カテゴリー「動画」の95件の記事

2018.08.13

北東の空に稲光 大気が不安定です

猛烈な暑さの影響なのか大気が不安定で、局地的に雷をともなう大雨が降っています。

昨日も散歩をしていたら、北東の空 富士山の方向で稲光が瞬いていました。

試しにデジタルカメラのビデオ機能で20分ほど撮影して、1分程度にまとめたのが下の動画です。
雷の下は大雨なのでしょう。


稲妻 2018.08.12 静岡市葵区平野部 北東の空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.11

カーナビに大雨のエリアが表示されるんですね

今日、静岡市立北部図書館に向かってクルマを走らせている時、カーナビゲーションに「災害速報」とエリアが黄色く色づけされ表示されました。

カーナビにこの表示が出たのは初めてです。

カーナビゲーションの「災害速報」の表示
・ カーナビゲーションの「災害速報」の表示

表示のとおり図書館に近づくとかなり強い雨になりました。

強い雨 静岡市立北部図書館付近
・ 強い雨 静岡市立北部図書館付近

調べてみると、この機能はカーナビ本体のものではなくVICSのサービスでした。
時間雨量50mm以上の大雨が発生しているエリアを250m四方メッシュ単位で情報提供しているようです。
なかなか便利な機能ですね。


・ vics center

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.31

火星大接近 2018

7月28日未明の皆既月食は、台風の影響で天候が悪く観られなかったけれど、7月のもうひとつのイベント、火星最接近は晴れて観ることができます。

今日の火星までの距離は5759km、南南東の空に赤く明るく輝いています。-2.8級の明るさです。

もっとも、火星は徐々に近づき離れるので、このところすっと明るい状態が続いています。

火星(右)と月(月齢 18.5) 2018.07.31 22:02 静岡市葵区平野部 南東の空
・ 火星(右上)と月(月齢 18.5) 2018.07.31 22:02 静岡市葵区平野部 南東の空


火星大接近2018/国立天文台

関連エントリー:明日未明の皆既月食は望めそうにありません 2018.07.27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.17

ネットのふるさと納税の仕組みを利用して被災自治体に寄付をしました

「平成30年7月豪雨」は西日本を中心に大きな被害が出ています。

気候変動の影響か、防災インフラが想定した以上の雨が降るようになって、明日は我が身だと感じています。

被災地に支援をしたいと思いながら、身の丈にあったことができず、どうしたものか思っていました。

そうした中で、ネットのふるさと納税の仕組みを利用した寄付の方法があると知って、利用しみました。

ふるさと納税を取り扱うサイトはいくつかあって今回のような寄付を受け付ける特設サイトを開設しているようです。

僕は「ふるさとチョイス」の災害支援を使って寄付をしました。


災害支援とは/ふるさとチョイス

ふるさとチョイスの平成30年7月豪雨のページ
・ ふるさとチョイスの平成30年7月豪雨のページ

「ふるさとチョイス」で「平成30年7月豪雨」の寄付を受け付けているのは、本日現在、京都、岡山、広島、鳥取、愛媛、高知、福岡の7府県と岐阜、京都、兵庫、岡山、広島、山口、鳥取、島根、愛媛、高知、福岡、佐賀の府県内の63市町で、被害の大きかった岡山で12市町、広島で14市町と多くなっています。

寄付は、被災自治体が直接受け取る方法と被災自治体を代行して他の自治体が受け取る方法がありますが、寄付する側は意識する必要はありません。

報道される量によって被害の認知に差があるのか自治体によって寄付額の合計に開きがありますが、7月17日22:52時点の総計で4万3千件、7億4千万円が集まっています。

当然ですが、他のふるさと納税とは違って返礼品はありません。

ふるさと納税の仕組みを使って、被災自治体に直接支援できるのは便利です。

ふるさとチョイスのサイトでは、多くの災害を対象としていて、平成30年7月豪雨の他、30年だけでも米原市竜巻、大阪北部地震、島根県西部地震、新燃岳噴火、北陸・北海道豪雪、草津白根山噴火の被害に対する寄付ができます。

手始めに、少し思い入れのある尾道市に少額ですが寄付しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.30

2018年7月28日朝は皆既月食、ただ静岡では皆既の状態で月の入りになります

7月28日(土)の朝、皆既月食があります。

今年は1月31日にも皆既月食があり、その時、静岡では後半は雲に隠れてしまいましたが、皆既状態の赤い月を見ることができました。

関連エントリー:皆既月食 2018.01.31 静岡 2018.02.09

今回も皆既月食ですが、皆既の状態で月の入りになります。
静岡では、部分食の始めが3時24分、皆既食の始めが4時30分、月の入りが4時56分です。

2018/7/28の静岡の皆既月食


2018.07.28の皆既月食(静岡) ※ Star Walk 2によるシミレーション

西の空に沈む赤い満月が見られるかもしれません。晴れるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.22

2018.07.31 火星の最接近時のシミュレーション

7月31日に大接近する火星の地球との位置関係を'Solar Walk 2'でシミュレーションしてみました。


'Solar Walk 2'による2018年7月31日 火星大接近時の地球と火星の位置関係

また、国立天文台のサイトには2018年の火星と地球の位置関係のわかりやすい図が掲載されていました。

180622_3

・ 2018年 地球-火星の位置関係と火星の視直径/国立天文台 天文情報センター

参考:火星が地球に最接近(2018年7月)/国立天文台

※ 画像をクリックすると別窓に拡大表示されます。

今年の1月1日と8月1日では、地球から見た火星の直径が5倍になっています。もっとも1月は昼間に火星が上空にあるので見られらなかったかもしれません。

関連エントリー:梅雨の合間の空に火星が明るく輝いています。7月31日は火星の大接近 2018.06.14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.15

