« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月の31件の記事

2019.12.31

ベテルギウス、そんなに暗くは見えないけれど

大晦日の夜空は澄んで、明るい静岡の街でも星がよく見みえます。

昨日のエントリーに書いたオリオン座のベテルギウスが約2.5分の1の明るさになっているという米ビラノバ大学の研究結果。
今夜はオリオン座もよく見えます。

肉眼で見た限りではベテルギウスはそれほど暗くなったとの印象は受けません。
ベテルギウスは明るさは0.4等級、オリオン座のリゲルは0.1等級、おうし座のアルデバランは0.9等級で、いつもと同じようにベテルギウスが見えているのだけれど...

191231
・ 2019.12.31 20:50 静岡市葵区平野部 南南東の空

それにしてもすばる(プレアデス星団)が綺麗です。

関連エントリー:オリオン座のベテルギウスが超新星爆発するかも 2019.12.30

| | コメント (0)

2019.12.30

オリオン座のベテルギウスが超新星爆発するかも

オリオン座の赤い1等星 ベテルギウスが10月以降、通常の2.5分の1程度の明るさになっているという米ビラノバ大学の調査結果をCNNが報じていました。

191230
・ オリオン座の代表的な恒星

ベテルギウスは以前から輪郭がはっきりしなくなっており、寿命が尽きるのではないかと言われていました。

それに加えて暗くなってきているんですね。

ベテルギウスは巨大な恒星で、仮に超新星爆発が起きれば相当目立ちますね。それとオリオン座の形が変わってしまう。

地球からの距離が約700光年とすれば、すでに爆発をしているかもしれません。

関連エントリー:ベテルギウス、そんなに暗くは見えないけれど 2019.12.31

引用文オリオン座のベテルギウスに異変、超新星爆発の前兆か 天文学者
冬の夜空に赤く輝くオリオン座のベテルギウスが、この数カ月間で急激にその明るさを失っているとする観測結果がこのほど発表された。天文学者らは超新星爆発を起こす前触れの可能性があると指摘している。
ベテルギウスに関する論文を今月8日に発表した米ビラノバ大学のエド・ガイナン教授は、CNNの取材に答え、ベテルギウスの明るさが10月以降著しく低下していると述べた。現在は通常時の2.5分の1程度の明るさで、夜空の星の中で23番目前後の順位に下がった。一時期は9番目に明るい星だったという。
ガイナン氏らのチームは、ベテルギウスを1980年から継続的に観測している。過去50年間でこれほど急激に暗くなったことはないため、何か尋常でない事態が起きようとしている可能性があると考えられる。
ガイナン氏は超新星爆発に向かう段階にあることを示唆したが、そうした動きは星の深層部で起こる。極めて巨大なベテルギウスの場合、観測によってその過程を明らかにするのは不可能だ。
ベテルギウスは地球からの距離が約700光年と、太陽系を含む銀河系の中でかなり近くにある恒星の1つ。誕生から900万年ほどが経過しているとされる。通常、このサイズの星が1000万年を超えて存在し続けることはなく、今後20万~30万年の間に超新星爆発を起こしてその一生を終えるとガイナン氏は見ている。
これまでにもベテルギウスは一定の周期で明るさを変えていたが、今回は過去数年と比べ劇的なペースで輝きを失っている。数学モデルに従えば来月半ばには暗くなる周期が終了するものの、ガイナン氏によると再び明るくなるかどうかは必ずしも断定できないという。
実際に超新星爆発が起きれば、昼でも肉眼で見えるくらいの明るさになるとガイナン氏は指摘。そのときは赤かったベテルギウスが青い光となって3~4カ月輝き続ける。完全に消えるまでには、およそ1年かかるとみられる。
2019.12.27/CNN.co.jo

| | コメント (0)

