カテゴリー「音楽」の339件の記事

2018.11.16

小惑星になったフレディ・マーキュリー

現在、公開中の映画「ボヘミアン・ラプソディー」が好調のようですね。是非とも観に行きたいのですが、今だ行けていません。

今回の映画は、フレディ・マーキュリーの生き様が描かれているとのことで、思い出したのは小惑星「Freddiemercury」です。

フレディ・マーキュリーは1991年に亡くなりましたが、同じ年に火星と木星の間の小惑星帯 アストロベルトで小惑星17473が発見されました。

そして、フレディが生きていれば70歳になる2016年に国際天文学連合が、小惑星17473をフレディ・マーキュリーに因んで「「フレディマーキュリー(Freddiemercury)」と名付けました。

クイーンのギタリストで天文学者でもあるブライアン・メイが、小惑星 フレディマーキュリーを紹介するビデオがYouTubeにアップロードされています。

なんとも感慨深げなブライアン。そして小惑星フレディマーキュリーの映像とともにクイーンの「ドント・ストップ・ミー・ナウ」が流れます。


Brian May announces Asteroid 17473 Freddiemercury 04/09/2016 /BrianMayCom

関連エントリー:小惑星「フレディマーキュリー」 2016.09.06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.09

デイヴ・グルーシン・ビック・バンドのコンサートに行ってきたけれど

本日、グランシップ大ホールで開催されたデイヴ・グルーシン・ビック・バンドの「ウェスト・サイド・ストーリー」を聴きにいってきました。
このコンサートは、レナード・バーンスタインの生誕100周年を記念したもので、タイトルのとおりバーンスタインが作曲した「ウエスト・サイド・ストーリー」の楽曲が演奏されました。

D.グルーシン・ビック・バンド「ウエスト・サイド・ストーリー」のパンフレットから引用
・ D.グルーシン・ビック・バンド「ウエスト・サイド・ストーリー」のパンフレットから引用

僕のイメージのグルーシンは、1970年代のフュージョンを代表する一人です。ただ、グルーシンだけだったらコンサートに行きませんでした。
バンドの一員にギターのリー・リトナーが参加するとのことで、リトナーを聴きたくてコンサートに出向きました。

ところがグランシップの会場アナウンスで、リトナーが健康上の理由で不参加と知り、とてもガッカリしました ^^;

会場には制服姿の高校生が多数おり、通常のジャズコンサートとは少々違った雰囲気でした。大型バスが数台留まっていたことから、授業の一環で来たのかな?

演奏はグルーシンのピアノソロに始まって、トム・ケネディのベース、ジャン・ポール・ホッホシュタッターのドラムのトリオ、ビックバンドによる演奏、アンコールはグルーシンのソロで、1時間30分程でした。

ビックバンドのライブを聴くのは初めてで、どうにも戸惑ってなかなか演奏に入り込めません。
入れ替わり各パートのソロがあるのだけれど、予定調和、短時間で終わるので、もっと自由にやればいいのになんて思っていました。

これがビックバンドのスタイルなのか、グルーシンのスタイルなのか窮屈な感じのコンサートでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.07

レコードにA面B面があることは、もはや常識ではないのかもしれない

ディアゴスティーニで「クイーン・LPレコード・コレクション」が始まりました。これはクィーンのアルバムを隔週、LPレコードで発売するものです。

そのQAに、「『隔週刊 クイーン・LPレコード・コレクション』収録曲の半分くらいしか再生されません。」という質問と、「レコードを裏返して再生してください。※LPレコードは表裏(A面・B面)の両面に音声を収録しています。」という答えが掲載されていました。

ディアゴスティーニのサイトから画像引用""
※ ディアゴスティーニのサイトから画像引用

これを読んだときに、冗談だろと思いました。

でもよくよく考えてみると今や音楽の媒体がCD加えてネット配信が増え、アナログレコードの存在、そしてレコードにA面B面があることを知らない世代が多いのかもしれません。

PCでも記憶媒体としてフロッピーディスク、ましてや8インチディスクを知っている人がどれほどいるか...

