カテゴリー「動画」の74件の記事

2017.10.21

ハロウィンの帽子のピカチュウ

Pokémon GOで 今日から11月2日(木)まで、ハロウィンイベントが開催されています。

 Pokémon GOのハロウィンイベント ※ Pokémon GOから画像引用
・ Pokémon GOのハロウィンイベント ※ Pokémon GOから画像引用

イベントでハロウィンの帽子をかぶったピカチュウが登場します。また、そのピカチュウは帽子をかぶったままライチュウに進化します。
ピチュウも帽子をかぶっているかはまだ確認していません。

ハロウィンの帽子をかぶったピカチュウ ※ Pokémon GOから画像引用<br />
ハロウィンの帽子をかぶったライチュウ ※ Pokémon GOから画像引用<br />
・ ハロウィンの帽子をかぶったピカチュウ(左)とライチュウ ※ Pokémon GOから画像引用

また、今回のハロウィンイベントは、ヤミラミやジュペッタなど、 ルビー・サファイアの舞台のホウエン地方のゴーストタイプのポケモンが新たに出現し、カゲボウズとヨマワルはゲットしました。


ヤミラミ、ジュペッタなど、新しいちょっとこわいポケモンがPokémon GO に登場!/Pokémon GO Japan

12月を目処にホウエン地方のポケモンが順次追加されるようで、ポケモン図鑑には355種のポケモンの枠が準備されています。

関連エントリー
とんがり帽子のピカチュウ! 2017.03.03
とんがり帽子のピカチュウは帽子をかぶったままライチュウに進化するんですね 2017.03.07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.15

白糸の滝の近くの環状交差点

2014年9月に交通方法が定められた環状交差点(ラウンドアバウト)が、国道414号線 白糸の滝(富士宮市)の近くにもあります。

右回りに回って目的の方向に出ていく交差点ですが、最初は戸惑います。
ここのは小規模な交差点だけど、大きな環状交差点はどんなものだろう?


環状交差点(ラウンドアバウト)

参考:急がば回れ「環状交差点」 Start!/警察庁・都道府県警察 PDF 4.0MB

----------
PDF形式のファイルの閲覧には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、下のバナーのリンク先からダウンロードしてください。

get_adobe_reader

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.13

道路の右折レーンの手前などにあるゼブラゾーンの意味を初めて知った ^^;

先日ネットを見ていて、道路のレーンの手前にある白い斜線 ゼブラゾーンの意味を初めて知りました。

導流帯(ゼブラゾーン)
・ 導流帯(ゼブラゾーン)

僕は、このラインをなんとなく進入禁止かと思っていました。

それで気になったので調べてみると、進入禁止どころか逆で右折レーンに誘導する表示でした。

このゼブラゾーンは、正式には「導流帯」といって「車両の安全かつ円滑な走行を誘導する必要がある場所」に設置すると「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」(国土交通省)で定められています。

参考:「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の抜粋」 PDF 79KB

「導流帯」はよく見られますが、多くは右折レーンになってから進路変更をしているので、一般的には僕と同じように「導流帯」は進入禁止と思っている人が多いのかな。

この場合、「導流帯」にはクルマが走っていないと思って右折レーンに入り、「導流帯」を走っていたクルマと接触してしまうケースがあると思います。この場合、右折レーンに入ったクルマが「導流帯」を走っているクルマの進路を妨害したことになり過失割合が大きくなるようです。

「導流帯」を走っているクルマに優先権があるにしても、多くの人が右折レーンになって進路変更をすること思えば、注意が必要ですね。


導流帯(ゼブラゾーン)

----------
PDF形式のファイルの閲覧には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、下のバナーのリンク先からダウンロードしてください。

get_adobe_reader

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.12

今日は「宇宙の日」

今日、9月12日は「宇宙の日」です。

何故、9月12日が「宇宙の日」かというと、国際宇宙年であった1992年に毛利衛さんが日本人として初めてスペースシャトルに搭乗して打ち上げられたのが9月12日だったのでそれにちなんで、科学技術庁(現・文部科学省)と宇宙科学研究所(現・宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所)が制定しました。

