カテゴリー「おすすめサイト」の48件の記事

2016.12.24

国際宇宙ステーションのライブカメラ

ライブカメラが一般的になって、あちらこちらの様子を見ることができます。

国際宇宙ステーションのライブカメラでは、地球の様子を中継しています。
すごい時代になりました。


High Definition Earth-Viewing System (HDEV)/NASA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.29

スマートフォン向けサイト「NHK ニュース・防災」

台風や地震など自然災害の時に、情報源としてその情報量の多さからNHKを見たり聞いたりしています。

そのNHKにスマートフォン向けのサイト「NHK ニュース・防災」があります。

 NHK ニュース・防災のアイコン
・ NHK ニュース・防災のアイコン

台風第10号が東北地方に近づいていることもあり、現在は台風情報がトップに表示されます。

NHK ニュース・防災のトップページ<br />
・ NHK ニュース・防災のトップページ

また、ライブ中継があり、八丈島と藤沢の2カ所の中継をしていました。

神奈川藤沢のライブ中継
・ 神奈川藤沢のライブ中継

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.21

大西宇宙飛行士はGoogle+でISSから投稿しているんですね

Twitterによる国際宇宙ステーション(ISS)からの投稿は、これまでもよく見られましたが、現在長期滞在中の大西卓哉宇宙飛行士はGoogle+で投稿しています。

Twitterのような字数制限がないので、画像に加えて文字での投稿も興味深いものがあります。

国際宇宙ステーション第48次長期滞在/Google+
国際宇宙ステーション第48次長期滞在/Google+

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.09

降水域の分布を解析・予測する「高解像度降水ナウキャスト」

以前に、周りの雨の様子が表示されるiPhone用のアプリケーション「Go雨!探知機」を紹介しましたが、今度は気象庁が降水域を解析・予測する「高解像度降水ナウキャスト」をサイトに公開しました。(「高解像度降水ナウキャスト」/気象庁)

関連エントリー:周りの雨の様子が表示されるiPhone用アプリ「Go雨!探知機」 (2013.08.24)

「高解像度降水ナウキャスト」は、30分先までの5分ごとの降水域の分布を250m四方で予測し5分間隔でするもで、周囲の雨の強さの現状と短期間の予測がわかります。従前の「レーダー・ナウキャスト(降水・雷・竜巻)」の1km四方から解像度が上がりました。ただ、「高解像度降水ナウキャスト」は雷と竜巻の情報には対応していません。いづれ、機能が追加されるのかな?

下の画像は、「高解像度降水ナウキャスト」で2014.08.09 23:25の降水状況を表示したものです。
台風11号の雨が四国を中心に降っているのがわかります。
マップの広さは調節できるので、全国の広い範囲や自分の住んでいる地域など狭い範囲の降水のこれまでの状況や30分後までの予測がわかります。

画像引用:高解像度降水ナウキャスト/気象庁
・画像引用:高解像度降水ナウキャスト/気象庁

気象庁のサイトで公開されていて、ブラウザがあればPCでもスマートフォンでもアクセスできるので便利です。

今のところ静岡は雨も風も強くはありません。台風11号の影響はこれからでてくるのだろうか。

引用文高解像度降水ナウキャストの提供を開始します
概要
気象庁は、降水域の分布を高い解像度で解析・予測する「高解像度降水ナウキャスト」の提供を開始します。
提供開始日
平成26年8月7日(木)13時
本文
気象庁は、降水域の分布を高い解像度で解析・予測する「高解像度降水ナウキャスト」の提供を、平成26年8月7日(木)13時から開始します。
新たに提供する「高解像度降水ナウキャスト」では、30分先までの5分ごとの降水域の分布を250m四方(従来の降水ナウキャストでは1km四方)の細かさで予測し、5分間隔で提供します。
この新たな情報を実現するため、気象庁では、平成24年度から全国20カ所の気象ドップラーレーダーの処理装置を順次更新整備し、降水強度の観測を250m四方のデータとして処理できるよう機能を強化するとともに、強い降水域の解析・予測技術の開発を進めてきました。
また、今回の高解像度化に当たっては、気象ドップラーレーダーのデータに加え、気象庁・国土交通省・地方自治体が保有する全国約10,000カ所の雨量計の観測データ、ウィンドプロファイラやラジオゾンデの高層観測データ、国土交通省XRAINのデータも活用し、降水域の内部を立体的に解析することにより、精度向上を図っています。
2014/07/25/気象庁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.21

