カテゴリー「自動車」の67件の記事

2019.09.15

9月14日に供用が開始された東名高速道路 日本平久能山スマートインターチェンジを使ってみました

9月14日に供用が開始された東名高速道路 日本平久能山スマートインターチェンジを使っていました。東名や新東名でスマートインターが増えてきましたが、静岡市内では初めての設置です。

スマートインターには、東西に走る東名高速の南側から入ります。インターの設置にあわせて取付道路も整備されていました。

インター自体はスマートインターと同じで、ETC専用です。入口出口ともゲートはふたつあります。

19091501
・ 東名高速道路 日本平久能山SIC 入口


東名高速道路 日本平久能山スマートインターチェンジ 入口(上り方向)

19091502
・ 東名高速道路 上り 日本平苦悩SIC 出口


東名高速道路 日本平久能山スマートインターチェンジ 出口(上り方向)

日本平久能山SICは、西側の静岡ICとは3km程度と近くにあり、静岡ICの取付道路の渋滞緩和につながるのでしょうか。

また、浜松や名古屋方面からの日本平や久能山、三保などへのアクセスはよくなります。沼津・東京方面からは清水IC出降りるかは微妙です。

関連ブログ:東名高速道路 日本平久能山スマートインターチェンジが2019年9月14日16:00に開通 2019.08.16

| | コメント (0)

2019.09.03

いよいよ10月1日から静岡県では自転車損害賠償保険の加入が義務化されます

2019年4月1日に施行された「静岡県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」で経過措置がとられていた自転車損害賠償保険等の加入の義務化が10月1日施行されます。

静岡市の市街地は平坦なので自転車が比較的多く利用されています。

昨年、静岡市では1,074件の自転車事故が発生し、負傷者1.051人、死者は2人います。区別には毎日どこかで1件程度の自転車事故が発生しました。

190903

自転車損害賠償保険の加入が義務化されたこともあって、僕はクレジットカード会社の保険に加入しました。

関連エントリー:静岡県自転車条例が施行され、自転車保険加入が義務化された 2019.04.16

| | コメント (0)

2019.08.16

東名高速道路 日本平久能山スマートインターチェンジが2019年9月14日16:00に開通

このところ東名高速道路のあちこちにスマートインターチェンジができて便利になっています。
そうした中で、静岡市にも9月14日(土)にスマートICが開通するそうです。中日本高速道路東京支社がアナウンスしていました。

静岡市内には東名高速道路と新東名高速道路が東西に走っていて、東名には清水ICと静岡IC、新東名には新清水ICと新静岡ICがあり、東名と新東名を結ぶ清水連絡路には清水いはらICがあります。

東名の静岡ICは駿河湾に近い旧静岡市街地の西側に、清水ICは旧清水市街地の北側にあり両インターの距離は約14kmです。

今回できる日本平久能山スマートICは、静岡ICの東側約3kmにでき名前のとおり日本平や久能山の観光地には静岡ICより近くなります。

190816   

設置効果は、
・ 交通が集中する静岡 IC 周辺の交通が分散化し、周辺道路の渋滞緩和
・ 静岡済生会総合病院(第3次医療施設)への搬送時間の短縮
・ 日本平久能山スマートICを活用した日本平、三保の松原等を巡る新たな観光周遊ルートの形成による市内観光地の活性化
・ 静岡市内の工場等集積地区から高速道路へのアクセス性の向上による地域産業振興
があげられています。

さて、どんなものでしょう。開通したら早速走ってみます。

引用文静岡市の新たな玄関口 日本平久能山スマートインターチェンジ 2019年9月14日開通!
日本平久能山(にほんだいらくのうざん)スマートインターチェンジ開通日が9月14日に決定!
日本平久能山スマートインターチェンジ(IC)は、静岡市と中日本高速道路株式会社東京支社が共同で事業を進めてまいりました。この度、開通日を下記のとおり決定しましたのでお知らせします。
開通日 : 2019年9月14日(土)16:00
日本平久能山スマートICの概要
E1 東名高速道路の清水ICと静岡IC間に設置(静岡市駿河区宮川)
接続形式:本線直結型
運用形態:24時間利用可能、全方向利用可能(東京方面、名古屋方面)
対応車種:ETC車載器を搭載した全車種
整備効果:静岡ICおよびその周辺道路の渋滞緩和や、救急医療活動での活用のほか、市内観光地や地域産業の集積する地区などへのアクセスが向上することで、地域の活性化などの効果が期待されます。
2019/08/09/静岡市、中日本高速道路株式会社東京支社

関連エントリー:9月14日に供用が開始された東名高速道路 日本平久能山スマートインターチェンジを使ってみました 2019.09.15

| | コメント (0)

2019.08.14

信号機のない横断歩道の一時停止の取り締まり強化 -そういえば...

