カテゴリー「食糧・資源・エネルギー」の191件の記事

2017.09.04

コメは気候変動による気温の上昇の影響を受けない?

8月28日に国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)がプレスリリースした研究成果「温暖化の進行で世界の穀物収量の伸びは鈍化する」を読んで、意外に思ったことがあります。

参照:(研究成果)温暖化の進行の世界の穀物収量の伸びは鈍化する 2017.08.29 農研機構

この研究成果は、気候変動が世界の主要穀物(トウモロコシ、コメ、コムギ、ダイズ)の収量(単位面積当たり収量)にどのような影響を及ぼすかを予測したものです。

気温上昇は、IPCCの4つの排出量シナリオに基づき産業革命以前から今世紀末までに、1.8℃、2.7℃、3.2℃、4.9℃の上昇を基準にしています。これに加えてこれまでの上昇0.6℃に固定して、以降は気温上昇がない場合の予測もしています。

また、今後の経済発展に伴う既存の増収技術の発展途上国での普及や簡易な気温上昇対策技術の導入も考慮されています。

引用----------
(研究成果)温暖化の進行の世界の穀物収量の伸びは鈍化する 2017.08.29 農研機構
図1 主要穀物の世界平均収量予測値の推移

図1 主要穀物の世界平均収量予測値の推移
黒線は収量モデルにより再現した過去50年間(1961-2010年)の世界の平均収量の推移、青~緑色の線はそれぞれの排出シナリオのもとでの収量予測値の推移で、いずれも2000年代値を基準(1.0)とした相対値です。気温上昇はそれぞれの排出シナリオのもとで予測される今世紀末(2091-2100年)の気温上昇です。過去の収量の再現値・予測値はいずれも、10年間ごとに平均値を計算し、それをつないだ線グラフとして示しています。

----------

予測によると、気温上昇の影響はトウモロコシ、ダイズとコメ、コムギでは違ったものになっています。

トウモロコシ、ダイズは、気温の上昇にともなって収量の伸びが鈍化し、4.9℃上昇した場合は今世紀初めより今世紀末の方が収量が少なくなっています。

逆にコメ、コムギは、伸びは鈍化いていますが気温上昇がない場合よりも今世紀末の収量は多くなっています。これは、気温上昇よりも技術の向上の鈍化が収量の伸びに影響を与えているということでしょう。

日本はコメやコムギを主食にしているから、気候変動の影響を受けづらいということはいいことなのかな?

もっともこれは単位面積当たり収量で、総量ではないので、食料供給力とは別の話だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.02

静岡のガソリンは前回と同じ131円

今日、いつも給油している静岡市葵区のセルフ式のガソリンスタンドで給油したら、レギュラーガソリンの店頭の表示価格は前回(2017.08.06)と同じリッター当たり131円でした。

静岡のあるガソリンスタンドの2017.08.06のレギュラーガソリンの表示価格

参考エントリー
静岡のガソリンは前回から2円上がって131円 2017.08.06

ここ1ヶ月、レギュラーガソリンの価格は横ばいです。

静岡のあるガソリンスタンドのレギュラーガソリンの表示価格

WTIの原油価格は、少し下がってで1バレル47ドルになりました。

WTI原油先物価格の推移

参照:The Energy Information Administration (EIA) - Petroleum - Spot Prices

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.10

2016年度のカロリーベースの自給率は38%、食料自給力は? いざとなったら「いも」を作れ ^^;

昨日、農林水産省が公表した「平成28年度 食糧需給表」によると、供給熱量(カロリー)ベースの総合食糧自給率は前年度から1%下がって38%、生産額ベースの総合食料自給率は2%上がって68%、飼料用を含む穀物全体の自給率(重量ベース)は1%下がって28%です。
総じて近年、横ばいで推移しています。

日本の自給率の推移 (1960-2016) 食料需給表/農林水産省 2016年度は概算値

加えて「食料自給力指標」が公表されています。
食料自給力指標は、国内で食料(カロリー)を最大限生産することが可能か、食料の潜在生産能力を試算したものです。

現状、供給されているカロリーは1人・1日当たり2,429kcalで、うち国産が913kcal、自給率37.6%になります。

これを現在の農地に生産に使われていない利用可能な荒廃農地を加えて、栄養バランスを一定程度考慮して主要穀物(米、小麦、大豆)を中心に熱量効率を最大化して作付け(パターンA)すると1,449Kcalになります。

また、栄養バランスを考慮せずパターンAで作付け(パターンB)すると1,814kcalになります。

パターンAの主要穀物をいも類を中心に替える(パターンC)と2,339kcalとなり、1人・1日当たりの推定エネルギー必要量 2,147kcalよりも多くなります。

さらにパターンCで栄養バランスを考慮せず作付け(パターンD)すると2,660kcalとなり、供給ベースの2,429kcalも超えます。

ということは、いざとなったら「いも」を作ればなんとかなるということ? ^^;

2016年食料自給力指標

・ 参照:平成28年度食料自給率等について 2017.08.09 農林水産省

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.06

静岡のガソリンは前回から2円上がって131円

今日、いつも給油している静岡市葵区のセルフ式のガソリンスタンドで給油したら、レギュラーガソリンの店頭の表示価格は前回(2017.07.16)から2円上がってリッター当たり131円でした。

