カテゴリー「ニュース」の862件の記事

2018.09.18

地球深部探査船「ちきゅう」が南海トラフ境界部を掘削するそうです

清水港を母港とする海洋研究開発機構(JAMSTEC)の地球深部探査船「ちきゅう」が、この冬に熊野灘の南海トラフ境界部の掘削を行うそうです。日本経済新聞が報じていました。

地球深部探査船「ちきゅう」 清水港袖師埠頭
・ 地球深部探査船「ちきゅう」 清水港袖師埠頭

地球深部探査船「ちきゅう」  ※ 海洋研究開発機構のサイトから引用
・ 地球深部探査船「ちきゅう」 ※ 海洋研究開発機構のサイトから引用

南海トラフは、西日本を形成するユーラシアプレートにフィリピン海プレートが沈み込み、巨大地震の震源とされています。

現在は地上の地震計やGPSによって地表の動きを継続的に測定して南海トラフの動きをモニターしています。
これが「ちきゅう」の調査で、ふたつのプレートの境界の物理的な変化が捉えられれば、かなり具体的なことがわかるのでしょう。

結果が楽しみです。

引用文「巨大地震の巣」核心部に迫る 南海トラフを掘削
海洋研究開発機構は10月、巨大地震を繰り返し起こしてきた南海トラフの深部の探査を始める。海底を深く掘削できる地球深部探査船「ちきゅう」を使い、海底下5200メートルまで掘り進む。プレート(岩板)境界部の巨大断層まで到達し、岩石を集めるほか、ひずみの蓄積状況を調べる。巨大地震の核心部に迫る世界初の試みで、巨大地震や津波の発生メカニズムの解明へ期待が集まっている。
日本の太平洋側の海底では、日本列島がある陸のプレートの下に、海のプレートが沈み込んでおり、ひずみを少しずつ蓄積している。ため込んだひずみにプレート境界部が耐えられなくなって大きくすべると、南海トラフや東日本大震災のような巨大地震が発生する。境界部の断層は「巨大地震の巣」だ。
現在は地上の地震計や全地球測位システム(GPS)の測定データから、プレート境界の状況や巨大地震のメカニズムなどを推測している。「断層を直接観測して実態を把握できる」と、探査に参加する東京大学の木下正高教授は説明する。
ちきゅうによる南海トラフの掘削は、国際プロジェクトとして2007年に始まった。掘削地点の紀伊半島沖の熊野灘は世界のプレート境界の中でも浅いことから選ばれた。これまでの探査で、海底下約3000メートルまで掘り抜いている。ちきゅうは10月10日に静岡県清水港を出航、さらに穴を掘り進める。境界部の断層には2019年1~2月に到達する予定だ。
今回の探索では、過去に巨大地震を起こした部分を重点的に調べる。断層が高速にすべると、摩擦熱で岩石が溶けてガラスのようになる。採取した岩石を地上に持ち帰って分析し、どのくらいの力に耐えられるかなどを調べる。掘削しながら穴の状況などを観測し、断層付近にかかるひずみを推定する。
2018/09/14/日本経済新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.14

JR浜松駅開業130周年記念スタンプ

JR浜松駅が9月1日に開業130周年を迎えたことを記念して、スタンプが提供されています。

スタンプはふたつあって、ひとつは浜松の特産品のうなぎやピアノ、もうひとつは東海道本線の80系 211系、東海道新幹線の0系 700系が描かれています。

JR浜松駅開130周年記念スタンプ
・ JR浜松駅開130周年記念スタンプ

調べてみると、浜松駅は1888年9月1日に浜松-大府(愛知県)間の開通にともない開設されました。
一方、静岡駅は少し遅れて1889年2月1日に国府津(神奈川県)-静岡間開通にともない開設されました。
静岡-浜松間がつながったのは、1989年4月16日です。