東京の話なんだろうけれど、警察が信号機のない横断歩道の一時停止の取締を強化しているそうです。朝日新聞が報じていました。

そういえば、富士に通っていた時にこんなことがありました。

JR富士駅の北口は道をはさんで駐輪場があります。駐輪場に自転車を止めて徒歩で富士駅に向かうため道を横断しようと横断歩道を渡ろうとした時、警察官に呼び止められました。
Pokémon GOをやっていたため歩きスマホで注意をされるのかと思ってビクビクしていたら、警察官が「今、あなたの前をクルマが通り過ぎましたね。」と聞かれました。確かに僕の目の前を軽自動車が通りすぎていったため「そうです。」と答えると、名前と連絡先を教えてくれと言います。
なんでも、横断歩道の一時停止違反の反則をとる場合、めったにないけれど意義を申し立てられた時の証人になって欲しいとのことです。まあ、その後連絡がなかったので軽自動車の運転手は反則金を払ったのでしょう。

190814
・ JR富士駅北口前の横断歩道 ※Google ストリートビューから画像引用

引用文横断歩道、止まらない車 「五輪対策」で警察が摘発強化
東京五輪・パラリンピックを1年後に控え、警察が信号機のない横断歩道で一時停止しない車の取り締まりを強化している。大勢の訪日外国人が見込まれ、お年寄りや子どもが横断歩道上で巻き込まれる事故がなくならない中、歩行者優先の意識は浸透するか。
道路交通法は車やバイクの運転者に対し、横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいたら一時停止し、道を譲るよう定める。反則金(6千円~1万2千円)など行政処分のほか、事故などで立件されると、3カ月以下の懲役か5万円以下の罰金が科せられる。
2019/08/10/朝日新聞

-----

【参考】
道路交通法(昭和三十五年法律第百五号)
(横断歩道等における歩行者等の優先)
第三十八条 車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。

| | コメント (0)

2019.08.02

レスキューハンマーを買った

ゲリラ豪雨よような突然の大雨によって、低地でクルマが水没し脱出できなくなるニュースを耳にします。

そのような場合、ドアまでつかる水位になるとドアや窓が開かなくなり脱出できなくなることがあります。最終的に窓を割って脱出することになりますが、レスキューハンマーを持っていなかったので購入しました。

購入したハンマーは、ガラスを割るハンマーに加えてシートベルトを切るカッターが付いています。「わずかな力で」割ったり切ったりできるようですが、なかなか試す機会はありません ^^;

190802
・ レスキューハンマー FT-16/Meltec

下の動画は静岡市葵区東町の国道1号線の交差点から、東海道本線と東海道新規案線の高架をくぐるアンダーパスです。地面より低くなっていて、動画では見づらいですが道路に水深15cmと30cmの表示があります。最近はこのような水深を表す表示が増えてきました。


アンダーパス(静岡市葵区東町付近)

-----
Amazon.co.jpアソシエイト 

 

| | コメント (0)

2019.07.07

リコール対象のシエンタ ハイブリットを修理してきました

リコールの通知がトヨタからあったシエンタ ハイブリットの修理をしてきました。

リコールは、カウルルーバの防水が十分でなく、大雨のなどの時に雨水がエンジンルームを通してエンジンの燃焼室に侵入し、エンジンを傷めてしまう可能性があるための措置です。

19062902
・ シエンタ ハイブリットのリコール箇所

この対策として、カウルルーバにシール材を貼り付けるとともにエンジンに防水カバーを追加するとのことです。

修理されたシエンタを見ると、シール材はとりたてて目立たないのかよくわかりませんでしたが、防水カバーはエンジン上部を覆うように取り付けられていました。

同時にエンジンの点検を行い問題は無いとのことです。

190707
・ エンジン上部全体を覆う防水カバー

自分が使っているものがリコールの対象になることなどそれほど無いと思っていましたが、今回のシエンタの他に原動機付き自転車や電子レンジがリコールを受けました。また、リコールに至らなかったけれど、前述の原動機付き自転車や浴室暖房機が無償修理の対象になりました。
割とあるものですね ^^;