錯覚の科学/クリストファー・チャブリス、ダニエル・シモンズ

「錯覚の科学」は、「注意」「記憶」「自信」「知識」「原因」「可能性」の6つの視点から、ヒトが逃れられない錯覚について書かれた本です。

それぞれが、実験結果をもとに何故錯覚を起こすのかが述べられているので、面白く読めます。

脳は、刻一刻と変化しインプットされる大量の情報を処理しきれないので、これまでの経験や知識をもとにしたアルゴリズムで処理するため錯覚が起こるということだろうか。

6つの錯覚のサブタイトルがその錯覚をよく表しています。
・ 注意の錯覚:えひめ丸はなせ沈没したのか?
・ 記憶の錯覚:捏造された「ヒラリーの戦場体験」
・ 自信の錯覚:冤罪証言はこうして作られた
・ 知識の錯覚:リーマンショックを招いた投資家の誤算
・ 原因の錯覚:俗説、デマゴーグ、そして陰謀論
・ 可能性の錯覚:自己啓発、サブリミナル効果のウソ

錯覚の怖いところは、錯覚していることに本人は気がついていないところだけど...

下のビデオは、バスケの試合に乱入したゴリラに気がつかない注意の錯覚を紹介した「見えないゴリラ」です。


The Invisible Gorilla (featuring Daniel Simons) - Regional EMMY Winning Video

本錯覚の科学 (The Invisible Gorilaa and other ways our intuitions deceive us)
Christopher Chabris,Daniel Simons/木村博江 (Kimura Hiroe)(訳)/文藝春秋 (文春文庫)/2014

書籍の紹介一覧 B0151

・ MediaMarker

錯覚の科学 (文春文庫)
クリストファー チャブリス, ダニエル シモンズ
文藝春秋 ( 2014-08-06 )
ISBN: 9784167901769

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.14

梅雨の合間の空に火星が明るく輝いています。7月31日は火星の大接近

24時をまわった南南東の空に火星が明るく輝いています。その西側には土星、さらに西側に木星も見られます。


・ 火星と土星 2018.06.14 1:37 静岡市葵区平野部 南の空

火星は地球に近づいていて、7月31日に大接近となります。
写真の火星の地球からの距離は7983万kmで、明るさが-1.6級。大接近の時はさらに近づき5759万kmとなり-2.8級の明るさになるので、これからさらに明るさを増します。


火星大接近2018/NAOJchannel

参考:火星が地球に最接近(2018年7月)/国立天文台

引用文2018年夏は、赤く輝く火星に注目!
夜空で赤く輝く火星は、地球のひとつ外側を公転している惑星です。火星は直径が地球の半分ほどしかなく、地球から遠い位置にあるときには、望遠鏡を使っても表面のようすをなかなか観察することができません。しかし、火星はおよそ2年2カ月ごとに地球に接近し、観察の好機を迎えます。そして、その観望の好機が、2018年の夏に訪れます。2018年の夏は、赤く輝く火星に注目しましょう。
火星と地球の最接近は、2018年7月31日に起こります。このときの火星と地球の間の距離は5,759万キロメートル。これは、「大接近」とも呼ばれる近い距離での最接近となります。このころの火星はマイナス2.8等の明るさで輝き、視直径は24秒角を超えます。
2003年には、地球と火星が5,576万キロメートルまで接近し、大きな話題になりました。今回は、これには少しおよびませんが、6,000万キロメートルよりも近い距離での接近となるのは、2003年以来15年ぶりとなります。
「大接近」と聞くと、その日や時刻ばかりを気にしてしまいがちです。しかし、火星の明るさは2018年6月下旬から9月上旬頃までマイナス2等を超え、観察しやすい時期が長く続きます。
2018年夏から秋にかけて、赤く明るく輝く火星を楽しみましょう。
2018/国立天文台

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.31

愛宕霊園のソメイヨシノは散り始め

3月27日に満開になった静岡のソメイヨシノは、愛宕霊園では散り始めていました。

明日から新年度ですね。

愛宕霊園(静岡市葵区)のソメイヨシノ 2018.03.31
・ 愛宕霊園(静岡市葵区)のソメイヨシノ 2018.03.31

愛宕霊園(静岡市葵区)のソメイヨシノ 2018.03.31

愛宕霊園(静岡市葵区)のソメイヨシノ 2018.03.31


愛宕霊園沿いのサクラ(ソメイヨシノ)

・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.08

Yahoo! MAPで混雑状況が表示できるんですね

スマートフォンの地図アプリは地図上にレイヤーで雨雲の情報などを表示できます。
Yahoo! MAPでは雨雲に加えて混雑レーダーで混雑状況も表示できます。

下の画像は、今日の夕方18時頃のJR静岡駅付近を表示したものです。

Yahoo!
・ Yahoo! MAP 混雑レーダーでJR静岡駅付近を表示

また、下の画像はその時のJR静岡駅改札口の様子です。

Yahoo! MAP 混雑レーダーで表示した時のJR静岡駅の様子
・ Yahoo! MAP 混雑レーダーで表示した時のJR静岡駅の様子

混雑レーダーでは、3時間前から現在までの経過も表示できます。
下の動画は、今日のJR東京駅付近の18時から21時までの混雑状況です。


Yahoo! MAP 混雑レーダー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