2019.12.29

日本平パークウェイの歩道橋は撤去されていたんですね

先日、久し振りに日本平パークウェイの静岡側を走っていて、歩道橋が撤去されていることに気がつきました。

調べてみると昨年9月に解体撤去されていたんですね。

19122901
・ 歩道橋が撤去された日本平パークウェイ(静岡側) 2019.12.26

19122902
・ 歩道橋があった頃の日本平パークウェイ(静岡側)
※ Google ストリートビューから画像引用

この歩道橋は静岡側の日本平パークウェイの山頂近くに設置されていました。
人通りがほとんどない山中にぽつんと設置されていたため、その存在が話題になる歩道橋でした。
真偽の程はわかりませんが、過去にここで子どもが交通事故死しその供養のために設置されという、静岡の都市伝説のひとつでした。

引用文日本平パークウェイ(静岡側)歩道橋解体工事伴う交通規制のお知らせ
平素は格別なお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。
さて、静岡側(日本平動物園側)日本平パークウェイでは下記日程において歩道橋解体工事が実施されます。
工事実施期間内においては片側交互通行などの交通規制も実施される予定です。
ご来場に際しお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、下記ご確認のうえご来場をお願い申し上げます。
工事期間【予定】 2018年9月10日(月) ~ 10月6日(土)
※片側交互通行期間【予定】
9月14日(金)、15日(土)の2日間
※夜間(22時~5時)通行止め期間【予定】
9月18日(火)~21日(金)
なお、上記工事予定については、工事の進捗および天候等の理由により日程が変更する場合があります。
2018.08.22/日本平ロープ-ウェイ

| | コメント (0)

2019.12.28

冬柄ニットキャップのピチュウが卵から孵りました - Pokémon GO

1月1日まで開催されるPokémon GO ホリデーでは、冬柄ニットキャップをかぶったピカチュウがフィールドに登場しています。

このピカチュウを進化させるとニットキャップをかぶったライチュウになります。

ニットキャップのピチュウは卵から孵るということでしたが、2km卵から孵りました。

これで、冬柄ニットキャップのピチュウ、ピカチュウ、ライチュウが揃いました。

191228
・ 冬柄ニットキャップの172 ピチュウ ※ Pokémon GOから画像引用

1912240119122402
・ 冬柄ニットキャップの025 ピカチュウと026ライチュウ
※ Pokémon GOから画像引用

関連エントリー:冬柄ニットキャップのピカチュウ - Pokémon GO 2019.12.24

| | コメント (0)

2019.12.27

静岡のガソリンは前回から6円上がって149円

昨日、いつも給油している静岡市葵区のセルフ式のガソリンスタンドで給油したら、レギュラーガソリンの店頭の表示価格は前回(2019.11.09)から6円上がってリッター当たり149円でした。

191227

参考エントリー
静岡のガソリンは前回と同じ143円 2019.11.10

19122601

WTIの原油価格も上がって1バレル60ドル台です。

19122602

参照:The Energy Information Administration (EIA) - Petroleum - Spot Prices

| | コメント (0)

2019.12.26

残念ながら静岡は小雨。部分日食は見られませんでした

今日は部分日食。静岡では、食の始め14:26、食の最大15:34、食の終り16:35です。

仕事を休んで日本平山頂まで行きましたが、残念ながら小雨で太陽は顔を出しませんでした。午前中は晴れていたのにね。

191226
・ 日本平山頂から南西方向 2019.12.26 15:03 

| | コメント (0)

2019.12.25

Pokémon GOやドラクェウォークもクリスマス仕様です

今日はクリスマス。

Pokémon GOやドラゴンクエストウェークもクリスマス仕様です。

19122501
・ クリスマス仕様の234 オドシシ ※ Pokémon Goから画像引用

19122502
※ ドラゴンクエストウォークから画像引用

| | コメント (0)

2019.12.24

冬柄ニットキャップのピカチュウ - Pokémon GO

Pokémon GOでは、時々、色々な帽子をかぶったピカチュウが登場します。

今日から開催ら1月1日まで開催されるPokémon GO ホリデーでは、冬柄ニットキャップをかぶったピカチュウがフィールドに登場しています。
このピカチュウは冬柄ニットキャップをかぶったライチュウに進化します。ニットキャップをかぶったピチューが卵から孵るようですが、まだゲットしていません。

