カテゴリー「気象」の249件の記事

2017.08.21

日本が付けた台風の名前は星座からとっているんだけど、マイナーな星座が多いですね

現在発生している台風第13号は、日本が命名した「ハト」といいます。

気象庁のサイトから画像引用 赤のアンダーラインは筆者加筆
・ 気象庁のサイトから画像引用 赤のアンダーラインは筆者加筆

「ハト」は台風の名前としては可愛らしいなあと思って、気象庁のサイトで調べてみました。

参照:台風の番号の付け方と命名の方法/気象庁

北西太平洋や南シナ海で発生する台風には、2000年から日本を含めた14ヶ国等が加盟した台風委員会で各々が提案した名前が付けられています。

加盟国は、10個ずつ名前を提案し、全部で140の名前になります。
この名前を2000年の台風第1号から順番にひとつずつ付けていき、一巡するとまたもとに戻ります。

1番目の名前はベトナムが付けた「ダムレイ」、140番目はベトナムが付けた「サオラー」です。
日本は、5,19,33,47,61,75,89,103,117,131番目の名前を命名しており、「ハト」は131番目の名前です。
気象庁によると、年間の台風の発生数の平均は25.6個なので概ね5年で一巡するそうです。

台風の名前と意味

日本の付けた名前は、「ハト」のほかに「テンビン」「ヤギ」「ウサギ」「カジキ」「カンムリ」「クジラ」「コグマ」「コンパス」「トカゲ」で、星座に由来するそうです。

それにしてもマイナーな星座が多いですね。名の知れた星座は、黄道十二星座のてんびん座とやぎ座、ポラリス(北極星)を含むこぐま座くらいです。また、それぞれの星座の一番明るい恒星が2~3級と1等星はあません。それに、かじき座やコンパス座は南天の星座で日本からは見えません。

う~む。何故、この星座にしたのかは謎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.16

静岡ははっきりしない天気が続いています

夕方、雲間に富士山が少しだけ顔を見せました。このところ静岡でははっきりしない天気が続いています。

富士山 2017.08.16 富士市本市場
・ 富士山 2017.08.16 富士市本市場

下のグラフは、7月から昨日までの日別の日照時間の平年格差です。
今年の梅雨明けは7月19日ですが、梅雨時期は平年より日照時間が多く、梅雨明け後は少ない傾向にあります。

静岡の日照時間の日別平年格差(2017.7.01-8.15) 気象庁

こんな調子だと夏を当て込んだ商売や農作物の生育などに影響があるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.07

立秋、富士山、台風第5号... 部分月食

今日は立秋、朝は久し振りに富士山が見えました。

富士市本市場 2017.08.07 7:45
・ 富士市本市場 2017.08.07 7:45

ただ、台風第5号が静岡に近づいています。

18時頃にはマナーモードに設定してあるiPhoneにアラム音が鳴りました。
これは、葵区の土砂災害警戒区域などに対する避難準備の緊急速報でした。

2017.08.07 18時頃配信された緊急速報
・ 2017.08.07 18時頃配信された緊急速報

今のところ、時々強くなるもののそれほど雨は降っていません。

そして、明日の未明に部分月食が起こります。食の最大が静岡では3:20で、この頃に静岡に台風が最接近しそうだから、とても部分月食は見られそうにありません。

静岡市葵区 2017.08.07 22:04
・ 静岡市葵区 2017.08.07 22:04

関連エントリー:2017年8月8日は部分月食 2017.08.01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.24

国道139号線の富士宮市街は大雨で冠水するんですね ^^;

土曜日の夜に朝霧高原から静岡に帰る途中、富士宮は結構強い雨が降っていました。

特に富士宮市街地の国道139号線は冠水していました。
下の動画は、西富士道路 小泉付近の様子です。


西富士道路 小泉付近 冠水 170722

139号線は富士市から富士宮市市街を抜けて朝霧高原、本栖湖に向かう幹線です、大雨になると冠水して注意が必要なことに初めて気がつきました。

でも、新東名にのると路面は乾いていたので、局地的な雨だったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.20

2017年の梅雨は暑く降れば土砂降り

昨日、東海地方は暫定ですが平年より2日、昨年より9日早い梅雨明けをしました。
梅雨日数は43日で平年の44日とほぼ同じです。

東海地方の梅雨入りと梅雨明け(確定値) 気象庁

梅雨の期間の平均気温の平均は24.0℃で平年より1.0℃高くなっています。特に7月に入ってからは暑い日が続きました。

2017年 静岡の梅雨(6/7-7/19)の平均気温の平年格差 気象庁

梅雨も期間の降水量は平年対比111%と多く、まとまって降る雨でした。

2017年 静岡の梅雨(6/7-7/19)の降水量 気象庁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.19

梅雨明け、クマゼミの声

名古屋地方気象台から今日、東海地方は梅雨明けしたと見られると発表がありました。
平年より2日、昨年より9日早い梅雨明けだそうです。
いよいよ夏本番ですね。

そう言えば1週間ほど前からクマゼミの声がよく聞こえます。
最近、気温が高くなったためか、アブラゼミから南方系のクマゼミに主流が移ったように思います。

アブラゼミのジリジリした声からクマゼミの喧しい声に夏が変わりました。

下の動画は始業前の職場で富士山を撮りながらクマゼミの声を拾ったものです。湿度が高く富士山が霞んでいます。


クマゼミの鳴き声と富士山

・ 関連Blogはこちらへ。

引用文梅雨の時期に関するお知らせ
名古屋地方気象台
梅雨の時期に関する東海地方気象情報 第2号
平成29年7月19日11時00分 名古屋地方気象台発表
(見出し)
東海地方は梅雨明けしたと見られます。
(本文)
東海地方では太平洋高気圧に覆われておおむね晴れています。向こう一週間は、湿った空気や気圧の谷の影響で期間の終わりに雨の降る日がありますが、期間の中頃までは高気圧に覆われて晴れ間の広がる日が多い見込みです。
このため、東海地方は7月19日ごろに梅雨明けしたと見られます。
(参考事項)
平年の梅雨明け 7月21日ごろ
昨年の梅雨明け 7月28日ごろ
-----
(注意事項)
・梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。
・梅雨の時期に関する気象情報は、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに発表する情報です。後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、本情報で発表した期日が変更となる場合があります。
2017/07/19/名古屋地方気象台

