« 通勤時間帯の3両編成、なんとかならないものか | トップページ | スズラン:夏枯れ »

2017.09.08

冥王星の地形の一部に名前がつけられた そのひとつは「はやぶさ大陸」

国際天文学連合(International Astronomical Union:IAU)が、準惑星 冥王星の14地形の名前をプレスリリースしています。

参照:Pluto Features Given First Official Names 2017.09.07/IAU

これは、昨年7月にNASAの探査機 ニューホライズンズが冥王星に再接近した際に撮った詳細な地形データをもとに命名したものです。

冥王星(手前)と衛星 カロン
・ 冥王星(手前)と衛星 カロン 引用元:Charon and Pluto: Strikingly Different Worlds 2015.10.01/NASA

冥王星は大きなハート形の領域がひとつ特徴ですが、今回命名されたのはハート形の領域とその周辺の地形です。

今回、冥王星で命名された地名
・ 今回、冥王星で命名された地名 引用元:Pluto Features Given First Official Names 2017.09.07/NASA

ハート形の領域は、1930年に冥王星を発見した天文学者 クライド・トンボーにちなんで「トンボー領域 (Tombaugh Regio)です。

ハートの右上には、日本の小惑星探査機 はやぶさにちなんだ「はやぶさ大陸(Hayabusa Terra)」と命名されました。
ハートの左上は、NASAの探査機 ボイジャー1号、2号にちなんだ「ボイジャー大陸(Voyager Terra)」です。
太陽系から離脱して星間空間の旅をしているボイジャーと、はやぶさが肩を並べるなんて名誉なことだね。

なお、14地形の名前の由来はIAUのプレスリリースで説明されています。

|

« 通勤時間帯の3両編成、なんとかならないものか | トップページ | スズラン:夏枯れ »

ニュース」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/65767109

この記事へのトラックバック一覧です: 冥王星の地形の一部に名前がつけられた そのひとつは「はやぶさ大陸」:

« 通勤時間帯の3両編成、なんとかならないものか | トップページ | スズラン:夏枯れ »