カテゴリー「動画」の100件の記事

2019.03.05

iPhone Xでアプリケーションを強制終了する方法

iPhone Xに機種変更をして戸惑うのは、ホームボタンが廃止されたことです。

ホームボタンがなくなて戸惑ったことのひとつは、アプリケーションの強制終了の仕方です。

これまで使っていたiPhone 6Sでは、ホームボタンを二度押しすれば起動中のアプリケーションの一覧がでて、それをスワイプすれば強制終了ができました。

起動中のアプリケーション一覧 - iPhone XR
・ 起動中のアプリケーション一覧 - iPhone XR

ホームボタンのないiPhone Xでは、画面右下から左斜め上にスワイプすると起動中のアプリケーションの一覧がでます。そしてアプリケーションをスワイプすると強制終了ができます。

ようやく、使い方に慣れてきました。


iPhone Xでアプリケーションを強制終了する方法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.09

「ちきゅう」の南海トラフ・プレート境界断層の到達は不可能

海洋研究開発機構(JAMSTEC)の地球深部探査船「ちきゅう」が、熊野灘沖で進めている南海トラフ・境界プレート断層に向けた掘削は不可能なようです。JAMSTECがアナウンスしています。

現在、海面下3,263mまで掘削か進み境界断面までもう少しのところに来ていましたが、地質構造上予測を上回る困難な状況のみたいです。流石に5,200mまで掘り下げるのは難しいかったんですね。

巨大地震の震源とされるプレート境界面の地質や岩石がどうなっているのか、直接のデータが得られず残念です。


IODP Exp. 358 NanTroSEIZE Plate Boundary Deep Riser 4 “Prelude”./jamstecchannel

関連エントリー:ふじのくに防災学講座『南海巨大地震の過去と今を解き明かす - 地球深部探査船「ちきゅう」の成果から -』を聴講しました 2019.01.20

引用文<お知らせ>
いつも「ちきゅう」を応援していただき、誠にありがとうございます。現在も「ちきゅう」は南海トラフでの超深度掘削を続けておりますが、この度、目標としていたプレート境界断層への到達は不可能である見込みとなりましたので、お知らせします。
国内外の研究者及び技術者と議論を重ね、プレート境界断層へ到達する最善の方策を採用し、掘削を行なってまいりましたが、掘削地点の地質構造は予測していた以上に掘削が困難なものでした。「ちきゅう」は、これまでに海底下3,262.5mに到達しています(科学掘削として世界最深)。船上では、地層の物性データや地質試料の分析などによって、巨大地震の発生メカニズムについての研究が続けられています。引き続き、応援のほどよろしくお願いいたします。
2019/02/08/海洋研究開発機構地球深部探査センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.16

南海トラフ・プレート境界を調査している「ちきゅう」が3260mまで掘削

熊野灘沖で南海トラフ協会を調査している海洋研究開発機構(JAMSTEC)の地球深部探査船「ちきゅう」の掘削が3260mに達したと、NHKが報じていました。

フィリピン海プレートがユーラシアプレートに沈み込むプレート境界断層の5200mに近づいてきました。

巨大地震の想定される震源付近がどのような構造になっているか、とても興味があります。
掘削が順調に進むといいですね。

今週の土壌日(1/19)のふじのくに防災学講座で、『南海巨大地震の過去と今を解き明かす -地球深部探査船「ちきゅう」の成果から-』をテーマに地球深部調査センターの倉本真一センター長の講演があります。
こちらも楽しみです。

関連エントリー:地球深部探査船「ちきゅう」が南海トラフ境界部を掘削するそうです 2018.09.18


IODP Exp. 358 : NanTroSEIZE Deep Riser Drilling: NankaiSeismogenic/Slow Slip Megathrust/jamstecchannel

