カテゴリー「模型」の61件の記事

2018.10.30

遠州鉄道30形勇退記念Nゲージモデル

4月に引退した遠州鉄道30形電車のNゲージモデルが限定発売されたので、少し前の仕事帰りに新浜松駅で購入しました。

 Nゲージ 遠州鉄道30形電車
・ Nゲージ 遠州鉄道30形電車

トミーデックの「鉄道コレクション」シリーズからの発売です。

モーターは組み込まれておらず、また簡易なプラスティック製の台車なため、走らせたりディスプレイしたりするには手を加える必要があります。

この「鉄道コレクション」で、5月に静岡ホビーショーで静岡鉄道の新型車両A3000形を購入しました。

恐ら「鉄道コレクション」は鉄道会社からトミーテックが委託を受け特注で製造するのだと思います。

身近なローカル鉄道の車両を集めるのも楽しいかも。

関連エントリー:「静岡ホビーショー2018」に行ってきました 2018.05.13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.13

「静岡ホビーショー2018」に行ってきました

静岡ホビーショーに行ってきました。
例年どおり今回も会場のツインメッセ静岡は大変混雑をしていました。

ホビーショーは今年で57回になるんですね。タミヤ、長谷川、青島、バンダイをはじめ模型メーカーが数多くある静岡ならではのイベントです。

第57回静岡ホビーショー ツインメッセ静岡
・ 第57回静岡ホビーショー ツインメッセ静岡

僕は鉄道模型を含めたスケールモデルに興味があるので、それを中心に見てきました。

タミヤのブースでは、 旧ドイツ軍 四輪駆動の水陸両用車「シュビムワーゲン」(昔、作ったことがあります)や米軍 M16対空自走砲「スカイクリーナー」の実物が展示してありました。写真で見るとタミヤの1/35ミリタリーミニュチュアシリーズにも見えますが、実物です。

タミヤはスケールモデルを作るにあたって実物を購入し分析することがあるといいます。ただ、単純に実物をスケールダウンすればいいというものではなく、デフォルメをして手を加え実物のイメージにしていると聞いたことがあります。

旧ドイツ軍 四輪駆動の水陸両用車「シュビムワーゲン」 (実物 タミヤブース)
・ 旧ドイツ軍 四輪駆動の水陸両用車「シュビムワーゲン」 (実物 タミヤブース)

米軍 M16対空自走砲「スカイクリーナー」(実物 タミヤブース)
・ 米軍 M16対空自走砲「スカイクリーナー」(実物 タミヤブース)

また、屋外では自衛隊が16式機動戦闘車など車両の実物を展示していました。

自衛隊 16式機動戦闘車(実物 自衛隊屋外展示)
・ 自衛隊 16式機動戦闘車(実物 自衛隊屋外展示)

鉄道模型では、トミックスが静岡県内の鉄道のNゲージモデルや、東静岡付近の静鉄電車がJRをまたぐ場所のジオラマを展示していました。

 Nゲージ 東静岡付近のジオラマ(TOMIXブース)
・ Nゲージ 東静岡付近のジオラマ(TOMIXブース)

静岡鉄道 静岡清水線で1000形から入れ替えが進められているA3000形のNゲージが販売されていたので、買ってしましました ^^;

ただ、僕はA3000形は見ることはあっても、まだ乗ったことがありません。

Nゲージ 静岡鉄道A3000形(Clear Blue)2両セット/TOMYTEC
・ Nゲージ 静岡鉄道A3000形(Clear Blue)2両セット/TOMYTEC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.16

タミヤのくまモン版熊本応援ミニ四駆

タミヤから熊本地震を受け熊本 応援 ミニ四駆(くまモン版)が発売されました。
利益全額は、タミヤから熊本県へ寄付されるとのことです。

がんばれ! 熊本 ミニ四駆(くまモン版)/タミヤ タミヤのWEBサイトから画像引用
・ がんばれ! 熊本 ミニ四駆(くまモン版)/タミヤ タミヤのWEBサイトから画像引用

タミヤと言えば子どもの頃からスケールモデルは結構作ってきたけれど、ミニ四駆は作ったことがありません。

週末、久し振りに模型屋に行ってみようかな。

参照:がんばれ!熊本 ミニ四駆 (くまモン版)/タミヤ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.25

