カテゴリー「音楽」の310件の記事

2017.06.19

ソング・フォー・マイ・ファーザー/ホレス・シルヴァー

昨日は父の日ということで、ホレス・シルヴァーの「ソング・フォー・マイ・ファーザー」です ^^;

このアルバムは、ホレス・シルヴァー・クインテットの作品ですが、A面とB面の3曲目が1963年、他の4曲が'64年の録音で、シルヴァー以外のメンバーがすべて入れ替わっています。

マイナーコードの曲が多いにもからわらずどこか明るい演奏になっており、ファンキージャズを代表する1枚です。

ちなみにジャケットの葉巻をくわえた男性はシルヴァーの父親です。

SONG FOR MY FATHER/The Horace Silver Quintet
・ SONG FOR MY FATHER/The Horace Silver Quintet

LP/CDSONG FOR MY FATHER (CANTIGA PARA MEU PAI)
Horace Silver(p)/A-01,02 B-01,02 Carmell Jones(tp) Joe Henderson(ts) Teddy Smith(b) Roger Humphries(ds)/A-03 B-03 Blue Mitchell(tp) Junior Cook(ts) Gene Taylor(b) Roy Brooks(ds)
The Horace Silver Quintet/BLUE NOTE/1964

Side A
01. Song For My Father
02. The Natives Are Restless Tonight]
03. Calcutta Cutie
Side B
01. Que Pasa
02. The Kicker
03. Lonely Woman

・ LP・CDの紹介一覧 M0178

・ MediaMarker

ソング・フォー・マイ・ファーザー+4
ホレス・シルヴァー
ユニバーサル ミュージック ( 2016-12-13 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.06

センチメンタル/山下洋輔

ヨーロッパでは名の知れた山下洋輔は、1985年夏に初めてアメリカに演奏旅行に行きました。
それは、ニューオリンズ→セントルイス→カンザスシティ→シカゴ→ニューヨークとジャズの歴史をたどる旅行ですが、正式な公演は4回で、残りの18回はジャズクラブに乱入して地元のミュージシャンとセッションをするというハチャメチャなものです。

この様子は彼のエッセイ「アメリカ乱入事始め」にまとめられています。彼のエッセイはどれも面白く、「アメリカ乱入事始め」も乱痴気の中に知性を感じます。

「センチメンタル」は旅の最後、ニューヨークでスタジオ録音したものです。

ジャズのスタンダードからクラッシックまで、山下のソロピアノが楽しめます。

彼のピアノの多くは暴力的で激しい(ピアノの弦を切ったり鍵盤を肘打ちで弾くこともあるので、出入り禁止のホールもあるとか ^^;)ものですが、一方で学術肌の人でジャズをはじめとした音楽の研究に熱心な知的な面もあわせ持っています。

「センチメンタル」は、オーソドックスで端正な演奏(山下としてはです)が多く、こちらの体力と気力が十分でなくても聴けます ^^;

ジャズの本場、ネイティブなミュージシャンと渡り合った後、自分自身と向きあったソロピアノだと思うと、意味深長です。

CD「センチメンタル」と書籍「アメリカ乱入事始め」/山下洋輔
・ CD「センチメンタル」と書籍「アメリカ乱入事始め」/山下洋輔

関連エントリー:アメリカ乱入事始め/山下洋輔 2005.01.06

・ LP・CDの紹介一覧 M0177

LP/CDSENTIMENTAL
山下洋輔(p)
山下洋輔(Yamashita Yosuke)/Kitty Record's/1985

01. OVER THE RAINBOW
02. MY ONE AND ONLY LOVE
03. HUMORESQUE
04. AUTUMN LEAVES
05. TRAUMEREI
06. STARDUST
07. SUMMERTIME
08. TEA FOR TWO
09. BOLERO
10. SECRET LOVE
11. PIANO CONCERT NO.2(3rd Mov.) - S. Rachmaninov
12. P.S. I LOVE YOU
13. GOOD BYE

・ MediaMarker

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.01

ユニクロの「アウト・トゥ・ランチ」のTシャツ

ユニクロは時々、LPやCDのジャケットをあしらったコラボレーションTシャツを販売します。

これが持っているLPやCDだったりすると、ユニクロの販売戦略だとわかっていながら、買ってしまいます ^^;

これまでも、キース・ジャレットの「メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー」や「スタンダーズ・ライブ」、チック・コリアの「リターン・トゥ・フォーエヴァー」、パット・メセニーの「オフ・ランプ」、マイルス・デイヴィスの「ウォーキン」などを買って楽しんでいます。

今回、発売され買ったのは、エリック・ドルフィーの「アウト・トゥ・ランチ」!