1912240119122402
・ 冬柄ニットキャップの025 ピカチュウと026ライチュウ
※ Pokémon GOから画像引用

また、シャドウポケモンのデリバードがロケット団のしたっぱとのバトルに登場します。クリスマスですね。

19122403
・225 デリバード(シャドウポケモン) ※ Pokémon GOから画像引用

関連エントリー:冬柄ニットキャップのピチュウが卵から孵りました - Pokémon GO 2019.12.28

| | コメント (0)

2019.12.23

JR東日本 下館駅

JR東日本 下館駅 3-4番ホーム(水戸線)

Jreshimodate01

・ S258 一覧

| | コメント (0)

2019.12.22

'Star Wark 2'の夜空にサンタが登場しています

スマートフォン用の星座表'Star Walk'では、クリスマスが近づくとサンタクロースが夜空に登場します。

トナカイのソリに乗っていることが多いけれど、今年はサンタ自身が宇宙船のようになって飛んでいます。

191222
・ Star Walk 2から画像引用


Star Walk 2 2019年クリスマス(サンタクロース)

関連エントリー:クリスマス寒波?静岡で初雪 2010.12.25

| | コメント (0)

2019.12.21

Firefox が 71.0 にバージョンアップ

Firefox が71.0 にパージョンアップされました。

191221

・ 最新版の Firefox のダウンロード

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

・ 参照:Firefox リリースノート/mozilla

| | コメント (0)

2019.12.20

警告!ログイン環境は変わります - Amazonを騙るメール

Amazon Careからたびたびくる巧みにAmazonを騙るメール。

不正ログインがあったためアカウントを停止したとのこと。僕はAmazonをよく使うのでドッキとするけれど、迷惑メールですね。

ただ、今回は誘導するためのリンクが貼っていいない不思議なメールです。まあ、リンクが貼ってあってもおっかなくてクリックしないけれど。

191220
※ 画像をクリックすると別ウインドウで拡大します

| | コメント (0)

2019.12.19

乗用車等新車の衝突被害軽減ブレーキが義務化されます

国土交通省から乗用車などの衝突被害軽減ブレーキの義務化のアナウンスがありました。

衝突被害軽減ブレーキの義務化は段階的に進められ、国産の新車では2021年11月からです。

ブレーキの能力として、前方の止まっているクルマに50km/hで近づいた時に、衝突しないか衝突しても0km/h以下となることや 、20km/hで走行する前方のクルマに対して50km/hで近づいた時に衝突しないことが求められています。また、 5km/hで横断してくる歩行者に対して、20km/hで近づいた場合に衝突しないことも求められています。
義務化まで2年足らずですが、既にメーカーでは対応が可能なのでしょう。

実際、僕の乗っているシエンタにも作動したことはないけれ、プリクラッシュセーフティシステムという衝突を回避する機能が付いています。
これは、車速が約15~140km/hで前方のクルマとの相対速度が約15km/h以上の時に追突警報が、約30~80km/hので相対速度が約30km/h以上の時にブレーキアシストが、約10~80km/hで相対速度が約10km/h以上の時にブレーキがかかります。
ただ、このシステムは歩行者はもちろんオートバイや自転車は対象外なので、義務づけの基準には達していません。

他にペダル踏み間違い急発進抑制装置の認定と公表や自動速度制御抑制装置のガイドラインの公表などが盛り込まれています。

191219

参考:交通安全緊急対策に係る車両安全対策の措置方針について 2019.12.17/国土交通省

関連エントリー:プリクラシュセーフティシステム - ハイブリッドカーに乗り換えた 5 2017.07.17

| | コメント (0)

