カテゴリー「音楽」の365件の記事

2020.01.02

交響曲第7番/ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

2020年はベートーベンの生誕250周年だそうです。そんなわけで普段あまり聴かないベートーベンを聴いています。

ベートーベンの交響曲は重厚なものが多い中で、7番はリズミカルで聴きやすいです。特に第1楽章はリズミカルです。

3番の「英雄」とか5番の「運命」とか副題もなく地味な存在ですが、気軽に聴けます。

LP/CD交響曲第7番
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
ヨーロッパ室内歓迎楽団
ニコラウス・アーノンクルール(指揮)
ワーナー・ミュージック・ジャパン/1990

01. 第1楽章
02. 第2楽章
03. 第3楽章
04. 第4楽章

・ LP・CDの紹介一覧 M0197

-----
Amazon.co.jp アソシエイト

| | コメント (0)

2019.12.10

ロン・カーターのコンサート「Four plus Four」に行ってきました

12月7日 グランシップ中ホールで開催されたロン・カーター「Four plus Four」を聴いてきました。

191211
・ 「Four plus Four」のリーフレットとロン・カーターのCD「RON CATER」1980

ロン・カーターは、1960年代後半のマイルス・デイビス・グループやその後のハービー・ハンコック・トリオと、ジャズの一翼を担ったベーシストです。

彼の演奏は、40年近く前に山中湖のジャズフェスティバルでハービー・ハンコック・トリオとして、また、30年ほど前に静岡・ニューキラクホールでベニー・ゴルソン・オール・スターズの一員として来日した時び聴いたことがあります。

それから、ずいぶん経ちました。彼は82歳。
最近では上原ひろみトリオのベースのアンソニー・ジャクソンやデーブ・グルーシン・ビックバンドのギターのリー・トナーと高齢のミュージシャンが病気で来日ができなかったので、少し心配でした。

演奏は、カーターがピッコロベースを弾き、ベースがレオン・メイルソン、ピアノがドナルド・ベガ、ドラムスがベイントン・クロスリー、加えてマキシーン・ヌーマン、キャロル・バック、アレキサンドリア・ジョーズ、シビル・ジョナーの4人がチェロで加わるというジャズを聴き慣れた僕には変わった構成でした。

太くやわらかいカーターのベースは昔と変わりはないけれど、チェロが入ると演奏が落ち着きます。

アドリブやバトルの応酬というスリリングな場面もなくジャズらしくはありませんが、ゆったりと聴けました。

関連エントリー
上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクトを聴いてきました 2016.11.19
デイヴ・グルーシン・ビック・バンドのコンサートに行ってきたけれど 2018.11.09

| | コメント (0)

2019.12.05

上原ひろみ JAPAN TOUR 2019 ’SPECTRUM’に行ってきました

先日(11月30日)、静岡市清水市民文化会館(マリナート)で開催された、上原ひろみのJAPAN TOUR 2019 ’SPECTRUM’に行ってきました。

これまでにトリオ・ザ・プロジェクトでマリナート、矢野顕子やエドマール・カスタネーダとのデュオで静岡市民文化会館で開催された時はいずれも中ホールでしたが、今回は大ホールで満員でした。

今回のツアーは、新作のソロアルバム「Spectrum」の発売を記念したピアノソロコンサートで、選曲も「Spectrum」からされています。

コンサートは、期待どおり上原のパワフルでドライブし、そしてチャーミングなピアノが聴けました。

中でも、ガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」は圧巻です。
僕はこれまでに、暴雨風雨のような暴力的な「ラプソディ・イン・ブルー」を聴いたことがありませんでした。それできてけっして破綻しない。心を揺さぶられる演奏でした。

191130
・ CD:SPECTRUM/上原ひろみ

関連エントリー:Spectrum/上原ひろみ 2019.09.30

| | コメント (0)

2019.11.27

Super Folk Song/矢野顕子

「スーパーフォークソング」は1992年にリリースされた矢野顕子のピアノ弾き語りアルバムです。

それが2年ほど前にアナログ盤で再発するとアナウンスされ注文しておいたのですが、最近になってようやく発売されました。

矢野のピアノの弾き語り、アナログレコードで聴きたいものね...