'OUT TO LUNCH!'のシャツとCD
・ 'OUT TO LUNCH!'のシャツとCD

「アウト・トゥ・ランチ」は、これまで買った中で、もっともポップでないアルバムです。Tシャツというオープンな雰囲気とはかけ離れたシリアスな内容です。

このアルバムは、ドルフィーが1964年夏、演奏旅行中のベルリンで急逝(享年36歳)する直前にスタジオ録音されました。

ドルフィーは、フリージャズに分類されたりもするアドリブによる激しい演奏をします。
ただ、「アウト・トゥ・ランチ」はさらにシュールレアリズムを感じます。彼の吹く独特のバスクラリネットやフルートがそう感じさせるのだろうか。

ユニクロは次は何とコラボするのか楽しみです。

関連エントリー
ECMとユニクロのコラボレーションTシャツ 2006.08.02
「リターン・トゥ・フォーエヴァー」のLPとユニクロTシャツ 2007.05.13
「スタンダーズ・ライブ」のユニクロTシャツ 2007.07.22
「オフランプ」のユニクロTシャツ 2007.08.22
「ウォーキン」のユニクロのTシャツ 2012.05.30

・ MediaMarker

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.27

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド/ザ・ビートルズ

ネットでビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の話題が散見され、何だろう?と思っていたら、このアルバムがリリースされて50年が経つんですね。
それを記念して、アニバーサリーCD+DVDが発売されたようです。

そんなこともあって、久し振りに'Sgt. Pepper's ...'に針を落としてみました。

僕が音楽を聴き始めた中学生の頃にはビートルズは解散していてリアルタイムで彼らの音楽を聴いたことはないけれど、このアルバムがリリースされた時は衝撃的だったんだろうと思います。とにかく新しく、それまでどこにもなかった音楽だったんだろうと。

そしてこのアルバムが後のロックに大きな影響を与えたことがよくわかります。

美しいメロディー、アルバム全体のコンセプト、楽器の使われ方、詞の描く「不条理」の世界。特にラストの「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」

凄い作品です。


・ Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band/The Beatles

・ LP・CDの紹介一覧 M0176

LP/CDSgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
John Lennon,Paul McCartney,George Harrison,Ringo Starr
The Beatles/Apple/1967

01. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
02. With A Little Help From My Friends
03. Lucy In The Sky With Diamonds
04. Getting Better
05. Fixing A Hole
06. She's Leaving Home
07. Being For The Benefit Of Mr. Kite!
08. Within You Without You
09. When I'm Sixty-Four
10. Lovely Rita
11. Good Morning Good Morning
12. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
13. A Day In The Life

・ MediaMarker

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.23

ベガーズ・バンケット/ザ・ローリング・ストーンズ

僕の好きな「悪魔を憐れむ歌 (Sympathy for the Devil)」と「地の塩 (Salt of the Earth)」が、収められたストーンズのアルバムです。

アルバム1曲目の「悪魔を憐れむ歌」は、コンガやマラカスによるサンバ調のリズム、それにミック・ジャガーのボーカル、ニッキー・ホプキンスのピアノ、キース・リチャーズのベース !!が加わります。
これがなんとも妖艶で気持ちがいい。

"Please allow me to introduce myself"
Sympathy for the Devil/Mick Jagger,Keith Richards

と突然、男が語りかけ、自分が世界の歴史的事件に関わってきたのかを物語ります。
歌詞もなんとも怪しげです。

ラストの「地の塩」は、ギターが中心のシンプルな曲調です。

"Raise your glass to the good and the evil
Let's drink to the salt of the earth"
Salt of the Earth/Mick Jagger,Keith Richards