2019.12.18

今日の静岡は暑かった。でも、もっと暑い12月があったんですね

今日の静岡は最高気温は12:31に記録した23.1℃。とても暑い1日でした。

でも、調べてみると1940年以降、もっと暑かった12月があったんですね。

一番暑かったのは1954年12月9日の24.5℃。今日は7番目に高い最高気温でした。

191218

| | コメント (0)

2019.12.17

恒星「カムイ」とその惑星「チュラ」、素敵な名前ですね

国際天文学連合(IAU)の「太陽系外惑星命名キャンペーン」で、日本に割り当てられた太陽系外惑星系には、恒星に「カムイ(Kamui)」、惑星に「ちゅら(Chura)」という名前が付けられることが決まったそうです。

「カムイ(Kamui)」はかんむり座の方向にある恒星「HD 145457」、「ちゅら(Chura)」はそれを公転する巨大ガス惑星「HD 145457 b」です。

アイヌ語や沖縄・琉球語からとった自然に対する尊敬と畏怖を表した素敵な名称ですね。

当然、高性能な天体望遠鏡でしか見られません。

191217
クレジット:国際天文学連合 ※ 画像をクリックすると別ウインドウで拡大表示します。 

参照:太陽系外惑星系の名称決定、日本からの命名は「カムイ」、「ちゅら」 2019.12.17/国立天文台

| | コメント (0)

2019.12.16

静岡では2019年12月26日の部分日食はこんな感じで見られます

下の動画は、静岡の2019年12月26日の部分日食をStar Walk 2でシミレートしたものです。


部分日食 2019.12.26 静岡市葵区(Star Walk 2によるシミレーション)

静岡では、食の始め14:26、食の最大15:34、食の終り16:35になります。

関聯エントリー:2019年12月26日は部分日食 2019.11.30

| | コメント (0)

2019.12.15

サカタのタネ「2020カレンダー」

サカタのタネの会員になっていると、毎年、通販カタログの「家庭園芸 春準備号」と併せて、翌年のカレンダーが届きます。

今年も2020年のカレンダーが届きました。

191215
・ 家庭園芸 2020春準備号(下)と2020カレンダー/サカタのタネ

・ 関連Blogはこちらへ。

| | コメント (0)

2019.12.14

PCのモニターを17inch×2から24inchに替えてみた

これまで、古いPCの17inchモニター2台をデジタルとアナログ端子につなげて使っていました。

19121501

長男がやたらに大きなモニターを買って24inchモニターが余ったので、17inch×2に替えて24inch1台にしてみました。

19121502

17inch×2に比べて表示面積は狭くなったけれど、1台の方が使いやすいかな。

| | コメント (0)

2019.12.13

地球深部探査船「ちきゅう」の一般公開に行きました その2 - 研究施設としての「ちきゅう」

「ちきゅう」は海底の掘削を行うとともに、サンプリングしたコアを船内で分析する研究施設があります。

地質の状況に応じて複数の掘削刃(ビット)を使い、使用はコアバレルと呼ばれる円筒形の筒の中に収められます。

このコアを1.5mに切断し、船内の研究室で物理性や微生物、地磁気などの分析がされます。

19121301
・ コアバレル - 円筒形の筒の中にサンプリングしたコアが入っており、1.5mに切断される

19121302
・ 掘削刃(ビット) - 状況に応じて複数のビットを使い分けて掘削する

19121303
・ X線CTスキャナー - 非破壊でコアの割れ目や空隙、密度構造を迅速に調べることができる

室内には、東日本大震災の原因となった太平洋プレートが北米プレート、東南海地震の原因とされるフィリピン海プレートがユーラシアプレートに潜り込む位置のコアのレプリカが展示されていました。

19121304
・ 東北地方太平洋沖 プレート境界断層のレプリカ 水深6,900m 海底下820m

19121305
・ 南海トラフの断面 - 音波を使って得られた南海トラフの断面

19121306
・ 紀伊半島南西沖・南海トラフ 堆積岩(上)と基盤岩の境界のレプリカ 水深3,500m 海底下540m

両方とも明らかに違った地質の石が隣り合っており、これがすべり(スロースリップ)はじめ巨大地震が発生すると思うと、レプリカといえゾッとします。

「ちきゅう」は、外観も面白いけれど研究内容はもっと面白い船です。

関連エントリー:地球深部探査船「ちきゅう」の一般公開に行きました その1 - 船としての「ちきゅう」 2019.12.09

| | コメント (0)