191127
・ Super Folk Song/矢野顕子

収録曲は、「Super Folk Song」や「PRAYER」(作曲はパット・メセニー!)など矢野が手がけた曲もありますが、あがたもりおの「大寒町」や小室 均の「夏が終わる」、山下達郎の「スプリンクラー」、鈴木慶一の「塀の上で」などのカバーが中心です。

中でも宮沢和史の「中央線」はしっとりと切ないです。

矢野は人の書いた曲を数多く歌っていますが、矢野が歌うと矢野の歌になってしまうのが凄いですね。
彼女の音数が少なくシンプルなピアノがその一因になっているのかな。

とても大切に聴きたいアルバムです。

LP/CDSuper Folk Song
矢野顕子/GREAT TRACKS/2019(オリジナル 1992)

SIDE A
01. SUPER FOLK SONG
02. 大寒町
03. SOMEDAY
04. 横顔
05. 夏が終わる
06. HOW CAN I BE SURE
07. MORE AND MORE AMOR
SIDE B
01. スプリンクラー
02. おおパリ
03. それだけでうれしい
04. 塀の上で
05. 中央線
06. PRAYER

・ LP・CDの紹介一覧 M0196

-----
Amazon.co.jp アソシエイト

| | コメント (0)

2019.11.20

ベスト・オブ・ベスト/ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

僕はベスト盤はあまり買いませんが、このベートーヴェンのベスト盤はピーナッツのジャケットに惹かれて買ってしまいました。なんたってベベートーヴェンを崇拝する天才ピアニスト、シュローダーだもの。

ピーナッツ40周年を記念してリリースされた「ハッピー・アニバーサリー、チャーリー・ブラウン」やスタン・ゲッツの「チルドレン・オブ・ザ・ワールド」もピーナッツのジャケットが魅力的です。

191120
・ CD(上):HAPPY ANNYIVERSARY,CHALIE BROWN!
・ CD(下):BEETHOVEN BEST OF THE BEST
・ LP:Children of the world/Stan Getz

このアルバムは2枚組で、交響曲やバイオリンやピアノのソナタ、歌劇などのダイジェストが収められています。

2020年はベートーヴェン生誕250周年だそうです。このアルバムを足がかりにベートーヴェンを聴いてみようかな。

LP/CDベスト・オブ・ベスト
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
Grammophon/2019

Disc-1
01. 交響曲 第5番 ハ短調 作品67《運命》- ウィーン・フィル & カルロス・クライバー
02. ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス 第2番 ヘ長調 作品50 - アンネ=ゾフィー・ムター & ニューヨーク・フィル & クルト・マズア
03. ガテル 第25番 イ短調 WoO 59 《エリーゼのために》- ラン・ラン
04. ヴァイオリン・ソナタ 第5番 ヘ長調 作品24《春》: 第1楽章: Allegro - ギドン・クレーメル & マルタ・アルゲリッチ
05. ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 作品27の2 《月光》- マレイ・ペライア
06. ピアノ三重奏曲 第7番 変ロ長調 作品97《大公》- ボザール・トリオ
07. ピアノ・ソナタ 第17番 ニ短調 作品31の2《テンペスト》- エミール・ギレリス
08. 序曲《コリオラン》 作品62 - ウィーン・フィル & クラウディオ・アバド
09. アデライーデ 作品46 - フリッツ・ヴンダーリヒ & フーベルト・ギーゼン
10. ミサ・ソレムニス ニ長調 作品123: 1. キリエ:主よ、あわれみたまえ (I) - エッダ・モーザー & ハンナ・シュヴァルツ & ルネ・コロ & クルト・モル & ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 & レナード・バーンスタイン & バーナード・バーテリング & ヒルヴァーサム・オランダ放送合唱団
11. ミサ・ソレムニス ニ長調 作品123 - エッダ・モーザー & ハンナ・シュヴァルツ & ルネ・コロ & クルト・モル & バーナード・バーテリング & ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 & レナード・バーンスタイン & ヒルヴァーサム・オランダ放送合唱団
12. ミサ・ソレムニス ニ長調 作品123: 1. キリエ:主よ、あわれみたまえ (II) - エッダ・モーザー & ハンナ・シュヴァルツ & ルネ・コロ & クルト・モル & ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 & レナード・バーンスタイン & バーナード・バーテリング & ヒルヴァーサム・オランダ放送合唱団
13. 歌劇《フィデリオ》作品72: 良い妻を娶った者は - Leonie Rysanek & イルムガルト・ゼーフリート & エルンスト・ヘフリガー & フリードリヒ・レンツ & キート・エンゲン & ゴットロープ・フリック & バイエルン国立管弦楽団 & フェレンツ・フリッチャイ & バイエルン国立歌劇場合唱団
Disc-2
01. 交響曲 第7番 イ長調 作品92 - ウーン・フィル & カルロス・クライバー
02. 劇音楽《アテネの廃墟》作品113 - ベルリン・フィル & ベルンハルト・クレー
03. ピアノ協奏曲 第4番 ト長調 作品58 - クリスチャン・ツィメルマン & ウィーン・フィル & レナード・バーンスタイン
04. チェロ・ソナタ 第3番 イ長調 作品69: 第2楽章: Scherzo (Allegro Molto) - ミッシャ・マイスキー & マルタ・アルゲリッチ
05. ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 作品13《悲愴》- ヴィルヘルム・ケンプ
06. ピアノ・ソナタ 第23番 へ短調 作品57《熱情》: 第3楽章: ALLEGRO, MA NON TROPPO - PRESTO- ダニエル・バレンボイム
07. ピアノと管楽のための五重奏曲 変ホ長調 作品16: 第3楽章: Rondo (Allegro ma non troppo)- ジェイムズ・レヴァイン & アンサンブル・ウィーン=ベルリン
08. 弦楽四重奏曲 第9番 ハ長調 作品59の3《ラズモフスキー第3番》: 第4楽章: Allegro molto - アマデウス弦楽四重奏団
09. 君を愛す WoO123 - フリッツ・ヴンダーリヒ & フーベルト・ギーゼン
10. 悲劇《エグモント》付随音楽 作品84: 序曲 - ウィーン・フィル & クラウディオ・アバド
11. 交響曲第9番 ニ短調 作品125《合唱》: 第4楽章 Presto - 「おお友よ、このような音ではない」 - Allegro assai - アンナ・トモワ=シントウ & アグネス・バルツァ & ペーター・シュライアー & ジョゼ・ヴァン・ダム & ベルリン・フィル & ヘルベルト・フォン・カラヤン & ウィーン楽友協会合唱団

