カテゴリー「気象」の308件の記事

2019.01.20

ふじのくに防災学講座『南海巨大地震の過去と今を解き明かす - 地球深部探査船「ちきゅう」の成果から -』を聴講しました

先日の土曜日に静岡県地震防災センター主催の「第114回ふじのくに防災学講座」が、沼津のプラサヴェルデで開催されたので聴講してきました。
今回は、『南海巨大地震の過去と今を解き明かす - 地球深部探査船「ちきゅう」の成果から -』をテーマに海洋研究開発機構地球深部探査センターの倉本真一センター長の講演です。

第114回ふじのくに防災学講座 2019.01.20 プラサヴェルデ
・ 第114回ふじのくに防災学講座 2019.01.20 プラサヴェルデ

第114回ふじのくに防災学講座 2019.01.20 プラサヴェルデ

現在、地球深部探査船「ちきゅう」は、和歌山・熊野灘で南海トラフ付近の掘削を行っています。この地域は、陸地に近い位置でフィリピン海プレートがユーラシアプレートに沈み込む場所で、「ちきゅう」によって数回にわたり掘削が行われました。

今回のミッションは、最終段階でユーラシアプレートとフィリピン海プレートの境界付近まで掘削を進めるものです。

巨大地震は沈み込むプレートが上側のプレートとの摩擦で滑らなくなった固着域に歪みが蓄積され、その歪みが解放されるときに起きるとされています。

今回の掘削で、境界部上部の岩石を採取し、どの程度の圧力がかかっているのか、岩石はどの程度の圧力により崩壊するのかを調べるそうです。
そのことによって、南海トラフでの地震の逼迫性がわかるかもしれません。

また、これまでプレートが沈み込む付近は摩擦が少なくゆっくり滑り大きな地震は起こらないとされていましたが、東日本大震災のメカニズムを調査した結果、その領域でも大きな地震が起きるかもしれないということです。駿河湾沖を想像してちょっとドキリとしました。

今回の講座は、これまでの「ちきゅう」の成果と、現在進行している熊野灘での調査の内容がよくわかって面白かったです。

関連エントリー:南海トラフ・プレート境界を調査している「ちきゅう」が3260mまで掘削 2019.01.16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.16

南海トラフ・プレート境界を調査している「ちきゅう」が3260mまで掘削

熊野灘沖で南海トラフ協会を調査している海洋研究開発機構(JAMSTEC)の地球深部探査船「ちきゅう」の掘削が3260mに達したと、NHKが報じていました。

フィリピン海プレートがユーラシアプレートに沈み込むプレート境界断層の5200mに近づいてきました。

巨大地震の想定される震源付近がどのような構造になっているか、とても興味があります。
掘削が順調に進むといいですね。

今週の土壌日(1/19)のふじのくに防災学講座で、『南海巨大地震の過去と今を解き明かす -地球深部探査船「ちきゅう」の成果から-』をテーマに地球深部調査センターの倉本真一センター長の講演があります。
こちらも楽しみです。

関連エントリー:地球深部探査船「ちきゅう」が南海トラフ境界部を掘削するそうです 2018.09.18


IODP Exp. 358 : NanTroSEIZE Deep Riser Drilling: NankaiSeismogenic/Slow Slip Megathrust/jamstecchannel

引用文探査船「ちきゅう」海底3260メートルまで掘削に成功
南海トラフ巨大地震の発生が予測されるプレート境界と呼ばれる場所を目指し、和歌山県沖の海底を掘り進めている探査船「ちきゅう」について、海洋研究開発機構は、これまでで最も深いおよそ3260メートルまで掘削することに成功したと発表しました。最終的にはおよそ5200メートルまで掘り進めプレート境界付近の岩石を採取して調べる計画です。
海洋研究開発機構などの研究グループは、12年前から探査船「ちきゅう」で和歌山県沖の海底の掘削調査をしていて、去年10月から13回目の調査を行っています。
研究グループによりますと、これまで海底の下を最も深く掘ったのは6年前の3058メートルでしたが、今回の掘削では、先月、およそ3260メートルまで達し、記録を更新したということです。
南海トラフでは地震の発生が予測されるプレート境界と呼ばれる場所が、海底の下およそ5200メートルにあるとされ、研究グループでは最終的に境界付近まで掘って岩石を採取し、詳しく調べて地震の予測精度を高めたいとしています。
海洋研究開発機構の倉本真一地球深部探査センター長は「記録は更新したが、岩盤は堅く、穴は崩れるなど予断を許さない。別の方向に向け掘削するなど工夫をして何としてもプレート境界に達したい」と話しています。
2019/01/16/NHK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.04

