カテゴリー「ニュース」の848件の記事

2018.07.09

今日、東海地方は梅雨明け 2018年

今日、7月9日に東海地方は梅雨明けした見られると名古屋地方気象台から発表がありました。

平年より12日、昨年より6日早い梅雨明けで、梅雨日数は34日です。

東海地方の梅雨入りと梅雨明け(確定値)

2018年 静岡の梅雨期間の累積降水量

梅雨の期間の静岡の降水量は、418.0mm(6/6~7/8)で平年の454.8mm(6/8~7/20)に比べ、日数が短い割に多くなっています。

今日の静岡は、梅雨明けに相応しい晴天の暑い一日でした。

2018.07.09 浜松市中区

2018.07.09 浜松市中区
・ 2018.07.09 浜松市中区

また、西日本を中心に大きな被害がでている台風7号や梅雨前線による大雨を「平成30年7月豪雨」と命名したそうです。

引用文梅雨の時期に関するお知らせ
東海地方は梅雨明けしたと見られます。
本州付近は太平洋高気圧に覆われて、東海地方では晴れている所が多くなっています。
向こう一週間も、大気の状態が不安定となって局地的に雨の降る日はありますが、太平洋高気圧に覆われておおむね晴れる見込みです。
このため、東海地方は7月9日ごろに梅雨明けしたと見られます。
今年の梅雨明けは平年(7月21日ごろ)と比べ12日早く、昨年(7月15日ごろ)と比べ6日早くなりました。
(参考事項)
平年の梅雨明け 7月21日ごろ
昨年の梅雨明け 7月15日ごろ
梅雨期間降水量(6月6日から7月8日まで)(速報値)
降水量(ミリ)平年値(ミリ)
-----
浜松 375.0 277.2
静岡 418.0 346.6
-----
(注意事項)
・梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。
・梅雨の時期に関する気象情報は、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに発表する情報です。後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、本情報で発表した期日が変更となる場合があります。
2018/07/09/読売新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.24

「はやぶさ2」がリュウグウまであと26km

2014年12月3日に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」が、いよいよ目的地の小惑星 リュウグウ(162173)に到達します。

宇宙航空研究機構(JAXA)のはやぶさ2の特設サイトによると、16:40現在、リュウグウまでの距離は26kmです。
速度は0.02m/sと低速になっています。

 はやぶさ2プロジェクト/JAXA から画像引用 2018.06.24 16:40
はやぶさ2プロジェクト/JAXA から画像引用 2018.06.24 16:40

はやぶさ2が持ち帰るサンプルによる惑星や地球の海の水の起源、生命の原材料などの解明が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.16

房総半島沖でスロー地震が発生しているそうです

房総半島沖でスロー地震が発生していると、防災科学研究所がプレスリリースしていました。

確かにここ1ヶ月ほど千葉県周辺で最大震度1以上の地震が多く発生しています。(表中の地震とスロー地震は一致しません。)

2018.05.10~06.16に千葉県周辺で起こった最大震度1以上の地震

房総半島沖は、太平洋プレートがユーラシア(北米)プレートに沈み込み、プレートとプレートの境がゆっくりとすべるスロースリップが起こる場所です。

駿河湾沖でフィリピン海プレートがユーラシアプレートに沈み込むことにより浜名湖周辺でもスロースリップが観察されるけれど、それにともなう有感地震は房総沖に比べて少ないように感じます。

参考
・ 房総半島沖で「スロー地震」を検出 2018.06.11/防災科学研究所 PDF:512KB
・ 房総半島沖で「スロー地震」を検出(第2報:2018年6月14日版) 2018.06.14/防災科学研究所 PDF:578KB

