行されているとのことです。

103系、頑張りますね。

引用文旧国鉄時代からの「大阪の象徴」10月で引退へ 新型車両「323系」へ入れ替え
旧国鉄時代からJR大阪環状線の象徴として、角張ったオレンジ色の車体で親しまれた通勤用車両「103系」が、10月で同線から姿を消すことになった。
老朽化に伴う車両更新のためで、ファンからは引退を惜しむ声が上がりそうだ。
103系は、先頭車両の正面に平面ガラス3枚を使った簡素なデザインが特徴で、駅間が短い都市部の通勤用電車として開発された。東京・山手線で1963年、大阪環状線では69年に導入され、車体に使われたオレンジ色は環状線のシンボルカラーにもなった。同一車両としては国内最多の約3500両が製造され、全国の主要路線で利用が進んだ。
ところが20~30年とされる車両の更新時期に合わせ、山手線では88年、首都圏全体でも2006年までに全てが引退。JR西は補修を重ねて使用を続けたが振動や消費電力が大きく、16年度から、7編成(56両)あった車両について、出入り口付近のスペースが広く、バリアフリー対応なども充実した新型車両「323系」への入れ替えを始めた。現在は大阪城や通天閣が描かれたラッピング列車と、車体がオレンジ色の2編成(各8両)が残るだけ。10月以降は阪和線や大和路線、JR九州管内の筑肥線など全国で約50編成(約180両)となる。
2017/09/01/読売新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.28

久しぶりにサンライズ瀬戸・出雲を見た

ブルートレインが廃止になって、静岡で見られる寝台列車は東京と高松、出雲を結ぶ「サンライズ瀬戸・出雲」だけになりました。
ただ、サンライズが静岡に到着するのは、上りが4:38、下りが0:20なので、めったに見ることはありません。

そのサンライズを今朝、久しぶりに静岡駅で見ました。

7時発のホームライナーを1番線で待っていると、2時間以上遅れたサンライズ瀬戸・出雲が入線してきました。

サンライズ瀬戸・出雲 上り JR静岡駅
・ サンライズ瀬戸・出雲 上り JR静岡駅

サンライズ瀬戸・出雲 上り JR静岡駅

ホームライナーは定時に出発し遅れは無かったけれど、長距離列車に遅れが出るとダイアのやりくりが大変でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.21

在来線通勤定期区間で在来線が不通になった場合、平行する新幹線の特急料金は払い戻されるんですね

梅雨入り後の静岡は雨が降らず空梅雨状態でしたが、今日の日中はまとまった雨が降り、交通機関が相当乱れました。

僕は17時から静岡で打ち合わせがあったので、鉄道の遅れを考慮して富士の職場を少し早めに出ました。

富士駅に着くと、遅れどころか富士-静岡間は不通で再開の見込みはたっていないとのこと。ただ、新幹線は動き出したそうで、タクシーで新富士駅向かいました。

JR富士駅改札口 東海道本線 富士-静岡間 不通 ^^;
・ JR富士駅改札口 東海道本線 富士-静岡間 不通 ^^;

東海道新幹線の新富士-静岡間の運賃は在来線の静岡-富士間の通勤定期が使えるので、特急券だけ購入しました。
2時間遅れのこだま号がすぐに来て、それに乗って静岡に向かいました。

JR新富士駅 東海道新幹線 約2時間の遅れ ^^;
・ JR新富士駅 東海道新幹線 約2時間の遅れ ^^;

静岡駅の改札口で定期券と特急券を駅員に見せると、特急券にスタンプを押して返してくれました。
なんでも、1年以内なら特急料金を払い戻してくれるとのこと。

そうか。在来線が不通だったので通勤の代替え交通機関として新幹線を利用したということですね。知りませんでした (^ ^)

払い戻しスタンプが押された新幹線自由席特急券
・ 払い戻しスタンプが押された新幹線自由席特急券

雨は夜には上がり、今は夜空に星が輝いています。今日は夏至ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.17

東京急行電鉄 渋谷駅

東京急行電鉄 渋谷 5-6番ホーム(東横線 東京地下鉄・副都心線)

東京急行電鉄 渋谷 5-6番ホーム(東横線 東京地下鉄・副都心線)