下の動画は、NASAが公開する毛利さんが搭乗したエンデバーのSTS-47 ミッションのダイジェストです。


STS-47 Mission Highlights Resource Tape/NASA STI Program

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.06

十六夜の満月、カッシーニのグランド・ファイナル

だいぶ涼しくなった静岡の夜空に十六夜の満月がでています。

月齢 15.8の月 2017.09.06 21:01 静岡市葵区平野部 南東の空
・ 月齢 15.8の月 2017.09.06 21:01 静岡市葵区平野部 南東の空

また、9月15日にNASAとESAの土星探査機探査機 カッシーニが土星の大気圏に突入する最後のミッションが行われます。

1997年に打ち上げられ、金星→金星→地球→木星の順にスイングバイを行なって、2004年に土星軌道に投入されたカッシーニは、衛星 タイタンやエンケラドスを始めとした探査を行いました。

9月15日に木星の大気圏に投入され、カッシーニの長い旅が終わります。


NASA at Saturn: Cassini's Grand Finale/NASA Jet Propulsion Laboratory

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.03

セスジスズメの老齢幼虫

毎年、ドクダミの葉に卵を産み付け、いつの間にか大きくかなっているセスジスズメの幼虫が、今年も老齢幼虫になっています。体長が約8cmあります。

セスジスズメの老齢幼虫
・ セスジスズメの老齢幼虫

食欲も旺盛で次々に葉を食べ茎だけにしていきます。


葉を食べるセスジスズメの幼虫

もう少しすれば蛹になると思います。羽化まで観察できるといいなあと思います。

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.27

静岡市の山間部 玉川ではツクツクボウシの声が主流です

日中はとても暑くても朝晩は少しだけ秋の気配を感じる静岡です。

昨日のヒガンバナを紹介した静岡市の山間部 玉川の長妻田ではツクツクボウシの声が主流でした。
平地ではまだまだクマゼミがです。


ツクツクボウシの鳴き声 静岡市葵区玉川 2017.08.26

関連エントリー:駿河区では今季最高の38.0℃、それでも山間部の玉川ではヒガンバナの花が咲いていました 2017.08.26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.20

フェスタしすおか 2017の終わりを告げる花火

今夜9時少し前、花火の大きな音が聞こえたので窓から覗くと、駿府城公園の方向の打ち上げ花火でした。

金曜日から今日まで18年振りに開催されていたフェスタしずおかの終わりを告げる花火です。

ただ、今夜はほとんど風がなく連続して上がる花火の煙でよく見えなかったけれど ^^;


フェスタしすおか 2017の終わりを告げる花火

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.18

フェスタしずおか 2017のサーチライト?

今夜、空にサーチライトの光の筋が見えました。

何だろう?と思って筋をたどると、光源は駿府城公園の辺りのようです。
そういえば、今日から3日間、駿府城公園で「フェスタしずおか」が開催されるんだった。そのサーチライトかな?


フェスタしずおか 2017のサーチライト?

フェスタしずおかは、静岡放送・静岡新聞主催の夏のイベントで18年振りの開催です。
少し前のちょっとした夏の静岡のイベントだったものね。もっとも、人混みの嫌いな僕はあまり行かなかったけれど ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.03

時刻がファンに表示される卓上扇風機 「USB CLOCK FAN」

Amazonを見ていて面白そうなので衝動買いをしてしましました。

「USB CLOCK FAN」は、PCなどのUSB端子に接続して使う卓上扇風機ですが、回転する2枚羽の部分に時刻がアナログ表示されます。

>USB CLOCK FAN
・ USB CLOCK FAN

これは2枚羽の1枚にLEDが並べられていて、時針・分針・秒針の部分が赤、文字盤の部分が緑に光り、羽根が回ることによる残像を利用して時刻を表示します。

>USB CLOCK FAN

USB接続し、スイッチを押すとPCの時計と同期し時刻が合わせられます。

風量はそれほど多くなく、若干のモーター音もするので、卓上扇風機としても時計としてももっと機能的な製品があると思いますが、ちょっとしたアクセントになる製品です。


USB CLOCK FAN

・ MediaMarker

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