カテゴリー「健康」の85件の記事

2017.08.22

生まれて初めて胃の中を見たよ

今日は年に一度の人間ドック。50を過ぎると無罪放免ということはなく、何かを指摘され、場合によっては再検査ということになるので、憂鬱な検査です。

今回のドックで初めて、上部内視鏡検査(いわゆる胃カメラ)を受けました。

実は上部内視鏡検査は、昨年の人間ドックのX線検査(バリウム)で、「胃角部辺縁不整(壁硬化像も含む)胃潰瘍瘢痕」のため精密検査になったとき、鼻から入れる上部内視鏡検査を受けたことがあります。
残念だったのはメガネを外していたのでモニターがほとんど見えず、リアルタイムで胃の中が見られませんでした。

関連エントリー:胃内視鏡検査を始めて受けました 1

ただ、思っているほど痛さや気持ち悪さがなかったため、人間ドックでオプション料金がかかるものの最初から内視鏡検査にしようと思っていました。

今回は、最初に医師からモニターを見ていてもいいし、食道を内視鏡が通過すれば話ができるので質問してもいいと言われたので、メガネをかけてモニターを見ていました。

鼻の穴から口、食道と内視鏡が入っていきますが面白いです。

気道と食道の分岐点もハッキリわかりました。この部分が網膜と並ぶヒトの構造上の失敗の箇所なんだ。

それから少しいくと、表面の色が違っている場所があります。これが食道と胃の境目なんだそうです。

胃の中に入ると、所々に黄色い液体があり胃液とのことで、内視鏡で吸い出していました。
胃の部位によって随分、表面の状態が違うんですね。ヒダ状だったりわりと平坦であったり。

さらに進むと十二指腸の入り口になります。トンネルのような十二指腸の最初の部分を見て、再び胃に戻りました。

胃の中には、白い小さな膨らみが複数あり、これは心配のない良性のポリープとのことです。これが疑わしい場合は切り取って生検に回されるのだろうなあ。

最後に食道をチェック、この時は赤みを帯びた画面が青黒く変わりました。食道がんのチェックだそうです。

こうして、生まれて初めて自分の食道、胃、十二指腸を見ました。麻酔が効いているのかあまり内視鏡の存在感がなく、映像は自分の胃という実感がなかったけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.04

2016年の平均寿命は、前年から男は0.23歳伸びて80.98歳、女は0.15歳伸びて87.14歳

7月27日に厚生労働省が公表した「平成28年簡易生命表」によると、2016年の0歳の平均余命(寿命)は、前年から男は0.23歳伸びて80.98歳、女は0.15歳伸びて87.14歳で、1947年以来最高になりました。

0歳の平均余命の年次推移 1947-2016 2016年簡易生命表/厚生労働省

また、60歳の平均余命から計算した平均寿命は、男が83.67歳、女が88.91歳です。まだまだ、人生は続きますね ^^;

年齢別平均寿命<br />
2016年簡易生命表/厚生労働省

それと、寿命中位数(寿命の中央値)と平均寿命の差が少しずつだけど縮まっていることです。寿命中位数のほうが平均寿命よりも3歳程度大きいけれど、平均寿命が伸びている中で差が縮まっているのは、若年層の死亡の割合が減っているということかな。

寿命中位数と平均寿命の差 2016年簡易生命表/厚生労働省

参考:平成28年簡易生命表の概況 2017.07.27 厚生労働省

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.15

中国で鳥インフルエンザ A/H7N9の鳥から人への感染が拡大しているそうです

中国本土で鳥インフルエンザ A/H7N9亜型ウイルスの鳥から人への感染が拡大していると、産経新聞が報じていました。
記事によると、12月から1月に298人で感染が確認され、うち99人が死亡しているとのこと。抗ウイルス薬が処方されたのか、どのような治療がされたのかわかりませんが、33%と高い致死率です。

WHOの1月17日のアナウンスによると、感染のほとんどは鳥との濃密な接触によるもので人から人への感染の確立には至ってはいないとのことですが、一部で医療従事者間の感染があるようです。

中国では2014年、'15年も100人程度の人がH7N9よって死亡しているので、恒常的に鳥から人への感染が起きると新型インフルエンザへの変異が心配です。

これまではH5N1ウイルスが注目されていたけれど、ここ数年はN7N9ウイルスの変異も懸念されますね。

引用文中国、鳥インフルで79人死亡1月 南部中心に感染急拡大
中国国家衛生計画出産委員会は14日、1月に中国本土で鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の感染者が計192人確認され、79人が死亡したと明らかにした。
昨年12月と比べて感染者が倍近く、死者も4倍近く増えており、中国南部を中心に感染が急拡大している。上海の日本総領事館は、生きた鳥を扱う市場に近づかないようにするなど在留邦人に注意を呼び掛けている。
同委員会によると、中国本土で昨年12月に確認された感染者は計106人で、死者は20人だった。中国では毎年冬にH7N9型の感染が広がり、2014年には約140人、15年にも約90人が死亡している。
世界保健機関(WHO)は1月、限定的な人から人への感染が起きている可能性も否定できないとして警戒を呼び掛けていた。
2017/02/14/産経新聞

引用文WHO risk assessment
Increases in the number of human cases of avian influenza A(H7N9) infection have been observed in previous years during this period of time (December-January). Nevertheless close monitoring of the epidemiological situation and further characterization of the most recent viruses are critical to assess associated risk and to make timely adjustments to risk management measures.
Most human cases are exposed to avian influenza A(H7N9) virus through contact with infected poultry or contaminated environments, including live poultry markets. Since the virus continues to be detected in animals and environments, further human cases can be expected. Although small clusters of human cases with avian influenza A(H7N9) virus have been reported including those involving healthcare workers, current epidemiological and virological evidence suggests that this virus has not acquired the ability of sustained transmission among humans. Based on available information we have, further community level spread is considered unlikely.
Human infections with the avian influenza A(H7N9) virus are unusual and because there is the potential for significant public health impact, it needs to be monitored closely.
2017/01/17/WHO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.10

