カテゴリー「健康」の148件の記事

2020.07.01

厚生労働省の「接触確認アプリ(COCOA)」をインストールしてみたけれど

厚生労働省からリリースされた「接触確認アプリ(COVID-19 Contact-Confirming Application)をiPhoneにインストールしました。

COCOAは起動すると接触符号を生成して、Bluetooth通信で他のCOCOAユーザーと1m以内、15分以上接触すると相手の接触符号が記録されます。

そして、新型コロナウイルスに陽性だった場合、陽性情報を本人が登録すると、14日以内に接触あったユーザーに通知されるようです。

このアプリ、インストールした当初は、「〇日間使用中」の表示が起動するたびにリセットされていましたが、バージョンアップにより不具合は解消されました。(下の画像の赤丸の部分)

20070101

20070102

相当、多くの人が使わないと陽性者接触の通知はこないのでしょう。厚生労働省が発表するPCR検査陽性者は7月1日現在 18,394人で、6月1日現在の日本の人口1億2593万人を分母にすれば、陽性率は0.015%です。

それと、このアプリはバッテリーをどの程度消耗するのだろう?

| | コメント (0)

2020.06.30

県外へ行ってきたので朝晩の体温チェックをしてみる

金曜日の日に東海道新幹線-東京上野ラインを使い仕事でさいたま市に行ってきました。

都道府県をまたぐ移動がオープンになりましたが、職場では必須ではないけれど健康のチェックをしておくようにとのことです。

それで、翌日の朝から朝夜の体温を測っています。

200630

改めて体温を測ってみると平熱が低いね ^^;

| | コメント (0)

2020.06.19

血液O型は新型コロナウイルスに強い?

血液型によって、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染率や重症化に違いがあると欧州や米国での結果をMSNや日本経済新聞が報じていました。

NSNが報じるオスロ大学病院などの4,000人を超える感染者の研究結果では、A型は他の血液型に比べ重症化するリスクが45%高く、O型は35%低い可能性があるとのこと。

一方、日本経済新聞が報じる米国の23アンドミーの75万人の参加者の調査結果では、O型の感染率が他の血液型に比べ9~18%低いとのことです。

いずれも、相当数の件数を調査しているので、血液型による新型コロナウイルスの感受性の違いはあるのかもしれません。

以前、紹介した藤田紘一郎さんの「血液型の科学」では、免疫から見た血液型と細菌に対する感受性の違いが書かれていました。

それは、A型とB型の血液型物質は細菌の時代から存在していて、人間は細菌の多くと共生関係にあり、その中でA型やB型の血液型物質が人間取り込まれたのではという話です。
もともと人間はO型で、A型やB型の細菌の攻撃を受けると抗原抗体反応による防御をしていたのだけど、A型やB型を取り込んだ時点で、自分自身に抗原・抗体反応を起さないようにA型は抗A抗体、B型は抗B抗体を持つようになったのではないか。そして、血液型別に感染症などに対する免疫力の違いが出たのではないかという考え方です。

果たして、この考えが一般的なのか、さらにはウイルスまで適用されるのかはわかりませんが、新型コロナウイルスの感受性が血液型による違いがあるとすれば、それはそれで興味深い話です。

引用文新型コロナ感染、血液A型は重症化リスク高い可能性=研究
[18日 ロイター] - 新型コロナウイルスへの感染や症状の重度が患者の血液型や遺伝因子に関係する可能性が、18日公表された研究結果で示された。A型では新型コロナ感染リスクだけでなく、症状が重症化するリスクも高いという。
研究は欧州の研究者グループが欧州の新型コロナ流行のピーク時に4000人超の遺伝子を分析し、感染者や重症化した患者の関連性を探った。A型の患者では重症化するリスクが他の血液型に比べ45%高いことが分かった。一方、O型の患者は35%低い可能性があるという。
研究を率いたノルウェーオスロ大学病院のトム・カールセン氏は、一段の研究が必要としつつも、「なぜ一部の人が重症化するかを巡る特定の手掛かりとなる」と語った。
2020.06.19/MSNニュース