ストーンズのあり方を示す曲、そしてアルバムです。

・ LP・CDの紹介一覧 M0175

LP/CDBeggars Banquet
Mick Jagger,Keith Richards,Brian Jones,Bill Wyman,Charles Watts
The Rolling Stones/ABKCO/1968

Disc 1 Live Album
01. Sympathy for the Devil
02. No Expectations
03. Dear Doctor
04. Parachute Woman
05. Jigsaw Puzzle
06. Street Fighting Man
07. Prodigal Son
08. Stray Cat Blues
09. Factory Girl
10. Salt of the Earth

・ MediaMarker

ベガーズ・バンケット
ザ・ローリング・ストーンズ
USMジャパン ( 2010-11-23 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.21

ウマグマ/ピンク・フロイド

アナログレコード復権の兆しがあるようで、最近、新譜や復刻がアナログで発売されることがあります。
このピンク・フロイドの「ウマグマ」も、LPとして復刻された1枚です。

僕は、「原子心母(ATOM HEART MOTHER)」以降の作品は持っていますが、それより前の初期の作品は持っていなかったので、アナログ盤ということもあって購入しました。

「ウマグマ」は2枚組で、1枚がライブ録音、もう1枚がメンバー4人それぞれのスタジオ録音です。

ライブ盤は、サイケデリック音楽を地で行くような演奏です。

スタジオ録音したものは、実験的な演奏でかなり癖があり、メンバーそれぞれの個性がでています。
この個性が、次作の「原子心母」や「狂気(The Dark Side of the Moon)」につながっていくんですね。

とても興味深い作品です。

・ LP・CDの紹介一覧 M0174

Ummagumma/pink floyd
・ Ummagumma/pink floyd

LP/CDUmmagumma
Devid Gilmour,Nick Mason,Roger Waters,Richard Wright
pink floyd/Pink Floyd Records/1969

Disc 1 Live Album
Side 1
01. Astronomy Domine
02. Careful with That Axe, Eugene
Side 2
01. Set the Controls for the Heart of the Sun
02. A Saucerful of Secrets
Disc 2 Studio Album
Side 3
01. Richard Wright - Sysyphus, Parts 1-4
02. Roger Waters - Grantchester Meadows / Several Species of Small Furry Animals Gathered Together in a Cave and Grooving witha Pict
Side 4
01. Devid Gilmour - The Narrow Way Parts 1-3
02. Nick Mason - The Grand Vizier's Garden Party, Part 1 (Entrance),part 2 (Entertainment),Parat 3 (Exit)

・ MediaMarker

Ummagumma [Analog]
Pink Floyd
Pink Floyd Records ( 2016-06-02 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.04

DEBUT AGAIN/大瀧詠一

「DEBUT AGAIN」は、大瀧詠一のセルフカヴァー・アルバムです。
大瀧は、特に1981年にリリースされた「A LONG VACATION」以降、数多くの楽曲を他のアーティストに提供しています。

そのカヴァーですが、このアルバムは彼の死後2016年にリリースされたもので、大瀧自身も発表するつもりはなかったのかもしれません。

内容は正にナイアガラ・サウンド。大瀧ファンにはうれしい選曲です。

松田聖子に提供した「風立ちぬ」は、ライブ録音!

名曲「夢で逢えたら」も大瀧のボーカルで聴けるし。ただ、「夢で逢えたら」は、オリジナルのシリア・ポールよりも大瀧よりも、薬師丸ひろ子のバージョンが好きです。それと「探偵物語」も。
こういった聴き比べが楽しめるのも大瀧だからだね。