・ LP・CDの紹介一覧 M0195

-----
Amazon.co.jp アソシエイト

| | コメント (0)

2019.11.06

ロジャー・ウォーターズのライヴ・フィルム「US+THEM 日本版トレイラー」が11月30日、一夜限りの公開! でもこの日は...

ロジャーウォーターズのライヴ・フィルム「US+THEM 日本版トレイラー」が、11月30日に全国都市17箇所の映画館で公開されるそうです。

静岡は静岡東宝会館です。


Roger Waters US+THEM 日本版トレイラー

でも、この日、清水で上原ひろみのコンサートがあって行けないんだよね ^^;

| | コメント (0)

2019.11.05

矢野顕子のアナログ盤「SUPER FOLK SONG」が、ほぼ3年越しで発売される

Amazonから注文した商品の発送日が決まったというメールが届きました。

注文をしてまだ届いていないものはないなあと思いながらメールを読むと、2017年2月に予約注文した矢野顕子のアナログ盤の「SUPER FOLK SONG」でした。

すっかり注文したことを忘れているというか、アナログ盤の製造は取り止めになったと思っていました。

191105

「SUPER FOLK SONG」 は、1992年にリリースされたピアノの弾き語りのアルバムで、あがた森魚や山下達郎、佐野元春、大貫妙子などの作品をカバーしています。

僕は、宮沢和史の「中央線」をアナログ盤で聴きたくなって予約をしました。

11月下旬の到着が楽しみです。

| | コメント (0)

2019.10.27

MATAL GALAXY/BABYMETAL

ベビーメタルの2枚組のサードアルバム「MATAL GALAXY」がリリースされました。3年振りのニューアルバムです。

YUI-MATALが脱退した後、パフォーマンスがどうなるのか気になっていました。

「METAL GALAXY」は、これまでの2枚に比べてまとまって聴きやすくなった感じます。

ただ、これまでのような様々な音楽を取り込んだおもちゃ箱をひっくり返したようなワクワク感は薄れました。

バンドが成熟したということだろうか。

LP/CDMETAL GALAXY
BABYMATAL/TOY'S FACTORY/2019

Disc-1
01. FUTURE METAL
02. DA DA DANCE (feat. Tak Matsumoto)
03. Elevator Girl
04. Shanti Shanti Shanti
05. Oh! MAJINAI (feat. Joakim Brodén)
06. Brand New Day (feat. Tim Henson and Scott LePage)
07. ↑↓←→BBAB
08. Night Night Burn!
Disc-2
01. IN THE NAME OF
02. Distortion (feat. Alissa White-Gluz)
03. PA PA YA!! (feat. F.HERO)
04. BxMxC
05. Kagerou
06. Starlight
07. Shine
08. Arkadia01. BABYMETAL DEATH