浜松駅と静岡駅の開開業

この時期、東海道本線は急ピッチに敷設が進められていたんですね。

浜松駅の開業130周年記念スタンプは浜松駅独自の企画だそうです。
来年2月には静岡駅でも記念スタンプを作るのかな。

引用文JR浜松駅、開業130年 記念企画で盛り上げ
現在のJR東海道線が敷設され、浜松駅が開業してから1日で130年を迎える。県内で最初に開業した鉄道駅は今、1日当たりの乗車人員が3万7千人を超える一大拠点。記念のロゴマークやスタンプを駅独自に作り、商業施設も特別展を企画するなど、駅を挙げた盛り上げを図る。
現在の東海道線浜松-大府(愛知県)間は、県内の同路線で最も早い1888(明治21)年に開通した。浜松駅と同時に馬郡(現舞阪)、鷲津の各駅も開業。浜松より東側が開通し、駅ができたのはその後。東京と大阪・神戸方面が直結したのは翌年のことだ。
-----
街とともに歴史を重ねてきた駅や鉄道に改めて目を向けてもらおうと、JR東海浜松駅は駅員によるプロジェクトチームを結成。記念イベントの企画とともに、ロゴマークとスタンプを作製した。浜松名物のウナギ、ピアノと汽車をモチーフにしたスタンプの図柄は、女性駅員2人が自ら考案した。
-----
<メモ> 浜松駅の開業130周年記念スタンプは9月1日から10月14日までの期間限定。期間中の土曜と日曜の午前9時~午後4時に限り、同駅在来線改札口付近に置き、押印できるようにする。9月16日には記念セレモニーを開催。同22日からは駅構内などを回るクイズラリーも実施する。浜松駅ビルの商業施設メイワンは、9月3日から11月16日まで記念イベント「鉄道展」(入場無料)を館内で開催する。パネルや資料の展示で、都市発展の中心的な役割を担ってきた駅の変遷を紹介し、歴史を振り返る機会にする。
2018/09/01/静岡新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.13

書籍に挟まれた短冊状伝票「スリップ」が消えつつあるそうだ

本に挟まれている二つ折りにされた縦長の紙、短冊状伝票「スリップ」というのですね。見慣れた紙だけど、名前を初めて知りました。
このスリップが消えつつあるそうです。日本経済新聞が報じていました。

短冊状伝票「スリップ」
・ 短冊状伝票「スリップ」

そもそも「スリップ」は、販売する際に書店員が回収し、書籍ごとの販売状況を把握し仕入れに活用するためのものだそうです。
今では書籍もPOSが一般的になり販売状況が簡単にデータベース化されたり、スリップ自体にコストもかかるため、「スリップ」の必要性が薄れてきているとのことです。

Amazonで書籍を購入すると「スリップ」が挟まれていて、僕はしおりとして利用しています。廃止する出版社が増えているとのことなので、これから見かけなくなるのでしょう。

引用文消え始めた短冊状伝票 1年で20社が廃止、出版不況で
書籍に挟まれた短冊状の伝票が消え始めた。出版業界では「スリップ」と呼ぶが、出版不況でコスト削減などを理由に挟み込むのをやめる出版社が出てきた。書店ではPOS(販売時点情報管理)が普及し、スリップに頼らない注文・在庫管理ができるが、一部では惜しむ声も出ている。
スリップは会計時に書店員が回収する。たまったスリップから在庫回転率を計算したり、需要動向を予想したりしていた。冊数を書いたスリップを出版社に届け、補充の発注に活用するなど、かつては書籍の流通に不可欠な存在だった。
出版社も書店の売れ行きを把握でき、販売に応じた報奨金を書店に支払っていた。ただ書籍の受発注システムが整備され、書店業務の自動化やオンライン化が進み、スリップの重要性は薄れていた。
-----
関係者によると、この1年だけで約20社がスリップの廃止を決めた。今後も中堅以下の出版社を中心に1カ月に2~3社のペースで追従する可能性があるという。
出版社がスリップを廃止する理由はコスト削減だ。出版社は、取次会社から値上がりした物流費の転嫁を26年ぶりに要請されている。少しでもコストを抑えようとスリップの廃止を決めた。
2018/09/12/日本経済新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.11

