« 今年の梅雨明けは前線消滅型のようです | トップページ | 大西宇宙飛行士はGoogle+でISSから投稿しているんですね »

2016.07.20

来シーズン以降のスカパーのJリーグ中継はどうなるのだろう?

Jリーグが2017年度以降10年間の放送権のメイン契約先を、英国パフォーム・グループと国内配信をNTTに決定したと、朝日新聞が報じています。

普段、僕は清水エスパルスの試合をスカパーのインターネット中継で見ています。
今シーズン、J2に降格したエスパルスですが、馴染みの薄いJ2クラブとの対戦はJ1とは随分、勝手が違うと感じています。

iPadによるスカパーJリーグ中継

来シーズン以降、Jリーグのメインの契約先がかわって、スカパーのJリーグ中継はどうなるのだろう。
新たな契約によってJリーグは年間3倍を超える放送権料が入って、各クラブが少しでも潤えばいいのだけれど。

ただ、それにともなってJリーグ中継の視聴料が上がのかな。

ところで、今日のエスパルスとヴェルディ戦。取れるときに取っておかないとという典型的な試合でした ^^;

J2リーグ 第24節 清水エスパルス 0-1 東京ヴェルディ

引用文Jリーグ放映、ネット中心に 主契約先、英社・NTTに
Jリーグが2017年以降の放送権のメイン契約先として、スポーツのデジタルコンテンツ事業を国際展開するパフォーム・グループ(本社・英国)、国内の配信を担当するNTTと、10年間の長期契約を結ぶことがわかった。19日の理事会で決まった。複数の関係者によると、放送権料は17年が160億円(推定)で26年に向けて段階的に増額され、1年当たりの平均額は約200億円に達する。Jリーグは07年から10年間にわたってスカパーJSATを主体に契約してきたが、パフォームと契約することで、放送形態もインターネット配信中心に変わりそうだ。
パフォームはサッカーのイングランド1部リーグや米プロバスケット(NBA)などの放送権を持ち、配信している。Jリーグの地上波を含めた年間合計額は約50億円だったが、新たな契約では3倍を超える過去最高額になる。
テレビ中継は従来通り、NHKやTBSで放送される見通しで、スカパーが放送を続けるかどうかは今後の交渉次第となる。
2016/07/20/朝日新聞

|

« 今年の梅雨明けは前線消滅型のようです | トップページ | 大西宇宙飛行士はGoogle+でISSから投稿しているんですね »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/63943309

この記事へのトラックバック一覧です: 来シーズン以降のスカパーのJリーグ中継はどうなるのだろう?:

« 今年の梅雨明けは前線消滅型のようです | トップページ | 大西宇宙飛行士はGoogle+でISSから投稿しているんですね »