カテゴリー「ニュース」の947件の記事

2020.09.13

米国でレコードの売り上げがCDを上回ったというけれど

米国内のレコードの売り上げが30年以上ぶりにCDを上回ったという全米レコード協会の発表をAFPが報じていました。

でも記事を読むと、レコードが復活したと単純に喜べるものではありません。

レコードが物理的な媒体の62%を占めたけれど、CDなどを含めた物理的媒体全体の売り上げは前年同期比23%減とのこと。

売り上げの85%がストリーミングによるもので、こちらは前年同月比12%の伸びだそうです。

結局、CDの落ち込みが大きくLPもCDも音楽の媒体としてはマイナーということには変わりないのでしょう。

僕はいまだにストリーミングには慣れなくて、これからもLPやCDで音楽を聴くと思うけれど...

200913

引用文レコードの売り上げ、CDを上回る 米業界団体報告
米国内のレコードの売り上げが30年以上ぶりにCDを上回ったことが、全米レコード協会(RIAA)が10日に公表した報告で明らかになった。
今年上半期のレコードの売上額は2億3210万ドル(約246億円)と、CDの売上額1億2990万ドル(約138億円)を大きく上回った。
レコードの売り上げは物理的な媒体全体の62%を占めたが、物理的な媒体全体の売り上げは前年同期比23%減だった。RIAAはこれについて、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)によって、販売店が閉鎖されたためとしている。
レコード人気は、収集家やA面B面を懐かしむ流行に敏感な層によって復活していたが、今回レコードの売り上げがCDを上回ったことは、レコードにとって転機となったといえる。
だが、レコード市場はいまでもニッチなままだ。RIAAによると、今年上半期の収入の85%がストリーミングによるもので、前年同期比12%増の48億ドル(約5094億円)に上った。定額制(サブスクリプション)サービスの利用者増加が一因だという。
2020.09.11/AFP BB NEWS

| | コメント (0)

2020.09.08

台風第10号が勢力が保てなかったのは似たようなコースを通った8、9号の影響があるんですね

特別警報級にに発達と予想されていた台風第10号は、九州に近づくと勢力を保てなくなりました。

この原因は、似たようなコースを通った台風第8、9号により海水面がかき回され海水面の水温が下がり10号は発達できなかったと報じていました。

そういうこともあるのかと、気象庁の東シナ海を9号が通過した9月2日から10号が通過した7日までの1日ごとの海面温度の平年差のデータをアニメーションGIFにしてみました。

確かに9号が通過した9月3日以降、海面水温が下がっていることがわかります。

200908
・ 海面水温の平年差(2020.09.02~07)/気象庁
※ 画像をクリックすると別ウインドウでアニメーションGIFとして拡大表示します。

引用文台風10号 勢力弱まった要因 先行台風が海水温低下させた影響か
台風10号は一時、鹿児島県に接近する段階の中心気圧が930ヘクトパスカルと、特別警報級に発達すると見込まれましたが、東シナ海を通過する過程で発達が止まり、その後、勢力を弱めました。
この要因について専門家は、先行して東シナ海を通過した台風8号と9号が、周辺の海水温を下げたことが影響したと分析しています。
2020.09.07/NHK

| | コメント (0)

2020.09.06

BCGワクチンによる「免疫訓練」なんてあるんですね

以前から日本などのBCGワクチンの接種国は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による死者が少なく、BCGワクチンがSARS-CoV-2に効果があるのではと言われていました。

ただ、細菌である結核菌に効果があるBCGワクチンが、ウイルスであるSARS-CoV-2の重症化を抑制するのかよくわかりませんでした。

WIRDにBCGワクチンは免疫訓練の効果があるというオランダ・ラドバウド大学とギリシア・アティコン大学の研究チームが、Cellに投稿した研究結果が紹介されていました。

研究結果では65歳以上の患者の退院時にBCGワクチンかプラセボワクチンをランダムに接種したところ、1年間の追跡調査の結果、感染症の発症がBCG群は72人の25.0%で、プラセボ群は78人の42.3%で確認されたそうです。

