カテゴリー「LP・CDの紹介」の175件の記事

2017.05.23

ベガーズ・バンケット/ザ・ローリング・ストーンズ

僕の好きな「悪魔を憐れむ歌 (Sympathy for the Devil)」と「地の塩 (Salt of the Earth)」が、収められたストーンズのアルバムです。

アルバム1曲目の「悪魔を憐れむ歌」は、コンガやマラカスによるサンバ調のリズム、それにミック・ジャガーのボーカル、ニッキー・ホプキンスのピアノ、キース・リチャーズのベース !!が加わります。
これがなんとも妖艶で気持ちがいい。

"Please allow me to introduce myself"
Sympathy for the Devil/Mick Jagger,Keith Richards

と突然、男が語りかけ、自分が世界の歴史的事件に関わってきたのかを物語ります。
歌詞もなんとも怪しげです。

ラストの「地の塩」は、ギターが中心のシンプルな曲調です。

"Raise your glass to the good and the evil
Let's drink to the salt of the earth"
Salt of the Earth/Mick Jagger,Keith Richards

ストーンズのあり方を示す曲、そしてアルバムです。

・ LP・CDの紹介一覧 M0175

LP/CDBeggars Banquet
Mick Jagger,Keith Richards,Brian Jones,Bill Wyman,Charles Watts
The Rolling Stones/ABKCO/1968

Disc 1 Live Album
01. Sympathy for the Devil
02. No Expectations
03. Dear Doctor
04. Parachute Woman
05. Jigsaw Puzzle
06. Street Fighting Man
07. Prodigal Son
08. Stray Cat Blues
09. Factory Girl
10. Salt of the Earth

・ MediaMarker

ベガーズ・バンケット
ザ・ローリング・ストーンズ
USMジャパン ( 2010-11-23 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.21

ウマグマ/ピンク・フロイド

アナログレコード復権の兆しがあるようで、最近、新譜や復刻がアナログで発売されることがあります。
このピンク・フロイドの「ウマグマ」も、LPとして復刻された1枚です。

僕は、「原子心母(ATOM HEART MOTHER)」以降の作品は持っていますが、それより前の初期の作品は持っていなかったので、アナログ盤ということもあって購入しました。

「ウマグマ」は2枚組で、1枚がライブ録音、もう1枚がメンバー4人それぞれのスタジオ録音です。

ライブ盤は、サイケデリック音楽を地で行くような演奏です。

スタジオ録音したものは、実験的な演奏でかなり癖があり、メンバーそれぞれの個性がでています。
この個性が、次作の「原子心母」や「狂気(The Dark Side of the Moon)」につながっていくんですね。

とても興味深い作品です。

・ LP・CDの紹介一覧 M0174

Ummagumma/pink floyd
・ Ummagumma/pink floyd

LP/CDUmmagumma
Devid Gilmour,Nick Mason,Roger Waters,Richard Wright
pink floyd/Pink Floyd Records/1969

Disc 1 Live Album
Side 1
01. Astronomy Domine
02. Careful with That Axe, Eugene
Side 2
01. Set the Controls for the Heart of the Sun
02. A Saucerful of Secrets
Disc 2 Studio Album
Side 3
01. Richard Wright - Sysyphus, Parts 1-4
02. Roger Waters - Grantchester Meadows / Several Species of Small Furry Animals Gathered Together in a Cave and Grooving witha Pict
Side 4
01. Devid Gilmour - The Narrow Way Parts 1-3
02. Nick Mason - The Grand Vizier's Garden Party, Part 1 (Entrance),part 2 (Entertainment),Parat 3 (Exit)

・ MediaMarker

Ummagumma [Analog]
Pink Floyd
Pink Floyd Records ( 2016-06-02 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.04

DEBUT AGAIN/大瀧詠一

「DEBUT AGAIN」は、大瀧詠一のセルフカヴァー・アルバムです。
大瀧は、特に1981年にリリースされた「A LONG VACATION」以降、数多くの楽曲を他のアーティストに提供しています。

そのカヴァーですが、このアルバムは彼の死後2016年にリリースされたもので、大瀧自身も発表するつもりはなかったのかもしれません。

内容は正にナイアガラ・サウンド。大瀧ファンにはうれしい選曲です。

松田聖子に提供した「風立ちぬ」は、ライブ録音!

