« 東京地下鉄(東京メトロ) 赤坂見附駅 | トップページ | 山頭火は「水仙は冬を象徴する」と言うけれど »

2017.01.31

ニフティのISP、Webサービス事業がノジマに譲渡

ニフティの売却が正式決定されたようです。富士通とニフティがプレスリリースしています。

現在のニフティの事業を継承するコンシューマ事業会社を新たに設立し、さらに2017年4月1日にノジマに譲渡する形をとるとのこと。

このブログはニフティのココログを利用しているので、譲渡後にどうなるのか気になっていました。

プレスリリースによるとプロバイダー事業やWebサービス事業は、そのまま引き継がれるようなので一安心です。

ニフティとは、NIFTY-Serve パソコン通信の時代からの付き合いです。

当時、NIFTY-Serveと並んだPC-VANも今はなく、パソコン通信からインターネットと時代はどんどん進みますね。

引用文ニフティの再編について
このたび、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 達也、以下、富士通)は、ニフティ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三竹 兼司、以下、ニフティ)のISPを中心とするコンシューマ向け事業を、2017年4月1日を効力発生日として吸収分割の手法により、富士通が新設する100%子会社に継承させます。これによりニフティを、クラウドを中心とするエンタープライズ向け事業会社(以下、クラウド事業会社)と、ISPを中心とするコンシューマ向け事業会社(以下、コンシューマ事業会社)に再編します。
-----
一方、コンシューマ事業会社については、ニフティが培ってきたノウハウや資産を有効活用しつつ、企業価値をさらに高めるため、2017年4月1日に富士通が持つ同社の全株式を株式会社ノジマ(本社:神奈川県横浜市、代表執行役社長:野島 廣司、以下、ノジマ)に譲渡します。
-----
2. ISPを中心とするコンシューマ事業について
ISPを中心とする事業を継承するコンシューマ事業会社は、富士通が持つ同社の全株式をノジマに譲渡することで、ノジマグループの一員になります。
コンシューマ事業会社は、ニフティのブランド価値、提供サービス並びにお客様基盤の維持を最優先に、ノジマグループが持つ実店舗網や営業力とのシナジーを活用しながら、引き続き事業を拡大していきます。IoT時代のスマートライフのハブとなることを目指す同グループにおけるIoT領域の中核企業として、長年にわたり培ってきたネットワークやWebサービスの企画・開発力を存分に発揮し、今後も独自性あるサービス提供を通して企業価値向上に邁進していきます。
【 コンシューマ事業会社の概要 】 (2017年4月1日時点)
(1)商号:ニフティ株式会社
(2)事業内容:ISP事業、Webサービス事業
(3)本店所在地:東京都新宿区
(4)設立年月:2017年2月(予定)
(5)代表者:三竹 兼司
(6)資本金:1億円
(7)株主:株式会社ノジマ 100%(2017年4月1日に富士通から株式譲渡)
2017/01/31/富士通株式会社 ニフティ株式会社

|

« 東京地下鉄(東京メトロ) 赤坂見附駅 | トップページ | 山頭火は「水仙は冬を象徴する」と言うけれど »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/64834883

この記事へのトラックバック一覧です: ニフティのISP、Webサービス事業がノジマに譲渡:

« 東京地下鉄(東京メトロ) 赤坂見附駅 | トップページ | 山頭火は「水仙は冬を象徴する」と言うけれど »