カテゴリー「自動車」の84件の記事

2020.09.17

新東名高速道路最高時速120km/h試行期間前後の交通状況は変化がない

新東名高速道路の静岡県区間は、法定の最高速度120km/hにするために3車線化の工事が進められています。

少し前の記事になるけれど7月23日の静岡新聞に、静岡県警察が公表した120km/hの試行開始前後の交通状況の調査結果が掲載されていました。本当は静岡県警のオリジナルなデータを見たかったけれど、県警のサイトでデータを見つけられなかったので静岡新聞に掲載されたデータから表を作りました。

200917

結論は最高速度を120km/hにしても試行前と死亡事故の件数は大差ないため、法廷の最高速度を120km/hに上げても問題ないようです。

試行は2017年11月から110km/hで始められ、’19年3月から120km/hと段階的に行われてきましたが、データの試行前は100km/h当時との比較です。

面白いのは最高速度が100km/hの時代の実勢速度が、120km/hの試行期間の実勢速度に対して1km/h程度遅いことです。

最高速度100km/hの時も実際は120km/h程度で走っています。これが正式に最高速度が120km/hになったら実勢速度が上がるのかな?

関連エントリー:県内の新東名高速道路の最高速度が120km/hに変更される 2020.07.22

| | コメント (0)

2020.09.03

静岡県内の新東名SA・PAでセアカゴケグモが見つかっているんですね

先日、新東名高速道路の下り線の駿河湾沼津サービスエリアで休憩した時、セアカゴケグモの注意喚起の掲示を見つけました。

セアカゴケグモといえば、港に近い場所をイメージしていましたが、調べてみると県内の新東名のSAやPAで見つかっています。

200903

調べた限りですが、2014年7月に浜松SA(上り)、’16年6月に清水PA(下り)、’16年8月、’18年10月、11月に遠州森町PA(上り)、’19年8月に遠州森町PA(下り)と複数のSA・PAで見つかっています。

いずれのSA・PAも港から離れたところにあるからクルマとともに移動しているのかな?

| | コメント (0)

2020.08.25

アクアの燃費、すごいですね 32.1km/L.

今日運転したトヨタのアクア、田舎道を走ったといえ燃費がリッター当たり32.1kmでした。

コンスタントに25km/Lくらい走るんじゃないかな。

僕の使っているシエンタは同じハイブリッドででも18km/L程度だから、同じトヨタでもずいぶん違います。

20082501

20082502

| | コメント (0)

2020.08.23

宇津ノ谷の明治・大正・昭和・平成トンネル

静岡市と藤枝市(旧岡部町)の境に宇津ノ谷峠があります。東海道53次では鞠子宿と岡部宿の間にあり、江戸時代までは蔦の細道と呼ばれる古道を山越えしていました。

現在、宇津ノ谷峠には、作られた年代によって明治・大正・昭和・平成と呼ばれる4本のトンネルがあります。

一番古いトンネルは、宇津ノ谷隧道で1904年(明治37年)に開通したため明治のトンネルと呼ばれています。この明治のトンネルは2代目で、初代は1876年(明治9年)に開通しましたが、内部照明に使用されていたカンテラが原因の出火により崩落し閉鎖され、後に初代の一部を修復する形で2代目が作られたそうです。

現在は、トンネル入り口までクルマで行けますが、トンネルはクルマで通行できません。石畳やレトロ風の内部照明などで整備され、文化庁の登録有形文化財に指定されています。

20082301
・ 宇津ノ谷隧道(明治のトンネル)静岡側

2番目に古いトンネルは宇津ノ谷隧道 (昭和第一トンネル)で、片側1車線の県道208号線です。開通は1930年(昭和5年)ですが、1926年(大正15年)に着工したため大正のトンネルと呼ばれています。

国道1号線の昭和のトンネルが片側1車線だった頃は、よく渋滞したためバイパスとて時々利用しました。

20082302

・ 宇津ノ谷隧道 (昭和第一トンネル)(大正のトンネル)岡部側

3番目に古いトンネルは国道1号線の新宇津ノ谷隧道 (昭和第二トンネル)で、1959年(昭和34年)に開通し、昭和のトンネルと呼ばれています。交通量が多いわりに片側1車線だったので通勤時間帯はよく渋滞をしました。

渋滞解消のためできたのが、平成宇津ノ谷トンネルで1998年(平成7年)に開通したため平成のトンネルと呼ばれています。完成後は、昭和のトンネルを上り(2車線)、平成のトンネルを下り(2車線)として使われるようになったため、渋滞はだいぶ解消されました。

20082303
・ 手前:新宇津ノ谷隧道 (昭和第二トンネル)(昭和のトンネル)と奥:平成宇津ノ谷トンネル 岡部側

 

200823

| | コメント (0)

2020.08.18

車外温度計は43℃!