名曲「夢で逢えたら」も大瀧のボーカルで聴けるし。ただ、「夢で逢えたら」は、オリジナルのシリア・ポールよりも大瀧よりも、薬師丸ひろ子のバージョンが好きです。
こういった聴き比べが楽しめるのも大瀧だからだね。

なお、ボーナス・ディスクとして、洋楽カバーが付属しています。

DEBUT AGAIN/大瀧詠一、探偵物語/薬師丸ひろ子、風立ちぬ/松田聖子
・ DEBUT AGAIN/大瀧詠一、探偵物語/薬師丸ひろ子、風立ちぬ/松田聖子

LP/CDDEBUT AGAIN
大瀧詠一/niagara/2016

DISC 1
01. 熱き心に
02. うれしい予感
03. 快盗ルビイ
04. 星空のサーカス
05. Tシャツに口紅
06. 探偵物語
07. すこしだけやさしく
08. 夏のリビエラ -Summer Night in Riviera-
09. 風立ちぬ
10. 夢で逢えたら (Strings Mix)
DISC 2
01. 私の天竺
02. 陽気に行こうぜ ~恋にしびれて(2015 村松2世登場! version)
03. Tall Tall Trees ~Nothing Can Stop Me
04. 針切じいさんのロケン・ロール

・ LP・CDの紹介一覧 M0173

・ MediaMarker

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.05

ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-/矢野顕子 上原ひろみ

このアルバムは、2011年にリリースされた矢野顕子と上原ひろみのピアノ・デュオ「Get Together ~LIVE IN TOKYO~」に次ぐ2作目のライブです。

前作が出色の出来だったので期待をしていましたが、それに違わないいアルバムです。

矢野顕子の個性は強烈で、例えばYMOやキリンバンドといった名うてのバンドに参加すると、矢野顕子とYMOとかキリンバンドという感じになります。でも、上原ひろみとのデュオだと2人の個性のスリリングな重なり合いが楽しめます。
それだけ上原も強烈な個性を持っているということですね。

前作よりジャズの雰囲気を持った作品です。

4月15日には静岡で「ラーメンな女たち」のライブがあります。こちらも楽しみです。

ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-/矢野顕子 上原ひろみ

CDの付録に箸が付いていました ^^;

LP/CDラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-
矢野顕子(p,vo) 上原ひろみ(p)
矢野顕子 上原ひろみ/Universal Music/2017

01. 東京は夜の7時
02. おちゃらかプリンツ (おちゃらかほい~フットプリンツ)
03. 真赤なサンシャイン (エイント・ノー・サンシャイン~真赤な太陽)
04. 飛ばしていくよ
05. ドリーマー
06. こいのうた
07. ホームタウン・ブギウギ (東京ブギウギ~ニューヨーク・ニューヨーク)
08. ラーメンたべたい

・ LP・CDの紹介一覧 M0172

・ MediaMarker

【早期購入特典あり】ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-(通常盤)【特典:お箸】
矢野顕子×上原ひろみ
Universal Music =music= ( 2017-03-08 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.26

LIVE AT WEMBLEY/BABYMATAL

僕は専ら音楽はCDやLPで聴いていてDVDやBLDは買わないのだけど、ベビーメタルの今年行われたワールドツアーのイギリス・ウェンブリーアリーナでのライブDVDが発売されたので購入しました。