2019.12.12

12月の満月(Full Cold Moon)、金星と土星の並列

今夜は満月。Full Cold Moonです。

19121202
・ 満月 月齢15.7 2019.12.12 17:34 静岡市葵区平野部 東北東の空

19121203
・ 満月 月齢15.9 2019.12.12 20:46 静岡市葵区平野部 東の空

また、西の空には金星と土星が並んで見えます。

19121201
・ 金星と木星 2019.12.12 17:30 静岡市葵区平野部 南西の空

| | コメント (0)

2019.12.11

東海道新幹線700系が2020年3月8日に引退

すでに東海道新幹線では定期運行が終了した700系新幹線のラストランが決定したそうです。

最終走行日は2020年3月8日(日)で、臨時「のぞみ315号」(「ありがとう東海道新幹線700系」のぞみ号)として運行されるそうです。 
東京(9:47発)~新大阪(12:20着)で、途中停車駅は品川、新横浜、名古屋駅、京都となっています。 

19121101
・ 700系新幹線

19121102

また、引退を記念したヘッドマークとサイドステッカーによる車体装飾をした700系を、東京-新大阪間をのぞみとして、上りは2月12,14,16,19,21,24,28日、下りは2月12,14,16,19,21,24,26,28日に1編成運行するようです。

他に2月29日〈東京-新大阪〉、3月1日(名古屋-東京〉に団体専用列車が1編成運行の予定になっています。 

参照:JR東海「ありがとう東海道新幹線700系」

| | コメント (0)

2019.12.10

ロン・カーターのコンサート「Four plus Four」に行ってきました

12月7日 グランシップ中ホールで開催されたロン・カーター「Four plus Four」を聴いてきました。

191211
・ 「Four plus Four」のリーフレットとロン・カーターのCD「RON CATER」1980

ロン・カーターは、1960年代後半のマイルス・デイビス・グループやその後のハービー・ハンコック・トリオと、ジャズの一翼を担ったベーシストです。

彼の演奏は、40年近く前に山中湖のジャズフェスティバルでハービー・ハンコック・トリオとして、また、30年ほど前に静岡・ニューキラクホールでベニー・ゴルソン・オール・スターズの一員として来日した時び聴いたことがあります。

それから、ずいぶん経ちました。彼は82歳。
最近では上原ひろみトリオのベースのアンソニー・ジャクソンやデーブ・グルーシン・ビックバンドのギターのリー・トナーと高齢のミュージシャンが病気で来日ができなかったので、少し心配でした。

演奏は、カーターがピッコロベースを弾き、ベースがレオン・メイルソン、ピアノがドナルド・ベガ、ドラムスがベイントン・クロスリー、加えてマキシーン・ヌーマン、キャロル・バック、アレキサンドリア・ジョーズ、シビル・ジョナーの4人がチェロで加わるというジャズを聴き慣れた僕には変わった構成でした。

太くやわらかいカーターのベースは昔と変わりはないけれど、チェロが入ると演奏が落ち着きます。

アドリブやバトルの応酬というスリリングな場面もなくジャズらしくはありませんが、ゆったりと聴けました。

関連エントリー
上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクトを聴いてきました 2016.11.19
デイヴ・グルーシン・ビック・バンドのコンサートに行ってきたけれど 2018.11.09

| | コメント (0)

2019.12.09

地球深部探査船「ちきゅう」の一般公開に行きました その1 - 船としての「ちきゅう」

11月30日(土)12月1日(日)に清水港・日の出ふ頭で、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の 地球深部探査船「ちきゅう」の一般公開があったので、日曜日に行ってきました。
「ちきゅう」は清水港を母港としているのでよく見かけますが、内部に入ったのは初めてです。
一般公開は数年に1回程度行われいます。ただ、人気があるようで事前申込制で今回は12月1日12:00~13:00の回に当選しました。

