カテゴリー「音楽」の372件の記事

2020.03.21

Happy Ending/大瀧詠一

大瀧詠一の久し振りの新譜です。オリジナルアルバムとしては、1984年にリリースされた「EACH TIME」以来ではないでしょうか。

ただ、新譜といっても、亡くなった後の作品なので新譜とはいえないのかもしれません。

CDとアナログLPが同時発売になったので、アナログ盤を購入しました。

内容は、1997年にリリースされたシングル「幸せな結末/Happy Endで始めよう」を軸に、ストリングスやコーラスを多用した新しいバージョンになっています。生前に別バージョンを録音していたのですね。大瀧さんらしいとです。

音楽はNiagaraサウンドそのもので懐かしいです。

200321

このジャケット、はっぴいえんど時代の1972年に初のソロアルバムとしてリリースされた「大瀧詠一」と背景は違いますが同じものです。

大瀧詠一のオリジナルアルバムの最初と最後で、同じジャケットを使ったのかな?

「大瀧詠一」のような実験的で挑戦的な新しさに受けた衝撃はありませんが、古くからの大瀧ファンには嬉しい1枚です。

20032102
・ 左から「Happy Ending」(LP 2020)「大瀧詠一」(LP 1972)、「幸せな結末」(Single 1997)/大瀧詠一

関連エントリー:大瀧詠一/大瀧詠一 2005.08.23

LP/CDHappy Ending
大瀧詠一/Niagara /2020

Side-A
 01. Niagara Dreaming
02. 幸せな結末 (Album Ver.)
03. ナイアガラ慕情
04. 恋するふたり(Album Ver.)
05. イスタンブール・マンボ
06. Happy Endで始めよう (バカラック Ver.)
Sod-B
07. ガラスの入江
08. Dream Boy
09. ダンスが終わる前に
10. So Long
11. Happy Ending

・ LP・CDの紹介一覧 M0200

-----
Amazon.co.jp アソシエイト

| | コメント (0)

2020.03.07

マッコイ・タイナーさんが亡くなられた

マッコイ・タイナーさんが亡くなられたそうです。享年81歳。ニューヨークタイムズが報じていました。

タイナーはジョン・コルトレーン・カルテットでコルトレーンを支えたし、その後も華麗なピアノを聴くことができました。

僕が初めてコンサートでタイナーの演奏を聴いたのは、30年ほど前に山中湖ジャズフェスティバルです。カルテットで来日し、「マイ・フェバリット・シングス」を聴くことができました。もちろんコルトレーン亡き後ですが、タイナーのピアノで聴けることに感激しました。

また、ひとりジャズを創ったアーディストが亡くなりました。

200307
・ Sahara/McCoy Tyner(左)とMY FAVORITE THINGS/John Coltrane

引用文McCoy Tyner, Jazz Piano Powerhouse, Is Dead at 81
McCoy Tyner, a cornerstone of John Coltrane’s groundbreaking 1960s quartet and one of the most influential pianists in jazz history, died on Friday at his home in northern New Jersey. He was 81.
His nephew Colby Tyner confirmed the death. No other details were provided.
2020.03.06/The New York Times

| | コメント (0)

2020.02.23

ぼちぼち出はじめた「デカジャケット」付きCD

最近、「デカジャケット」という24cm×24cmのCDジャケットを拡大したシートが付属したCDをとらほら見かけるようになりました。

200223
・ デカジャケットとCD(FROM THIS PLACE/Pat Metheny(左)とSpectrum/上原ひろみ)

ジャケットに思い入れのあるアーティストも多いだろうし、ジャケット自体が作品になっている場合もあるので、デカジャケットが出てきたのでしょう。

LPやEPのジャケットは見応えがあるし、ジャケットで買ってしまうLPもあったし...

| | コメント (0)

