カテゴリー「天文」の513件の記事

2021.08.10

今年のペルセウス座流星群は8年に一度の好条件だそうです

今年のペルセウス座流星群の極大は8月13日4時頃で、月明かりがなく観察には8年振りの好条件だそうです。国立天文台がアナウンスしています。

薄明になる前の3時の静岡市の北東の空をステラナビゲータシミレートしたものが下の画像です。

街明かりのある家の周りでは数個見られればラッキーかな。

210810

引用文●1. 2021年のペルセウス座流星群について
◆1-1. 2021年の状況(今年は8年に1度の好条件)
・ペルセウス座流星群は、一夜のうちでは放射点の高度が高くなる夜明け前の時間帯に観察条件が良く、流星が多く見られます。これは日本では概ね午前3時頃です。
・予想されるペルセウス座流星群の極大(流星群の活動が最も活発になる時刻)は、今年は8月13日午前4時過ぎです。今年の極大時刻は、日本で観察条件のよい時間帯である午前3時頃に近く、したがって13日未明に多くの流星が見られることが期待されます。
・この時間帯に月が空に昇っていると、月明かりの影響で見られる流星の数が少なくなります。しかし、今年は、月は早い時間帯に沈み、月明かりがありません。このため、大変好条件で観察が可能となります。
・このような好条件の状況となるのは、8年に1度のことです(次項参考)。
・実際に見られる流星の数は、時間帯や空の条件によって異なります。最も多く流星が見られるのは、8月13日の夜明け近く(東京では午前3時台)と考えられ、このときの流星数は、空の暗い場所で観察した場合には1時間あたり50個程度が予想されます(注)。
注):街明かりの中で観察したり、極大ではない時期に観察したりした場合には、見ることのできる流星の数は何分の1かに減ってしまうことがあります。一方、目のよい人や、流星観測の熟練者が観察した場合には2倍以上の数の流星を観察できることがあります。
2021.07.30/ 国立天文台 2021 年 ペルセウス座流星群 解説資料 PDF 423KB

----------
PDF形式のファイルの閲覧には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、下のバナーのリンク先からダウンロードしてください。

get_adobe_reader

| | コメント (0)

2021.06.13

ベテルギウスはまだ爆発しないという研究結果

オリオン座のベテルギウスは、2020年初めに大きく減光したため超新星爆発の兆候ではないかと言われていました。

しかし、東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構他の研究チームの研究結果では、ベテルギウスのコアの状態が爆発の起こる10万年以上前の状態と結論づけ、まだ超新星爆発の段階ではないと発表しています。

ベテルギウス自身の膨張と収縮を繰り返す脈動により、約185日と約400日の2つの周期で明るくなったり暗くなったりする変光を繰り返していること。さらに、2020年初めの大幅な減光は、この脈動する働きに加えて、星から放出された大量の塵がベテルギウスの減光に関係しているそうです。 

それと今回の研究で地球からベテルギウスまでの距離が520光年と、これまで考えられていた距離より25%も近いことがわかりました。

超新星爆発を見られるのは、夢のまた夢ですね。

参照:ベテルギウスはまだ爆発しない -減光の原因を探り恒星の質量、サイズ、距離を改訂- 2021.02.04/東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構

| | コメント (0)

2021.06.09

2021年11月19日は月出帯食の部分月食

静岡では5月26日の皆既月食は残念なが曇りでほとんど見ることができませんでした。

今年は11月19日にも月食があります。11月19日は部分月食ですが、静岡の最大時の食分が0.978と皆既に近い月食となります。

また、静岡では欠けた状態での月の出となる月出帯食になります。

210526
・ 月齢14.7 部分月食(食分0.60)2021.05.26 21:11 静岡市葵区平野部 南東の空

20122902


部分月食(月出帯食) 2021年11月19日 静岡市葵区のStarWalk2によるシミレーション

| | コメント (0)

2021.05.26

今夜は皆既月食、でも静岡ではほとんど見られなかった

今夜は今年一番地球に近い満月(スーパームーン)の皆既月食でした。

しかし、静岡市は曇りで月は見えず皆既月食も観察できませんでした。

下の写真は、雲の向こうにわずかに見えた部分月食をした満月です。

210526
・ 月齢14.7 部分月食(食分0.60)2021.05.26 21:11 静岡市葵区平野部 南東の空

関連エントリー:2021年5月26日は皆既月食です 2021.04.28

| | コメント (0)