そういえば、計画停電を経験しました

北海道胆振東部地震により北海道の電力の半分を供給していた苫東厚真火力発電所がダウンした影響で、北海道電力では計画停電を検討しているそうです。
明日までは実施されないようですが、需要に対する供給は綱渡りの状態が続いているようです。

計画停電といえば、東日本大震災の時に僕は経験しました。

あの時は東京電力が計画停電を実際に実施しました。
静岡県は富士川を境に東が東京電力、西が中部電力のエリアになっています。
僕の住む静岡市は中部電力エリアで関係はなかったのですが、当時の勤務先があった富士市は東京電力のエリアで計画停電が行われました。

計画停電は区域ごと2時間程度行われ、事前に時刻が通知されます。ただ、事前に通知があっても供給が間に合うのか行われない場合が多くありました。

僕にとって最も計画停電の影響があったのは、東海道本線の間引きや区間運休です。
その時は熱海-富士間がしばらく運休になりました。通勤は静岡-富士間なので運休の影響は受けませんでしたが、本数は減りました。熱海-富士間を利用していた人は不便だったのでしょう。

富士駅改札口前の計画停電の影響による運行中止を知らせるホワイトボード 2011.03.15
・ 富士駅改札口前の計画停電の影響による運行中止を知らせるホワイトボード 2011.03.15

北海道では計画停電を回避するため節電が呼びかけられているそうです。当面、不便を強いられますね。

関連エントリー:計画停電 2011.03.16

引用文計画停電、12日も見送り=節電率15.4%、全面復旧は見通せず―北海道
週明け10日の北海道では、北海道胆振東部地震による大規模停電がほぼ解消され、企業活動の再開に向けて動きだした。だが、現在の北海道電力の供給力は平常時に比べて1割程度少ない。病院など節電困難な施設もあり、政府は一般企業や家庭に2割の節電を要請中だ。10日は需要が1日のピークとなる午後6時台の節電率が15.4%だった。北海道電は供給不足に備えて計画停電を用意しているが、11日に続き12日も実施を見送る。
一方、地震発生前に道内の電力需要の半分近くを賄っていた苫東厚真火力発電所(厚真町)は稼働停止が続き、全面復旧のめどは立っていない。経済産業省は北海道電に復旧の見通しを示すよう指示しており、11日には世耕弘成経産相が札幌市で同社の真弓明彦社長らと会談する予定。
経産省は、電力需要が増える平日午前8時半から午後8時半までを「節電タイム」に設定。道内の企業などに節電を呼び掛けるステッカーやポスターを配布した。北海道電は10日から節電率を随時開示し、協力を求めている。
計画停電は、電力供給の余力が1%未満になると予想される場合、2日前に通知して行う。道内を60グループに分け、1回2時間程度、電気を止める計画。実施されれば、東日本大震災直後の2011年3月に首都圏で行われて以来となる。
2018/09/10/時事通信

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.10

豚コレラの病原体はウイルスなんですね

岐阜の養豚場で26年ぶりに発生した豚コレラは、迅速な防疫措置が行われているそうです。
恐らく海外から何らかの形で病原体が持ち込まれたのだろうけど、感染が拡大しないといいですね。

ところで「豚コレラ」は名前からヒトのコレラを連想するけれど、「豚コレラ」はRNAウイルス、ヒトの「コレラ」は細菌と全然別物なんです。
消化器系にもダメージを与えるからコレラという名前がついたのだろうか?

