« この秋、初めてのキンモクセイの香り | トップページ | 香りで初めて存在に気がつくキンモクセイ »

2017.10.11

ロジャー・ウォータースとデヴィット・ギルモア

帰宅したら予約注文しておいたデヴィット・ギルモアの「ライヴ・アット・ポンペイ」が届いていました。

6月にはロジャー・ウォータースが25年振りにオリジナルアルバム「イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウオント?」をリリースしたし、ピンク・フロイドのメンバーだった2人の作品が立て続けに発売されました。

is this the life we really want?'/Roger Waters(左)と'LIVE AT POMEII'/Dvid Gilmour
・ 'is this the life we really want?'/Roger Waters(左)と'LIVE AT POMEII'/Dvid Gilmour

ギルモアの「ライヴ・アット・ポンペイ」と聞いて、フロイドのポンペイ・ライブを連想してしまいますが、当時はギルモアとドラムスのニック・メイスンが全面に出ていたし、ギルモアのギターは尖って神経質な音だったと感じます。

以降、アルバムを重ねるごとにウォータスの色が強くなってきて、1983年にリリースされた「ファイナル・カット」を最後にウォータスはフロイドを脱退していまいます。

ウォータスとギルモアの確執が修復不可能になってしまったのだけど、その過程における2人の関係がまさにピンク・フロイドの世界を形造っていたんだと思います。

ウォータスの憂鬱と憤りをギルモアの甘美なギターが、壮大な物語にしていたものね。

ウォータスの新作「イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウオント?」はタイトルどおり、僕らに「今の世界は、本当に僕らが望んだものなのか」を問いかけますが、そこにギルモアのギターがあったらと思ってしまいす。

・ MediaMarker


-----

|

« この秋、初めてのキンモクセイの香り | トップページ | 香りで初めて存在に気がつくキンモクセイ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/65905444

この記事へのトラックバック一覧です: ロジャー・ウォータースとデヴィット・ギルモア:

« この秋、初めてのキンモクセイの香り | トップページ | 香りで初めて存在に気がつくキンモクセイ »