« 今日はソニー・ロリンズ、90歳の誕生日! | トップページ | アプリ「静岡県防災」が浜松市の停電を頻繁に通知してきます »

2020.09.08

台風第10号が勢力が保てなかったのは似たようなコースを通った8、9号の影響があるんですね

特別警報級にに発達と予想されていた台風第10号は、九州に近づくと勢力を保てなくなりました。

この原因は、似たようなコースを通った台風第8、9号により海水面がかき回され海水面の水温が下がり10号は発達できなかったと報じていました。

そういうこともあるのかと、気象庁の東シナ海を9号が通過した9月2日から10号が通過した7日までの1日ごとの海面温度の平年差のデータをアニメーションGIFにしてみました。

確かに9号が通過した9月3日以降、海面水温が下がっていることがわかります。

200908
・ 海面水温の平年差(2020.09.02~07)/気象庁
※ 画像をクリックすると別ウインドウでアニメーションGIFとして拡大表示します。

引用文台風10号 勢力弱まった要因 先行台風が海水温低下させた影響か
台風10号は一時、鹿児島県に接近する段階の中心気圧が930ヘクトパスカルと、特別警報級に発達すると見込まれましたが、東シナ海を通過する過程で発達が止まり、その後、勢力を弱めました。
この要因について専門家は、先行して東シナ海を通過した台風8号と9号が、周辺の海水温を下げたことが影響したと分析しています。
2020.09.07/NHK

|

« 今日はソニー・ロリンズ、90歳の誕生日! | トップページ | アプリ「静岡県防災」が浜松市の停電を頻繁に通知してきます »

ニュース」カテゴリの記事

気象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日はソニー・ロリンズ、90歳の誕生日! | トップページ | アプリ「静岡県防災」が浜松市の停電を頻繁に通知してきます »