絶滅種が表示されるWWFジャパンの'404 File not found'のページをのぞいてみた

ネットで話題になっている絶滅種が表示される世界自然保護基金(WWFジャパン)の'404 File not found'のページをのぞいてみました。

'404 File not found'は該当するURLがない場合に表示されるエラーメッセージで、普通はエラーコードやメッセージだけ表示される味気ないものです。

ただ、WWFジャパンの場合は、エラーメッセージとともに絶滅した動物のイラストとその簡単なコメントがあわせて表示されます。

世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)の'404 File not found'のページ(リョコウバト)
世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)'404 File not found'のページ(リョコウバト)

このページをリロードしてみるとリョコウバト、カロライナインコ、ドードー、オオウミカラスの絶滅した4種が表示されます。
いずれも乱獲や天敵生物の持ち込みなど人間が関与することによって絶滅したとされる種です。

これはWWFジャパンの世界のどこを探しても見つけることのできない種とインターネットのどこを探しても見つけることのできないファイルをかけたメッセージなのでしょう。

世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)の'404 File not found'のページ(カロライナインコ)
・ 世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)の'404 File not found'のページ(カロライナインコ)

世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)の'404 File not found'のページ(ドードー)
・ 世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)の'404 File not found'のページ(ドードー)

世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)の'404 File not found'のページ(オオウミガラス)
・ 世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)の'404 File not found'のページ(オオウミガラス)

生物の進化と絶滅は表裏で、これまで環境の変化に適応できなかった種は絶滅をしたけれど、これに人間が関与したとなると複雑な気持ちです。

※ エントリーの画像はWWFジャパンの'404 File not found'のページから引用しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.06

帰宅途中に南から東に移動する国際宇宙ステーションが見えました

帰宅途中のJR掛川駅上りホームから南から東へ移動する国際宇宙ステーション (ISS) が見えました。
すぐ近くの-1.4等星の明るいおおいぬ座のシリウスより明るい感じで、旅客機と同じくらいのスピードです。

ISSは地上約400kmの地球に極めて近い宇宙空間にあるから、日の出前と日の入り後の約1時間以外は地球の影に入ってしまい太陽の光を反射できず見えません。また昼間は空が明るすぎて肉眼では見るのが難しいです。

いつも持っているコンパクトデジタルカメラ Nikon Coolpix S640の風景モードで撮ったけれど、さすがに1秒のスローシャッターではいくら手振れ補正機能があってもブレブレです ^^;

国際宇宙ステーションとシリウス 2013.02.06 18:22 JR掛川駅新幹線ホーム
・ 国際宇宙ステーションとシリウス 2013.02.06 18:22 JR掛川駅新幹線ホーム

三脚でしっかり固定して撮らないとダメですね。

なおISSの肉眼で確認できる日時や方向は宇宙航空研究開発機構 JAXAのサイトで確認できます。

「きぼう」を見よう/宇宙航空研究開発機構

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.09

集合知を使って総選挙2012の結果を予想するサイト'Shuugi.in'

第46回衆議院議員総選挙が12月4日に公示され16日の投票にむけて選挙戦がはじまりました。

政策が語られる以前の問題として、マニフェストでも公約でも何でもいいけれど、言ったことは実行しろよなというのが、一票を投じる市井のちっぽけなひとりとしての思いです。

選挙になるとマスコミが各党の獲得議席数の予測を報じます。本当のところはわからないけれど、その予測は世論調査の状況や各選挙区での票読みに専門的な知識や経験、時には感が加味されて出されるのでしょう。

静岡大学の佐藤研究室の'Shugi.in & Sangi.in'では、それとは違った手法で議席数の予測をしています。

Shugi.in & Sangi.inの総選挙2012(小選挙区+比例区)の予測ページ
・ Shugi.in & Sangi.inの総選挙2012(小選挙区+比例区)の予測ページ

ここで使われている手法は、少数の専門家よりも多数の一般の人の総体としての判断の方が正しいという集合知の考え方です。

各政党の予測議席数を株価に見たててそれに対して「高すぎる」「高い」「安い」「安すぎる」の選択肢から選ぶという単純なものです。
それによって株価に見たてた議席数が変動していきますが、きっとこの仕組みは参加者の多さがポイントなのだと思います。

ずいぶん前に紹介したジェームズ・スロウィッキーの「「みんなの意見」は案外正しい」に集合知の考え方がわかりやすく説明されています。

・ 関連エントリー:「みんなの意見」は案外正しい/ジェームズ・スロウィッキー (2006.08.18)

身近なことで集合知が実感できる面白い試みだと思います。
総選挙の結果に集合知による予測がどこまで近づくのか興味津々です。

・ MediaMarker

「みんなの意見」は案外正しい
ジェームズ・スロウィッキー, 小高 尚子
角川書店 ( 2006-01-31 )
ISBN: 9784047915060
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

※ 「おすすめ度は、Amazon.co.jpのカスタマーレビューにおけるおすすめ度です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.26

Goldpaint Photography - 地球と星空の美しいビデオ!

