カテゴリー「ニュース」の917件の記事

2020.01.23

新型コロナウイルスはどんなもんなんだろう?

新型コロナウイルスは、中国・武漢市で感染が確認され徐々に中国国内、タイ、香港、マカオ、そして日本でも感染者が確認されています。

日本経済新聞によると、23日20時時点で中国で632人の感染が確認され、そのうち17人が死亡しています。人口の多い中国の都市部を考えるとそれほど爆発的に広がっているとは思えませんが、武漢やその周辺都市で移動を制限しているとなると、感染者が今後増えるかもしれません。

ウィルスの伝搬力や病原性を知りたいところだけれど、情報はまだ出ていません。

引用文新型肺炎、拡散速度に警戒 中国、異例の「都市封鎖」
中国政府は23日、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡散を防ぐため、同市や周辺地域の交通を遮断する事実上の封鎖措置に踏み切った。世界保健機関(WHO)が海外への感染拡大を警告する「緊急事態」宣言の是非を協議するなか、異例の手段で封じ込めを急ぐ。全国の春節(旧正月)商戦にも悪影響を与え始めており、減速する中国経済に新たな重荷になりそうだ。
新型肺炎の致死率は約3%と、同じコロナウイルスが原因の重症急性呼吸器症候群(SARS)の10%弱、中東呼吸器症候群(MERS)の30%以上を下回る。ただ1人の発症者が多人数に感染を広げる「スーパースプレッダー(超感染拡大者)」が出現した疑いもあるなど、年初からの感染者数は600人を超えた。拡大のスピードは発生3カ月後に中国・広東省で300人の感染者が発表されたSARSを上回る可能性がある。
-----
中国メディアによると、日本時間23日午後8時時点で中国国内の感染者は合計632人に膨らみ、死者数は17人に達した。中国政府は23日から武漢を出発する航空機や高速鉄道のほか、武漢市内の地下鉄やバス、客船の運行を中止した。隣接する黄岡市や鄂州市でも公共交通機関を停止した。
ただ人口約1100万人の武漢で春節休暇を待たずに出発した市民も300万人を超えたとの観測もあり、封鎖で感染拡大をどこまで抑止できるか不透明な面もある。
2020.01.23/日本経済新聞

| | コメント (0)

2020.01.16

2019年の交通事故死亡事故者が過去最低

警察庁が発表した2019年の交通事故の死亡者数が1948年以来最低の3215人、10万に当たりの死亡者数は2.54人でこちらも過去最低になっています。
ピークが1970年の死亡者数16765人、10万人当たり死亡者数16.33人(いずれも過去最高)だったので隔世の感があります。
道路やクルマの安全対策や規制の強化の効果があったということかな。

20011601

ところで、最近クローズアップされている高齢者が1次原因者となる死亡事故も減っています。

20011602

ただ、年齢階層別にみるとやはり高齢者が死亡事故を起こす割合は高いです。

20011603

2018年のデータですが、原付バイク以上で死亡事故を一番起こした階層は、85歳以上の10万人当たり16.3人、次が16~19歳の11.4人、80~84歳の9.2人と続きます。
全年齢層平均の3.8人より高いのは、85歳以上、16~19歳、80~84歳、75~79歳、20~24歳、70~74歳の順になっています。

このことを考えると70歳を超えたら免許証の返納をそろそろ考えるべきなのかな。クルマの自動運転化は急速に進むだろうけれど...

| | コメント (0)

2020.01.15

Windous7のサポートが昨日終わった。でも、このブログには7以前のバージョンのアクセスが相当数ある

MS Windous7のサポオートが昨日終わりました。サポートが終わったといっても使えなくなるわけではなく、不具合の修正やセキュリティアップデートが行われなくなるということです。
セキュリティのアップデートが行われなくなればインターネット上のリスクが大きくなるわけで、10に更新せざるを得ないのだろうけれど...