「ちきゅう」は、全長 210m、幅 38.0m、船底からの高さは130mです。「ちきゅう」の外観上の特徴になっている中央のやぐらの高さは、水面から120mあります。

海底を掘削しパイプを通し、10,000mまで地球の内部を調べることができます。

19120901
・ 日の出ふ頭に停泊中の「ちきゅう」(船首から) 船首の大きな屋根状床はヘリコプター用デッキ

19120902
・ 船首からは清水湾越しに富士山が望める

19120903
・ 日の出ふ頭に停泊中の「ちきゅう」(船尾から)

やぐらから海中・海底にパイプをつなぎながら下ろします。

19120904
・ 船底から130mのやぐら(デリック)<br/p>

艦橋には乗船口から階段を5階分登ります。

19120905
・ 艦橋から清水の街を望む

掘削のため海上の一点に止まっていなかればならないため、船はコンピュータで制御されています。

19120906
・ 船のコントロールはコンピュータ制御

次回は「ちきゅう」内部の研究室や探査結果などの展示について書きます。

参照:地球深部探査船 ちきゅう/海洋研究開発機構

関聯エントリー:地球深部探査船「ちきゅう」の一般公開に行きました その2 - 研究施設としての「ちきゅう」 2019.12.13

| | コメント (0)

2019.12.08

新幹線の青と白のカラーリングは、ハイライトのデザインからヒントを得たんだ

「チコちゃんに叱られる!」の再放送で知りました。

東海道・山陽新幹線の白と青のカラーリングはたばこの「ハイライト」のパッケージデザインからヒントを得たんですね。

191208

和田 誠さん、すごい!

関聯エントリー:和田 誠さんが亡くなられた 2019.10.11

| | コメント (0)

2019.12.07

絵エスパルス、最終節で残留決定 2019

清水エスパルスは、今日の最終節 サガン鳥栖戦に1-0で勝って残留が決定しました。

191207

今日負けると16位、入替戦になる可能性があったので、勝利ができてホッとしました。

下の画像は、2016年シーズンにJ2からJ1に昇格するときに発行された冊子です。いったんJ2に落ちると昇格が大変になるものね。

191207_20191207234401
・ ORANGE TRACK 2016/清水エスパルス

| | コメント (0)

2019.12.06

静岡のサクラ(ソメイヨシノ)の開花日も早くなっている

気象庁の「気候変動監視レポート 2018」には、日本におけるサクラの開花日の変動が載っていて、サクラの開花日は早くなっているそうです。

レポートによると、58観測地点(静岡を含む)のサクラの1953年~2018年の開花日は10 年あたり1.0日の変化率で早くなっています。サクラの開花日が早まる傾向は、開花する前の平均気温との相関が高いことから、これら経年変化の特徴の要因の一つとして長期的な気温上昇の影響が考えられるとしています。

レポートには全国のグラフしか載っていないので、このグラフを静岡に当てはめてみると下のグラフとなり、10年あたり1.1日の変化率で早くなっています。
191206

また、主要都市の1961年~1990年の平均値と平年値(1981~2010年)とを比較し、平年値から1990年までの平均値を引いた日数の差も掲載されています。

191206_20191209223601
・ 気候変動監視レポート 2018 P.41から引用 ※ 画像をクリックすると別画面で拡大表示します。

同じように静岡について計算すると、1961年~1990年の平均値は3月28日、平年値(1981~2010年)は3月25日で、平年値から1990年までの平均値を引いた日数の差は3日とまります。

年ごとでは開花日に変動はあるけれど、トレンドでは開花時期は早まっているんですね。
レポートでは、カエデの紅(黄)時期の変動も掲載されていて、紅葉遅くなっているそうです。