引用文探査船「ちきゅう」海底3260メートルまで掘削に成功
南海トラフ巨大地震の発生が予測されるプレート境界と呼ばれる場所を目指し、和歌山県沖の海底を掘り進めている探査船「ちきゅう」について、海洋研究開発機構は、これまでで最も深いおよそ3260メートルまで掘削することに成功したと発表しました。最終的にはおよそ5200メートルまで掘り進めプレート境界付近の岩石を採取して調べる計画です。
海洋研究開発機構などの研究グループは、12年前から探査船「ちきゅう」で和歌山県沖の海底の掘削調査をしていて、去年10月から13回目の調査を行っています。
研究グループによりますと、これまで海底の下を最も深く掘ったのは6年前の3058メートルでしたが、今回の掘削では、先月、およそ3260メートルまで達し、記録を更新したということです。
南海トラフでは地震の発生が予測されるプレート境界と呼ばれる場所が、海底の下およそ5200メートルにあるとされ、研究グループでは最終的に境界付近まで掘って岩石を採取し、詳しく調べて地震の予測精度を高めたいとしています。
海洋研究開発機構の倉本真一地球深部探査センター長は「記録は更新したが、岩盤は堅く、穴は崩れるなど予断を許さない。別の方向に向け掘削するなど工夫をして何としてもプレート境界に達したい」と話しています。
2019/01/16/NHK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.03

ニュー・ホライズンズがカイパーベルトの準惑星「ウルティマ・トゥーレ」に接近、ブライアン・メイが「ニュー・ホライズンズ」をリリース

探査機 ニュー・ホライズンズが、カイパーベルトにある小惑星 ウルティマ・トゥーレ(Ultima Thule)に接近し、27,000kmから撮ったイメージがNASAのサイトに公開されました。

長径が33km、大きな球と小さな球がつながった雪だるまのような形をしています。大きな球をウルティマ、小さな球をトゥーレと愛称が付けられています。

The Kuiper Belt object Ultima Thule
・ The Kuiper Belt object Ultima Thule
・ Credit: NASA/Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory/Southwest Research Institute

ニュー・ホライズンズは、2015年7月に冥王星とその衛星 カロンに最接近しました。その時の画像も衝撃的だったから、これから送られてくるものも楽しみです。

参照:NASA's New Horizons Mission Reveals Entirely New Kind of World 2019.01.02/NASA

また、この接近にともない、ニュー・ホライズンズのプロジェクトに参画している天文学者でクイーンのギタリストでもあるブライアン・メイが楽曲を提供しています。

映像とあわせてなかなか聴かせます。ニュー・ホライズンが木星の衛星イオをかすめるシーンや冥王星とカロンのツーショットにはグッときます。


Brian May - New Horizons (Ultima Thule Mix) [Official Music Video]/Queen Official

関連エントリー
ニュー・ホライズンズが7月中旬に冥王星に最接近する 2015.06.07
ニュートンの冥王星とカロンのポスター型カレンダー 2015.12.05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.28

2019年1月6日は部分日食です

2019年1月6日に部分日食があります。

静岡では8:42に食が始まり、10:02に食の最大、11:31に終わります。食分の最大は0.4です。

2019年1月6日の部分日食の状況(静岡)

国立天文台の東京における部分日食のイメージが下図です。

181228

また、Star Walk 2で静岡市葵区における部分日食のシミレーションが下の動画です。


部分日食 2019.01.06 静岡市葵区 ※ Star Walk 2による静岡市葵区におけるシミレーション

1月6日は日曜日だし、晴れるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.23

最近の駐車場は料金の支払いが自動的に認識されるんですね

ショッピングセンター MARK ISの駐車場を利用した時のことです。

経験上、駐車場を出る際は、駐車料金の有無にかかわらず駐車券を機械に入れるとバーが上がります。
ところが、建物内で清算して出口に近ずくと自動的にバーが上がりました。
これは以前、靜岡県立総合病院の駐車場でも経験しました。