今日の静岡は少しは気温が下がったけれど、駐車中のクルマの車外温度計は43℃でした。

車外温度計が40℃を超すことはめったにないのだけれど...

200818

| | コメント (0)

2020.08.10

中部横断自動車道 南部IC-下部温泉早川IC間も早く開通してほしい

久し振りに中部横断自動車道を使いました。

中部横断自動車道は清水側と甲府側から建設が進み、清水側は新東名高速道路の新清水JCTから南部IC間、甲府側は中央高速道路の双葉JCTから下部温泉早川IC間が開通しています。

南部IC-下部温泉早川IC間は未開通なので、中部横断自動車道をいったん降りて、並行する国道52線を走ります。ちなみに現時点では、富沢IC-南部IC間と下部温泉早川IC-六郷IC間は無料です。

この区間が開通するのは2021年夏とのことですから1年後ですね。開通して52号線を走らなくなれば、静岡から甲州・信州方面は速く楽に行けるようになります。

 

200809_20200811001701

20080901
・ 中部横断自動車道 南部IC入口

20080902
・ 中部横断自動車道 下部温泉早川IC出口

関連エントリー:中部横断自動車道 富沢IC-南部IC間が11月17日に開通 2019.11.07

| | コメント (0)

2020.07.22

県内の新東名高速道路の最高速度が120km/hに変更される

今まで新東名高速道路 新静岡IC-森掛川IC間で試行運用されていた最高速度120km/hの範囲が、御殿場JCT-浜松いなさJCT間約145kmに拡大されるそうです。警察庁のアナウンスを毎日新聞が報じていました。

新東名はカーブが少なく勾配もそれほどないため120km/hでも問題なく走れるので、静岡県内のほとんどの区間が120km/hになり便利になります。

ただ、新東名はまだ全線が片側3車線にはなっておらず一部が2車線です。

大型車の最高速度は80km/hなので、2車線だと追い越しをする大型車と普通車の速度差が大きくなり走りずらい面があります。

3車線化を早く進めて欲しいです。

200722

関連エントリー
新東名高速道路 最高速度120km/h試行区間を走ってみました 2019.03.10
新東名高速道路 最高速度110km/h試行区間を走ってみました 2017.11.04

引用文高速道路の最高速度120キロへ 全国5区間が候補、100キロ超は初 警察庁
警察庁は22日、高速道路の最高速度について、一定の条件を満たす場合に限って現在の時速100キロから120キロに引き上げられるよう交通規制基準を変更すると発表した。最初は全国の5区間を候補とし、岩手県の東北自動車道の一部区間から順次実施される見込み。導入後の状況を見たうえで他の区間についても検討する。
1963年に名神高速道路の一部が開通してから、高速道路の最高速度の基準が100キロを超えるのは初めて。車の実際のスピード(実勢速度)に沿った速度規制を導入することで、時間短縮効果を見込む。
警察庁は2017年、静岡県の新東名高速道路(新静岡―森掛川インターチェンジ<IC>間約50キロ)と岩手県の東北道(花巻南―盛岡南IC間約27キロ)で最高速度110キロを試験的に実施。19年3月からは120キロに上げていた。実勢速度や死傷事故率を比べたところ、試行前と大きな変化はなく、安全性は確保されると判断した。
道路標識で示す最高速度は警察庁の内規である交通規制基準で定めており、8月にも変更する。速度引き上げの対象は設計速度が120キロで、実勢速度が100キロ以上の高速道路。区間とする距離は原則20キロ以上で、死傷事故率が低いことも要件とした。渋滞のない時間帯の割合がおおむね6割を超え、片側2車線の場合は大型車の走行割合が低いことも必要とする。開始時期は各県警が高速道路会社などと調整し、県の公安委員会が決定する。
現状で候補となるのは、静岡県の新東名(御殿場―浜松いなさジャンクション<JCT>間約145キロ)▽埼玉、群馬、栃木各県の東北道(浦和IC―佐野スマートIC間約53キロ)▽千葉、茨城両県の常磐道(柏―水戸IC間約71キロ)▽千葉県の東関東道(千葉北IC―成田JCT約26キロ)。工事中の新東名を含めいずれも片側3車線区間。片側2車線の岩手県の東北道の試行区間も本格実施に移行する。
一方、トラックなどの大型貨物車は、積載量が多く、事故の被害が大きくなる可能性があるため、現行の80キロ規制を据え置く。警察庁は追い越し車線へ進路変更する際、スピードを上げてくる右後方の車への注意をより一層呼びかけるなどして安全対策を図るとしている。
2020.07.22/ 毎日新聞

| | コメント (0)