僕の中の常識が世間の常識ではないのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.03

11月3日はレコードの日

今日、11月3日は文化の日でレコードの日でもあります。
と言っても「レコードの日」を知ったのは1年前のことだけど...
3月20日が「LPレコードの日」で、啓発の目的もあるのだろうけど、いろいろな記念日がありますね。

一時は絶滅危惧状態だったアナログレコードも少しだけ復活の兆しがあるようです。

最近は希ですがCDと併せてLPがリリースされることがあるし、ヤマハが27年振りにレコードプレイヤーの新製品を発売しました。
今だにレコードを聴く僕にとっては嬉しい限りです。

今聴いているのはオフコースのEP「秋の気配」です。
この曲がリリースされた当時は「なんて軟弱な曲なんだ」といきがっていたけれど、改めて聴くと詞もメロディーもクオリティの高いいい曲ですね。
聴かず嫌いは損をします ^^;



関連エントリー
今日はレコードの日 2017.11.03
3月20日は「LPレコードの日」 2018.03.20

引用文ヤマハ、27年ぶりレコードプレーヤー発売
ヤマハは10月下旬、レコードプレーヤーの新製品を27年ぶりに発売する。近年のアナログレコード人気の高まりを背景に、2モデルを新たに開発。オーディオを趣味とする層やレコードを楽しむ若い層をターゲットに売り込む。
同社は1954年からレコードプレーヤーを生産していたが、音楽再生の主流がCDに移行したことなどに伴い、91年発売のモデルを最後に生産を取りやめていた。
一方、近年は世界的にレコードの売り上げが伸び、著名アーティストがレコードで新譜を発売する動きもある。新たな需要もあると見込み、再び参入を決めた。
アナログとデジタルの融合をうたうモデル「ミュージックキャストVINYL500」は、同社のワイヤレスネットワーク機能に対応する。スマートフォンなどで操作できるほか、レコードの音をスピーカーなどに飛ばして再生が可能。安定した回転が得られるベルトドライブ方式も採用した。税抜き価格は9万円で、当初月産予定台数は3500台。
ワイヤレスネットワーク機能のない「TT-S303」(税抜き価格5万8千円、月産予定2500台)も同時に発売する。
2018.09.13/静岡新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.24

ノイエ・タンツ/イエロー・マジック・オーケストラ

今更なんでY.M.O.が再発されるのだろうと思ったら、結成40周年だそうです。
思えば遠くに来たものだ。

「ノイエ・タンツ」は、TOWA TEI選曲監修によるY.M.O.の13曲に坂本龍一、高橋幸広、細野晴臣のソロ作品を1曲ずつ加えたものです。

懐かしいと思う一方で、古さを感じさせないところが流石ですね。

ところで、モノクロのジャケットは、セカンドアルバム「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」のジャケットを加工したものだけど、「ノイエ・タンツ」には「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」から1曲も選ばれていないのは何故?

LP
・ LP "SOLID STATE SURVIVOR"とCD "NEUE TANZ"/YMO

関連エントリー:ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー/イエロー・マジック・オーケストラ 2010.11.11

LP/CDNEUE TANZ
坂本龍一(key,Vo) 高橋幸宏(ds,vo) 細野晴臣(b,key,vo)
YELLOW MAGIC ORCHESTRA/GT music/2018

01. 開け心-磁性紀-
02. バレエ
03. ライオット・イン・ラゴス(坂本龍一)
04. ザ・マッドメン
05. ガラス(高橋幸宏)
06. 新舞踊
07. カムフラージュ
08. ジャム
09. シムーン
10. キュー
11. ファイアークラッカー
12. マルティプライズ
13. スポーツマン(細野晴臣)
14. 体操
15. 千のナイフ
16. ナイス・エイジ/P>

LP・CDの紹介一覧 M0187

-----
amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.19

YUIMETALがBABYMETALを脱退

昨年12月の広島公演から体調不良のため欠席していたYUIMETAL(水野由結)が、BEBYMETALを脱退すると、オフィシャルサイトがアナウンスしました。

海外公演中心でかなり激しいパフォーマンスだから身体に相当な負担がかかっていたのでしょう。仕方の無いことかもしれません。

SU、YUI、MOの3人あってのBEBYMETALなので残念です。

YUIMETALがいないサードアルバムはどのようなものになるのだろう?