引用文新型コロナの感染率、血液O型「9~18%低い」 米調査
米遺伝子検査大手の23アンドミーは9日、新型コロナウイルスへの感染と血液型の関係について調査結果を発表した。75万人の参加者のデータを血液型別に比べたところ、O型で感染率が他の血液型と比べ9~18%低かった。他の血液型では感染率に統計的な差は見られなかった。今後、より多くのデータを集めて調査を進めるとしている。
調査参加者のうち、新型コロナ感染検査で陽性が確認された人の割合はB型とAB型が1.5%、A型が1.4%、O型が1.3%で、O型の感染率は他の血液型に比べ9~18%低かった。
医療関係者など感染リスクが高いグループについて感染率を調べると、O型の感染率は他の血液型より13~26%低く、O型の感染しにくさがより際立つ結果となった。
いずれの血液型とも、Rhプラス・マイナスでは感染率に差が見られなかった。また、年齢や性別、基礎疾患の有無などの調整後も、O型の感染率が低い傾向にかわりなかった。
新型コロナウイルスは感染者の症状に大きな幅があり、なぜ一部の人が重症化したり死亡したりするのかについて、遺伝子や血液型との関連性を探る研究が各国で進められている。中国の調査ではA型が比較的高リスク、O型が低リスクという結果が出ていた。
23アンドミーは5月、新型コロナ感染や入院歴を持つ1万人を対象に、遺伝型と症状の種類や重症化の関係を探る研究を始めた。
2020.06.10/日本経済新聞

関連エントリー:血液型の科学/藤田紘一郎 2010.03.02

-----
Amazon.co.jp アソシエイト

| | コメント (0)

2020.06.16

新型コロナウイルスの抗体保有は1%にも満たない

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の抗体検査の結果が、厚生労働省とソフトバンクグループからアナウンスされています。

厚生労働省の結果は、東京都、大阪府、宮城県で6月1日〜7日にかけて一般市民を無作為抽出で2,000〜3,000人調べ、2検査試薬の両方とも陽性になったものを陽性としています。

陽性率は、東京都0.19%、大阪府0.17%、宮城県0.03%と極めて低いものとなっています。

20061601
抗体保有調査の結果について 2020.06.16/厚生労働省から引用
※ 画像をクリックすると別ウインドウで拡大表示します。

一方、ソフトバンクグループの結果は、ソフトバンクグループ従業員や取引先、医療従事者など44,066人検査したもので、ソフトバンク関連が0.23%、医療関係者等が1.79%、全体で0.43%とこちらも極めて低い陽性率です。

20061602 >
新型コロナウイルスの抗体検査結果速報値や出口戦略「ソフトバンクモデル」等について専門家と対談 2020.06.10/ソフトバンクニュースから引用
※ 画像をクリックすると別ウインドウで拡大表示します。

この陽性率の低さは、おそらく外出自粛や休業要請が功を奏し、感染が抑えられた結果だと思います。

ただ、一方では集団免疫がほとんどできていないということで、ワクチンや治療薬が普及するまでは感染機会を減らす行動が必要ですね。

| | コメント (0)

2020.06.14

今までマスクを裏返しにつけていました ^^;

先日、NHKの「ためしてガッテン!」を見ていて、僕はサージカルマスクを表裏逆につけていたことに気が付きました ^^;

なんとなく、ひも(イヤーバンド)の付け根が裏側(顔側)になるようにつけていましたが、「ためしてガッテン!」 によれば、ひもをマスクの表側につけるか裏側(顔側)かはメーカーによってまちまちとのことです。

僕の使っているサラヤのサージカルマスクの説明を見ると、このマスクのひもの付け根は表側になっていて、僕は表裏逆にマスクをしていました ^^;