これは、駐車券を入り口で取る時にクルマのナンバーを記憶しておいて、清算の状況も状況を合わせ出口で判断し、バーをあげるのかな。

MARK IS の駐車場の入口
・ MARK IS の駐車場の入口

MARK IS の駐車券
・ MARK IS の駐車券

MARK IS の駐車場の出口
・ MARK IS の駐車場の出口


・ MARK IS の駐車場の出口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.16

小惑星になったフレディ・マーキュリー

現在、公開中の映画「ボヘミアン・ラプソディー」が好調のようですね。是非とも観に行きたいのですが、今だ行けていません。

今回の映画は、フレディ・マーキュリーの生き様が描かれているとのことで、思い出したのは小惑星「Freddiemercury」です。

フレディ・マーキュリーは1991年に亡くなりましたが、同じ年に火星と木星の間の小惑星帯 アストロベルトで小惑星17473が発見されました。

そして、フレディが生きていれば70歳になる2016年に国際天文学連合が、小惑星17473をフレディ・マーキュリーに因んで「「フレディマーキュリー(Freddiemercury)」と名付けました。

クイーンのギタリストで天文学者でもあるブライアン・メイが、小惑星 フレディマーキュリーを紹介するビデオがYouTubeにアップロードされています。

なんとも感慨深げなブライアン。そして小惑星フレディマーキュリーの映像とともにクイーンの「ドント・ストップ・ミー・ナウ」が流れます。


Brian May announces Asteroid 17473 Freddiemercury 04/09/2016 /BrianMayCom

関連エントリー:小惑星「フレディマーキュリー」 2016.09.06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.27

Googleで「斜め」や「一回転」を検索すると

Googleで「斜め」と入力して検索すると、画面が45度傾きます。
また、「一回転」で検索すると、画面が一回転します。


Googleで「斜め」や「一回転」を検索すると

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.19

YUIMETALがBABYMETALを脱退

昨年12月の広島公演から体調不良のため欠席していたYUIMETAL(水野由結)が、BEBYMETALを脱退すると、オフィシャルサイトがアナウンスしました。

海外公演中心でかなり激しいパフォーマンスだから身体に相当な負担がかかっていたのでしょう。仕方の無いことかもしれません。

SU、YUI、MOの3人あってのBEBYMETALなので残念です。

YUIMETALがいないサードアルバムはどのようなものになるのだろう?


BABYMETAL - Road of Resistance - Live in Japan - (Official Video)
※ ステージでは向かって左側に立つこと多いYUIMETALです。

引用文BABYMETAL新体制についてのお知らせ
昨年12月の広島公演を体調不良のため欠席して以降、活動をお休みしておりましたYUIMETALですが、本人の復帰への希望を受けて、メンバーおよびスタッフによる長きにわたるサポートを続け、ステージへの復帰を待っておりましたが、この度、本人の意向により「BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN」10月公演への出演を見送るとともに、BABYMETALを離れることとなりました。
今後はSU-METAL、MOAMETALを中心とした新たなBABYMETALへと生まれ変わり、10月開催の「BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN」より新体制でスタート致します。
これまでの活動を見守ってくださったファンの皆様への感謝と共に、新体制となるBABYMETALへの応援のほど宜しくお願い致します。
2018/10/19/BABYMATAL Officia Sitel/P>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.28

こうのとり7号機が国際宇宙ステーションにドッキング

今日未明、9月23日に打ち上げられたこうのとり7号機が、国際宇宙ステーションのロボットアームにキャッチアップされた後、ステーションにドッキングしたそうです。

JAXA HTV7が国際宇宙施打て-ションにキャッチアップ ※ NASA Videoから画像引用
・ JAXA HTV7が国際宇宙施打て-ションにキャッチアップ ※ NASA Videoから画像引用


JAXA HTV7 Grapple - September 27, 2018/NASA Video

引用文宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)の国際宇宙ステーションとの結合について
宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)は、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて最終接近を実施した後、9月27日20時36分(日本時間)にISSロボットアームにより把持されました。その後、9月28日03時08分(日本時間)にISSロボットアーム運用により、ISSとの結合を完了しました。
今後は、船外及び船内貨物がISSへ順次移送される予定です。
2018/09/28/国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