Goldpaint Photographyは美しい風景のビデオを掲載しているサイトです。

最近掲載された’Within Two Worlds’は、地上から風景を含め空を撮り早送りにして星座が動く様子を表したビデオです。

これがとても美しい。

地球は宇宙空間を動いているんだと実感できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.03

左耳の10kHz超の聴力が落ちてきたかな ^^;

今日は年に一度の人間ドックでした。
50歳前後から毎年、何らかの項目を指摘されることが多くなってきて、内心ビクビク、一方で今回は何を指摘されるんだろうと開き直り受診をしています。

今回、新たに検査で引っかかったのが聴力。あのヘッドフォンを付けてピッーという信号音を聞く検査です。
僕に行われたのは、1,000Hzと4,000Hzの断続的な信号音を左右の耳で聞くことができるかという検査です。

果たして左耳で4,000Hzの信号音が聞き取れないんです ^^; 音量を少し大きくしても聞こえません。
昨年までは問題なかったので意外、少しばかり落ち込むとともに信じられなくもありました。

そう言えば、オーディオ・チェック用のCDがあったなぁと思って、家に帰って聞いてみました。

My CD CHECK/日本コロムビア My CD CHECK/日本コロムビア
・ My CD CHECK/日本コロムビア

このCDには、左右チャンネルごと21.5Hz 40Hz 100Hz 315Hz 1kHz 3.15kHz 6.3kHz 10kHz 16kHz 18kHz 20kHzの11の周波数が収められ聞くことができます。

で、聞いてみると4,000Hzに近い3.15kHzもそれよりも高音の6.3kHzも右耳と同様に左耳のでも聞こえるんだよね。
検査の時の状態が悪かったのかな? 再検査を受けろということになるから、一度耳鼻咽喉科でしっかりした検査はしてみるつもりだけど。

ただ、その時気がついたのは10kHzの音。左耳でも聞こえるけれど右耳の半分の音量でしか聞こえません ^^; やっぱり左耳はヘタってきているんだね。

ちなみに21.5Hzの超低音と16kHz 18kHz 20kHzの超高音は、両耳とも聞くことができませんでした。もっともこのくらいの音域になるとヘッドフォンの性能も影響するのだろうけど。

僕は以前、航空機騒音対策の仕事をやっていたことがあって、音をヒトがどのように聞いているのかという勉強を少ししました。

その時の知識によると、ヒトが聞くことができるのは20Hzから20kHzの音域で、これも一番聴力が良い20歳前後の健康な若者の場合です。(ちなみに騒音レベルや音圧レベルの0dBはヒトの聞くことのできる最小の音圧を基準にしています。)

加齢とともに低音域や高音域、特に高音域の音は聞きづらくなります。
ですからだんだん超高音から聞こえなくなってくるのは老化現象で仕方がないかもしれません。

何かね、人間ドックのたびに僕の機能というか能力というかが少しづつ欠落していくようで、淋しいです。

-----

追記 2012.09.03

インターネット上に周波数別の音源はないものかと探すといくつかあるものですね。

その中からひとつ、You Tubeにアップロードされてあった「聞こえる?超音波(・∀・)ゆんゆん【ニコニコ動画-逆輸入】」を紹介します。20Hzから20kHzまでわりと細かくサンプリングされています。

聞こえる?超音波(・∀・)ゆんゆん【ニコニコ動画-逆輸入】 /You Tube
聞こえる?超音波(・∀・)ゆんゆん【ニコニコ動画-逆輸入】 /You Tube

まぁ再生環境に再生される音は依存するから検査には使えないだろうけど、聴力の目安にはなると思います。
ただ余り大音量で聞くと耳を傷めるかもしれないからほどほどにね ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.06.20

僕は金星では85歳、火星では28歳、木星では4歳。地球では…?

"exploratorium"の'YOUR AGE ON OTHER WORLDS'では、太陽系の8つの惑星と冥王星上での年齢を計算してくれます。

YOUR AGE ON OTHER WORLDS
・ YOUR AGE ON OTHER WORLDS

これは惑星や冥王星の公転を1年、自転を1日にとして、生年月日を入力するとその日から今日までの日数や年数を計算する単純なものです。

ちなみに僕は、水星では219.1歳、金星では85.7歳、火星では28.0歳、木星では4.4歳、土星では1.8歳、天王星では0.6歳、海王星では0.3歳、冥王星では0.2歳です。地球では‥ 。

地球の1日は24時間、1年は約365日ですが、他の惑星はそれぞれ独自の1日や1年の長さを持っています。
仮にそれらの惑星で生物が進化したとすると、それぞれが別の体内時計を持つのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