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.06.21

在来線通勤定期区間で在来線が不通になった場合、平行する新幹線の特急料金は払い戻されるんですね

梅雨入り後の静岡は雨が降らず空梅雨状態でしたが、今日の日中はまとまった雨が降り、交通機関が相当乱れました。

僕は17時から静岡で打ち合わせがあったので、鉄道の遅れを考慮して富士の職場を少し早めに出ました。

富士駅に着くと、遅れどころか富士-静岡間は不通で再開の見込みはたっていないとのこと。ただ、新幹線は動き出したそうで、タクシーで新富士駅向かいました。

JR富士駅改札口 東海道本線 富士-静岡間 不通 ^^;
・ JR富士駅改札口 東海道本線 富士-静岡間 不通 ^^;

東海道新幹線の新富士-静岡間の運賃は在来線の静岡-富士間の通勤定期が使えるので、特急券だけ購入しました。
2時間遅れのこだま号がすぐに来て、それに乗って静岡に向かいました。

JR新富士駅 東海道新幹線 約2時間の遅れ ^^;
・ JR新富士駅 東海道新幹線 約2時間の遅れ ^^;

静岡駅の改札口で定期券と特急券を駅員に見せると、特急券にスタンプを押して返してくれました。
なんでも、1年以内なら特急料金を払い戻してくれるとのこと。

そうか。在来線が不通だったので通勤の代替え交通機関として新幹線を利用したということですね。知りませんでした (^ ^)

払い戻しスタンプが押された新幹線自由席特急券
・ 払い戻しスタンプが押された新幹線自由席特急券

雨は夜には上がり、今は夜空に星が輝いています。今日は夏至ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.15

このところ静岡はまとまった雨が降っていません

梅雨に入ったというのに、静岡はまとまった雨が降っていません。というよりも5月以降かな。
2017年の累積降水量の平年格差は、6月14日時点で-280mm。これまではひと月分以上の降水量が少ないことになります。

静岡の2017年の累積降水量 2017.01.01~06.14 気象庁

雨不足の影響で天竜川水系では取水制限が始まったとのことです

おかげで今朝も富士山が望めました。

富士山 2017.06.15 富士市本市場
・ 富士山 2017.06.15 富士市本市場

引用文天竜川水系の節水対策(第一報)
天竜川水系では、5月の少雨により、ダム貯水量が減少を続けていることから、天竜川水利調整協議会(会長 静岡県くらし・環境部長)は、6月14(水曜日)に幹事会を開催しました。
天竜川の流況と降雨予報等を検討した結果、天竜川水系の節水対策を次のとおり決定しました。
<決定事項>
6月15日(木曜日)午前9時から、次の節水率による第一段階の節水対策を開始し、同水系からの取水を制限する。
上水道5%、工業用水10%、農業用水10%、佐久間導水による豊川用水への補給50%
2017/05/14/くらし・環境部環境局水利用課

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.07

東海地方は今日梅雨入り 2017年

名古屋地方気象台から東海地方は6月7日ころ梅雨入りしたとみられると発表がありました。
平年より1日、昨年より3日遅い梅雨入りです。

今日の静岡は、梅雨入りらしく小雨模様の少し肌寒い一日でした。

今年はこれまで降水量が、かなり少なく推移しています。災害が起きるような大雨は困るけれど、少し雨が惜しいところです。

東海地方の梅雨入りと梅雨明け(確定値)  気象庁

静岡の2017年の累積降水量 2017.01.01~06.06 気象庁


引用文梅雨の時期に関するお知らせ
梅雨の時期に関する東海地方気象情報 第1号
平成29年6月7日11時00分 名古屋地方気象台発表
(見出し)
東海地方は梅雨入りしたと見られます。
(本文)
東海地方では、前線や低気圧の影響で雨の降っている所が多く、8日にかけて広い範囲で雨が降る見込みです。また、向こう1週間は、高気圧に覆われて晴れる日もありますが、前線や低気圧の影響で曇りや雨の日が多いでしょう。
このため、東海地方は、6月7日ごろに梅雨入りしたと見られます。
今年の梅雨入りは平年(6月8日ごろ)と比べ1日早く、昨年(6月4日ごろ)と比べ3日遅くなりました。
(参考事項)
平年の梅雨入り 6月8日ごろ
昨年の梅雨入り 6月4日ごろ
(注意事項)
・梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。
・梅雨の時期に関する気象情報は、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに発表する情報です。後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、本情報で発表した期日が変更となる場合があります。
2017/06/07/名古屋地方気象台

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.09

伊豆半島沖地震のことはよく覚えています

1974年の今日、伊豆半島石廊崎近くを震源とする地震がありました。

当時、僕は中学生で朝のホームルームの最中に地震が起こりました。
結構な揺れで教室内が騒然としたことを覚えています。

気象庁の記録を見ると静岡市の震度は4でした。

あれから同程度の揺れの地震は何度かあったけれど、この伊豆半島沖地震のことを鮮明に記憶しているのは何故なんだろう?

伊豆半島沖地震(1974.05.09)の震源 気象庁のサイトから画像引用
・ 伊豆半島沖地震(1974.05.09)の震源 気象庁のサイトから画像引用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