« iPhoneで文字入力ができなくなった→不完全な対処法 | トップページ | スズラン:暑い時期になりましたが、今のところ元気です »

2018.07.04

iPhoneで文字入力ができなくなった→Bluetooth接続のキーボードが自動的につながったことが原因でした(解決)

昨日のエントリー「iPhoneで文字入力ができなくなった→不完全な対処法」で、iPhone6Sのオンスクリーンキーボードが突然出なくなって、文字入力ができなくなったことを書きました。

ネットで調べて対処をしました。しかし、iPhoneを再起動した直後はキーボードが現れ文字入力ができきますが、しばらくするとキーボードが消えてしまって入力ができなくなります。これでは、いちいち再起動をしなくてはならずとても不便です。

困ったなあと思っている中、Appleサポートで「iOSでワイヤレスキーボードを使った後、オンスクリーンキーボードが表示されない」という記事を見つけました。

それで、ピンときたのが鞄の中にあるBluetoothキーボードです。この外部接続のキーボードは、たまに少しまとまった文字数の入力を必要がある時に使っています。

鞄の中のBluetoothキーボードを見てみると、スイッチがONになっていました!!!

BluetoothキーボードのスイッチがON
・ BluetoothキーボードのスイッチがON

これで症状にも合点がいきました。
iPhoneを再起動した直後はBluetoothキーボードとiPhoneは接続されていないため通常どおりオンスクリーンキーボードが使えます。
ところが、再起動後、iPhoneはペアリングしてあるBluetooth機器を探し、Bluetoothキーボードを認識すると同時にオンスクリーンキーボードが消えてしまっていたのです。

きっと鞄の中のオンスクリーンキーボードのスイッチが何かの拍子に入ってしまっていたのですね (^_^;

ペアリングしてある機器との自動接続機能は便利で、キーボードの他にカーナビとのペアリングでiPhoneに登録した音楽をクルマで聴いたり、TracRで置き忘れたiPhoneを探すのに使ったりしています。

iPhone6SとペアリングしてあるBluetooth機器
・ iPhone6SとペアリングしてあるBluetooth機器

ただ、便利なBluetooth接続にこんな盲点があったんですね。

当然ですがBluetoothキーボードの電源を切ったら、オンスクリーンキーボードが出現しました。

関連エントリー
iPhoneで文字入力ができなくなった→不完全な対処法 2018.07.03
部屋の中に置き忘れたスマートフォンを探せる'TrakR' 2018.03.06
iPhone,iPad用の丸められるワイヤレス・キーボード 2012.07.13

|

« iPhoneで文字入力ができなくなった→不完全な対処法 | トップページ | スズラン:暑い時期になりましたが、今のところ元気です »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/66901680

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneで文字入力ができなくなった→Bluetooth接続のキーボードが自動的につながったことが原因でした(解決):

« iPhoneで文字入力ができなくなった→不完全な対処法 | トップページ | スズラン:暑い時期になりましたが、今のところ元気です »