BABYMETAL - Road of Resistance - Live in Japan - (Official Video)
※ ステージでは向かって左側に立つこと多いYUIMETALです。

引用文BABYMETAL新体制についてのお知らせ
昨年12月の広島公演を体調不良のため欠席して以降、活動をお休みしておりましたYUIMETALですが、本人の復帰への希望を受けて、メンバーおよびスタッフによる長きにわたるサポートを続け、ステージへの復帰を待っておりましたが、この度、本人の意向により「BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN」10月公演への出演を見送るとともに、BABYMETALを離れることとなりました。
今後はSU-METAL、MOAMETALを中心とした新たなBABYMETALへと生まれ変わり、10月開催の「BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN」より新体制でスタート致します。
これまでの活動を見守ってくださったファンの皆様への感謝と共に、新体制となるBABYMETALへの応援のほど宜しくお願い致します。
2018/10/19/BABYMATAL Officia Sitel/P>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.17

120分のカセットテープって手に入りにくいんですね

8月5日にTOKYO FMでオンエアされた「村上RADIO」をエアチェックしようと思い、市内の家電量販店に本当に久し振りにカセットテープを買いに行きました。

番組は55分の放送なので90分テープを探しましたが、店頭に置いてあるのは90分テープまででした。
カセットテープの需要なんて風前の灯火なんでしょうね ^^;

結局、AmazonでTDKの120分テープを購入しました。

静岡市内の家電量販店のカセットテープ売り場
・ 静岡市内の家電量販店のカセットテープ売り場

FMチューナはとうの昔に処分してしまったので、エアチェックはステレオCDラジオカセットで行いました。
エアチェックも久し振りなのでラジカセの操作に最初は手間取りました ^^;


・ TDK AE120とSONY CFD-E501

関連エントリー:村上RADIOは昔のラジオの雰囲気でよかった 2018.08.05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.07

スパイス・オブ・ライフ/渡辺香津美

ドラムスがビル・ブラフォード、ベースがジェフ・バーリーン、そしてギターが渡辺香津美のトリオによる作品です。

久し振りに聴きました。今聴いても尖っていて格好いいですね。

ブラーフォードの軽くてパンチの効いたドラムはイエスの時代から好きで、このアルバムでも聴くことができます。
もちろん、バーリンノの切れのあるベースも渡辺のギターもいい。

3人の個性が調和した1枚です。

LP/CDTHE SPICE OF LIFE
渡辺香津美 Watanabe Kazumi(g) Jeff Berlin(b) Bill Bruford(ds)
渡辺嘉津美/domo/1987

01. Melanchoe
02. Hiper K
03. City
04. Period
05. Unt
06. Na Starovia
07. Lim-Poo
0.8 J.F.K
09. Rage In

・ LP・CDの紹介一覧 M0186

-----
amazon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.05

村上RADIOは昔のラジオの雰囲気でよかった

村上春樹が初めてデイスクジョッキーをする「村上RADIO」がTOKYO FMで19:00から55分間オンエアされました。

TOKYO FM 「村上RADIO」のサイトから画像引用
・ TOKYO FM 「村上RADIO」のサイトから画像引用

紙媒体以外のメディアにはほとんど登場しないし、小沢征爾に「音楽好きの友人はたくさん居るけれど、春樹さんはまあ云ってみれば、正気の範囲をはるかに越えている。」と言わせるほど音楽に造詣が深いので、どんな番組になるのか興味津々で聴きました。

作家でありランナーでもある村上らしく、走っている時に聴いている曲からの選曲でした。

語りは曲にまつわるちょっとしたことを紹介する昔のラジオの雰囲気を感じさせました。

不定期でもいいから村上RADIOを継続してくれないかな。

なお、オンエアされた曲や村上のコメントなどは、TOKYO FMの村上RADIOのページに掲載されています。

参考:村上RADIO/TOKYO FM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.26

ヒメジョオン、ハルジオン

公園や畑の雑草としてよく見るヒメジョオンです。

ヒメジョオンとハルジオンはとてもよく似ていて判断に迷うのだけど、下の写真はヒメジョオンだと思います。

 ヒメジョオン 2018.06.24 静岡市葵区平野部
・ ヒメジョオン 2018.06.24 静岡市葵区平野部

 ヒメジョオン 2018.06.24 静岡市葵区平野部

僕は、茎を切ってみて中が白く詰まっているのがヒメジョオン、空洞なのがハルジオンと判断しています。

ヒメジョオンの茎の断面
・ ヒメジョオンの茎の断面

そう言えば、松任谷由実の初期の曲に「ハルジョオン・ヒメジョオン」があります。
多分、韻を踏んで「ハルジョオン」としたのだろうけど、春紫苑→ハル・ジ・オン、姫女苑→ヒメ・ジョ・オンかな。

変わっていく自分を憂う切ない曲ですが、ハルジオンは詞には出てこないんだよね。

・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