参考:気候変動監視レポート 2018 2019年7月/気象庁 PDF 14MB

| | コメント (0)

2019.12.05

上原ひろみ JAPAN TOUR 2019 ’SPECTRUM’に行ってきました

先日(11月30日)、静岡市清水市民文化会館(マリナート)で開催された、上原ひろみのJAPAN TOUR 2019 ’SPECTRUM’に行ってきました。

これまでにトリオ・ザ・プロジェクトでマリナート、矢野顕子やエドマール・カスタネーダとのデュオで静岡市民文化会館で開催された時はいずれも中ホールでしたが、今回は大ホールで満員でした。

今回のツアーは、新作のソロアルバム「Spectrum」の発売を記念したピアノソロコンサートで、選曲も「Spectrum」からされています。

コンサートは、期待どおり上原のパワフルでドライブし、そしてチャーミングなピアノが聴けました。

中でも、ガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」は圧巻です。
僕はこれまでに、暴雨風雨のような暴力的な「ラプソディ・イン・ブルー」を聴いたことがありませんでした。それできてけっして破綻しない。心を揺さぶられる演奏でした。

191130
・ CD:SPECTRUM/上原ひろみ

関連エントリー:Spectrum/上原ひろみ 2019.09.30

| | コメント (0)

2019.12.04

今日の静岡はこの冬一番の寒さ。夜には上弦の月

今日の静岡の最低気温は3.9℃。今年一番の寒さだそうです。ようやく冬らしくなってきました。

夜空は澄んで上弦の月が綺麗です。

191204
・ 上弦の月(月齢 7.9) 2019.12.04 20:33 静岡市葵区平野部 南西の空

| | コメント (0)

2019.12.03

週刊少年ジャンプはもう2020年1月1日号

昨日、仕事帰りに今週号の週刊少年ジャンプを買うと、すでに2020年1月1日号です。

早いものですね。

191203

| | コメント (0)

2019.12.02

日めくりカレンダーがだいぶ薄くなりました

早いものでもう12月。

今年の日めくりカレンダーも残りわずか。だいぶ薄くなりました。

191102

| | コメント (0)

2019.12.01

清水港・日の出ふ頭に水上バスで行きました

11月30日(土)12月1日(日)に清水港・日の出ふ頭で、地球深部探査船「ちきゅう」の一般公開があり、今日行ってきました。

いつも日の出ふ頭にクルマで行きますが、「ちきゅう」の一般公開は12:00からの時間指定で、休日の昼間、特にイベントが開催されている時は駐車場が非常に混むので、公共交通機関を使って行くことにしました。

日の出ふ頭には、JR清水駅や静鉄・新清水駅からバスか徒歩で行くのが一般的です。どうしたものかと思っていると、エスパルスドリームフェリーの水上バスがあることを思い出しました。

191201

水上バスは、三保羽衣ラインと主に通勤・通学に使われ日曜日は運休する塚間航路の2航路利まりますが、日曜日なので三保羽衣ラインを使いました。

三保羽衣ラインは、JR清水駅東口(みなと口)河岸の市前の「江尻」→エスパルスドリームプラザ前の「日の出」→「三保」→「江尻」の一方方向で循環します。

19120101
・ 江尻に停泊中の水上バス(エスパルスドリームフェリー)

所要時間は、9時から16時の間1時間に1~2便、江尻-日の出間が約10分、日の出-三保、三保-江尻間がそれぞれ約15分で、運賃は400円で統一されています。

19120102
・ 水上バスから見た日の出ふ頭に停泊中の地球深部探査船「ちきゅう」

今日は天気がよく波もなく快適でした。
海上からは三保の松原、遠くには富士山が望めます。また、船では海鳥用の餌を販売しているので、覚えているのかユリカモメがすぐに寄ってきます。

19120103
・ 海上から望む三保の松原(右)と富士山

日の出ふ頭に水上バスで行くのもいいね。

参照:エスパルスドリームフェリー

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »