カテゴリー「ガーデニング」の1000件の記事

2020.09.21

この夏は猛暑だったけれどヒガンバナは彼岸に咲いています

8月はかなりの高温で、今年はヒガンバナの開花が遅れると思っていました。

でも、近所では彼岸に合わせてヒガンバナの花が目立つようになりました。

200921

・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0)

2020.09.11

ツマグロヒョウモンの幼虫に食べつくされた日本スミレ

日本スミレ「紅鶴」は、スミレが大好きなツマグロヒョウモンの幼虫に葉を食べつくされてしまいました。

ただ、生長点は生きているので再生すると思います。

20091101

20091102
・ ツマグロヒョウモンの幼虫

・ 関連Blogはこちら

| | コメント (0)

2020.08.21

柱サボテン:夏になり生育のスピードが速まりました

今まで生育のスピードがゆっくりだった柱サボテンは、夏になり速まりました。

1ヶ月で4cmほど草丈が伸びました。

200821

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0)

2020.08.19

夏になると街角でよく見かける花はシンテッポウユリだろうか?

夏になると街角のテッポウユリの花をよく見かけます。栽培しているものもあれば雑草のように生えているものもあります。

我が家でもいつの間にか生えてきて、年々、少しづつ数が増えています。

そもそも、ユリの仲間は球根で増えると思っていましたが、種で増えて雑草化しているんだと思います。

調べてみるとテッポウユリは沖縄や南九州の植物のようです。
近所で咲いているのは、テッポウユリとタカサゴユリを園芸用に交配したシンテッポウユリのようで、種からも増えるとのことです。

街角で白い花は目立ちます。

20081901

20081902

20081903 20081904

・ 関連Blogはこちらへ 

| | コメント (0)

2020.08.01

2020年の東海地方の梅雨明けは8月1日

名古屋地方気象台から今日、東海地方は梅雨明けしたとみられると発表がありました。

平年より11日遅く、昨年より8日遅い梅雨明けです。

20080101

また、梅雨期間の静岡の降水量は平年の2.3倍で雨の多い梅雨でした。

20080102

引用文梅雨の時期に関するお知らせ
名古屋地方気象台は、8月1日「東海地方は梅雨明けしたとみられます。」と発表しました。
東海地方は、湿った空気の影響で雲の広がっている所がありますが、高気圧に覆われて晴れている所が多くなっています。向こう一週間は、高気圧に覆われて晴れる日が多い見込みです。
このため、東海地方は8月1日ごろに梅雨明けしたと見られます。
今年の梅雨明けは平年(7月21日ごろ)と比べ11日遅く、昨年(7月24日ごろ)と比べ、8日遅くなりました。
(参考事項)
平年の梅雨明け:7月21日ごろ(東海地方)
昨年の梅雨明け:7月24日ごろ(東海地方)
-----
(注意事項)
・梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。
・ 梅雨の時期に関する気象情報は、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに発表する情報です。後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、本情報で発表した期日が変更となる場合があります。
2020.08.01/静岡地方気象台

・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0)

2020.07.14

柱サボテン:播種から1年が経ちました

カプセルトイの柱サボテンは、播種からちょうど1年が経ちました。

生育は依然ゆっくりですが、草丈が4cmになりました。

200714

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0)

2020.06.23

ヒカゲノカズラに産卵したメダカが孵化しました

メダカの産卵用に買ったヒカゲノカズラに産卵したようで、孵化を始めました。

産卵用のヒカゲノカズラは2セット購入し、ひとつは親メダカのいる睡蓮鉢に、もうひとつは子メダカ用の壺に入れておきます。

狭い睡蓮鉢で産卵しても親メダカは卵を食べてしまうため、ヒカゲノカズラを1週間毎、睡蓮鉢⇔壺間を移動させ壺で孵化させます。

現時点で10匹ほど孵化しました。

200623

関連エントリー:メダカの産卵用のヒカゲノカズラ 2020.04.26

・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0)

2020.06.10

2020年の東海地方の梅雨入りは6月10日

静岡は雨の降る一日でした。

名古屋地方気象台から東海地方は本日(6月10日)、梅雨入りしたと見られると発表がありました。平年より2日、昨年より3日遅い梅雨入りです。

20610

引用文梅雨の時期に関するお知らせ
名古屋地方気象台は、6月10日 「東海地方は梅雨入りしたと見られます。」と発表しました。
東海地方では、前線や湿った空気の影響で曇りや雨となっています。向こう 一週間も、前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多い見込みです。 このため、東海地方は6月10日ごろに梅雨入りしたと見られます。 今年の梅雨入りは平年(6月8日ごろ)と比べ2日遅く、昨年(6月7日ご ろ)と比べ3日遅くなりました。
(参考事項)
平年の梅雨入り:6月8日ごろ(東海地方)
昨年の梅雨入り:6月7日ごろ(東海地方)
(注意事項)
・ 梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わ り」の期間があります。
・ 梅雨の時期に関する気象情報は、現在までの天候経過と1週間先までの見通 しをもとに発表する情報です。後日、春から夏にかけての実際の天候経過を 考慮した検討を行い、その結果、本情報で発表した期日が変更となる場合が あります。
2020.06.10/静岡地方気象台

・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0)

2020.06.03

麦秋というには

梅雨入り前の麦の収穫、初夏の爽やかな一日を「麦秋」というのだろう毛けれど、それにしても今日は暑い。

200603
・2020.06.03 富士宮市

・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0)

2020.05.30

モンクロギンシャチホコの成虫だろうか?

体長約2㎝のガ。毛虫の類だろうけれど、シャチホコガの仲間のモンクロギンシャチホコだろうか?

200530

・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