----------
PDF形式のファイルの閲覧には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、下のバナーのリンク先からダウンロードしてください。

get_adobe_reader

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.07

静岡県で自転車保険加入が義務化される

静岡県議会は、来年度の施行に向け条例で自転車の保険加入を義務化する方向で検討しているそうです。静岡新聞が報じていました。

僕は原動機付き自転車については、強制保険に加えてクルマの任意保険のオプションとして入っていますが、自転車は加入していません。

自転車を使う機会はそれほどないけれど、自転車でも事故を起こした場合、補償が高額になるケースもあるそうだから、条例の施行を待たず加入しようと思います。

引用文自転車保険加入、静岡県条例で義務化 県議会制定検討
2020年東京五輪・パラリンピック自転車競技の本県開催に向け、全県挙げての「自転車の聖地」づくりを目指す中、県議会は25日、自転車事故によるけがや相手への損害賠償の備えを促進するため、自転車利用者らに保険の加入を義務付ける条例制定の検討に入った。議員提案で2018年度2月定例会に条例案を提出して可決し、19年度中に施行することを目指す。
県議会は6月21日開会予定の6月定例会で条例制定に向けた検討会を設置する方向で、最大会派の自民改革会議を中心に調整を進めている。制定されれば、自転車の保険加入を義務付ける条例は都道府県で7府県目になる。県内では静岡市が17年1月、保険加入を努力義務とする条例を制定している。
条例案は「県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例(仮)」。自転車を利用する本人や未成年者の保護者、業務で従業員に自転車を利用させる事業者、自転車貸付業者に対し、損害賠償保険や共済に「加入しなければならない」と定める。罰則規定は設けない。
2018/05/26/静岡新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.31

キヤノンがフィルムカメラの販売を終了

キヤノンがフィルムカメラの販売を終了したそうです。NHKが報じていました。先日は、富士フィルムから黒白フィルムの生産をこの秋に終了するとアナウンスがあったり、フィルムカメラは絶滅危惧状態になるのでしょうか?

手元には、一眼レフのNikon FE、Canon EOS kiss、コンパクトカメラのRICOH GR1、Konica A4があるけれど、全く使わなくなりました。
ただ、ニコンやキヤノンの一眼レフの交換レンズはデジタル一眼レフと互換性があるので使っています。

 左からCanon EOS kiss、Nikon FE、RICOH GR1、Konica A4
・ 左からCanon EOS kiss、Nikon FE、RICOH GR1、Konica A4

 左からCanon EOS kiss、Nikon FE、RICOH GR1、Konica A4

アナログレコードでは、昔のレコードを再生するにはアナログレコードプレーヤーが必要だし、最近はアナログの音質が見直されたりして、アナログレコード復活の兆しがあるけれど、写真の場合はあえてフィルムで撮影する必要はないものね。今、フィルムカメラを必要とするのはどんな場合だろう?

最近、少しずつ過去に取ったフィルムをスキャニングしてデジタル化しています。それで、気がついたのはワンシーンでシャッターを切る回数がデジタルに比べて、少ないことです。デジタルに比べてフィルム代や現像、プリントにコストがかかったものね。

関連エントリー:富士フィルムが黒白フィルム及び黒白印画紙の発売を終了 2018.04.11

引用文キヤノン フィルムカメラ販売終了 80年超の歴史に幕
「キヤノン」は、販売していた唯一のフィルムカメラの販売を終了し、創業から80年以上続けていたフィルムカメラの歴史に幕を降ろすことになりました。
発表によりますと、キヤノンは、会社で唯一のフィルムの一眼レフカメラ、「EOS-1v」の販売を終了するということです。
販売終了の理由について、会社では、デジタルカメラの普及に伴って、フィルムカメラは需要が縮小し、販売の継続が難しくなったためと説明しています。キヤノンは、会社が設立された1937年からフィルムカメラを販売してきましたが、その80年を超える歴史に幕を降ろすことになりました。
フィルムカメラをめぐって国内の大手メーカーでは「ニコン」が販売を続けていますが、富士フイルムが、ことし10月の出荷を最後に、白黒フィルムの販売を終了すると発表するなど事業を縮小する動きが続いています。
カメラメーカーで作る「カメラ映像機器工業会」によりますと、フィルムカメラの出荷のピークは1990年の538万台余りでした。※ フィルムカメラの出荷台数 1990年の100分の1
2018/05/30/NHK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.17