2020.02.22

2月22日は「ヘッドホンの日」と言うけれど

2月22日は「ヘッドフォンの日」だそうです。

ヘッドホンの情報サイト「ヘッドホンナビ」が、ヘッドホンが左右2チャンネルの出力を持っていることから、2が重なる日を記念日と制定したそうです。

ところが、ヘッドホンナビのサイトをのぞいてみても、ヘッドホンの日の由来どころか主催者などがわからない不思議なサイトです。

僕が今使っているヘッドホンは、オーディオテクニカのATH-T400。廉価版で今は製造していません。僕にとっては必要十分な性能です。

200222
・ ATH-T400/オーディオテクニカ

| | コメント (0)

2020.02.20

Hiromi☆Deluxe /太田裕美

太田裕美さんの45周年記念盤です。

僕が初めて太田裕美のライブを聴いたのは、大学一年生の時の文化祭でした。あれからずいぶんと時間が流れました。

アルバムには往年のヒット曲も収録されていますが、どちらかといえば最近の作品が多く、今の太田さんの心境を歌いたかったのかな。

ただ、松本 隆の「木綿のハンカチーフ」や「さらばシベリア鉄道」も、高嶋さち子 ピアノクインテットの変奏でオリジナルと少し印象が違います。

45年経っても太田さんの声を聴くと、ただただ懐かしいです。

LP/CDHiromi☆Deluxe
太田裕美/Sony Music Direct /2019

01. ステキのキセキ
02. たゆたうもの
03. 桜月夜
04. 恋のうた
05. 木綿のハンカチーフ feat.高嶋ちさ子 ピアノクインテット
06. さらばシベリア鉄道 feat.高嶋ちさ子 ピアノクインテット
07. First Quarter-上弦の月- [Reiwa Mix]
08. 僕は君の涙 Reiwa Mix]
09. パパとあなたの影ぼうし
10. 初恋
11. 金平糖[Reiwa Mix]
12. 道[Reiwa Mix]

・ LP・CDの紹介一覧 M0199

-----
Amazon.co.jp アソシエイト

| | コメント (0)

2020.02.14

CDプレーヤーを買い換えました - DENON DCD-600NE

今まで使っていたCDプレーヤー DENON DCD-755SESPが、クリーニングしても音飛びがするようになったので、8年使っていることだし買い換えました。

買ったののは同じDENONのDCD-600NEという廉価版のプレイヤーです。

200214
・ DENON DCD-600NE

DCD-600NEの機能は至ってシンプルで再生ができるだけです。まあ、これで必要十分なので満足です。

関連エントリー:CDプレーヤーを買い換えた 2012.01.13

-----
Amazon.co.jp アソシエイト

| | コメント (0)

2020.02.08

トリオ・オブ・ドゥーム/ジョン・マクラフリン、ジャコ・パストリアス、トニー・ウイリアムス

「トリオ・オブ・ドーム」は、ジョン・マクラフリン(ギター)、ジャコ・パストリアス(ベース)、トニー・ウイリアムス(ドラムス)のトリオによる1979年のハバナのライブとニューヨークでのスタジオ録音で構成されるアルバムです。

こんなトリオがあるんですね。Amazonてメンバーをみて買ってしまいました。

個性とテクニックを持った3人のインプロピゼーションが繰り広げられ、それぞれの楽器が自己主張をします。

ただ、それが破綻せず調和しているところが凄い。

LP/CDTRIO OF DOOM
John McLaughlin(g) Jaco Pastorius(b) Tony Williams(ds)
John McLaughlin,Jaco Pastorius,Tony Williams/Sony Music Entertaiment/1979

01. Drum Improvisation
02. Dark Prince
03. Continuum
04. Para Oriente
05. Are You The One?
06. Dark Prince
07. Continuum
08. Para Oriente(Alternate Take 1)
09. Para Oriente(Alternate Take 2)
10. Para Oriente
01-05 Live at the Karl Marx Theater,Havana,Cuba 1979.03.08

