カテゴリー「天文」の383件の記事

2017.09.19

晦日の月と水星、火星

今朝は、日の出前の東の空に細い細い晦日の月があります。
低い位置には、水星。そして肉眼では確認できませんが、写真には月の少し上に火星がかすかに写っていました。

月(月齢 28.0)と水星、火星 2017.09.19 5:10 静岡市葵区平野部 東の空<br />
・ 月(月齢 28.0)と水星、火星 2017.09.19 5:10 静岡市葵区平野部 東の空

現在、火星は地球から離れた位置にあるので、その光はかなり弱いです。

2017.09.19 4:00の地球と火星の位置 「Solar Walk 2」によるシミレーション
・ 2017.09.19 4:00の地球と火星の位置 「Solar Walk 2」によるシミレーション

明日は旧暦の8月1日。10月4日(旧暦8月15日)、満月2日前の月が中秋の名月です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.18

台風一過の日の出前の空に新月2日前の月と金星、水星

このところ、日の出前の東の空に金星としし座のレグルス、水星と火星が近い位置にあって、見えないかと思っていたのですが、あいにく雲が邪魔をして見られないでいました。

ところが今朝は台風一過というのか晴れて、金星、新月2日前の月、そして低い位置に水星が見えました。

月(月齢 27.1)と金星、水星 2018.09.18 4:55 静岡市葵区平野部 東の空
・ 月(月齢 27.1)と金星、水星 2018.09.18 4:55 静岡市葵区平野部 東の空

月齢 27.1の月と金星 2018.09.18 4:24 静岡市葵区平野部 東の空
・ 月齢 27.1の月と金星 2018.09.18 4:24 静岡市葵区平野部 東の空

本当なら金星の少し下にレグルス、水星の少し上に火星が見えるはずですが、レグルスは雲に隠れて、火星は1.8等(水星は-0.9等)と若干暗いので白み始めた空に負けて見えませんでした。

今朝の空を 「Star Walk 2」でシミレートしたのが下の図です。

 「Star Walk 2」による2017.08.18 4:55 静岡市葵区平野部 東の空のシミレーション
・ 「Star Walk 2」による2017.08.18 4:55 静岡市葵区平野部 東の空のシミレーション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.15

カッシーニの長い旅が終わった

NASAとESAの土星探査機 カッシーニと地球の最後の通信時刻は20:55だったそうです。
その後、カッシーニは、土星の大気により燃え尽きたのでしょう。

1997年10月15日に打ち上げられたカッシーニは、2004年6月30日 土星の周回軌道に入り、土星とそのリングや衛星のデータを収集し、今年の4月26日に土星とリングの間を飛行する最後のミッションを行っていました。

そして、今日、土星の大気圏に突入し、カッシーニの20年の長い旅が終わりました。

下の画像は、カッシーニが送った最後の画像です。土星が大きく写っています。

Impact Site: Cassini's Final Image  2017.09.15/NASA
画像引用:Impact Site: Cassini's Final Image 2017.09.15/NASA

カッシーニから送られた多くの画像がNASAのサイトに掲載され楽しいですね。

その中の一枚が土星の第二衛星 エンケラドスの写真です。
表面でほとんどの光が反射されてしまうので、エンケラドスは太陽系の白い天体の代表格だそうです。
また、内部には海の存在が確認されおり、生命の存在の可能性が期待されています。

Enceladus: Ocean Moon /NASA
画像引用:Enceladus: Ocean Moon /NASA

関連エントリー:十六夜の満月、カッシーニのグランド・ファイナル 2017.09.06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.12

今日は「宇宙の日」

今日、9月12日は「宇宙の日」です。

何故、9月12日が「宇宙の日」かというと、国際宇宙年であった1992年に毛利衛さんが日本人として初めてスペースシャトルに搭乗して打ち上げられたのが9月12日だったのでそれにちなんで、科学技術庁(現・文部科学省)と宇宙科学研究所(現・宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所)が制定しました。

下の動画は、NASAが公開する毛利さんが搭乗したエンデバーのSTS-47 ミッションのダイジェストです。


STS-47 Mission Highlights Resource Tape/NASA STI Program

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.08

冥王星の地形の一部に名前がつけられた そのひとつは「はやぶさ大陸」

国際天文学連合(International Astronomical Union:IAU)が、準惑星 冥王星の14地形の名前をプレスリリースしています。

参照:Pluto Features Given First Official Names 2017.09.07/IAU

これは、昨年7月にNASAの探査機 ニューホライズンズが冥王星に再接近した際に撮った詳細な地形データをもとに命名したものです。

冥王星(手前)と衛星 カロン
・ 冥王星(手前)と衛星 カロン 引用元:Charon and Pluto: Strikingly Different Worlds 2015.10.01/NASA

冥王星は大きなハート形の領域がひとつ特徴ですが、今回命名されたのはハート形の領域とその周辺の地形です。

今回、冥王星で命名された地名
・ 今回、冥王星で命名された地名 引用元:Pluto Features Given First Official Names 2017.09.07/NASA