このことからBCGワクチンには、自然免疫細胞が訓練されウイルス性呼吸器疾患全般に対する保護効果があるのではとのことです。

この研究では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者が少なく、BCGワクチンとSARS-CoV-2との関係を示すものではありません。ただ、今後研究が進みBCGワクチンのSARS-CoV-2に対する有効性が確認されれば、COVID-19対策の手段のひとつとして期待されます。

参照:BCGワクチンに新型コロナウイルス感染症からの「保護効果あり」との研究結果、その期待される“免疫訓練”のメカニズム 2020.09.05/WIRED

引用文ACTIVATE: RANDOMIZED CLINICAL TRIAL OF BCG VACCINATION AGAINST INFECTION IN THE ELDERLY
Highlights
•ACTIVATE is a prospective randomised trial of BCG vaccination in the elderly
•BCG decreased the time to first infection and the incidence of new infection
•Strongest protection was found against viral respiratory tract infections
•Epigenetic reprogramming and increased cytokine production was found in monocytes
Summary
BCG vaccination in children protects against heterologous infections and improves survival independently of tuberculosis prevention. The phase III ACTIVATE trial assessed whether BCG has similar effects in the elderly. In this double-blind, randomized trial, elderly patients (n=198) received BCG or placebo vaccine at hospital discharge, and were followed for 12 months for new infections. At interim analysis, BCG vaccination significantly increased the time to first infection (median 16 weeks compared to 11 weeks after placebo). The incidence of new infections was 42.3% (95% CIs 31.9-53.4%) after placebo vaccination and 25.0% (95% CIs 16.4-36.16%) after BCG vaccination; most of the protection was against respiratory tract infections of probable viral origin (hazard ratio 0.21, p: 0.013). No difference in the frequency of adverse effects was found. Data show that BCG vaccination is safe and can protect the elderly against infections. Larger studies are needed to assess protection against respiratory infections, including COVID-19.
2020.08.31/Cell

| | コメント (0)

2020.08.26

過去40年で太平洋側に接近する台風が増えているそうだ

東京など太平洋側の地域に接近する台風が過去40年で増えていると、気象庁気象研究所が報道発表していました。

また、接近する台風は、強度が強くなっており、移動速度が遅くなっていることもわかったそうです。

この原因は、日本付近の気圧配置の変化や海面水温の上昇などが原因となっているようです。

確かに静岡でもここ10年くらいの間に接近や上陸する台風が増えてような気かします。

実際、気象庁のデータで10年ごと1年の台風の接近数の平均をとってみると、1971年以降関東甲信越地域(伊豆諸島・小笠原諸島を除く)も東海地域も少しずつ増えています。

ただ、それ以前の1951年から10年と’61年から10年は、今と同じ3.5回程度台風が接近しています。

これから強く遅い台風の接近が増えると厄介ですね。

20082601

20082602

引用文過去40年で太平洋側に接近する台風が増えている
気象庁気象研究所は、過去の観測データ等を用いて、日本に接近する台風の特徴の変化を詳細に調査しました。その結果、過去40年で、東京など太平洋側の地域に接近する台風が増えていることがわかりました。これらの接近する台風については、強度がより強くなっていること、及び、移動速度が遅くなっていることもわかりました。これは、日本付近の気圧配置の変化や海面水温の上昇などが原因と考えられます。
2020.08.25/気象庁気象研究所

| | コメント (0)

2020.08.24

浜松でCOCOAによって新型jコロナウイルス陽性者が見つかった

浜松で厚生労働省の新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)から陽性者との接触の確認通知を受けた人が、検査の結果陽性だったそうです。浜松市が報じていました。

この人は県外で陽性者と接触し感染したようですが、両方ともCOCOAをインストールしていたんですね。

僕のCOCOAは依然、無反応です。

厚生労働省によると今日現在、COCOAのダウンロード数は約1,464万件だそうです。

 

20080401

20080402

引用文新型コロナウイルス感染症による患者確認について【188・189・190・191・192例目】(8月24日)
市189例目「患者概要」
1. 性別 男性
2. 居住地 浜松市中区
3. 年代 20歳代
4. 職業 会社員
5. 発症日 なし(無症状)
6. 症状 見症状
7. 考察・対応
* 8月20日(木曜日)に新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)からの通知を受け取ったため、本市帰国者・接触者相談センターに連絡。PCR検査を受検し陽性が判明した。
* 当アプリの通知によると接触日は8月13日(木曜日)で、当該患者は感染が拡大している県外(公表を望まない)に滞在していたことから、この滞在時の行動のなかで新型コロナウイルス患者に接触したものと推測される。
現在までに判明している濃厚接触者は1人(継続調査中)
2020.08.24/浜松市

| | コメント (0)