僕は10がリリースされた直後に、7から10に無償アップデートしました。
その時はPCの能力からアップデートに不安がありました。でも、10は処理速度は7並に使えたので、今もその当時のPCを使っています。
ただ、時々、ハードディスクにバックグラウンドで頻繁にアクセスし、処理速度が極めて遅くなることには辟易としています。これについては、いろいろ設定を変更してみましたが解決しません。

日本経済新聞によると7は、まだ2割のPCで使われているとのことです。OS全体の割合なのかWindowsでの割合なのかわかりませんが、実数では1400万台のPCで7が使われているそうです。

このブログの2020年1月1日から14日までのOS別のアクセス数を調べてみると、OS全体では24%が7以前のバージョンで、Windowsに限れば28%が7以前のバージョンでアクセスしています。
さすがにVISTAやXPは少ないものの7は現役で使われています。

20011501

20011502

セキュリティーの問題がなければ、高機能を使わない僕には最新のブラウザが使えればXPで十分だもの。

引用文ウィンドウズ7、サポート終わる 搭載パソコン1400万台
米マイクロソフト(MS)の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」のサポートが14日、終了した。デルなどパソコン各社は新型への買い替えを促すが、現状では国内のパソコンの2割に上る約1400万台がウィンドウズ7を搭載したままだ。サポート終了後はコンピューターウイルスに感染するリスクが高まるといい、MSはOSの更新やパソコン買い替えを呼びかける。
2020.01.15/日本経済新聞

| | コメント (0)

2019.12.30

オリオン座のベテルギウスが超新星爆発するかも

オリオン座の赤い1等星 ベテルギウスが10月以降、通常の2.5分の1程度の明るさになっているという米ビラノバ大学の調査結果をCNNが報じていました。

191230
・ オリオン座の代表的な恒星

ベテルギウスは以前から輪郭がはっきりしなくなっており、寿命が尽きるのではないかと言われていました。

それに加えて暗くなってきているんですね。

ベテルギウスは巨大な恒星で、仮に超新星爆発が起きれば相当目立ちますね。それとオリオン座の形が変わってしまう。

地球からの距離が約700光年とすれば、すでに爆発をしているかもしれません。

関連エントリー:ベテルギウス、そんなに暗くは見えないけれど 2019.12.31

引用文オリオン座のベテルギウスに異変、超新星爆発の前兆か 天文学者
冬の夜空に赤く輝くオリオン座のベテルギウスが、この数カ月間で急激にその明るさを失っているとする観測結果がこのほど発表された。天文学者らは超新星爆発を起こす前触れの可能性があると指摘している。
ベテルギウスに関する論文を今月8日に発表した米ビラノバ大学のエド・ガイナン教授は、CNNの取材に答え、ベテルギウスの明るさが10月以降著しく低下していると述べた。現在は通常時の2.5分の1程度の明るさで、夜空の星の中で23番目前後の順位に下がった。一時期は9番目に明るい星だったという。
ガイナン氏らのチームは、ベテルギウスを1980年から継続的に観測している。過去50年間でこれほど急激に暗くなったことはないため、何か尋常でない事態が起きようとしている可能性があると考えられる。
ガイナン氏は超新星爆発に向かう段階にあることを示唆したが、そうした動きは星の深層部で起こる。極めて巨大なベテルギウスの場合、観測によってその過程を明らかにするのは不可能だ。
ベテルギウスは地球からの距離が約700光年と、太陽系を含む銀河系の中でかなり近くにある恒星の1つ。誕生から900万年ほどが経過しているとされる。通常、このサイズの星が1000万年を超えて存在し続けることはなく、今後20万~30万年の間に超新星爆発を起こしてその一生を終えるとガイナン氏は見ている。
これまでにもベテルギウスは一定の周期で明るさを変えていたが、今回は過去数年と比べ劇的なペースで輝きを失っている。数学モデルに従えば来月半ばには暗くなる周期が終了するものの、ガイナン氏によると再び明るくなるかどうかは必ずしも断定できないという。
実際に超新星爆発が起きれば、昼でも肉眼で見えるくらいの明るさになるとガイナン氏は指摘。そのときは赤かったベテルギウスが青い光となって3~4カ月輝き続ける。完全に消えるまでには、およそ1年かかるとみられる。
2019.12.27/CNN.co.jo

| | コメント (0)

