カテゴリー「天文」の420件の記事

2018.09.28

こうのとり7号機が国際宇宙ステーションにドッキング

今日未明、9月23日に打ち上げられたこうのとり7号機が、国際宇宙ステーションのロボットアームにキャッチアップされた後、ステーションにドッキングしたそうです。

JAXA HTV7が国際宇宙施打て-ションにキャッチアップ ※ NASA Videoから画像引用
・ JAXA HTV7が国際宇宙施打て-ションにキャッチアップ ※ NASA Videoから画像引用


JAXA HTV7 Grapple - September 27, 2018/NASA Video

引用文宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)の国際宇宙ステーションとの結合について
宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)は、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて最終接近を実施した後、9月27日20時36分(日本時間)にISSロボットアームにより把持されました。その後、9月28日03時08分(日本時間)にISSロボットアーム運用により、ISSとの結合を完了しました。
今後は、船外及び船内貨物がISSへ順次移送される予定です。
2018/09/28/国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.24

中秋の月 静岡 2018

今日は旧暦8月15日。
曇りがちの空に中秋の月が見え隠れしています。

中秋の月 2018.09.24 19:38 静岡市葵区平野部 南東の空
・ 中秋の月 2018.09.24 19:38 静岡市葵区平野部 南東の空

月齢 14.7の月 2018.09.24 18:18 静岡市葵区平野部 東南東の空
・ 月齢 14.7の月 2018.09.24 18:18 静岡市葵区平野部 東南東の空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.23

静大超小型人工衛星「てんりゅう」を搭載した宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機の打上げ成功

宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)が、今日未明、種子島宇宙センターからH-IIBロケット7号機によるり打上げられました。

「こうのとり」が国際宇宙ステーション(ISS)にキャッチアップされるのは、9月27日夜の予定です。

「こうのとり」には、静岡大学の超小型人工衛星「STARS-Me(てんりゅう)」が載せられています。まだまだ、宇宙空間での宇宙エレベーターの研究は始まったばかりですが、実験が成功するといいですね。

宇宙航空研究開発機構のYouTubeから画像引用
・ H-IIBロケット7号機の打ち上げ ※ 宇宙航空研究開発機構のYouTubeから画像引用


「こうのとり」7号機/H-IIBロケット7号機打上げライブ中継 ( KOUNOTORI7 / H-IIB F7 launch live broadcast. )/宇宙航空研究開発機構(JAXA)

引用文H-IIBロケット7号機による宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)の打上げ結果について
三菱重工業株式会社及び国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、種子島宇宙センターから平成30年9月23日2時52分27秒(日本標準時)に、宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)を搭載したH-IIBロケット7号機(H-IIB・F7)を打ち上げました。
ロケットは計画どおり飛行し、打上げから約14分59秒後に「こうのとり」7号機を正常に分離したことを確認しました。
今回のH-IIBロケット7号機の打上げ実施にご協力頂きました関係各方面に深甚の謝意を表します。
2018/09/23/三菱重工業株式会社、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.26

今夜は東から満月、火星、土星、木星、金星が望めました

静岡は蒸し暑い夜ですが、空はよく晴れて星がよく見えます。

満月と肉眼で見える5つの惑星のうち水星以外の、火星、土星、木星、金星が東から順番にひとつの空に見えました。

月(月齢 15.0)+火星+土星 2018.08.26 19:30 静岡市葵区平野部 南の空
・ 月(月齢 15.0)+火星+土星 2018.08.26 19:30 静岡市葵区平野部 南の空

木星+金星 2018.08.26 19:27 静岡市葵区平野部 西の空
・ 木星+金星 2018.08.26 19:27 静岡市葵区平野部 西の空

月齢 15.0の月 2018.08.26 21:20 静岡市葵区平野部 南東の空
・ 月齢 15.0の月 2018.08.26 21:20 静岡市葵区平野部 南東の空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.19

猛暑が嘘のような涼しい静岡です

ここ数日の静岡は、これまでの猛暑が嘘のような涼しくなりました。最高気温は29.3℃、真夏日にはなりませんでした。

夜空には、上弦をひとつ過ぎた月やまだまだ明るい火星が綺麗です。

月齢8.1の月 2018.08.19 20:43 静岡市葵区平野部 南南西の空
・ 月齢8.1の月 2018.08.19 20:43 静岡市葵区平野部 南南西の空