田宮模型全仕事[増補版] 1 ミリタリーモデルズ/タミヤ編

懐かしくなって少し高かったけれど買ってしまいました。

「田宮模型全仕事[増補版] 1 ミリタリーモデルズ」は、タミヤが1946年からこれまでに発売した約700点のミリタリーモデルを収録したカタログです。

僕は10代の頃、1/35ミリタリー・ミニュチュア・シリーズを中心にお世話になりました。

250ページにもなるボリュームのある本で、製品のカラー写真や解説が掲載されていています。
タイガーⅠ、パンサー、ロンメル、キュベールワーゲン、ジープ・ウイルス… 懐かしいです。

田宮模型全仕事[増補版] 1 ミリタリーモデルズ/タミヤ編

全仕事は、ミリタリーモデルズの他、カー・モーターサイクルモデルズ、シップ・エアクラフトモデルズの2冊、計3冊で構成されています。
残り2冊も買ってしまうのだろうな ^^;

本田宮模型全仕事[増補版] 1 ミリタリーモデルズ
株式会社タミヤ編/文藝春秋/2016

書籍の紹介一覧 B0144

・ MediaMarker

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.20

トラファルガー・ローの潜水艦のプラモデル

ワンピースに登場するトラファルガー・ローが率いるハート海賊団の潜水艦のプラモデルです。

2年ほど前に買ってまだ作っていない ^^; 暇を見つけて作りたいなぁ。

トラファルガー・ローの潜水艦/バンダイ<br />
・ トラファルガー・ローの潜水艦/バンダイ

でも、資料集めやら塗装やらで結構、時間がかかるんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.19

トミーテックから静岡鉄道1000形が発売される

静岡ホビーショーをのぞいてきました。
例年どおり今年もとても混んでいて盛況でした。

第52回静岡ホビーショー/ツインメッセ静岡
・ 第52回静岡ホビーショー/ツインメッセ静岡

トミーテックのブースでNゲージの鉄道模型 静岡鉄道1000形電車を見つけました。6月に発売が予定されているようです。

トミーテック 静岡鉄道1000形 (Nゲージ)
・ トミーテック 静岡鉄道1000形 (Nゲージ)

・ 参照:静岡鉄道1000形(冷房改造車新塗装)2両セットA/TOMYTEC

1000形は新静岡と新清水を結ぶ静岡清水線で使われている2両編成の電車です。(静岡鉄道には現在、この路線しかありません ^^;)

静岡鉄道 静岡清水線 1000形電車
・ 静岡鉄道 静岡清水線 1000形電車

静岡に住む僕には馴染みの電車ですが、たぶん全国的にはマイナーな路線でしょう。
そんな路線の電車がNゲージで登場したら買ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.04

スバル 360

富士重工業が軽自動車の生産を終了したそうです。朝日新聞が報じていました。

自動車の動力がエンジンに加えてモーターの時代になり技術開発のコストがかかるようになったのかな。
今後も生き残りをかけて、生産車種の整理やメーカーの統合などが進められるかもしれません。

富士重工業といえば、軽自動車 スバル 360がありました。
フォルムがフォルクスワーゲンのビートルに似ていて、大柄な'カブトムシ'に対し360は'テントウムシ'と呼ばれた可愛らしいクルマでした。

学生時代に友人のM君(僕の友達は何故か苗字にま行が多く、みんなMになってしまう sweat01)が、もう生産が中止になった360に乗っていました。
360をどこで手にいれたのか2台持っていて、そのうちの1台はもう1台が故障した時の部品用でした。

中古でくたびれている呑気なクルマで、大の大人が4人乗ると長沼大橋の坂を登れず、降りて後ろから押して跨線橋を渡ったりしていました。(長沼大橋といっても静岡の人以外はわかりませんね。東海道本線と東海道新幹線をまたぐ、片側2車線のわりと大きな跨線橋です。)
360の名誉のために言えば、エンジンの性能をきちんと保っていれば4人乗せても長沼大橋を登れたと思いますが…