2019.12.19

乗用車等新車の衝突被害軽減ブレーキが義務化されます

国土交通省から乗用車などの衝突被害軽減ブレーキの義務化のアナウンスがありました。

衝突被害軽減ブレーキの義務化は段階的に進められ、国産の新車では2021年11月からです。

ブレーキの能力として、前方の止まっているクルマに50km/hで近づいた時に、衝突しないか衝突しても0km/h以下となることや 、20km/hで走行する前方のクルマに対して50km/hで近づいた時に衝突しないことが求められています。また、 5km/hで横断してくる歩行者に対して、20km/hで近づいた場合に衝突しないことも求められています。
義務化まで2年足らずですが、既にメーカーでは対応が可能なのでしょう。

実際、僕の乗っているシエンタにも作動したことはないけれ、プリクラッシュセーフティシステムという衝突を回避する機能が付いています。
これは、車速が約15~140km/hで前方のクルマとの相対速度が約15km/h以上の時に追突警報が、約30~80km/hので相対速度が約30km/h以上の時にブレーキアシストが、約10~80km/hで相対速度が約10km/h以上の時にブレーキがかかります。
ただ、このシステムは歩行者はもちろんオートバイや自転車は対象外なので、義務づけの基準には達していません。

他にペダル踏み間違い急発進抑制装置の認定と公表や自動速度制御抑制装置のガイドラインの公表などが盛り込まれています。

191219

参考:交通安全緊急対策に係る車両安全対策の措置方針について 2019.12.17/国土交通省

関連エントリー:プリクラシュセーフティシステム - ハイブリッドカーに乗り換えた 5 2017.07.17

| | コメント (0)

2019.12.17

恒星「カムイ」とその惑星「チュラ」、素敵な名前ですね

国際天文学連合(IAU)の「太陽系外惑星命名キャンペーン」で、日本に割り当てられた太陽系外惑星系には、恒星に「カムイ(Kamui)」、惑星に「ちゅら(Chura)」という名前が付けられることが決まったそうです。

「カムイ(Kamui)」はかんむり座の方向にある恒星「HD 145457」、「ちゅら(Chura)」はそれを公転する巨大ガス惑星「HD 145457 b」です。

アイヌ語や沖縄・琉球語からとった自然に対する尊敬と畏怖を表した素敵な名称ですね。

当然、高性能な天体望遠鏡でしか見られません。

191217
クレジット:国際天文学連合 ※ 画像をクリックすると別ウインドウで拡大表示します。 

参照:太陽系外惑星系の名称決定、日本からの命名は「カムイ」、「ちゅら」 2019.12.17/国立天文台

| | コメント (0)

2019.11.28

2019年12月1日施行の改正道交法で運転中のスマホ使用の罰則が強化されます


2019年12月1日施行の改正道路交通法で運転中のスマートフォン等の使用の罰則が強化されます。

運転中の携帯電話等の使用した場合の罰則強化され、特にそれが事故につながった場合はそれだけで免許停止になります。

カーナビも対象になるようだから注意しないといけないね。

191128

改正道路交通法(令和元年12月1日施行)
(運転者の遵守事項)
第七十一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百十八条第一項第三号の二において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。同号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。第百十八条第一項第三号の二において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。 

| | コメント (0)