2018年の静岡は暑かった。1945年以来、年平均、最低気温は1位、最高気温は2位

静岡の2018年の年平均気温は17.7℃、最高気温22.0℃、最低気温は13.7℃でした。これは、1940年からの統計で、平均気温、最低気温は1位、最高気温は2位の高い気温でした。

静岡の1940年~2018年の年平均・最高・最低気温の順位

また、相関係数は低いですが1940年以来、気温は徐々に上昇しています。
年平均気温は、0.02℃/年、最高気温は0.01℃/年、最低気温は0.03℃/年、それぞれ上昇しています。

静岡の年別平均・最高・最低気温の推移 1940-2018/気象庁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.01

初日の出 2019 静岡

今朝の静岡は冷えてはいますが、晴れて穏やかな新年です。

初日の出 静岡市葵区平野部
・ 初日の出 静岡市葵区平野部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.30

愛宕霊園の花筒の水が凍っていました

今日の静岡は冷えました。今日の静岡の最低気温は現時点で-1.2℃。冷えましたね。

午前中に愛宕霊園に墓参りに行ったら、お墓の花筒の水が凍っていました。

愛宕霊園の花筒の水が凍っていました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.10

今夜は冷えます

今夜、というか今日の静岡は寒かったです。

ただいまのベランダの気温は4.4℃。

今夜は冷えます

明日の朝はさらに寒くなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.05

昨日の静岡はとても暑かった。でも、もっと暑い12月があったんですね

昨夜、職場から浜松駅に向かう途中、コートを脱ぎたいというよりも、半袖になりたいぐらいに暑かったです。

まったく12月に入ったのにというのに、浜松の12月4日の最高気温は21.6℃、静岡は22.1℃でした。

でも、調べてみると昨日の浜松の12月の最高気温は、1882年からの統計で歴代8位、静岡は10位にも入っていません。
もっと暑い12月があったんですね。

静岡と浜松の12月最高気温ベストテン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.20

冬の大三角が東の空に

札幌では128年前の記録に並ぶ最も遅い初雪が観測されたそうです。
静岡もようやく寒くなってきました。

地上の季節とは関係なく、東の空に冬の星座が夜の早い時間に姿を見せるようになりました。

今夜はシリウス、プロキオン、ベテルギウス、冬の1等星が雲間に見えます。

冬の大三角(シリウス、プロキオン、ベテルギウス) 2018.11.20 22:20 東南東の空
・ 冬の大三角(シリウス、プロキオン、ベテルギウス) 2018.11.20 22:20 東南東の空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.29

すばるが東の空に姿を見せる季節になりました

今日の静岡の最低気温は、10℃を下回り9.9℃。ようやく秋らしくなってきました。

東の夜空にすばるが姿を見せる季節です。

プレアデス星団(すばる) 2018.10.29 22:12 静岡市葵区平野部 東の空
・ プレアデス星団(すばる) 2018.10.29 22:12 静岡市葵区平野部 東の空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.21

秋晴れの静岡、夜には後の月

今日の静岡は秋晴れの心地よい一日でした。

駿府城公園の駿府城天守台の発掘現場から、雪をかぶった富士山が望めました。

駿府城公園 駿府城天守台発掘現場から望む富士山
・ 駿府城公園 駿府城天守台発掘現場から望む富士山

今日は旧暦の9月13日。夜には名月のひとつ「後の月」が綺麗に輝いています。

十三夜の月(月齢 12.4) 2018.10.21 17:15 静岡市葵区平野部 東の空
・ 十三夜の月(月齢 12.4) 2018.10.21 17:15 静岡市葵区平野部 東の空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