新東名高速道路 最高速度110km/h試行区間 新静岡IC-藤枝岡部IC間の平均速度は、上り線が104.3km/h、下り線が102.2km/h

中日新聞が、昨年11月から始まった新東名高速道路 最高速度110km/h試行の4月までの交通状況の静岡県警察の発表を報じていました。

記事よると4月まで半年間の新静岡IC-藤枝岡部IC間の第二車線の平均速度は、上り線が前年同期より0.4km/h速い104.3km/h、下り線が1.2km/h速い102.2km/hだったそうです。
最高速度110km/hの区間の割にはたいしたアップにはなっていないというのが感想です。

速度の計測はどこで行ったのだろうと記事を読んで疑問に感じました。

新静岡IC-藤枝岡部IC間には静岡SAがあります。上り線は藤枝岡部IC-静岡SA間が2車線、静岡SA-新静岡IC間が3車線です。一方、下り線は新静岡IC-静岡SA間が2車線、静岡SA-藤枝岡部IC間が3車線です。

110km/h区間でもトラックなどの大型車の最高速度は80km/hに制限され一番右側の車線を走ることとされています。ただ、2車線では追い越し車線を大型車が走っていることがあるので、普通車の最高速度が110km/hであっても110km/hに近い速度で走ることができず、全体のスピードが遅くなることがあります。

このため2車線区間と3車線区間では平均速度が違ってくると思います。
今回の平均速度の測定は、2車線区間で行ったのか3車線区間で行ったのか、両方の平均なのか、どうなんだろう。それと第二車線というのは3車線の真ん中の車線を言うのだろうか?

関連エントリー:新東名高速道路 最高速度110km/h試行区間を走ってみました 2017.11.04

引用文人身事故が減少 物損は増加 - 新東名最高速度110キロ 試行半年の交通状況
静岡県警は10日、昨年11月に新東名高速道路の新静岡インターチェンジ(IC)~森掛川IC区間で試行が始まった最高速度110キロについて、今年4月末まで半年間の交通状況を発表した。試行開始前の前年同期との比較で人身事故が減った一方、物損事故が増加。県警高速隊は「交通量が増えて物損事故の増加につながった可能性がある。人身事故の減少は、試行を機にした取り締まりの強化が功を奏したのでは」とみている。
人身事故は13件(前年同期比9件減)、物損事故は88件(同11件増)だった。試行区間内の新静岡IC-藤枝岡部ICの交通量は、上下線合わせて1日当たり1895台増の46871台。平均速度は上り線(第二車線)が前年同期より0.4キロ速い104.3キロ、下り線(同)が1.2キロ速い102.2キロとなり、大きな変化はなかった。
最高速度80キロに据え置かれた大型車との速度差による追突事故などは起きていないが、3月10日には掛川市原里の新東名高速上り線で、大型トラックが渋滞最後尾の乗用車に追突し、愛知県瀬戸市のパート従業員女性=当時(43)=が死亡する事故が起きている。
2018/05/11/中日新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.16

ヘッドライトは原則、上向きだけど

以前から茨城県警は、自動車のハイビームとロービームの使い分けについて熱心に啓発しています。
読売新聞に茨城県警の呼びかけの記事が掲載されていました。

道路交通法では、ハイビームは「前照灯」、ロービームは「すれ違い前照灯」とし、ハイビームが原則となっています。また、ロービームはすれ違いや先行車がハイビームを眩しく感じるときに使用することとされています。

また、乗用車は2019年10月以降の新型車(11人乗り未満)、'22年10月以降に生産される継続生産車(11人乗り未満)で、ハイビームとロービームを周囲の状況に合わせて自動的に切り替えるオートビームが義務化されます。

現在使っているシエンタにはオートライトの機能がありますが、クルマが少ない郊外の道路以外、ほとんどロービームで、ハイビームに切り替わることは希です。

関連エントリー
道交法ではヘッドライトは原則上向きなのか 2007.05.28
ヘッドライトのオートライト機能の義務化 - ハイブリッドカーに乗り換えた 2 2017.06.22