2021.05.05

flickrを使った国際宇宙種テーションから撮影した写真は撮影データも表示されます

国際宇宙ステーション(ISS)から宇宙飛行士が撮った写真がflickrで公開されいています。

日々の活動の中で撮った写真で面白いものが多いです。

下の画像は5月2日にCrew Dragon1号機が地球に帰還する際の大気圏突入時の写真です。

The SpaceX Crew Dragon Resilience reenters Earth's atmosphere

The SpaceX Crew Dragon Resilience reenters Earth's atmosphere/NASA Johnson

この写真の細かい撮影データが合わせて公開されています。

Nikon D5、58mm、f1.2、1/50で撮影されています。シャッタースピードが速いと思ったら、ISO40000と極めて高感度です。

210505

| | コメント (0)

2021.04.29

「史上最も孤独だった男」宇宙飛行士 マイケル・コリンズさんが亡くなられた

1969年7月に月面着陸をしたアポロ11号のクルーだったマイケル・コリンズさんが亡くなられた。享年90歳。

20世紀少年の僕にはアポロ11号は、打ち上げと月面着陸の白黒のテレビ映像が強烈に印象に残っています。

月面に降り立ったアームストロング船長とオルドリン宇宙飛行士に比べ、司令船で月を周回しながら2人の帰還を待ったコリンズ宇宙飛行士は「史上最も孤独だった男」 とか「忘れられた宇宙飛行士」とか呼ばれることがあります。

でも、彼が司令船で着実にミッションをこなさなければ3人の宇宙飛行士は地球に帰ってこれなかったわけで、すごいことにはかわりはないです。


・ NASA Remembers Apollo Astronaut Michael Collins/NASA

関連エントリー:人類で最初に月に降りたアームストロングさんが亡くなられた 2012.08.27

引用文NASA Remembers Michael Collins
Former NASA astronaut Michael Collins, who flew aboard Gemini 10 and served as command module pilot for Apollo 11, passed away on April 28, 2021.
Today the nation lost a true pioneer and lifelong advocate for exploration," said acting NASA Administrator Steve Jurczyk.
2021.04.28/NASA

| | コメント (0)

2021.04.28

2021年5月26日は皆既月食です

5月26日は皆既月食です。

静岡では月の出が18:41、部分食の始めが18:44、日の入りが18:51なので、欠け始めは東の空の低い位置で見られないかもしれません。

皆既の始めは20:09,食の最大は20:18、皆既の終わりは20:28なので20分弱完全に欠けた満月が見られます。

部分食の終わりが21:28です。晴れるといいですね。

20122901

下の動画は国立天文台が今回の皆既月食を紹介したものです。


2021年5月26日は皆既月食を見よう/国立天文台

また、StarWalk2で静岡市葵区での皆既月食をシミュレートしました


皆既月食 2021年5月26日 静岡市葵区のStarWalk2によるシミレーション

| | コメント (0)

2021.04.24

Crew-2がISSにドッキング

星出宇宙飛行士他3人を乗せたクルードラゴン宇宙船運用2号機(Crew-2)が、日本時間4月24日18:08に国際宇宙ステーション(ISS)へドッキングしました。

一時的ですが野口聡一をはじめ11人の宇宙飛行士がISSに滞在しています。

210424
※ NASA TVから画像引用

 
・ Watch NASA's SpaceX Crew-2 Mission Arrive at the International Space Station/NASA

参照:SpaceX Crew-2 Astronauts Join Station Crew 2021.04.24/NASA

| | コメント (0)

2021.03.02

火星とすぱるが近い位置にあるのだけれど

ここ数日、火星とプレアデス星団が近い位置にあります。

日没後の西の空に見えるはずですが、今夜は曇って見えませんでした。明日は見えるかな?

210303

| | コメント (0)

2021.02.24

NASAの火星探査車「パーサヴィアランス・ローバー」の着陸映像や音のデータが公開された

2月19日に火星に着陸した火星探査車「パーサヴィアランス・ローバー」の着陸時に複数のカメラで撮った動画がNASAのサイトで公開されました。

これまでにも複数の火星探査車から送られる写真で楽しんできました。今回はミニヘリコプター「インジェニュイティ」が搭載されているので、興味深い映像が送られてくるのでしょう。


Perseverance Rover’s Descent and Touchdown on Mars (Official NASA Video)

また、サイトには火星の音の録音がローバー自身の音を含むものと取り除いたものの2種類が掲載されています。多分、風の音だと思うのですがなかなか興味深いです。

参照:NASA’s Mars Perseverance Rover Provides Front-Row Seat to Landing, First Audio Recording of Red Planet 2021.02.23/NASA

| | コメント (0)

より以前の記事一覧