なお、ボーナス・ディスクとして、洋楽カバーが付属しています。

DEBUT AGAIN/大瀧詠一、探偵物語/薬師丸ひろ子、風立ちぬ/松田聖子
・ DEBUT AGAIN/大瀧詠一、探偵物語/薬師丸ひろ子、風立ちぬ/松田聖子

LP/CDDEBUT AGAIN
大瀧詠一/niagara/2016

DISC 1
01. 熱き心に
02. うれしい予感
03. 快盗ルビイ
04. 星空のサーカス
05. Tシャツに口紅
06. 探偵物語
07. すこしだけやさしく
08. 夏のリビエラ -Summer Night in Riviera-
09. 風立ちぬ
10. 夢で逢えたら (Strings Mix)
DISC 2
01. 私の天竺
02. 陽気に行こうぜ ~恋にしびれて(2015 村松2世登場! version)
03. Tall Tall Trees ~Nothing Can Stop Me
04. 針切じいさんのロケン・ロール

・ LP・CDの紹介一覧 M0173

・ MediaMarker

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.02

今日は清志郎の命日

今日は忌野清志郎さんの命日。
2009年5月2日 58歳で亡くなられた清志郎さんの年齢に僕はもうすぐ届きます。

「トランジスタ・ラジオ」に針を落としてみる。

この時代、彼だったら何を唄うのだろう。

ああ こんな気持ち
うまく言えたことがない ない
トランジスタ・ラジオ/忌野清志郎・G1,238,471

 トランジスタ・ラジオ/RC SUCCESSION
・ トランジスタ・ラジオ/RC SUCCESSION

関連エントリー:さようなら、清志郎 2009.05.03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.16

「JR東海発足30周年記念トイカ」が届きました

注文しておいた「JR東海発足30周年記念トイカ[新幹線タイプ]」が届きました。

JR東海発足30周年記念トイカ[新幹線タイプ]
・ JR東海発足30周年記念トイカ[新幹線タイプ]

記念トイカには、新幹線タイプと在来線タイプの2種類があって、新幹線タイプは「クリスマス・エックスプレス」と「君の名は」の2枚で構成されています。

「クリスマス・エクスプレス」は、1988年(ホームタウン・エックスプレス)~'92年にかけて5作がオンエアされたJR東海の東海道新幹線のCMで、今回の記念トイカに使われたのは2作目の牧瀬里穂さんのバージョンです。

5作のCMのバックには山下達郎の「クリスマス・イブ」が使われ、これを契機に「クリスマス・イブ」はクリスマスソングの定番になりました。

まだ100系新幹線の頃で自動改札機も携帯電話もない時代だけど、駅に流れる気持ちは今も変わらないね。

関連エントリー
JR東海発足30周年記念トイカ「クリスマス・エックスプレス」バージョンが発売される 2017.01.27
クリスマス・イブ - 30th ANNIVERSARY EDITION/山下達郎 2013.11.23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.05

ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-/矢野顕子 上原ひろみ

このアルバムは、2011年にリリースされた矢野顕子と上原ひろみのピアノ・デュオ「Get Together ~LIVE IN TOKYO~」に次ぐ2作目のライブです。

前作が出色の出来だったので期待をしていましたが、それに違わないいアルバムです。

矢野顕子の個性は強烈で、例えばYMOやキリンバンドといった名うてのバンドに参加すると、矢野顕子とYMOとかキリンバンドという感じになります。でも、上原ひろみとのデュオだと2人の個性のスリリングな重なり合いが楽しめます。
それだけ上原も強烈な個性を持っているということですね。

前作よりジャズの雰囲気を持った作品です。

4月15日には静岡で「ラーメンな女たち」のライブがあります。こちらも楽しみです。

ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-/矢野顕子 上原ひろみ

CDの付録に箸が付いていました ^^;

LP/CDラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-
矢野顕子(p,vo) 上原ひろみ(p)
矢野顕子 上原ひろみ/Universal Music/2017

01. 東京は夜の7時
02. おちゃらかプリンツ (おちゃらかほい~フットプリンツ)
03. 真赤なサンシャイン (エイント・ノー・サンシャイン~真赤な太陽)
04. 飛ばしていくよ
05. ドリーマー
06. こいのうた
07. ホームタウン・ブギウギ (東京ブギウギ~ニューヨーク・ニューヨーク)
08. ラーメンたべたい

・ LP・CDの紹介一覧 M0172

・ MediaMarker

【早期購入特典あり】ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-(通常盤)【特典:お箸】
矢野顕子×上原ひろみ
Universal Music =music= ( 2017-03-08 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