« 夏になると街角でよく見かける花はシンテッポウユリだろうか? | トップページ | 柱サボテン:夏になり生育のスピードが速まりました »

2020.08.20

銚子電気鉄道の業種は「米菓製造」なんだ ^^;

経営不振の中、懸命の経営努力で鉄道を存続している銚子電気鉄道を舞台した、寺井広樹の「電車を止めるな! ~呪いの6.4km~」を読みました。

物語の最後にこんな記述があります。

銚子電鉄は、JR銚子駅から外川駅を結ぶ全長6.4キロの小さなローカル鉄道です。「ぬれ煎餅」で知られていますが、なんと売り上げの7割がぬれ煎餅による収益です。
帝国データバンクにも「鉄道会社」ではなく、「米菓製造」で登録されており、もはや「お菓子屋さんが鉄道を走らせている」といっても過言ではありません。
電車を止めるな! ~呪いの6.4km~/寺井広樹 258ページ

地方の小規模ローカル鉄道とはいえ、銚子電鉄は前身の会社もあわせれば1923年創業の伝統ある鉄道会社です。

また、銚子電鉄お得意の自虐ネタかとおもって、帝国データバンクの企業サーチで調べると、果たして業種は「米菓製造」でした...

200820
※ 帝国データバンク TDB企業リサーチから引用

確かに「ぬれ煎餅」や「まずい棒」は有名だけど...

がんばれ!銚子電鉄。

関連エントリー:銚子電鉄の「お先真っ暗セット」が届きました 2020.05.08

-----
Amazon.co.jp アソシエイト

|

« 夏になると街角でよく見かける花はシンテッポウユリだろうか? | トップページ | 柱サボテン:夏になり生育のスピードが速まりました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏になると街角でよく見かける花はシンテッポウユリだろうか? | トップページ | 柱サボテン:夏になり生育のスピードが速まりました »