火星 2018.08.19 21:14 静岡市葵区平野部 東南東の空
・ 火星 2018.08.19 21:14 静岡市葵区平野部 東南東の空

秋の虫の声も聞こえ始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.31

火星大接近 2018

7月28日未明の皆既月食は、台風の影響で天候が悪く観られなかったけれど、7月のもうひとつのイベント、火星最接近は晴れて観ることができます。

今日の火星までの距離は5759km、南南東の空に赤く明るく輝いています。-2.8級の明るさです。

もっとも、火星は徐々に近づき離れるので、このところすっと明るい状態が続いています。

火星(右)と月(月齢 18.5) 2018.07.31 22:02 静岡市葵区平野部 南東の空
・ 火星(右上)と月(月齢 18.5) 2018.07.31 22:02 静岡市葵区平野部 南東の空


火星大接近2018/国立天文台

関連エントリー:明日未明の皆既月食は望めそうにありません 2018.07.27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.27

明日未明の皆既月食は望めそうにありません

明日の未明は皆既月食ですが、静岡の空は雲に覆われていて満月がかすかに望める程度です。

満月(月齢 14.4) 2018.07.27 21:41 静岡市葵区平野部 東の空
・ 満月(月齢 14.4) 2018.07.27 21:41 静岡市葵区平野部 東の空

台風第12号は予想進路が少し南側に変わり静岡への上陸の可能性は低くなりましたが、日付が変わる頃から雨が降るようです。

台風第12号 (ジョンダリ)の2018年7月27日21時現在の進路予想/気象庁
・ 台風第12号 (ジョンダリ)の2018年7月27日21時現在の進路予想/気象庁

たぶんこの様子では皆既月食は望めそうにありません。

2018/7/28の静岡の皆既月食

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.30

2018年7月28日朝は皆既月食、ただ静岡では皆既の状態で月の入りになります

7月28日(土)の朝、皆既月食があります。

今年は1月31日にも皆既月食があり、その時、静岡では後半は雲に隠れてしまいましたが、皆既状態の赤い月を見ることができました。

関連エントリー:皆既月食 2018.01.31 静岡 2018.02.09

今回も皆既月食ですが、皆既の状態で月の入りになります。
静岡では、部分食の始めが3時24分、皆既食の始めが4時30分、月の入りが4時56分です。

2018/7/28の静岡の皆既月食


2018.07.28の皆既月食(静岡) ※ Star Walk 2によるシミレーション

西の空に沈む赤い満月が見られるかもしれません。晴れるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.24

「はやぶさ2」がリュウグウまであと26km

2014年12月3日に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」が、いよいよ目的地の小惑星 リュウグウ(162173)に到達します。

宇宙航空研究機構(JAXA)のはやぶさ2の特設サイトによると、16:40現在、リュウグウまでの距離は26kmです。
速度は0.02m/sと低速になっています。

 はやぶさ2プロジェクト/JAXA から画像引用 2018.06.24 16:40
はやぶさ2プロジェクト/JAXA から画像引用 2018.06.24 16:40

はやぶさ2が持ち帰るサンプルによる惑星や地球の海の水の起源、生命の原材料などの解明が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.22

2018.07.31 火星の最接近時のシミュレーション

7月31日に大接近する火星の地球との位置関係を'Solar Walk 2'でシミュレーションしてみました。


'Solar Walk 2'による2018年7月31日 火星大接近時の地球と火星の位置関係

また、国立天文台のサイトには2018年の火星と地球の位置関係のわかりやすい図が掲載されていました。

180622_3

・ 2018年 地球-火星の位置関係と火星の視直径/国立天文台 天文情報センター

参考:火星が地球に最接近(2018年7月)/国立天文台

※ 画像をクリックすると別窓に拡大表示されます。

今年の1月1日と8月1日では、地球から見た火星の直径が5倍になっています。もっとも1月は昼間に火星が上空にあるので見られらなかったかもしれません。

関連エントリー:梅雨の合間の空に火星が明るく輝いています。7月31日は火星の大接近 2018.06.14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