関連エントリー

シエンタ ハイブリットのリコール 2019.06.29
・ 原付レッツ4のサービスキャンペーンを受けた 2016.06.08
リコール対象のレッツ4を修理した 2009.08.09
・ リコール対象の電子レンジは買い取りになった 2007.05.31
・ 電気式浴室換気乾燥暖房機についてハウスメーカーに連絡した 2006.07.01

| | コメント (0)

2019.06.29

シエンタ ハイブリットのリコール

トヨタからシエンタ・ハイブリットのリコールの通知がきていまいた。

 トヨタ シエンタ・ハイブリットのリコールの通知
・ トヨタ シエンタ・ハイブリットのリコールの通知

対象車種は2015年から’18年に生産したシエンタ ハイブリッド車の一部で、NHP170-7000016~NHP170-7138943の車台番号が含まれれ、137,016台が対象だそうです。

参照:シエンタ ハイブリッド車のリコール 2019.06.27/トヨタ

不具合は、エンジンルーム後部というかワイパーの下というか、そこに取り付けられているカウルルーバの防水が十分でなく、大雨のなどの時に雨水がエンジンルームを通してエンジンの燃焼室に侵入し、エンジンを傷めてしまう可能性があるそうです。

トヨタのサイトから画像引用
※ トヨタのサイトから画像引用

雨水の浸入防止対策として、カウルルーバにシール材を貼り付けるとともにエンジンに防水カバーを追加するとのことです。

19062902

トヨタのデーラーからも電話があって、早速、修理をすることにしました。

関連エントリー:リコール対象のシエンタ ハイブリットを修理してきました 2019.07.07

| | コメント (0)

2019.06.03

この標識の解釈は?

僕のよく使う交差点(十字路)の標識は似たような標識が並んでいます。

右の標識は、軽車両は除き右折禁止です。左の標識は同じように右折禁止ですが、補助標識には二輪のマークがあります。
右の標識だけでことは足りるように思いますが、あえて左の標識を並べて設置しているのは何故だろう。

190603

| | コメント (0)

2019.05.15

架け替え前の桜橋を見てきました

桜橋は、国道1号線の大曲から南下する県道197号線が、平行して走るJR東海道本線と静岡鉄道 静岡清水線をまたぐ陸橋で、地元ではよく知られた橋です。

桜橋の架け替え工事が今年から始まるとのことだったので、掛け替え前の橋を見てきました。

桜橋交差点の奥が桜橋
・ 桜橋交差点の奥が桜橋

19051502pg

19051503pg

桜橋の西側には静岡鉄道 静岡清水線の桜橋駅があります。静鉄の横には東海道本線が並行して走っています。

静岡鉄道 桜橋駅から見た桜橋
・ 静岡鉄道 桜橋駅から見た桜橋

桜橋は、1931年に造られ老朽化しているための架け替えだそうです。
確かに見た目にも古さを感じます。

19051505

工事を段階的に進めて、完成は2024年度とのこと。交通量の多いところだから時間がかかるのだろうね。

引用文老朽化した「桜橋」の架替工事を行います
2019年より、老朽化した「桜橋」を半断面ずつ2期に分割して橋梁の架替工事を進めていきます。 橋梁架替工事は、1期(西側)2019~2021年度、2期(東側)2021~2024年度となり、その後、舗装等の道路工事を行い、2024年度に施工完了予定です。 詳細については、下記のとおりとなります。
詳細
2019/01/11/静岡市

| | コメント (0)

2019.05.10

トヨタの燃料電池車 MIRAI

静岡県庁前にトヨタの燃料電池車 MIRAIが停まっていました。静岡県とトヨタが試験的に導入しているようです。
外観はプリウスに似ています。

19051001
・ トヨタ MIRAI

19051002

クルマは、動力源がエンジンからモーターへの転換期にきています。
すでにハイブリッド車は普及しているし、EV車も見かけるようになりました。
ただ、EV車でも水素を燃料とする燃料電池車は見たことがありませんでした。

トヨタのサイトではMIRAIの紹介をしています。

水素の充填時間は1回当たり3分で、約650km走るとのことです。
価格は税込みで7,274,880円。エコカー減税とグリーン化特例、CEV補助金を組み合わせると2,253,800円の優遇を受けても500万円以上します。
また、静岡県内の水素ステーションは静岡市駿河区曲金の1箇所のみで、しかも休止中!

まだまだ、僕らが日常の足として使えるようになるのは先の話ですね。

・ 参照:トヨタ MIRAI

| | コメント (0)

より以前の記事一覧