やはりベビーメタルのパフォーマンスを十分に楽しむのはライブ映像ですね。

全編をとおしてクオリティーの高い激しくドライブするパフォーマンスが展開されます。また、神バンドの演奏が楽しめるのもライブならではです。

収録曲はファースト、セカンドアルバムから選ばれているので、ベビーメタルの世界を知るのにちょうどいいかもしれません。

ベビーメタルは、これからどこに向かうのか楽しみなバンドです。


BABYMETAL - LIVE AT WEMBLEY Trailer/BABYMETALofficial

LP/CDLIVE AT WEMBLEY - BABYMETAL WORLD TOUR 2016 kicks off at THE SSE ARENA, WEMBLEY
BABYMATAL/TOY'S FACTORY/2016/DVD

01. BABYMETAL DEATH
02. あわだまフィーバー
03. いいね!
04. ヤバッ!
05. 紅月 -アカツキ -
06. GJ!
07. Catch me if you can
08. ド・キ・ド・キ☆モーニング
09. META!メタ太郎
10. 4の歌
11. Amore -蒼星-
12. メギツネ
13. KARATE
14. イジメ、ダメ、ゼッタイ
15. ギミチョコ!!
16. THE ONE -English ver.-
17. Road of Resistance

・ LP・CDの紹介一覧 M0171

・ MediaMarker

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.20

矢野顕子+TIN PAN PART II さとがえるコンサート/矢野顕子

以前紹介した矢野顕子とティン・パン・アレイのメンバーだった細野晴臣、林立夫、鈴木茂による「さとがえるコンサート」の第2弾です。

今回のアルバムには、はっぴいえんどの「氷雨月のスケッチ」「抱きしめたい」「相合傘」「颱風」「はいちもんめ」「風をあつめて」とはっぴいえんどのナンバーが多く収録されています。
「抱きしめたい」のボーカルは大瀧詠一に代わって鈴木だったり、「相合傘」「風をあつめて」は細野、「花いちもんめ」は鈴木とオリジナルメンバーがボーカルだったりして、はっぴいえんどが好きな僕にとっては嬉しいライブです。

良質で懐かしく楽しめるアルバムです。

なお、限定版にはCDの楽曲を収録したブルーレイディスクが付属しています。こちらは、楽曲の間の矢野のMCも収められています。

LP/CD矢野顕子+TIN PAN PART II さとがえるコンサート
矢野顕子(vo,p) 細野晴臣(b,g,vo) 林立夫(ds) 鈴木茂(g,vo)/SPEEDSTARS RECORDS/2016

DISC1
01. 気球にのって
02. そりゃムリだ
03. 氷雨月のスケッチ
04. 想い出の散歩道
05. 抱きしめたい
06. Piece of Change
07. 行け柳田
DISC2
01. Dream a Little Dream of Me
02. 相合傘
03. 春一番
04. Queer Notions
05. 颱風
06. 花いちもんめ
07. 変わるし
08. ひとつだけ
09. 恋は桃色
10. 風をあつめて
Blu-ray Disc(完全生産限定盤付属)
01. 気球にのって
02. そりゃムリだ
03. 氷雨月のスケッチ
04. 想い出の散歩道
05. 抱きしめたい
06. Piece of Change
07. 行け柳田
08. Dream a Little Dream of Me
09. 相合傘
10. 春一番
11. Queer Notions
12. 颱風
13. 花いちもんめ
14. 変わるし
15. ひとつだけ
16. 恋は桃色
17. 風をあつめて

・ LP・CDの紹介一覧 M0170

・ MediaMarker

矢野顕子+TIN PAN PART II さとがえるコンサート (完全生産限定盤)
矢野 顕子+TIN PAN(細野晴臣、林立夫、鈴木茂)
ビクターエンタテインメント ( 2016-04-06 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.20

METAL RESISTANCE/BABYMATAL

BABYMETALのセカンドアルバムが発売されました。ファーストアルバム「BABYMETAL」から約2年振りのリリースです。

冒頭の'Road of Resistance'はライブ録音。ライブを1曲目に収録するなんて、バンドのクオリティに対する自信の表れですね。

ファーストアルバムは完成度が高くびっくりしたのだけど、「METAL RESISTANCE」の出来も相当なものです。
SU-METAL、YUIMETAL、MOAMETALのボーカルは、凄みを増したようなに感じます。