2019.11.09

2019/20シーズンのインフルエンザワクチンを接種しました

今日、普段利用している近所の内科医院でインフルエンザワクチンの接種をしてきました。

2019/20シーズンのワクチンもA/H1N1 pam09、A/H3N2とB型2種の4種混合ワクチンです。

2019 年度インフルエンザ HA ワクチン製造株の決定について
A 型株
 ・A/ブリスベン/02/2018(IVR-190)( H1N1)pdm09 ・ A/カンザス/14/2017(X-327)(H3N2)
B 型株
 ・B/プーケット/3073/2013(山形系統) ・B/メリーランド/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統)
2019 年度インフルエンザ HA ワクチン製造株の決定について 2019.04..18/厚生労働省健康局

静岡新聞によると、今年の流行は例年より1ヶ月早く、ピークが年内になる見込みということです。

今年はこれまで気温が高かったわりには流行が早いですね。

引用文インフル流行始まる 静岡県内、例年より1カ月早く
静岡県は8日、静岡県内でインフルエンザの流行が始まったと発表した。県内139の定点医療機関から報告された平均患者数が10月28日~11月3日の週に1.15人となり、流行開始の目安の1人を超えた。流行開始時期は例年より1カ月ほど早く、記録が残る2001年以降では、新型インフルエンザが流行した09年を除き最も早かった。
地域別の平均患者数は中部が3.07人で最も多く、西部が1.63人、東部が0.88人。
県疾病対策課は「例年通りのペースで流行が拡大すると、ピークは12月上旬から中旬になる」との見込みを示した。県内ではA型ウイルスが約9割を占めているという。同課はこまめな手洗いやマスクの着用、室内の換気や湿度調整などの予防策を呼び掛けている。
2019.11.09/静岡新聞

| | コメント (0)

2019.11.07

中部横断自動車道 富沢IC-南部IC間が11月17日に開通

中部横断自動車道の未開通区間のうち富沢IC-南部IC間の6.7kmが11月17日に開通するそうです。静岡新聞が報じていました。

これで静岡から南部までは、東名や新東名と中部横断自動車で一本で行けます。開通したら走ってみます。

191107

関連エントリー:共用が開始された中部横断自動車道 新清水JCT-富沢IC間を走りました その1 2019.03.18

引用文富沢-南部11月17日開通 中部横断道、8割強が供用へく
国土交通省は27日、中部横断自動車道の山梨県区間の富沢インターチェンジ(IC)-南部IC間(6.7キロ)が11月17日午後3時に開通すると発表した。同省は8月、それまで「2019年夏ごろ」としていた開通時期が「11月に遅れる」と発表していた。
同区間の完成で新東名高速道新清水ジャンクションと中央自動車道とを結ぶ延長74キロのうち、8割強の61キロが供用される。
中部横断道を巡っては3月、19年度中の予定だった新東名高速道と中央自動車道とを結ぶ区間の全面開通が「20年内」に遅れると公表された。
山梨県内で残る未開通区間の南部IC-下部温泉早川IC間(13.2キロ)のトンネル工事が難航したのが原因だという。
2019.09.28/静岡新聞

| | コメント (0)

2019.10.22

富士山初冠雪 2019年

今日(2019.10.22)、富士山で初冠雪があったそうです。甲府地方気象台が発表しました。

平年に比べ22日とかなり遅い初冠雪です。

191022

これまで暑かったものね。

引用文富士山が初冠雪 平年より22日遅く
富士山の初冠雪が22日、甲府地方気象台から発表された。平年より22日遅く、昨年より26日遅い。静岡県側でも雲が薄くなった同日昼ごろ、山頂付近がうっすらと雪化粧した姿が確認された。
気象庁の地域気象観測システム(アメダス)によると、富士山頂では21日夜に氷点下4.3度まで冷え込んだ。静岡地方気象台は、台風20号から変わった温帯低気圧が東海沖を通過し、県内に北からの寒気が流れ込んだ影響と説明。同時に降雨もあり、冠雪しやすい条件になったという。
2019.10.22/静岡新聞

| | コメント (0)

より以前の記事一覧