2020.08.07

小笠原・西之島が最終的にカルデラ噴火により沈んでしますかも

火山噴火が再び活発になり成長を続けている小笠原・西之島の今後について、海洋研究開発機構(JAMSTIC)のサイトに「西之島の今後の活動を注視する」というコラムが掲載されていました。

これは、現在は安山岩マグマの噴出で島が拡大しているものの、今後、玄武岩マグマが注入しカルデラ噴火を起こし海底カルデラになる可能性もあるとのことです。

実際に伊豆小笠原弧のうち伊豆弧には9個の海底カルデラがあるんですね。

200807
図2. 伊豆小笠原弧の火山島と海底火山。北緯30度以北の伊豆弧には黒瀬、明神海丘、明神礁、スミスカルデラなどのカルデラが9個存在する。 
【コラム】西之島の今後の活動を注視する/JAMSTICから画像引用
※ 画僧をクリックすると、別ウインドウで拡大表示します。

果たして、西之島の今後はどうなるのでしょう?

参照:西之島の今後の活動を注視する 2020.08.06/JAMSTIC

| | コメント (0)

2020.08.04

渋谷駅ハチ公前の青ガエルが秋田・大館市へ

渋谷駅ハチ公口で観光案内所として活用されていた東急5000系青が青ガエルが、秋田県大館市へ移設するため昨日撤去されたそうです。

最近、行っていないので実感としてわからないけれど、渋谷駅とその周辺は再開発が進み随分様変わりしたのでしょう。

僕には、渋谷駅といえばハチ公像よりも青ガエルのほうが印象に残っています。

200804

引用文「青ガエル」、渋谷と別れハチ公の生まれ故郷・秋田県大館市へ
東京・渋谷駅のハチ公前広場にある電車のモニュメント「青ガエル(全長11.22メートル、重さ約11トン)」を、忠犬ハチ公の生まれ故郷・秋田県大館市に移設する作業が3日、行われた。
青ガエルは1986年までの約30年間、東急東横線などで運行された車両「東急5000系」の愛称で、緑一色の塗装と丸みを帯びた外観からその名がついた。渋谷区が東急から車両を譲り受けて2006年に広場に設置し、観光案内所として使用してきたが、駅周辺の大規模再開発に伴い、ハチ公に縁がある大館市に無償譲渡されることになった。
移設作業は終電後の3日未明から始まった。作業員は、ブルーシートで覆った青ガエルの下にローラーをつけてスクランブル交差点まで移動させ、クレーンでトレーラーに載せて午前5時15分頃に出発した。見守った鉄道ファンらは名残惜しそうに写真に収めていた。
青ガエルは6日に大館市に到着予定。今秋に市の観光交流施設「秋田犬の里」の芝生広場で展示される。
2020.08.03/読売新聞

| | コメント (0)

2020.07.22

県内の新東名高速道路の最高速度が120km/hに変更される

今まで新東名高速道路 新静岡IC-森掛川IC間で試行運用されていた最高速度120km/hの範囲が、御殿場JCT-浜松いなさJCT間約145kmに拡大されるそうです。警察庁のアナウンスを毎日新聞が報じていました。

新東名はカーブが少なく勾配もそれほどないため120km/hでも問題なく走れるので、静岡県内のほとんどの区間が120km/hになり便利になります。

ただ、新東名はまだ全線が片側3車線にはなっておらず一部が2車線です。

大型車の最高速度は80km/hなので、2車線だと追い越しをする大型車と普通車の速度差が大きくなり走りずらい面があります。

3車線化を早く進めて欲しいです。

200722

関連エントリー
新東名高速道路 最高速度120km/h試行区間を走ってみました 2019.03.10
新東名高速道路 最高速度110km/h試行区間を走ってみました 2017.11.04