BABYMETALの音楽は、メタルロックと言われるけれど、曲の作りはプログレッシブロックみたいだと感じてみました。ただ、「あわだまフィーバー」はテクノポップみたいだし、多彩で楽しませてくれます。

クオリティの高いセカンドアルバムです。


BABYMETAL - KARATE (OFFICIAL) / BABYMETALofficial


BABYMETAL - THE ONE (OFFICIAL) / BABYMETALofficial

LP/CDMETAL RESISTANCE
BABYMATAL/TOY'S FACTORY/2016

01. Road of Resistance
02. KARATE
03. あわだまフィーバー
04. ヤバッ!
05. Amore - 蒼星 -
06. META! メタ太郎
07. シンコペーション
08. GJ!
09. Sis. Anger
10. NO RAIN, NO RAINBOW
11. Tales of The Destinies
12. THE ONE

・ LP・CDの紹介一覧 M0169

・ MediaMarker

【早期購入特典あり】METAL RESISTANCE(通常盤)(BABYMETAL 防水クリア・ロゴステッカー付)
BABYMETAL
トイズファクトリー ( 2016-04-01 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.05

SPARK/上原ひろみ

上原ひろみのアルバムを買ったのは初めてです。

数年前に廃刊になった月刊誌「スイングジャーナル」で、デビュー当初から何度も取り上げられていたので、上原の名前は知っていました。若い頃ならきっとすぐに彼女のアルバムも買って聴いたのでしょうが、どうも歳をとると新しいものに手を出すのが億劫になって...^^;

僕が上原のピアノが凄いと感じたのは、矢野顕子とのデュオ「ゲット・トゥギャザー」を聴いてからです。
矢野のピアノも凄いけれど、上原のピアノはそれにもましてドライブして凄かった。

「SPARK」は、ベースのアンソニー・ジャクソン、ドラムスのサイモン・フィリップスとのトリオによる作品です。
ベテラン相手に上原のピアノは爽快にドライブしています。フィリップスのドラムスも。ジャクソンのベースは久し振りに聴きました。

他の彼女の作品を聴いてみたくなりました。億劫は損ですね。

LP/CDSPARK
上原ひろみ(p,key) Anthony Jackson(c-b,g) Simon Phillips(b)
上原ひろみ (Uehara Hiromi)/A UNIVERSAL MUSIC COMPANY/2016

CD
01. SPARK
02. IN A TRANCE
03. TAKE ME AWAY
04. WONDERLAND
05. INDULGENCE
06. DILEMMA
07. WHAT WILL BE,WILL BE
08. WAKE UP AND DREAM
09. ALL'S WELL
BOUUS DVD
01. SPARK
02. WANDERER
03. ALIVE

・ LP・CDの紹介一覧 M0168

・ MediaMarker

SPARK(初回限定盤)(DVD付)
上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト
ユニバーサル ミュージック ( 2016-02-03 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.02

ザ・レジェンダリー・ライヴ・テープス:1978-1981/ウェザー・リポート

ジャコ・パストリアス、ピーター・アースキンが在籍していた頃のウェーザー・リポートのライブ盤といえば、「8:30」があります。
「ザ・レジェンダリー・ライヴ・テープス:1978-1981」は、それと同時期のライブ盤ですが、さらに「8:30」のD面のスタジオ録音や「8:30」以降にリリースされた「ナイト・パッセージ」に収められたいくつかの曲のライブを聴くことができます。

僕は「8:30」のD面のゆったりとしたカリプソ風の「ブラウン・ストリート」や「ナイト・パッセージ」のエリントン・ナンバーの「ロッキンリズム」のライブを聴きたくて、この4枚組のCDを買いました。

ウェーザー・リーポートのスタジオ録音はクオリティが高くてすばらしいけれど、ライブはさらに自由度が増して力強く楽しいですね。

こんなすばらしいライブ録音がこれまでお蔵入りになっていたなんて不思議です。

「ブラック・マーケット」や「バードランド」などの代表曲も収録されているし、ジャコ、ピーターが在籍した頃のウェザー・リポートを知る最適の1枚です。

LP/CDTHE LEGENDARY LIVE TAPES : 1978-1981
Joe Zawinul(key) Wayne Shorter(ts,ss) Jaco Pastorius(b) Peter Erskine(ds) Robert Thomas Jr.(per)
WEATHER REPORT/Sony Music Labels inc./2015