そんなわけで「豚コレラ」はブタやイノシシの感染症でヒトには感染しないそうです。

豚コレラ
豚コレラ(Classical swine fever)解説 (社)全国家畜畜産物衛生指導協会パンフレット(2006)より
動物衛生研究所 動物疾病対策センター 知的基盤管理室長 山田俊治
病原体
豚コレラウイルスは豚及びいのししを宿主とし、反芻動物を宿主とするBVDウイルスや羊のボーダー病(BD)ウイルスと同じペスチウイルス属の仲間であって、大きくは日本脳炎ウイルスやウェストナイルウイルスなどと同じフラビウイルス科に属している(図表略)。よって、遺伝子として一本鎖(+)RNAを有し、増殖の際、遺伝子から一つの大きな複合蛋白質(ポリプロテイン)が合成され、タンパク質分解酵素によって複数の蛋白質に分断されてそれぞれの役目を果たす蛋白質が作られる(図略)。
豚コレラ 病原体/国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究部門
コレラとは
(IDWR 2000年第1号)
コレラは代表的な経口感染症の1 つで、コレラ菌(Vibrio cholerae O1 およびO139 のうちコレラ毒素産生性の菌)で汚染された水や食物を摂取することによって感染する。経口摂取後、胃の酸性環境で死滅しなかった菌が、小腸下部に達し、定着・増殖し、感染局所で菌が産生したコレラ毒素が細胞内に侵入して病態を引き起こす。
病原体
コレラ菌の学名はVibrio cholerae である。分類学的にV.cholerae は菌体表面のO 抗原(リポ多糖体)の違いによって、現在205 種類(11種類は未発表)に分類されている。このうち、コレラを起こすのはO1 およびO139 血清型のみである。コレラの典型的な臨床症状を起こすのはコレラ毒素であることがわかっているので、厳密にいうと、コレラの原因菌はコレラ毒素を産生するV.cholerae O1 およびO139 である。
コレラとは/国立感染症研究所

引用文岐阜で豚コレラ=国内で26年ぶり、殺処分 農林水産省は9日、岐阜市の養豚場で家畜伝染病の「豚コレラ」に感染した豚が見つかったと発表した。岐阜県はこの養豚場で飼育されていた約600頭を10日早朝までに殺処分した。国内で豚コレラが確認されたのは1992年12月の熊本県以来、26年ぶり。 豚コレラは豚やイノシシが感染する病気。人に感染することはなく、感染した豚の肉を食べても影響はない。 ----- 家畜伝染病は原因の特定が難しいケースが多い。農水省は同日、専門家や学識経験者から成る調査チームを派遣。現地で関係者へのヒアリングなどを行った上、近く会議を開き、感染経路の究明を進める。 2018/09/10/時事通信

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.27

22日現在、東日本は史上最も暑い夏だそうだ

8月22日現在、6月〜8月の東日本の平均気温は1946年以降最高という気象庁の発表を朝日新聞が報じていました。

静岡は史上最高かはわからないけれど、7月以降8月中旬以外は、旬別名平均気温が平年を2℃以上上回る暑い日が続いていています。

2018年 静岡の旬別平均気温の平年格差 1月上旬-8月中旬 気象庁

引用文関東甲信・東海・北陸、史上最も暑い夏 気象庁発表、22日現在
気象庁は24日、6~8月の平均気温(8月22日時点)について、東日本(関東甲信、東海、北陸)では平年値を1.6度上回り、統計を取り始めた1946年以降、最も高くなっていると発表した。西日本(近畿、中国、四国、九州)でも1.1度高く、過去2番目に並ぶ高さ。
2018.08.25/朝日新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.24

駿河湾フェリーはとりあえず来年度の運行は継続する方向で検討されているようです

赤字により来年3月末で撤退が表明されていた清水港と土肥港を1日4往復結ぶ駿河湾フェリー(エスパルスドリームフェリー)が、静岡県と駿河湾沿岸の3市3町により来年度は運行する方向で検討がされているそうです。静岡新聞が報じています。

継続するにしても船と人材、運行ノウハウを持っているエスパルスドリームフェリーに業務委託をすることになると思います。

この航路は県道223号線(清水港土肥線)になっているけど、フェリーがなくなるとどうなるのだろう?

