カテゴリー「天文」の444件の記事

2019.08.11

今夜は久し振りに晴れて、月、木星、土星が見えます

 静岡は今日も暑い一日でした。

梅雨明け以降も雲が多くて夜空の星が見える日が多くありませんでした。
でも、今夜は雲があるもののよく見えます。

南の空に満月に向かう月、左横に土星、右横に木星、木星の下にはさそり座のアンタレスが輝いています。

190811
・ 月 月齢10.3、土星、木星、アンタレス 2019.08.11 19:58 静岡市葵区平野部 南の空

| | コメント (0)

2019.07.21

50年前の今日、人類は初めて月に降り立った

1969年7月21日5時18分(日本時間)にアポロ11号の月着陸船「イーグル」が月の静かの海に着陸し、11時56分にニール・アームストロング船長が月面に第一歩を記しました。

月面着陸は学校へ行く前だったのでテレビ中継を見たような記憶がありますが定かではありません。

下の図は、月面に降り立った1969年7月21日11時56分の静岡から見た月をステラナビ-ゲータでシミレートしたものです。その時間の月は東南東、上弦ひとつ前でした。

19072101
・ 1969年7月21日11時56分の静岡から見た月齢6.5の月/ステラナビゲータ10

小学4年生の僕は気がつきませんでしたが、白い月の静かの海が見えたかもしれないんですね。

| | コメント (0)

2019.07.16

明日の朝は部分月食ですが、静岡では月食の始まりには月が沈んでいて見られません

 明日(2019.06.17)の朝は、部分月食です。

ただ、観察できるのは西日本の一部で、静岡では見られません。
静岡での部分食の開始は5時1分ですが、月の入りが4時43分、日の出が4時44分なので、開始時点には月は西の空に沈んでしまっています。

190716

| | コメント (0)

2019.06.22

ひまわり8号から見た千島・ライコケ島の噴火

2019年6月22日3時頃に千島列島・ライコケ島が噴火したそうです。NHKが報じていました。噴煙が上空約13,000mに達する比較的規模の大きな噴火のようです。

ひまわりリアルタイムWEBでも風で東に流される噴煙が見られます。

ライコケ島の噴煙の様子 2019.06.22 15:30 ※ ひまわりライブWEBから画像引用
・ ライコケ島の噴煙の様子 2019.06.22 15:30 ※ ひまわりライブWEBから画像引用

下はライブWEBの22日の様子の動画です。
時間の経過とともに東に噴煙が広がっていく様子がわかります。


ひまわり8号からみた千島列島・ライコケ島の噴火 ※ ひまわりライブWEBから作成

引用文千島列島で噴火 噴煙高さ1万m以上に 旅客機はルート変更も
気象庁によりますと、千島列島の火山で22日午前噴火が発生し、噴煙が1万メートル以上の高さに達しています。気象庁は、航空路火山灰情報を出して周辺を飛行する航空機に注意を呼びかけています。
気象庁によりますと、北海道の択捉島から北東におよそ450キロ離れた千島列島にあるライコケ島で、22日午前3時ごろ比較的規模の大きな噴火が発生しました。
この噴火による噴煙は上空およそ1万3000メートルの高さにまで達しているということです。気象衛星ひまわりの画像でも、午前3時ごろから噴煙が上がり、風に流されて島の東側の広範囲に広がっていく様子が捉えられています。
気象庁によりますと、火山灰は23日にかけて千島列島の東からアリューシャン近海にかけての上空に広がると予想されているということです。
火山灰の中を航空機が飛ぶと、ジェットエンジンが吸い込んで停止したり、操縦室の窓が傷ついたりするおそれがあるため、気象庁は「航空路火山灰情報」を出して付近を飛行する航空機に注意を呼びかけています。
ライコケ島は千島列島にある標高551メートルの火山島です。千島列島では2009年にも別の島で噴火がおき、このときは噴煙が上空1万6000メートルまで上がり、航空機が航路を変更するなどの影響が出ました。
2019/06/22/NHK

| | コメント (0)

2019.06.17

6月の満月 strawberry moon

野生のイチゴの収穫期6月の満月。今夜はストロベリームーンです。

ただ、静岡は残念ながら曇りがちの満月。昼間は晴天だったのにね。

満月(月齢 14.2)2019.06.17 22:39 静岡市葵区平野部 南の空
・ 満月(月齢 14.2)2019.06.17 22:39 静岡市葵区平野部 南の空

| | コメント (0)

2019.06.16

梅雨の晴れ間の夜空 十四夜の月、木星、アンタレス

今日の静岡は梅雨の晴れ間の晴天でした。

夜空には満月ひとつ前の月と木星、アンタレスが輝いています。

月齢 13.1の月、木星、アンタレス 2019.06.16 21:03 静岡市葵区平野部 南東の空
・ 月齢 13.1の月、木星、アンタレス 2019.06.16 21:03 静岡市葵区平野部 南東の空

| | コメント (0)

2019.05.25

今日は暑い一日でした。夜空には木星と夏の恒星 アンタレス

今日の静岡は暑い一日でした。それでも最高気温は27.8℃で、真夏日ではありません。

南の夜空には、木星がとても明るく、その横には夏を代表するさそり座の一等星 アンタレスが赤く輝いています。

190525
・ 木星とアンタレス 2019.05.25 23:20 静岡市葵区平野部 南の空

| | コメント (0)

2019.03.11

東の空にアルクトゥールス、スピカ、デネボラ。春の大三角

今夜は、東の空にうしかい座のアルクトゥールス、おとめ座のスピカ、しし座のデネボラ。春の大三角が大きく見えます。

アルクトゥールス、スピカ、デネボラ 2019.03.11 22:11 静岡市葵区平野部 東の空
・ アルクトゥールス、スピカ、デネボラ 2019.03.11 22:11 静岡市葵区平野部 東の空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.02

2020年暦要項が発表になりました。2020年は東京オリンピック開催で国民の祝日が移動

毎年、国立天文台が2月1日に発表する翌年の暦(れき)要項が、昨日発表になりました。

暦要項には、国立天文台で推算した翌年の国民の祝日や日曜表、二十四節気及び雑節、朔弦望、東京の日出入、日食・月食などの暦が掲載されています。

2020年は東京オリンピックの開催年で、その開催にあわせ'20年に限り、スポーツの日(体育の日)、海の日、山の日が移動しています。

2020年の国民の祝日

2020年東京オリンピック開催を考慮した祝日移動

2020年から体育の日がスポーツの日に名称が変更になるとともに、今年5月1日の天皇即位にともない天皇誕生日が2月23日になります。

2020年は日食が6月21日と12月14~15日の2回あります。6月21日は金環日食ですが日本では部分日食なります。また12月14~15日かけての日食は、日本では真夜中になるため観られません。

参照:平成32(2020)年暦要項の発表 2019.02.01/国立天文台

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.01

今日から2月。日の出前の空には有明の月、金星、木星

2月1日の日の出前の南東の空に、有明の月とその隣に金星、少し離れて木星が綺麗に輝いていました。

 月 月齢 25.8と金星、木星 2019.02.01 6:03 静岡市葵区平野部 南東の空
・ 月 月齢 25.8と金星、木星 2019.02.01 6:03 静岡市葵区平野部 南東の空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