« 富士通がニフティを売却? | トップページ | 3年目の夏を越したシクラメンの葉がだいぶ展開してきました »

2016.10.18

東名 冨士川サービスエリアで観覧車が建設中なんだ

東名高速道路の冨士川サービスエリアに立ち寄った時、建設中の観覧車に気がつきました。
冨士川SAに観覧車が設置されることを知りませんでした。

東名高速道路 冨士川サービスエリア
・ 東名高速道路 冨士川サービスエリア

5月の静岡新聞によると、設置する観覧車は高さ約59m、6人乗りのゴンドラが36台取り付けられ、来春に完成予定とのことです。

冨士川SAは、駿河湾から伊豆半島、富士山、愛鷹山、眼下には冨士川などが見られるから、これがさらに50mの高さからなら絶景でしょうね。

引用文観覧車建設工事が本格始動 東名高速・富士川SA
NEXCO中日本高速道路が富士市岩淵の東名高速道上り富士川サービスエリア(SA)内に設置する観覧車の建設工事が12日、本格的に始まった。
 建設工事は9日に着工したが、悪天候が続き、本格的な作業は12日にずれ込んだ。クレーン車や資材が運び込まれ、同SAに立ち寄った高速道利用者らが工事の様子を眺めたり、写真を撮ったりする姿も見られた。
 同社によると、観覧車は同SA北側駐車場の跡地に設置する。高さ約59メートルで、6人乗りのゴンドラ36台を取り付け、2017年春ごろのオープンを予定している。
2016/05/13/静岡新聞

|

« 富士通がニフティを売却? | トップページ | 3年目の夏を越したシクラメンの葉がだいぶ展開してきました »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/64367629

この記事へのトラックバック一覧です: 東名 冨士川サービスエリアで観覧車が建設中なんだ:

« 富士通がニフティを売却? | トップページ | 3年目の夏を越したシクラメンの葉がだいぶ展開してきました »