駿河湾フェリー 「富士」
・ 駿河湾フェリー 「富士」

清水港 日の出埠頭
・ 清水港 日の出埠頭

駿河湾フェリー 「富士」

関連エントリー:海の県道 静岡県道223号線 2018.01.15

引用文駿河湾フェリー運航実務、民間委託も 県と6市町が事業主体へ
2019年3月末での撤退が発表された駿河湾フェリーの事業継続について、静岡県は23日、19年4月から1年間は静岡県と駿河湾沿岸3市3町(静岡市、下田市、伊豆市、西伊豆町、松崎町、南伊豆町)が事業主体となり、運航の実務は民間事業者が担う事業スキームとする方向で調整を始めた。運航実務は、現在の事業主体のエスパルスドリームフェリー(静岡市清水区)への委託も選択肢だとしている。県は9月補正予算案に利用促進や運航手法の検討調査費を計上する方針。
県庁での庁内プロジェクトチーム(PT)の会合で案をまとめた。利用者を現在より2割増やし、年間20万人を確保すれば黒字化が可能とした試算結果を踏まえ、利用拡大に努めるが、赤字の場合は県と市町による補てんが必要となる可能性がある。事業主体として第三セクターや新会社を設立するのは時間的に厳しいとして選択肢に入れない。24日にも川勝平太知事に報告し、了承が得られれば、関係市町に協力を要請する。9月中には結論を出す。
エスパルスドリームフェリーに運航してもらう選択肢に県幹部は「限られた時間で安心、安全に運航するには一番いい」とする一方、県などの補填は「批判が出てもおかしくない」と懸念を示した。
西伊豆町の星野浄晋町長は「全面的に財政協力したい」とし、静岡市の担当者は「県から要請があった時点で関係市町と協議し検討したい」と述べた。
2018.08.24/静岡新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.18

静岡県内の新東名高速道路は6車線になるそうです

静岡県内の新東名高速道路が完全6車線(片側3車線)化されるそうです。少し前の静岡新聞が報じていました。

新東名は6車線で計画されたけれど、共用を優先して今は4車線の区間と6車線の区間が混在し走りづらいです。

新東名高速道路の車線数

特に新静岡IC-森掛川IC間の最高速度110km/hの試行区間は、大型車は80km/hのままなので普通車との速度差が生じ、2車線だと普通車は実質1車線の状況になってしまいます。

ですから静岡県内だけでも早いところ連続した6車線にして欲しいです。

引用文新東名、静岡県内6車線化 物流の基軸強化へ国交省方針
国土交通省は2日までに、新東名高速道の御殿場ジャンクション(JCT)-浜松いなさJCT間の145キロについて、将来の自動運転への対応も踏まえ、現在暫定4車線になっている整備計画を6車線(片側3車線)に変更する方針を固めた。事業主体の中日本高速道路に対して、近く6車線化の事業許可をする見通し。関係者への取材で分かった。
新東名は計画当初、6車線での供用を想定していたが、事業費圧縮などを理由に6車線の道路幅を確保しながら一部区間を暫定4車線に見直した経緯がある。現状は4車線と6車線の区間が混在している。
静岡県内区間145キロのうち、6車線で運用されているのは55キロ。同省は、残る区間の6車線化の事業費を約900億円と見込む。ほぼ全線で6車線に対応した構造物が整備されているため大規模な工事は伴わず、ラバーポールの撤去や一部のり面の切り土、舗装の変更などで対応できるという。
2018/08/03/静岡新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.15

富士山測候所「カンテラ日誌」が廃棄された 悲しいニュースです せめて単行本「カンテラ日記」を復刻できないものか

富士山測候所の職員が毎日の出来事や感想をつづった「カンテラ日誌」が廃棄されていたそうです。少し前の毎日新聞が報じていました。

行政文書がどんどん増え膨大になる中で、私文書の「カンテラ日誌」を処分した東京管区気象台の判断は間違っていないし非難するつもりもないけれど、残念で悲しいです。

「カンテラ日誌」のうち1937年から無人化される2004年までは、ほぼ完全に残っていたといいます。

僕が「カンテラ日誌」を読むことができるのは、1985年に発行された児童書「カンテラ日記 富士山測候所の五〇年」に記載された抜粋です。

カンテラ日記 富士山測候所の五〇年/中島 博/筑摩書房(ちくま少年図書館90 社会の本)
・ カンテラ日記 富士山測候所の五〇年/中島 博/筑摩書房(ちくま少年図書館90 社会の本)