トミカのスバル 360のミニュチュアカー
・ トミカのスバル 360のミニュチュアカー

懐かしい思い出です。

引用文スバル軽、54年の歴史に幕
富士重工業は28日、54年に及んだスバル軽自動車の生産を終了。群馬製作所(群馬県太田市)にて、最後の軽「サンバー」のラインオフ式が執り行われた。
スバルの軽自動車は、昭和33年に“てんとう虫”の愛称で知られた「スバル 360」から生産を開始。54年間で生産されたスバルの軽は800万台にのぼるという。
富士重工業は2005年にトヨタ自動車と資本提携を結び、独自技術の開発に専念する一方で、軽部門についてはトヨタ傘下のダイハツ工業株式会社よりOEM提供を受ける事となる。
群馬製作所の軽の生産ラインは、3月以降、登録車生産工場へとリニューアルされ、トヨタと共同開発したBRZ、トヨタ86の生産に充てられる。さらに2012年度中にはインプレッサの生産を開始する予定だ。
2012/02/29/朝日新聞

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.02.23

天浜線の目覚まし時計

前々から欲しいなぁと思っていた天竜浜名湖鉄道のTH1形の目覚まし時計を掛川駅に寄る機会があったので購入しました。

天竜浜名湖鉄道 TH1形の目覚まし時計
・ 天竜浜名湖鉄道 TH1形の目覚まし時計

全長は6.5cmと小さなデジタル時計で、価格は1,000円です。

天竜浜名湖鉄道 TH1形の目覚まし時計

目覚ましと時報が設定でき、時刻になるとピピと音がして扉の部分が白く光ります。

天竜浜名湖鉄道 TH1形の目覚まし時計

TI1形は現在は引退し天浜線のメインの車両はTH2100形です。

TH2100形 掛川市役所前駅
・ TH2100形 掛川市役所前駅

TH3000形 掛川駅
・ TH3000形 掛川駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.24

模型の世界首都の看板が更新された

JR静岡駅の下りの東海道新幹線ホームに静岡市が「模型の世界首都 静岡」の看板を掲示しています。

以前はメガネのおじさんの顔をアップしたものでしたが、最近は様々なプラモデルのイラストに変わりました。

JR静岡駅 6番 東海道新幹線ホーム
・ JR静岡駅 6番 東海道新幹線ホーム

静岡が模型の世界首都かどうかはわからないけれど、プラモデルは静岡を代表する産業のひとつです。

関連エントリー:「模型の世界首都 静岡」だって! (2009.07.30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.19

ゴーイング・メリー号 フライングモデルを作ってみる (06) - フィギュアヘッド

フライングモデルのフィギュアヘッド(船首像)を作りました。

オリジナルのメリー号のヒツジを模ったフィギュアヘッドをフライングモデルでは、トサカを付けてニワトリに改造されました。トサカの赤がアクセントになります。
このトサカが垂直翼の役割をしているのだろうか?

ゴーイング・メリー号 フライングモデルのフィギュアヘッド

フィギュアヘッドはフライングモデル用に新たにパーツが用意されています。

また、船首を補強するための金色のパーツも追加されています。

ゴーイング・メリー号 フライングモデルのフィギュアヘッド

左右の頭のパーツがピッタリ合わずわずかに隙間ができています。パテなどで修正が必要かな。

ゴーイング・メリー号 フライングモデルのフィギュアヘッド

目の部分は、オリジナルモデルと同様、付属のシールは使わず筆塗りしました。

ゴーイング・メリー号 フライングモデル

フィギュアヘッドが付いて、フライングモデルは塗りムラや隙間を修正すれば完成です。

次はクルーのフィギュアと樽や移動式大砲などの小物類を作ります。

関連エントリー
ゴーイング・メリー号のプラモデルを買った (2011.01.06)
サウザンド・サニー号のプラモデルを買った (2011.04.12)
ゴーイング・メリー号 フィライングモデルのプラモデルを買った (2011.07.31)
ゴーイング・メリー号 フライングモデルを作ってみる (01) - 船体 & 台座 (2011.08.29)
ゴーイング・メリー号 フライングモデルを作ってみる (02) - 主翼 (2011.09.09)
ゴーイング・メリー号 フライングモデルを作ってみる (03) - メインマスト & メインセイル (2011.09.19)
ゴーイング・メリー号 フライングモデルを作ってみる (04) - リアマスト & リアセイル (2011.10.04)
ゴーイング・メリー号 フライングモデルを作ってみる (05) - 尾翼 (2011.10.13)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