引用文ハイビーム切り替えないと罰則、「蒸発現象」も
栃木県警はドライバーに、ハイビームとロービームの小まめな切り替えが必要だと指摘している。
道交法では、夜間の走行では「前照灯(ハイビーム)などの灯火をつけなければならない」とする一方、他の車両とすれ違う場合や先行車がある場合には「灯火の光度を減ずる操作をしなければならない」として、ロービームに切り替えるよう定めており、違反には罰則も設けている。
ロービームは「すれ違い用前照灯」の名の通り、対向車のドライバーの目に強い光が入って運転を妨げないような照射角度になっている。
これに対し、ハイビームは光の照射角度も広い上、対向する車同士が使っていると、その間の横断歩道などを渡っている歩行者の姿が消えたように見えにくくなる「蒸発現象」の危険性もある。
県警交通企画課は「ハイビームの使用だけでなく、ロービームとの適切な切り替えについても呼びかけていきたい」としている。
2018/05/16/読売新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.06

シェアがレコード針の生産を終了

レコード針の老舗 シェアがその生産を今年の夏に終了するそうです。シェア・ジャパンがプレスリリースしていました。

デノンやオーディオ・テクニカ、オルトフォンと並びレコード針を生産していたシェアの撤退は寂しいです。

アナログ・レコードが復活の兆しがあるとはいえ、その需要は大きくないだろうから、これまでよく生産を続けてくれたという思いです。

シェアの針には質実剛健というイメージがあります。僕の使っているシェアのM44Gがそうなのかもしれないけれど、ジャズやロックをカッチリ鳴らすといた感じです。

SHURE フォノ カートリッジ M44G
・ SHURE フォノ カートリッジ M44G

ちなみにデノンは繊細、オーディオ・テクニカはオールマイティでといった感じかな。勝手なイメージですが... オルトフォンは使ったことがないのでわかりません。

レコード・プレーヤーもその針もレコードの最盛期に比べ、種類がだいぶ少なくなりました。

レコード針は針圧やアンチ・スケーティングの微妙な調整が必用で面倒だものね。それが楽しみでもあるけれど。

引用文Shureからのお知らせ フォノグラフカートリッジ生産終了について
Shureは、90年以上の間、最高の品質・信頼性・価値を持つ製品の製造販売に取り組んでまいりました。こうした取り組みを続けるためには材料、製造工程、試験の一貫性はもちろんのこと、需要の変動に対応する能力も求められます。近年、フォノグラフカートリッジ製品部門では、Shureの厳しい基準を維持することが困難になっており、その結果、コストや納入という点でShureブランドへのお客様の期待に応えることができなくなってまいりました。このような状況を踏まえて、検討に検討を重ねた結果、2018年夏よりShureフォノ製品の生産を終了するという苦渋の決断をするに至りました。
これまでの何十年にもわたるフォノ部門の活動より、この決断が大切なチャネルパートナーやエンドユーザーの皆様のご失望を招くであろうことは重々承知しておりますが、ご理解を賜りますよう何卒お願い申し上げます。長年にわたるShureフォノ製品に対するご支援とご愛顧に深く感謝申し上げます。フォノ製品がお客様の人生の一部を共にできたこと、ひいてはShureブランドを築き上げる一端を担ったことを誇りに思います。しかしながら、検討の結果、厳しさを増す状況の下で生産を続けるよりも部門を閉鎖することが、「Shureフォノ」の輝かしい歴史を守る上で最善の方法であるとの結論に達しました。
Shureは、これからもお客様の信頼に応える高品質の製品をお届けしてまいります。そして、現行および今後の製品において、お客様のご期待にお応えしてまいりたいと存じます。Shureは、新たな市場やオーディオファイル向けの製品分野に事業を展開していますが、その根底には卓越したパフォーマンスと技術革新に対する揺るぎない取り組みが常にあります。今後とも変わらぬご愛顧を賜りたくよろしくお願い申し上げます。
2018/05/01/シュア・ジャパン株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.23