・ LP・CDの紹介一覧 M0198

-----
Amazon.co.jpアソシエイト

| | コメント (0)

2020.01.02

交響曲第7番/ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

2020年はベートーベンの生誕250周年だそうです。そんなわけで普段あまり聴かないベートーベンを聴いています。

ベートーベンの交響曲は重厚なものが多い中で、7番はリズミカルで聴きやすいです。特に第1楽章はリズミカルです。

3番の「英雄」とか5番の「運命」とか副題もなく地味な存在ですが、気軽に聴けます。

LP/CD交響曲第7番
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
ヨーロッパ室内歓迎楽団
ニコラウス・アーノンクルール(指揮)
ワーナー・ミュージック・ジャパン/1990

01. 第1楽章
02. 第2楽章
03. 第3楽章
04. 第4楽章

・ LP・CDの紹介一覧 M0197

-----
Amazon.co.jp アソシエイト

| | コメント (0)

2019.12.10

ロン・カーターのコンサート「Four plus Four」に行ってきました

12月7日 グランシップ中ホールで開催されたロン・カーター「Four plus Four」を聴いてきました。

191211
・ 「Four plus Four」のリーフレットとロン・カーターのCD「RON CATER」1980

ロン・カーターは、1960年代後半のマイルス・デイビス・グループやその後のハービー・ハンコック・トリオと、ジャズの一翼を担ったベーシストです。

彼の演奏は、40年近く前に山中湖のジャズフェスティバルでハービー・ハンコック・トリオとして、また、30年ほど前に静岡・ニューキラクホールでベニー・ゴルソン・オール・スターズの一員として来日した時び聴いたことがあります。

それから、ずいぶん経ちました。彼は82歳。
最近では上原ひろみトリオのベースのアンソニー・ジャクソンやデーブ・グルーシン・ビックバンドのギターのリー・トナーと高齢のミュージシャンが病気で来日ができなかったので、少し心配でした。

演奏は、カーターがピッコロベースを弾き、ベースがレオン・メイルソン、ピアノがドナルド・ベガ、ドラムスがベイントン・クロスリー、加えてマキシーン・ヌーマン、キャロル・バック、アレキサンドリア・ジョーズ、シビル・ジョナーの4人がチェロで加わるというジャズを聴き慣れた僕には変わった構成でした。

太くやわらかいカーターのベースは昔と変わりはないけれど、チェロが入ると演奏が落ち着きます。

アドリブやバトルの応酬というスリリングな場面もなくジャズらしくはありませんが、ゆったりと聴けました。

関連エントリー
上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクトを聴いてきました 2016.11.19
デイヴ・グルーシン・ビック・バンドのコンサートに行ってきたけれど 2018.11.09

| | コメント (0)

2019.12.05

上原ひろみ JAPAN TOUR 2019 ’SPECTRUM’に行ってきました

先日(11月30日)、静岡市清水市民文化会館(マリナート)で開催された、上原ひろみのJAPAN TOUR 2019 ’SPECTRUM’に行ってきました。

これまでにトリオ・ザ・プロジェクトでマリナート、矢野顕子やエドマール・カスタネーダとのデュオで静岡市民文化会館で開催された時はいずれも中ホールでしたが、今回は大ホールで満員でした。

今回のツアーは、新作のソロアルバム「Spectrum」の発売を記念したピアノソロコンサートで、選曲も「Spectrum」からされています。

コンサートは、期待どおり上原のパワフルでドライブし、そしてチャーミングなピアノが聴けました。

中でも、ガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」は圧巻です。
僕はこれまでに、暴雨風雨のような暴力的な「ラプソディ・イン・ブルー」を聴いたことがありませんでした。それできてけっして破綻しない。心を揺さぶられる演奏でした。

191130
・ CD:SPECTRUM/上原ひろみ

関連エントリー:Spectrum/上原ひろみ 2019.09.30

| | コメント (0)

より以前の記事一覧