○ 渋谷駅 JR東日本 東京地下鉄(東京メトロ) 京王電鉄

・ S232 一覧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.16

JR東日本 船橋駅

JR東日本 船橋駅 3-4番ホーム(総武快速線)

JR東日本 船橋駅 3-4番ホーム(総武快速線)

・ S231 一覧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.15

京成電鉄 京成船橋駅

京成電鉄 京成船橋駅 1番ホーム(本線)

京成電鉄  京成船橋駅 1番ホーム(本線)

・ S230 一覧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.13

京成電鉄 船橋競馬場駅

京成電鉄 船橋競馬場駅 3-4番ホーム(本線)

京成電鉄 船橋競馬場駅 3-4番ホーム(本線)

・ S229 一覧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.25

ホームライナー沼津2号は沼津から普通電車になり熱海まで行くんですね

普段、僕は通勤で静岡 7:00発のホームライナー沼津2号を利用しています。

今朝の出発前の車内アナウンスは、いつもと違っていました。

普段だったらホームライナー沼津2号は終点 沼津までの説明で終わりますが、今朝は沼津からは普通電車になり熱海まで行くとのアナウンスがされました。

「駅すぱあと」で調べると、ホームライナー沼津2号が終点 沼津に着くのが7:41。その後、すぐ7:47発 熱海行きの普通電車があります。
「駅すぱーと」では乗換が1回とされているけれど、ホームライナーが普通に沼津で変わって、その列車がそのまま熱海まで行くのかな。

「駅すぱあと」から画像引用
・ 「駅すぱあと」から画像引用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.17

185系特急「踊り子」が数年以内に退役

東京と伊豆急下田や修善寺を結ぶ特急「踊り子」に使われている185系電車が、数年以内に退役するそうです。毎日新聞が報じていました。
3月のダイヤ改正で高崎線・両毛線の定期運行から185系は姿を消しました。

185系電車 特急「踊り子」<br />
・ 185系電車 特急「踊り子」

185系電車 特急「草津」
・ 185系電車 特急「草津」

時代の流れとはいえ国鉄時代の車両の姿が、だんだん見られなくなるのは淋しいです。

引用文旧国鉄時代の185系「踊り子」から引退へ
JR東日本が、旧国鉄時代に製造した車両185系を、東京と静岡県の伊豆半島を結ぶ特急「踊り子」から数年以内に退役させる方針を固めたことが8日、分かった。老朽化したため。185系の退役でJR東が定期運用する特急列車から国鉄時代に造った車両が消え、1日に30周年を迎えたJRの発足後に登場した車両に統一される。
踊り子は伊豆半島にある人気観光地の伊豆急下田、修善寺までそれぞれ走っており、車両の置きかえで旅行者の利用促進を狙う。後継車両には、中央線の主に新宿(東京)-松本(長野県)間を走る特急「あずさ」や新宿-甲府間などの「かいじ」に使っているE257系を転用。
2017/04/08/毎日新聞

引用文国鉄から走り続け35年 185系、高崎線の定期列車引退 JR東ダイヤ改正、臨時列車や「踊り子」では運行
旧国鉄時代から35年間、特急「あかぎ」などとして高崎線と両毛線を走り続けてきた東日本旅客鉄道(JR東日本)の「185系電車」が26日のダイヤ改正で定期列車から引退する。前橋と都内を結ぶ「あかぎ」「スワローあかぎ」の運行は、比較的新しい「651系」に統一される。
185系は特急のほか、通勤輸送にも対応できるようドアの幅を広くして、乗り降りがしやすいように設計されているのが特徴。高崎線方面では1981年に運転を始め、「あかぎ」のほか上野―万座・鹿沢口間の「草津」、上野―水上間の「水上」にも使われた。現在は前橋―新宿間の「あかぎ」「スワローあかぎ」一往復に残るだけで、25日が最後の運転になる。
今回のダイヤ改正では朝、前橋を出発する上りが651系に変更され、夜に新宿から前橋に向かう下りは乗車率2割程度と利用が少ないため運転を取りやめる。185系の引退で乗り心地や車内の居住性は改善するが、おなじみの車両が姿を消すことを惜しむ声もありそうだ。
185系は今後も引き続き、多客期の臨時列車や東京と伊豆方面を結ぶ特急「踊り子」として使われるという。
2017/03/23/日本経済新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