20061401
・ サラヤ サージカルマスクの箱にある説明

サージカルマスクの上下は、上になる部分に鼻の凹凸にフィットするようにノーズピースと呼ばれる薄く細長い金属のようなものが入っているのでわかります。

マスクの表側は、プリーツと呼ばれる蛇腹の開口部が下になります。上になるのは裏側(顔側)です。

20061403

ちなみに写真のマスクはひもの付け根(赤丸の部分)が表側にあります。

20061402

マスクは3層向上になっていて、表側は飛沫防止のため水をはじく不織布、真ん中が細菌の侵入を防ぐフィルター(ウイルス単体は通過する?)、裏側(顔側)は肌触りのよい不織布です。

マスクに表裏の表示があると有難いのですが...

| | コメント (0)

2020.06.13

ようやくアベノマスクが届きました

今日、静岡市葵区の僕の家にも国配布布製マスク(アベノマスク)が届きました。

6月8日厚生労働省のアナウンスでは、静岡県の配布完了予定が6月15日となっていたから、予定の期限内に何とか配布されました。

20061302 20061301

今のところサージカルマスクが足りているので、布製マスクは2次3次の感染拡大の時に取っておこうか。

それにしても布製マスクは、小学校の頃の給食の時間を思いだします。

関連エントリー:アベノマスク、県社協に寄付しようと思うけれど、まだ届いていません ^^; 2020.06.09

| | コメント (0)

2020.06.09

アベノマスク、県社協に寄付しようと思うけれど、まだ届いていません ^^;

(福)静岡県社会福祉協議会では、期間を延長してマスクや消毒液などの寄付を募集しています。

国配布布製マスク(アベノマスク)は使うあてもないので寄付をしようかと思っていますが、まだ届いていません。寄付の期限の6月12日までには間にあいそうもありません。

厚生労働省のサイトによると布製マスクの配布状況は、6月8日現在、全国で約77%、静岡県は40~50%で6月15日までに概ね配布完了だそうです。

引用文マスク、消毒液等の御寄付の募集期間を6月12日(金)まで延長します
新型コロナウイルス対策において、マスク、消毒液等が不足している社会福祉施設・事業所を支援するため、県社協では、マスク、消毒液などのご寄付募集を4月30日から開始しました。
募集期間について、6月12日(金)まで延長しますので、引き続き、皆様のご協力をお願いいたします。
【寄付をお願いするもの】
・未開封、未使用の使い捨てマスク(子ども用を含む)
・手作りの布マスク(飛沫を(飛沫を防止する効果が認められるもの。国配布マスクを含む)
・アルコール消毒液
・使い捨て手袋、使い捨てエプロン
【送付先】
下記の住所あてに「郵送」でお送りください(送料は御負担をお願いします)
〒420-8670
静岡市葵区駿府町1-70
(福)静岡県社会福祉協議会 ボランティアセンター
募集期間:令和2年5月29日(金)まで
※その他、詳細は別紙チラシを御参照ください。マスク消毒液等募集チラシ(期間延長)
2020.05.26/(福)静岡県社会福祉協議会

| | コメント (0)

2020.06.08

新型コロナウイルス感染症の第2波はどんな形でくるのだろう?

新型コロナウイルス感染症の陽性者数の推移をみると、国内、県内とも第1波は過ぎたように見えます。

第2波はどのような形でくるのだろう?

20060801

20060802

| | コメント (0)

2020.05.18

新型コロナウイルスの陽性者数が減ってきました

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の陽性者数がだいぶ減少してきました。

5月14日に緊急事態宣言の指定区域から除外された静岡県では、5月2日以降は新規陽性者はいません。

今後、第2波(武漢タイプと欧州タイプを分けると第3波)はいつ頃来るのだろう。

20051801

20051802

| | コメント (0)

2020.05.10

静岡県では新型コロナウイルスの陽性が5月2日から確認されていません

静岡県の新型コロナウイルスの陽性者が10日までで73人です。

最後に要請が確認されたのが5月1日で、2日から10日まで新たな要請は確認されていません。

少しづつ行動制限を緩めているので、今後、新たな陽性がどの程度確認されるのでしょうか。

200510

| | コメント (0)

より以前の記事一覧