・ LP・CDの紹介一覧 M0194

-----
Amazon.co.jp アソシエイト

| | コメント (0)

2019.09.30

Spectrum/上原ひろみ

上原ひろみのソロアルバムです。上原はトリオもデュオもいいですが、ソロもいいですね。

彼女のピアノは力強くカラフルで、そしてチャーミングです。

アルバムでは、上原流のビートルスの「ブラックバード」やガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」も聴けます。

11月には清水にコンサートに来ます。これまでトリオ・ザ・プロジェクト、矢野顕子やエドマール・カスタネーダとのディオをライブで聴きました。いずれもすばらしい演奏でしたので、今回のソロライブがとても楽しみです。

また、このアルバムにはボーナスCDとして、2010年にブルーノート・ニューヨークのソロライブ盤が付属しています。
10年前のソロも力強いピアノですが、今はそれに加えてチャーミングというか柔らかさが加わったように感じます。

LP/CDSpectrum
上原ひろみ(p)
上原ひろみ/TELARC/2019
 
01. Kaleidscope
02. Whiteout
03. Yellow Wurlizer Blues
04. Spectrum
05. Blackbird
06. MR. CC
07. Once in a blue Moon
08. Rhapsody in Various Shades of Blue
09. Sepia Effect
[Bonus Disc]
Live at Blue Note New York 2010
01. BQE
02. Sicilian Blur
03. Choux a la Creme
04. Pachelbel's Canon Viva! Vegas
05. Show City,Show Girl
06. Daytime in Las Vegas
07. THe Gambler
08. Place to Be

・ LP・CDの紹介一覧 M0193

-----
Amazon.co.jpアソシエイト

| | コメント (0)

2019.09.05

山下達郎 PERFORMANCE 2019に行ってきました

少し前になるのですが8月4日に静岡市民文化会館大ホールで行われた「山下達郎 PERFORMANCE 2019」に行ってきました。

僕は山下達郎さんは、どうしても大瀧詠一さんとのつながりで聴いていて、大瀧さんが亡くなった後、大瀧サウンドのかけらを聴けるのは山下さんしかないと思い出かけていきました。
生粋の山下達郎ファンの人には申し訳ありません。邪道ですね。

大瀧ファンからすると2曲目の「ドーナツ・ソング」では、大瀧さんの「福生ストラット」からの引用があってウキウキしました。そして中盤に演奏された「君は天然色」には感激しました。
大瀧さんが亡くなられ7回忌になり達郎さんの中で気持ちの整理がついたのかなあ。コンサートで少しずつ大瀧ナンバーも取り上げたいとのこと。いっそのことカバーアルバムを1枚作ってくれないかな。

コンサートは、18時に始まって21時過ぎまで3時間と少し、本人が出ずっぱりであの声量とパフォーマンスを展開されました。僕が行くコンサートの多くは2時間30分程度、中断があったりバックバンドの演奏があったりと休む時間があります。今年、66歳になるという達郎さんに敬服です。

また、アリーナなどの数万人が収容できる会場でのコンサートはやらないとのこと。全国の地方都市を毎年数十箇所まわるのが主義で、ビックネームになっても初期のスタンスは変わらずコンサートに手作り感が感じられるのは、彼の音楽と聴き手に対する態度なんだと思いました。

ただ、来年はオリンピック・パラリンピックがあり、会場や宿が取るのが難しいためコンサートを行わないとのことでした。また、コンサートや録音の機材に新しい技術が導入されてるため1年間勉強をしたいとも言っていました。

今、コンサートでも話にでていた、1973年のはっぴいえんどの解散コンサートのLPを聴いています。このコンサートで山下さんは、大瀧詠一とココナツバンクのコーラスにシュガーベイブとして参加しています。その後、シュガーベイブやナイアガラトライアングルと山下さんの活動が始まります。

190905
・ ライブ・はっぴいえんど/はっぴいえんど
※ 1973年のはっぴいえんど解散コンサートに山下さんは大瀧詠一とココナツ・バンクにシュガーベイブのメンバーでコーラスに参加している。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