カテゴリー「食糧・資源・エネルギー」の240件の記事

2020.11.29

静岡のガソリンは前回から4円下がって129円

今日、いつも給油している静岡市葵区のセルフ式のガソリンスタンドで給油したら、レギュラーガソリンの店頭の表示価格は前回(2020.10.31)から4円下がってリッター当たり129円でした。

201129

参考エントリー
静岡のガソリンは前回と同じ133円 2020.10.31

20112901
ガソリン価格は、ここへきて少し下がりました。

20112902

WTIの原油価はやや上昇して、1バレル40ドル前後を推移しています。

参照:The Energy Information Administration (EIA) - Petroleum - Spot Prices

| | コメント (0)

2020.10.31

静岡のガソリンは前回と同じ133円

今日、いつも給油している静岡市葵区のセルフ式のガソリンスタンドで給油したら、レギュラーガソリンの店頭の表示価格は前回(2020.09.19)と同じリッター当たり133円でした。

201031

参考エントリー
静岡のガソリンは前回から2円上がって133円 2020.09.19

20103101
上昇をしていたガソリン価格は、ここへきて横ばいの状態です。

20103102

WTIの原油価も横ばいで、1バレル38~40ドルを推移しています。

参照:The Energy Information Administration (EIA) - Petroleum - Spot Prices

| | コメント (0)

2020.09.19

静岡のガソリンは前回から2円上がって133円

今日、いつも給油している静岡市葵区のセルフ式のガソリンスタンドで給油したら、レギュラーガソリンの店頭の表示価格は前回(2020.08.15)から2円上がってリッター当たり133円でした。

200919

参考エントリー
静岡のガソリンは前回と同じ131円 2020.08.15

20091901
上昇をしていたガソリン価格は、ここへきて落ち着いています。

20091902

WTIの原油価は下がり、1バレル37~38ドルを推移しており、ガソリン価格も安くなるかもしれません。

参照:The Energy Information Administration (EIA) - Petroleum - Spot Prices

| | コメント (0)

2020.08.15

静岡のガソリンは前回と同じ131円

今日、いつも給油している静岡市葵区のセルフ式のガソリンスタンドで給油したら、レギュラーガソリンの店頭の表示価格は前回(2020.08.05)と同じリッター当たり131円でした。

200815

参考エントリー
静岡のガソリンは前回から4円上がって131円 2020.08.05

20081501
上昇をしていたガソリン価格は、ここへきて落ち着いています。

20081502

WTIの原油価も、1バレル40~41ドルを推移しています。

参照:The Energy Information Administration (EIA) - Petroleum - Spot Prices

| | コメント (0)

2020.08.05

静岡のガソリンは前回から4円上がって131円

今日、いつも給油している静岡市葵区のセルフ式のガソリンスタンドで給油したら、レギュラーガソリンの店頭の表示価格は前回(2020.07.19)から4円上がってリッター当たり131円でした。

200805

参考エントリー
静岡のガソリンは前回から3円上がって127円 2020.07.19

20080501
一時かなり安くなったガソリン価格は上昇傾向です。

20080502

4月20日には1バレル-36.98ドルまで急落したWTIの原油価ですが、40ドル台まで上昇してきました。

参照:The Energy Information Administration (EIA) - Petroleum - Spot Prices

| | コメント (0)

2020.07.19

静岡のガソリンは前回から3円上がって127円

今日、いつも給油している静岡市葵区のセルフ式のガソリンスタンドで給油したら、レギュラーガソリンの店頭の表示価格は前回(2020.06.07)から3円上がってリッター当たり127円でした。

200719

参考エントリー
静岡のガソリンは前回から8円下がって124円 2020.06.07

20071902
一時かなり安くなったガソリン価格は徐々に上昇しています。

20071901

4月20日には1バレル-36.98ドルまで急落したWTIの原油価ですが、40ドル台まで上昇してきました。

参照:The Energy Information Administration (EIA) - Petroleum - Spot Prices

| | コメント (0)

2020.06.07

静岡のガソリンは前回から8円下がって124円

今日、いつも給油している静岡市葵区のセルフ式のガソリンスタンドで給油したら、レギュラーガソリンの店頭の表示価格は前回(2020.04.12)から8円下がってリッター当たり124円でした。

200607

参考エントリー
静岡のガソリンは前回から2円下がって132円 2020.04.12

20060701
このところガソリン価格はかなり安くなっています。

20060702

4月20日には1バレル-36.98ドルまで急落したWTIの原油価ですが、20ドル台まで上昇してきました。

それでもまだ安いですが。

参照:The Energy Information Administration (EIA) - Petroleum - Spot Prices

| | コメント (0)

2020.05.19

原油価格が1バレル20ドル台まで上昇してきました

4月20日に1バレル-36.98ドルという異常値をつけたWTIの原油価格が、20ドル台まで上昇してきました。

それでも安いです。

200519

| | コメント (0)

2020.04.22

WTIの原油価格がマイナスになることなんてあるんですね

WTIの原油価格が4月20日に1バレル-36.98ドルを記録しました。

このところ原油価格は記録的な安値になっていましたが、お金を払っても売れない状況があるんですね。

やはり、異常な状況です。

200422

| | コメント (0)

2020.04.13

原油が異例の安値 !

WTIの原油価格が3月30日に1バレル14.1ドルになりました。20ドルを下る価格はここ20年ありませんでした。

この急落は、新型コロナウイルス感染症の世界的な広がりによる経済の低迷に加え、3月上旬の石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟国を加えたOPECプラスの協調減産交渉が決裂したことに原因があるようです。 

さすがに産油国も安値に耐えきれなくなったようで、OPECプラスは減産に舵を切るようです。日本経済新聞が報じていました、

200413

引用文原油の「価格戦争」に幕 主要産油国が異例の協調減産
新型コロナウイルスの感染拡大で急落した原油価格を下支えするため、主要な産油国が一転して協調に動き出した。サウジアラビアなど石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」は日本時間13日未明、世界生産の1割にあたる日量970万バレルの協調減産で最終合意した。米国も産油国として協力する。価格競争は休戦となるが、供給過剰の解消につながるかは不透明だ。
2020.04.13/日本経済新聞

| | コメント (0)

より以前の記事一覧