肩腱板断絶の治療でヒアルロン酸の注射を打った

1月の上旬に、左腕を肩から上に上げると肩が痛く上がらないなめ近所の整形外科を受診し、部分的な肩腱板断絶の診断をされたことを書きました。

関連エントリー:肩腱板断裂! 左腕が肩から上に上がりづらい ^^; 2017.01.06

原因は老化 ^^;で、基本的には温め動く範囲で動かす、そして時間の経過とともによくなるということでした。

ただ、最近になって肩や腕を動かさなくても時々痛くなることがあり、再度受診をしてきました。

結論は時間が解決するとのことで、痛みがなくなって肩が動くまでしばらく時間ががかりそうです。

対症療法だけど痛み緩和したり肩の癒着を防ぐステロイド剤とヒアルロン酸の注射をしてきました。
この注射を僕の周りにもしたことがある人が何人かいて「痛い」と聞いていました。で、少々覚悟をしていたのだけれど、痛いには痛いけれど想像ほど痛くなかったといったところです。

肩の構造について整形外科でもらった科研製薬のパンフレットが、肩腱板断絶の解説が川崎市立病院のサイトで、わかりやすく説明しているので、参考までパンフレットの画像とサイトのリンクを掲載しました。

科研製薬株式会社のヒアルソン酸の説明資料から画像引用
・ 科研製薬株式会社のヒアルソン酸の説明資料から画像引用

参考:腱板断裂について/川崎市立病院

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.08

Aソ連型インフルエンザウイルスはどうなったんだろう

今シーズンはインフルエンザが流行していて、僕も感染したし周りでも感染する人が増えてきました。

国立感染症研究所の「週別インフルエンザウイルス分離・検出報告数」によると、今シーズンのインフルエンザはこれまで、A/H3N2亜型(A香港型)が91%と主流になっています。

各シーズンのインフルエンザウイルスの分離割合

インフルエンザウイルスは、2008/09シーズンに出現し2009/2010シーズンに大流行したA/H1N1 pam2009から流行の様子が変わりました。

それまでは、A/H1N1(Aソ連型)とA/H3N2、B型ウイルスだったものが、A/H1N1 pam2009が出現するとA/H1N1が検出されなくなっています。

Aソ連型はどこに行ってしまったのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.26

静岡県のインフルエンザの流行が「警報レベル」なったそうです

静岡県内の定点医療機関の1医療機関あたりの1週間(1/16~1/22 2017年第3週)のインフルエンザの患者数が、33.20人となり警戒レベルの30人を越えたそうです。

全国的にも今シーズンは昨シーズンに比べ早い流行のようで、これからもう少し増加しそうですね。

インフルエンザの週別定点当たり報告数(全国)の推移 厚生労働省/国立感染症研究所 2009年第28週(07.06)-2010年第27週(07.11) 2014年第28週(07.07)-2017年第1週(1.8)

関連エントリー:久し振りにA型インフルエンザに感染した 2017.01.20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.24

今シーズンのインフルエンザはA香港型が主流

国立感染症研究所のデータによると、2016/'17シーズンのインフルエンザは、今のところA/H3N2亜型(A香港型)が90%と主流になっています。

僕が先日感染したインフルエンザもA/H3N2亜型だったのかな?

インフルエンザ亜型別分離割合 2016年第36週~2017年第3週 国立感染症研究所

関連エントリー:久し振りにA型インフルエンザに感染した 2017.01.20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.20

久し振りにA型インフルエンザに感染した

先週の土曜日の夜に寒気がして、日曜日の朝、目が覚めたら38.5℃の熱があり全身が痛い状態でした。
これはインフルエンザだと思って、休日診療の病院を受診しました。

診察の結果、診断キットのAのところにクッキリと赤いラインがマークされ、文句なしのA型インフルエンザでした。
処方された抗インフルエンザウイルス薬 イナビル 2個を薬局で吸引しました。

このイナビルは、タミフルやリレンザと同じ、ウイルスが細胞内で増殖し脱出するのを阻害するノイラミニダーゼ阻害薬だけど、1回の処置でいいんですね。飲み忘れがないので、耐性ウイルスができにくいのかもしれません。ただ、1回だけなので心もとない感がありますが ^^;

抗インフルエンザウイルス薬 イナビル

薬が効いたのか次の日には37℃まで下がり、だいぶ楽になりました。

でも、それからが長かった。微熱が続いて1週間仕事を休んでしまった。

これだけリカバーに時間がかかっているのは、 H1N1なのかH3N2かはわかりませんがウイルスの質が悪いのか、単に歳のせいなのか?
今シーズンは、ほぼ毎年受けているワクチンの接種もしていないしね。

思えば、インフルエンザに罹ったのは2006年1月以来、11年振りです。

関連エントリー:インフルエンザに感染したかも 2006.01.27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.17

インフルエンザ 熱は37℃台まで下がりましたが....

14日の土曜日に発症したA型インフルエンザ、37℃台まで熱は下がりましたが、上がったり下がったりで微熱が続きます。
ウイルスのたちが悪いのか、免疫力が落ちているのか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.16

A型インフルエンザに感染した ^^;

土曜日の夜に寒気がして、昨日のの朝、目が覚めたら38.5℃の熱と全身が痛み。
それで休日診療の病院を受診し、診断は果たしてA型インフルエンザでした。

処方されたイナビルの効果か、今日は37℃台まで熱は下がったものの元気はありません ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