カテゴリー「ガーデニング」の2289件の記事

2018.09.17

ヒガンバナは毎年同じ時期に咲きますね

近所にヒガンバナの赤や白の花が目立つようになりました。

静岡の街中ではその年の夏の気候に関係な9月の中旬に花を咲かせます。

ヒガンバナは毎年同じ時期に咲きますね

・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.12

セスジスズメの幼虫が大きくなりました

毎年、ドクダミにセスジスズメが寄生します。9月になって大きくなりもうすぐ蛹になると思います。

セスジスズメの老齢幼虫

セスジスズメの老齢幼虫
・ セスジスズメの老齢幼虫

ドクダミの葉をきれいに食べてくれるといいのですが...

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.09

今日も暑い静岡ですがヒガンバナはつぼみがふくらんでいます

今日も静岡は暑い一日でした。でも、日陰に入ると暑さがしのげます。

公園ではヒガンバナが顔を出しつぼみがふくらんでいます。

・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.03

ゼラニューム:夏枯れの株に新葉が出てきました

この夏の暑さは、僕もきつかったけれどゼラニュームもきつかったようで、夏になると日を追うごとに葉が黄化し最後は落ちてしまいました。

ところが、朝晩が少し涼しくなったからか新葉が出てきました。

ゼラニューム:新葉
・ ゼラニューム:新葉

夏枯れしたゼラニューム
・ 夏枯れしたゼラニューム

ゼラニュームは強い植物ですね。

・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.31

今年は温帯性ヒメスイレンが次々と咲きます

10年以上経った睡蓮鉢の温帯性踏めスイレン、例年、咲いても2輪程度ですが、今年は次々と花が咲きます。

株はだいぶ古くなっているし、ほとんど管理をしていないので不思議です。
強いて言えば、一生に飼っている金魚が大きくなったことかな。

温帯性ヒメスイレン
・ 温帯性ヒメスイレン

・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.16

クレマチス(アンスンエンシス):猛暑の影響で葉色が落ちてしまった

アンスンエンシスは、猛暑の影響で生育スピードが落ち、葉に光沢がなくなり葉色が悪くなってしまいました。

涼しくなれば回復するのでしょうか?

クレマチス(アンスンエンシス):猛暑の影響で葉色が落ちてしまった

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.10

この夏は暑さのせいで蚊が少ない?

日本経済新聞に面白い記事が掲載されていました。
東京都健康安全研究センターによると、利用者の多い都内9カ所の公園などの蚊の7月初旬に捕獲した蚊は、前年の同時期より約3割少ないそうです。

そういえば、この夏は蚊に刺される回数が少ないような気がします。
Pokémon GOを近所の神社の境内でやっているときは蚊の集中攻撃を受けますが、それ以外は蚊に刺される頻度が少なく、野外での必需品 蚊取り線香の出番がめっきり少なくなっています。

記事によると蚊は35℃を超すと飛ばなくなるとのことです。

ただ、7月中旬の調査では前年より増えているとうから、必ずしも猛暑の影響とはいえないのかもしれません。

一方、セミは朝から元気で、クマゼミの鳴き声がうるさいくらいです。
さすがに昼間になると少し静かになりますが、記事にあるように夜に鳴き声は聞いていません。

50年くらい前は、アブラゼミが主流で南方系のクマゼミを見ることはめったになく、大型で透き通った翅のクマゼミを捕まえると子どもの間で自慢ができました。でも、今では茶色く地味なアブラゼミを見る方が希になっていて、気候が暖かくなったことを実感します。

クマゼミ アブラゼミ
・ クマゼミ(左)とアブラゼミ

ゼミも猛暑の影響で寿命を全うできず死んでしまうことがあるとのこと。そうすると数年後のセミの発生に影響があるかもしてません。

ただ、お盆の頃になって夜、秋の虫の声が聞こえ始めました。

・ 関連Blogはこちらへ。

引用文セミも蚊も熱中症?目立たぬ今夏、酷暑に虫も悲鳴
埼玉県熊谷市で観測史上最高の41.1度を記録するなど酷暑に見舞われている今夏、暑さに強いと思われがちな蚊やセミも夏バテ気味だ。蚊は35度を超えると飛ばなくなり、蚊に刺されにくくなる。セミも熱中症のような状態になって寿命を迎える前に死んでしまう。列島を襲った暑さに虫たちも悲鳴を上げている。
利用者の多い都内9カ所の公園などで蚊の発生状況を調べている東京都健康安全研究センターによると、7月初旬に捕獲した蚊は447匹。前年の同じ時期より約3割少なかった。
-----
ただ15年は272匹と少なかったが、16年は557匹、17年は639匹と増え続けていた中、今年は減少した。
7月中旬に実施した調査では前年より増えており、同センターの高橋佳代子課長代理は「暑さで蚊が減少したかは分からない」としながら「今年の暑さで蚊の動きが鈍くなっているようだ」と話す。
蚊の生態に詳しい長崎大熱帯医学研究所の砂原俊彦助教によると、蚊の活動が最も活発になるのは約27度。「蚊は気温が35度を超すと飛ばなくなるというデータがある。暑い昼間を避け、涼しくなる朝や夕方に活動を活発化させている」とみる。
さらに「蚊は35度以上の日が続くと死亡率が上昇し、蚊が減少する可能性もある」(砂原助教)
「セミも熱中症のようになって死んでしまうことがある」と話すのは埼玉大の林正美名誉教授(昆虫系統分類学)だ。
セミは飼育が難しく、具体的な実験データはないが、林名誉教授は「暑い日に死んでいる個体を観察すると、傷がなく新しい個体も死んでいる。暑さが原因ではないか」と推察する。暑さが厳しかった13年にも熱中症のようになって死んだとみられるセミの個体が複数発見されたという。
暑さの影響もあり、セミが鳴く時間帯も変化しているようだ。林名誉教授は「10年ほど前から都市部を中心として夜にも鳴くようになった」と話す。夜も暑く、電灯などが増えて明るいためではないかとみている。
生命力が強いイメージのあるゴキブリも気温が30度を超える環境だと危険な状態に陥り、40度になると死んでしまう。猛暑になると、昼間は涼しい場所に隠れ、気温の下がる夜に動き出すためゴキブリが少ないように見える。
2018/08/10/日本経済新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.03

最近少なくなったアブラゼミを見つけました

平均気温が高くなったせいか、静岡では子どもの頃は希少だったクマゼミが主流になって、ありふれたアブラゼミをあまり見かけなくなりました。

たまにアブラゼミの茶色の姿を見ると懐かしくなります。

アブラゼミ

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.29

スズラン:台風12号の風で茎が折れてしまった

27日夜、静岡の南海上を東から西!に通過した台風第12号の風により、ボルドーは株元から茎が折れてしましました。
新芽がしっかり育つでしょうか?

スズラン:台風12号の風で茎が折れてしまった

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.10

育てるのを終わりにしようと思ったコレオプシスが開花

2015年の秋に種を播いたサンアップは、3回目の冬を越し今年の春も花を楽しめました。

流石に株が疲れてきて、育てるのを終わりにするつもりでしたが、開花終了後、新芽が伸び再び開花しました。

育てるのを終わりにしようと思ったコレオプシスが開花

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