2020.06.28

城東福祉エリアにシェアサイクル「パルクル」

散歩の途中の城東福祉エリアに貸自転車が置いてありました。

少し前にアナウンスしていた静岡市の貸自転車のサービスが城東福祉エリアでも始まったんだ。

正式には、静岡市シェアサイクル事業「PULCLE(パルクル)」といって、6月8日から開始されました。

20062801
・ 城東福祉エリア(静岡市葵区)のPALCLEサイクルポート

20062802

早速、iPhone用のアプリケーション'HELLOCYCLING'をインストールして利用者登録をしました。どうやらHELLOCYCLINGは全国の主要都市でサービスを行っていて、それにPULCLEが加わったようです。

アプリの地図からサイクルポートと呼ばれる駐輪場は街中を中心に思ったよりあって、電動アシスト自転車なのでちょっと街に行く時に使えそうです。

利用料金は70円/15分、1,000円/12時間で、支払いに交通系ICカードも使えるみたいです。

使い勝手がわからないので、一度利用してみようと思います。

 

 

20062803

参照
PULCLE(パルクル)始まりました!2020.06.08/静岡市
PULCLE
HELLO CYCLING

| | コメント (0)

2020.06.06

高齢運転者対策の充実・強化やあおり運転に対する罰則を創設した改正道路交通法が成立した

高齢者ドライバーに対する運転免許更新の厳格化やあおり運転に対する罰則を強化した道路交通法改正案が、衆議院本会議で可決・成立しました。

高齢者ドライバーやあおり運転の事故対策を道交法に明文化したことで、それら事故が少なくなるといいですね。

道路交通法の一部を改正する法律案(概要)
【高齢運転者対策の充実・強化】
○ 75歳以上で一定の違反歴のある者は、運転免許証更新時に運転技能検査を受検 → 検査の結果が一定の基準に達しない者には、運転免許証の更新をしない。
○ 申請により、対象車両を安全運転サポート車に限定するなどの条件付免許を与える。
【妨害運転(「あおり運転」)に対する罰則の創設等】
○ 以下の運転行為に対する罰則を創設
① 通行妨害目的で、交通の危険のおそれのある方法により一定の違反(車間距離不保持、急 ブレーキ禁止違反等)をした場合(懲役3年・罰金50万円以下)
② ①により著しい危険(高速での停車等)を生じさせた場合(懲役5年・罰金100万円以下)
○ 免許の取消処分の対象に追加
警察庁サイトから抜粋 

引用文あおり運転に5年以下の懲役 改正道交法が成立
あおり運転に対して最高で5年以下の懲役を科すなど、罰則を強化した改正道路交通法が、2日の衆議院本会議で可決・成立しました。
2日に可決・成立した改正道路交通法では、これまで法的に定義されていなかった、あおり運転について、通行を妨害する目的で蛇行したり急ブレーキをかけたりする行為と規定し、こうした行為で危険を生じさせると最高で5年以下の懲役、または100万円以下の罰金を科すなどとしています。
さらに、あおり運転を行うと、行政処分による免許取り消しの対象になり、一定の期間免許を再取得できなくなります。
----
改正道路交通法には高齢ドライバー対策も盛り込まれています。
信号無視など、一定の違反歴がある75歳以上のドライバーに対して、免許の更新時に車を運転して技能を確認する検査を義務づけ、基準に達しない場合は更新を認めないことになりました。
今回の改正のうちあおり運転の厳罰化については今月末から、高齢ドライバー対策については再来年の夏までに施行される見通しです。
2020.06.02/NHK

| | コメント (0)

2020.06.04

破れた原付のシートにカバーをつけた

2009年3月から使っているスズキのレッツ4、メーターが一周回って今日時点の走行距離は13,293kmです。

20060403

さすがに10年以上使い距離も1万kmを超えると少しづつガタがきています。

その一つは、シートが切れ中のスポンジ状のクッションが見えてしまっていることです。これでは雨水が浸み込んで都合が悪いと思い、購入した店でシートカバーをつけてもらいました。

20060401

まだ、カバーは座面に馴染んていないけれど、まだしばらくレッツ4は使いそうです。

20060402

| | コメント (0)

より以前の記事一覧