測候所の職員は、科学的に観て考える素養を持った人達で、彼らがつづった日誌は、シンプルだけど惹きつけられます。

1945年8月15日 終戦の日の記述もあります。

われら一億同胞の永遠に銘肝すべき日なり。山頂勤務者一同慟哭せり。
カンテラ日記 P83

無くなってしまったものは戻らないけれど、せめて今は絶版の「カンテラ日記」だけでも復刻できないか。

引用文富士山測候所 日誌を廃棄 68年間つづった貴重な40冊
気象庁富士山測候所の職員が68年間つづった40冊以上の「カンテラ日誌」が所在不明になっていた問題で、同測候所を管轄した東京管区気象台は毎日新聞の取材に、昨年11月以降に「文書整理の一環」で廃棄していたことを明らかにした。気象観測のほか、眼下の空襲など太平洋戦争も記録した貴重な資料が失われた。閲覧したことがある気象専門家らは「職員が見たまま感じたままを率直に記した第一級の歴史資料だった。機械的に捨てるなんて」と批判している。
同気象台総務課によると、日誌は昨年11月までは倉庫にあったが、他の行政文書と一緒に溶解処分したという。取材に対し同課担当者は「毎日の出来事や感想を個人的に書き留めたもの。職務ではなく、行政文書に当たらない。庁舎内のスペースは有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない」と説明した。
日誌は、測候所が山頂(3776メートル)に移転した1936年から無人化された2004年まで書き継がれ、その後の大半は東京都内の同気象台に保管されていた。毎日新聞は今年1月、情報公開法に基づく開示請求で「不存在」の通知を受け、取材で「庁舎内にない。これ以上分からない」と説明された。3月の報道後、廃棄が分かったという。
日誌は一部が一般書籍や気象庁発行の冊子、研究論文などに引用されている。観測奮闘記のほか、戦時中は南から飛来する米爆撃機B29の編隊や、空襲に遭った街が赤々と燃える様子を描写。「中都市が攻撃を受け、毎晩一つ、二つと焼土となる。これが戦争の現実」などと記していた。
2018/08/10/毎日新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.14

ハリケーンが越境し台風になった場合はハリケーンでの名前を引き継ぐんですね

日本の遙か東海上 ミッドウエー諸島近海にある台風第17号は、もともとは日付変更線の東で発生し日付変更線を超えた越境台風です。

台風には番号とともに名前がついていますが、越境台風の場合はハリケーンでの名前を引き継ぐんですね。初めて知りました。

日本では、台風をその年の発生順に番号で呼ぶのが一般的で、名前で呼ばれることは希です。
台風の名前は、2000年から日本を含めた14ヶ国等が加盟した台風委員会で、各々がが提案した10個、計140個が順番に付けられます。
日本からは、テンビン、ヤギ、ウサギなど10個の星座の名前が付けられています。

参照:台風の番号の付け方と命名の方法/気象庁
関連エントリー:日本が付けた台風の名前は星座からとっているんだけど、マイナーな星座が多いですね 2017.08.21

2018年の台風第1号は「ボラヴェン」(Bolaven ラオス)、第16号は「バビンカ」(Bebinca マカオ)です。
順番では、第17号は「ルンビア」(Rumbia マレーシア)となりますが、越境台風なのでハリケーンの名前を引き継いで「ヘクター」(Hector)となりました。そして第18号が「ルンビア」となっています。

前回の越境台風は、2015年の台風第17号「キロ」(Kilo)です。この時も第16号「アッサーニ」(Atsani タイ)と第18号「アータウ」(Etau 米国)とハリケーンの名前が挟まっています。

2018年の台風(抜粋) 2015年の台風(抜粋)

引用文元ハリケーン「ヘクター」が台風17号に 3年ぶりの越境台風
14日(火)3時、ハワイ方面の西経域から進んできた元ハリケーンの熱帯低気圧(Tropical Storm)「ヘクター」が、180度経線を越えて東経域に入り、台風17号になりました。
越境台風になるのは、2015年9月1日に越境した台風17号(ハリケーン「キロ」)以来で、約3年ぶりです。
2018/08/14/ウェザーニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