旧青葉小のクスノキが歴史文化施設建設にともない伐採されるそうだ

駿府城の外堀と中堀の間は、県庁や裁判所、小中学校や高校などがある静岡の官庁・文教地区で、県庁の隣に静岡市立青葉小学校がありました。
青葉小は児童数の減少で2007年に中堀の反対側にある城内小に吸収される形で統合され葵小になり、今は建物は市クリエーター支援センター、グラウンドは観光バス用の駐車場になっています。

その建物が'21年度に市の歴史文化施設に建て替えられ、それにともない青葉小のシンボルになっていたクスノキが伐採されるそうです。静岡新聞が報じていました。

旧静岡市立青葉小学校正門のクスノキ
・ 旧静岡市立青葉小学校正門のクスノキ

このクスノキは僕の子どもの頃からあり当たり前の存在でしたが、新聞によると幕末からあったそうです。
そんな歴史のある樹とは知りませんでした。

クスノキの手前には今はあまり見なくなった二宮尊徳の像がある
・ クスノキの手前には今はあまり見なくなった二宮尊徳の像がある

もう新設される歴史文化施設の計画は決まっていて変更はできないのだろうけれど、静岡空襲も免れ幕末から生きてきたクスノキを伐採するのは残念です。

・ 関連Blogはこちらへ。

引用文旧静岡青葉小の歴史感じて まちづくり団体、6月に「文化祭」
2021年度の開館を目指す静岡市葵区の歴史文化施設工事開始に伴い、今年7月解体される旧青葉小校舎の記憶を残そうと、同市のまちづくり団体「シズオカオーケストラ」が記念イベント「うまれかわりの文化祭」を6月17日に開く。
-----
江戸時代には駿府城代屋敷があった同施設の建設予定地。明治以降、何度も姿を変えた。旧青葉小の前身の旧城内東小は静岡大空襲で焼失し、廃校に。進駐軍の接収や葵文庫(県立中央図書館の前身)の設置を経て、1954年に学校再建を切望する地元住民が資金を出し、旧青葉小を設立した。少子化の影響で閉校した2007年以降も市クリエーター支援センターなどとして活用された。
解体を機に、幕末から建設予定地に茂っていた旧青葉小のシンボルのクスノキの伐採も決まった。
2018/04/20/静岡新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.19

JR東海 在来線の駅に「駅ナンバリング」が導入され始めた

私鉄では一般的な路線記号と路線カラー、駅番号を組み合わせた「駅ナンバリング」が、JR東海の在来線TOICAエリアの駅に導入され始めました。

東海道本線は、路線記号が「CA」、路線カラーがオレンジで、駅番号が静岡駅は「17」、浜松駅は「34」です。

すでに静岡駅や浜松駅では、ホームの駅名標に「駅ナンバリング」がされていました。

JR静岡駅 東海道本線
・ JR静岡駅 東海道本線

JR浜松駅 東海道本線
・ JR浜松駅 東海道本線

引用文在来線駅に駅ナンバリングを導入します PDF 720KB
このたび、訪日外国人のお客様が、当社線をよりわかりやすく、安心してご利用いただ
けるように、在来線の駅に駅ナンバリングを導入し、更に案内を充実してまいります。
1. 対象駅(別紙)
・TOICAエリアを中心とする170駅(※1)
・訪日観光で人気の高い、中央本線、高山本線の6駅(※2) 合計176駅
※1 平成31年春にTOICAを導入予定の駅と熱海駅・国府津駅・米原駅を含む
※2 南木曽駅・上松駅・木曽福島駅・下呂駅・高山駅・飛驒古川駅
2. 表記方法
路線ごとに設定する路線記号(アルファベット2文字)・路線カラー、及び駅ごとに設定する駅番号(数字2桁)を組み合わせて表記
3. 表示箇所
・駅構内…ホーム上の駅名サイン、路線図(改札口、きっぷうりば)
・車内…路線図、英字テロップ等 ※一部の車両を除く
4. 導入時期
平成30年3月以降、順次導入
2018/12/13/東海旅客鉄道株式会社

----------
PDF形式のファイルの閲覧には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、下のバナーのリンク先からダウンロードしてください。

get_adobe_reader

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