引用文高速道路の最高速度120キロへ 全国5区間が候補、100キロ超は初 警察庁
警察庁は22日、高速道路の最高速度について、一定の条件を満たす場合に限って現在の時速100キロから120キロに引き上げられるよう交通規制基準を変更すると発表した。最初は全国の5区間を候補とし、岩手県の東北自動車道の一部区間から順次実施される見込み。導入後の状況を見たうえで他の区間についても検討する。
1963年に名神高速道路の一部が開通してから、高速道路の最高速度の基準が100キロを超えるのは初めて。車の実際のスピード(実勢速度)に沿った速度規制を導入することで、時間短縮効果を見込む。
警察庁は2017年、静岡県の新東名高速道路(新静岡―森掛川インターチェンジ<IC>間約50キロ)と岩手県の東北道(花巻南―盛岡南IC間約27キロ)で最高速度110キロを試験的に実施。19年3月からは120キロに上げていた。実勢速度や死傷事故率を比べたところ、試行前と大きな変化はなく、安全性は確保されると判断した。
道路標識で示す最高速度は警察庁の内規である交通規制基準で定めており、8月にも変更する。速度引き上げの対象は設計速度が120キロで、実勢速度が100キロ以上の高速道路。区間とする距離は原則20キロ以上で、死傷事故率が低いことも要件とした。渋滞のない時間帯の割合がおおむね6割を超え、片側2車線の場合は大型車の走行割合が低いことも必要とする。開始時期は各県警が高速道路会社などと調整し、県の公安委員会が決定する。
現状で候補となるのは、静岡県の新東名(御殿場―浜松いなさジャンクション<JCT>間約145キロ)▽埼玉、群馬、栃木各県の東北道(浦和IC―佐野スマートIC間約53キロ)▽千葉、茨城両県の常磐道(柏―水戸IC間約71キロ)▽千葉県の東関東道(千葉北IC―成田JCT約26キロ)。工事中の新東名を含めいずれも片側3車線区間。片側2車線の岩手県の東北道の試行区間も本格実施に移行する。
一方、トラックなどの大型貨物車は、積載量が多く、事故の被害が大きくなる可能性があるため、現行の80キロ規制を据え置く。警察庁は追い越し車線へ進路変更する際、スピードを上げてくる右後方の車への注意をより一層呼びかけるなどして安全対策を図るとしている。
2020.07.22/ 毎日新聞

| | コメント (0)

2020.07.16

小笠原・西之島は噴火再開で形を変え始めました

気象庁地震火山部が7月15日にリリースした「西之島の火山活動解説資料」に、海洋気象観測船「凌風丸」から夜間に撮った溶岩を噴出する西之島の写真が掲載されています。

20071601
・ 西之島の火山活動解説資料 2020.07.15/気象庁から画像引用
※ 画像をクリックすると別ウインドウで拡大表示します。

また、2019年6月と’20年7月に西之島の東海上から撮った写真が掲載されていて、1年の間に形を変えていることがわかります。

西之島は、ほぼ円形をした島の中心から南の位置に火砕丘があります。その火砕丘の高さが約40m高くなり約200mになっています。それと火砕丘の南側に丘が形成されています。

20071602
・ 西之島の火山活動解説資料 2020.07.15/気象庁から画像引用
※ 画像をクリックすると別ウインドウで拡大表示します。

形を変えていく島の姿をリアルタイムで見られるなんて貴重です。

参照:西之島の火山活動解説資料 2020.07.15/気象庁 PDF

関連エントリ:小笠原・西之島が再び拡大を始めた 2020.07.02

| | コメント (0)

2020.07.13

逃走していたサーバルキャットが捕まったそうです

6月27日に静岡市葵区東の民家から逃走したサーバルキャットが、今日、葵区薬師で捕獲されたそうです。静岡市が報じています。

16日間の逃走でした。

東と薬師は山をはさんで1km以下の距離だから、長距離は移動せず近くに潜んでいたのでしょう。

痩せてはいるものの目立った外傷はないとのこと。このところの雨、イノシシなどの野生動物もいる中で、結構生命力があるんだね。

20071301
・ Google map

【 静岡市の報道発表資料 ※ 画像をクリックすると別ウインドウで拡大表示します。】
20071302

関連エントリー:逃げ出したサーバルキャットはまだ捕まっていないんですね 2020.07.08

| | コメント (0)

より以前の記事一覧