ハート形の領域は、1930年に冥王星を発見した天文学者 クライド・トンボーにちなんで「トンボー領域 (Tombaugh Regio)です。

ハートの右上には、日本の小惑星探査機 はやぶさにちなんだ「はやぶさ大陸(Hayabusa Terra)」と命名されました。
ハートの左上は、NASAの探査機 ボイジャー1号、2号にちなんだ「ボイジャー大陸(Voyager Terra)」です。
太陽系から離脱して星間空間の旅をしているボイジャーと、はやぶさが肩を並べるなんて名誉なことだね。

なお、14地形の名前の由来はIAUのプレスリリースで説明されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.06

十六夜の満月、カッシーニのグランド・ファイナル

だいぶ涼しくなった静岡の夜空に十六夜の満月がでています。

月齢 15.8の月 2017.09.06 21:01 静岡市葵区平野部 南東の空
・ 月齢 15.8の月 2017.09.06 21:01 静岡市葵区平野部 南東の空

また、9月15日にNASAとESAの土星探査機探査機 カッシーニが土星の大気圏に突入する最後のミッションが行われます。

1997年に打ち上げられ、金星→金星→地球→木星の順にスイングバイを行なって、2004年に土星軌道に投入されたカッシーニは、衛星 タイタンやエンケラドスを始めとした探査を行いました。

9月15日に木星の大気圏に投入され、カッシーニの長い旅が終わります。


NASA at Saturn: Cassini's Grand Finale/NASA Jet Propulsion Laboratory

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.24

久し振りに夜空にはくちょうが見えます

今夜は久し振りに夜空にデネブ、ベガ、アルタイルの夏の大三角をはじめ夏の恒星が見えます。
ベガのそばの光の筋は、デネブからベガ方向に飛行している旅客機の航跡です。

デネブ、ベガ、アルタイル 2016.08.24 20:50 静岡市葵区平野部 南東の空高く
・ デネブ、ベガ、アルタイル 2016.08.24 20:50 静岡市葵区平野部 南東の空高く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.21

日本が付けた台風の名前は星座からとっているんだけど、マイナーな星座が多いですね

現在発生している台風第13号は、日本が命名した「ハト」といいます。

気象庁のサイトから画像引用 赤のアンダーラインは筆者加筆
・ 気象庁のサイトから画像引用 赤のアンダーラインは筆者加筆

「ハト」は台風の名前としては可愛らしいなあと思って、気象庁のサイトで調べてみました。

参照:台風の番号の付け方と命名の方法/気象庁

北西太平洋や南シナ海で発生する台風には、2000年から日本を含めた14ヶ国等が加盟した台風委員会で各々が提案した名前が付けられています。

加盟国は、10個ずつ名前を提案し、全部で140の名前になります。
この名前を2000年の台風第1号から順番にひとつずつ付けていき、一巡するとまたもとに戻ります。

1番目の名前はベトナムが付けた「ダムレイ」、140番目はベトナムが付けた「サオラー」です。
日本は、5,19,33,47,61,75,89,103,117,131番目の名前を命名しており、「ハト」は131番目の名前です。
気象庁によると、年間の台風の発生数の平均は25.6個なので概ね5年で一巡するそうです。

台風の名前と意味

日本の付けた名前は、「ハト」のほかに「テンビン」「ヤギ」「ウサギ」「カジキ」「カンムリ」「クジラ」「コグマ」「コンパス」「トカゲ」で、星座に由来するそうです。

それにしてもマイナーな星座が多いですね。名の知れた星座は、黄道十二星座のてんびん座とやぎ座、ポラリス(北極星)を含むこぐま座くらいです。また、それぞれの星座の一番明るい恒星が2~3級と1等星はあません。それに、かじき座やコンパス座は南天の星座で日本からは見えません。

う~む。何故、この星座にしたのかは謎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.08

今月は十五夜と満月が2日ずれているのですね

今日は満月。
あいにく台風5号の影響で未明の部分月食は見られませんでした。

朝になると台風一過の晴天とはいえないけれど、晴れて暑い一日でした。
夜になると雲間に満月が見え隠れしています。

満月(月齢 15.7) 2018.08.08 22:05 静岡市葵区平野部 南東の空
・ 満月(月齢 15.7) 2018.08.08 22:05 静岡市葵区平野部 南東の空

ところで、十五夜は8月6日で今夜が満月。今月は十五夜と満月が2日ずれ、満月だけど立待月です ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.05

台風5号が九州に近づいているけれど、静岡は明けの明星や十四夜の月が綺麗でした

勢力は衰えたとはいえ強い台風5号が九州に近づいています。

今日の静岡は暑い一日で、早朝には明けの明星 金星が、夜には十四夜の月が綺麗に見えました。

金星 2017.08.05 4:40 静岡市葵区平野部 東の空
・ 金星 2017.08.05 4:40 静岡市葵区平野部 東の空

月齢 13.1の月 2017.08.05 21:56 静岡市葵区平野部 南の空
・ 月齢 13.1の月 2017.08.05 21:56 静岡市葵区平野部 南の空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