« 夜更け過ぎの東の空は、アルクトゥールス、スピカ、春の装いに変わってきました | トップページ | 中国で鳥インフルエンザ A/H7N9の鳥から人への感染が拡大しているそうです »

2017.02.14

川崎重工業が宇宙ごみ除去小型衛星を開発する

日本経済新聞に面白い記事が載っていました。
川崎重工が宇宙ごみを除去するための小型衛星を開発し、3年以内に試験機を打ち上げるとのことです。

宇宙ゴミの問題は、衛星の運用上大きな問題になるから、除去の方法が確立されるといいですね。

記事を読む限り、5t程度の2段ロケットの残骸を小型衛星が補足し、一緒に大気圏に突入し燃やす方法のようです。衛星1機数十億円を目指すというけれど、コストパフォーマンスはOKなのだろうか?

引用文宇宙ごみ 官民で除去 JAXA 10センチでも補足・監視 川崎重工 除去用の小型衛星
使い終わった人工衛星やロケットの宇宙ごみ(デブリ)対策が官民で進む。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が衝突事故を回避するため小さなデブリの監視を始めるほか、川崎重工はデブリを処理する専用衛星を開発する。
-----
JAXAは10センチほどの小さなデブリでも補足できるようにする。これまでは1.6メートル以上のデブリを対象に監視していた。岡山県にNECの地上レーダーを設置し、運用中の大型光学望遠鏡を三菱電機が回収して能力を高める。デブリの判別や軌道を解明する富士通の解析システムも導入する。
-----
川重はデブリ除去専用の小型衛星を開発する。3年以内に試験機を打ち上げる計画だ。実用化すれば世界初となる。大きさは1立方メートル程度で重量は約100キログラム。価格は数十億円程度をめざす。
産業用ロボットで培った技術を応用し、デブリを補足する専用の「画像センダー」を開発する。デブリをつかんで固定する「把持装置」も開発中で、一緒に大気圏に突入してデブリを燃やし尽くす。捕獲の対象は重さ約5トンの2段ロケットの残骸などを想定する。
2017/02/07/日本経済新聞

|

« 夜更け過ぎの東の空は、アルクトゥールス、スピカ、春の装いに変わってきました | トップページ | 中国で鳥インフルエンザ A/H7N9の鳥から人への感染が拡大しているそうです »

ニュース」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/64868732

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎重工業が宇宙ごみ除去小型衛星を開発する:

« 夜更け過ぎの東の空は、アルクトゥールス、スピカ、春の装いに変わってきました | トップページ | 中国で鳥インフルエンザ A/H7N9の鳥から人への感染が拡大しているそうです »