« 静岡は朝晩、少し涼しくなり秋の訪れを感じるようになりました | トップページ | 静岡のガソリンは前回と同じ131円 »

2017.09.01

10月に103系電車がJR大阪環状線から姿を消すそうです

旧国鉄時代の都市型通勤電車103系が、この10月にJR大阪環状線から引退するそうです。読売新聞が報じていました。

103系といえば子どもの頃、京浜東北線や山手線を走っていて、僕の中で国電といえば103系です。
その103系も山手線では1988年、首都圏全体でも2006年までに姿を消してしまいました。

随分前に京都駅の奈良線ホームで久しぶりに103系を見た時、懐かしく感じました。

奈良線の103系 京都駅9番ホーム 2008.02.12
・ 奈良線の103系 京都駅9番ホーム 2008.02.12

奈良線の103系 京都駅9番ホーム 2008.02.12

大阪環状線から姿を消した後も阪和線や大和路線、筑肥線など全国で約50編成(約180両)が運行されているとのことです。

103系、頑張りますね。

引用文旧国鉄時代からの「大阪の象徴」10月で引退へ 新型車両「323系」へ入れ替え
旧国鉄時代からJR大阪環状線の象徴として、角張ったオレンジ色の車体で親しまれた通勤用車両「103系」が、10月で同線から姿を消すことになった。
老朽化に伴う車両更新のためで、ファンからは引退を惜しむ声が上がりそうだ。
103系は、先頭車両の正面に平面ガラス3枚を使った簡素なデザインが特徴で、駅間が短い都市部の通勤用電車として開発された。東京・山手線で1963年、大阪環状線では69年に導入され、車体に使われたオレンジ色は環状線のシンボルカラーにもなった。同一車両としては国内最多の約3500両が製造され、全国の主要路線で利用が進んだ。
ところが20~30年とされる車両の更新時期に合わせ、山手線では88年、首都圏全体でも2006年までに全てが引退。JR西は補修を重ねて使用を続けたが振動や消費電力が大きく、16年度から、7編成(56両)あった車両について、出入り口付近のスペースが広く、バリアフリー対応なども充実した新型車両「323系」への入れ替えを始めた。現在は大阪城や通天閣が描かれたラッピング列車と、車体がオレンジ色の2編成(各8両)が残るだけ。10月以降は阪和線や大和路線、JR九州管内の筑肥線など全国で約50編成(約180両)となる。
2017/09/01/読売新聞

|

« 静岡は朝晩、少し涼しくなり秋の訪れを感じるようになりました | トップページ | 静岡のガソリンは前回と同じ131円 »

ニュース」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/65738982

この記事へのトラックバック一覧です: 10月に103系電車がJR大阪環状線から姿を消すそうです:

« 静岡は朝晩、少し涼しくなり秋の訪れを感じるようになりました | トップページ | 静岡のガソリンは前回と同じ131円 »