Disc 1 - THE QUINTET:1980+1981
01. 8:30
02. SIGHTSEEING
03. BROWN STREET
04. THE ORPHAN
05. FORLORN
06. THREE VIEWS OF A SECRET
07. BADIA/BOOGIE WOOGIE WALTZ
08. WAYNE SOLO
09. JACO SOLO
Disc 2 - THE QUARTET:1978
01. JOE AND WAYNE DUET
02. BIRDLAND
03. PETER'S SOLO("DRUM SOLO")
04. A REMARK YOU MADE
05. CONTINUUM/RIVER PEOPLE
06. GIBRALTAR
Disc 3 - THE QUINTET:1980+1981
01. FAST CITY
02. MADAGASCAR
03. NIGHT PASSAGE
04. DREAM CLOCK
05. ROCKIN' IN RHYTHM
06. PORT OF ENTRY
Disc 4 - THE QUARTET:1978
01. ELEGANT PEOPLE
02. SCARLET WOMAN
03. BLACK MARKET
04. JACO SOLO
05. TEEN TOWN
06. PETER'S DRUM SOLO
07. DIRECTIONS

・ LP・CDの紹介一覧 M0167

・ MediaMarker

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.19

アミューズド・トゥ・デス/ロジャー・ウォーターズ

このアルバムが発売されたのは1992年です。

ベルリンの壁が1989年11月に崩壊し、翌12月に米国とソ連の両首脳が冷戦の終結を宣言しました。僕はブッシュとゴルバチョフがマルタで握手したというニュースをラジオで聞いたとき、少し早いクリスマスプレゼントだと温かい気持ちになりました。
でも、それは僕の浅はかな気持ちで、その後、湾岸戦争が始まり、それからますます世界は混迷を深めています。

「アミューズド・トゥ・デス」はそんな時期に発表された作品です。
湾岸戦争の時も連日、イラクを空爆する多国籍軍をテレビは報じていました。
遠く離れた国で行われている戦争が、テレビでエンターテイメントのひとつとして映し出されることに対するロジャー・ウォーターズの憤りが、このアルバムのテーマになっています。

ピンク・フロイドの時代からウォーターズは、重く暗く行き場のない詞に美しいメロディをのせます。
このアルバムも同様で、ギターにジェフ・ベックを起用し、物語が深いものになっています。

思えば、ピンク・フロイドのデイヴ・ギルモア、最初のソロアルバム「ヒッチハイクの賛否両論」のエリック・クラプトンと、ウォーターズの憂鬱と憤りを表現するためには一級のギタリストが必要なのかもしれません。

このアルバムは、リマスタリングして2015年夏に再発されました。
発売後にアンカラで自爆テロ、ロシア旅客機の墜落、ベイルートで自爆テロ、パリで銃撃・自爆テロが立て続けに起こっています。
ウォーターズのメッセージは今も生きているし、もっと状況は混迷を深め解決策を見つけ出せないでいます。

LP/CDAMUSED TO DEATH
Roger Waters/Sony Music Japan/1992(2015)

01. THE BALLAD OF BILL HUBBARD
02. WHAT GOD WANT,PART 1
03. PERFECT SENSE,PART 1
04. PERFECT SENSE,PART 2
05. THE BRAVERY OF BEING OUT OF RANGE
06. LATE HOME TONIGHT,PART 1
07. LATE HOME TONIGHT,PART 2
08. TOO MUCH ROPE
09. WHAT GOD WANT,PART 2
10. WHAT GOD WANT,PART 3
11. WATCHING TV
12. THREE WISHES
13. IT'S A MIRACLE
14. AMUSED TO DEATH

・ LP・CDの紹介一覧 M0166

・ MediaMarker

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