静岡のあるガソリンスタンドの2017.08.06のレギュラーガソリンの表示価格

参考エントリー
静岡のガソリンは前回と同じ129円 2017.07.16

少し下がっていたガソリン価格が上昇に転じました。

静岡のあるガソリンスタンドのレギュラーガソリンの表示価格

WTIの原油価格は、上昇傾向で1バレル50ドルになりました。

WTI原油先物価格の推移

参照:The Energy Information Administration (EIA) - Petroleum - Spot Prices

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.16

静岡のガソリンは前回と同じ129円

今日、いつも給油している静岡市葵区のセルフ式のガソリンスタンドで給油したら、レギュラーガソリンの店頭の表示価格は前回(2017.07.02)と同じリッター当たり129円でした。

静岡のあるガソリンスタンドの2017.07.16のレギュラーガソリンの表示価格


参考エントリー
静岡のガソリンは前回から2円下がって129円 2017.07.02

ここへ来てガソリン価格が横ばいになりました。

静岡のあるガソリンスタンドのレギュラーガソリンの表示価格

WTIの原油価格は、少し上がって1バレル45ドルを推移しています。

WTI原油先物価格の推移

参照:The Energy Information Administration (EIA) - Petroleum - Spot Prices

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.02

静岡のガソリンは前回から2円下がって129円

今日、いつも給油している静岡市葵区のセルフ式のガソリンスタンドで給油したら、レギュラーガソリンの店頭の表示価格は前回(2017.06.10)からリッター当たり2円下がって129円でした。

静岡のあるガソリンスタンドの2017.07.02のレギュラーガソリンの表示価格


参考エントリー
静岡のガソリンは前回と同じ131円 2017.06.10

ここへ来てガソリン価格が徐々に下がってきています。

静岡のあるガソリンスタンドのレギュラーガソリンの表示価格

WTIの原油価格は、下がって1バレル42ドルを推移しています。

WTI原油先物価格の推移

参照:The Energy Information Administration (EIA) - Petroleum - Spot Prices

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.10

静岡のガソリンは前回と同じ131円

今日、いつも給油している静岡市葵区のセルフ式のガソリンスタンドで給油したら、レギュラーガソリンの店頭の表示価格は前回(2017.05.28)と同じリッター当たり131円でした。

静岡のあるガソリンスタンドの2017.06.10のレギュラーガソリンの表示価格

参考エントリー
静岡のガソリンは前回から2円下がって131円 2017.05.28

ここ1ヶ月ほど131円をキープしています。

静岡のあるガソリンスタンドのレギュラーガソリンの表示価格

WTIの原油価格は、やや下がって1バレル47~48ドルを推移しています。

WTI原油先物価格の推移

参照:The Energy Information Administration (EIA) - Petroleum - Spot Prices

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.28

静岡のガソリンは前回から2円下がって131円

今日、いつも給油している静岡市葵区のセルフ式のガソリンスタンドで給油したら、レギュラーガソリンの店頭の表示価格は前回(2017.04.29)から2円下がってリッター当たり131円でした。

静岡のあるガソリンスタンドの2017.05.28のレギュラーガソリンの表示価格

参考エントリー
静岡のガソリンは前回と同じ133円 2017.04.29

ここ2ヶ月ほど133円をキープしていたギュラーガソリンの価格がやや下がりました。

静岡のあるガソリンスタンドのレギュラーガソリンの表示価格

WTIの原油価格は、1バレル50ドル台前後を推移しています。

WTI原油先物価格の推移

参照:The Energy Information Administration (EIA) - Petroleum - Spot Prices

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.29

静岡のガソリンは前回と同じ133円

今日、いつも給油している静岡市葵区のセルフ式のガソリンスタンドで給油したら、レギュラーガソリンの店頭の表示価格は前回(2017.04.09)と同じリッター当たり133円でした。

静岡のあるガソリンスタンドの2017.04.29のレギュラーガソリンの表示価格

参考エントリー
静岡のガソリンは前回と同じ133円 2017.04.09

ここ2ヶ月ほどレギュラーガソリンの価格は133円をキープしています。

静岡のあるガソリンスタンドのレギュラーガソリンの表示価格

WTIの原油価格は、やや下がって1バレル50ドル台です。

WTI原油先物価格の推移

参照:The Energy Information Administration (EIA) - Petroleum - Spot Prices

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.09

静岡のガソリンは前回と同じ133円

今日、いつも給油している静岡市葵区のセルフ式のガソリンスタンドで給油したら、レギュラーガソリンの店頭の表示価格は前回(2017.03.12)と同じリッター当たり133円でした。

静岡のあるガソリンスタンドの2017.04.09のレギュラーガソリンの表示価格

参考エントリー
静岡のガソリンは前回から2円上がって133円 2017.03.12

少しずつ上昇していたレギュラーガソリンの価格が止まりました。

静岡のあるガソリンスタンドのレギュラーガソリンの表示価格

WTIの原油価格は、やや下がって1バレル50ドル台です。

WTI原油先物価格の推移

参照:The Energy Information Administration (EIA) - Petroleum - Spot Prices

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