« 今日の静岡はとても暖かかった | トップページ | 働かないアリの話 »

2016.02.15

スマートフォン、携帯電話専用電源コンセント搭載バス

iPhoneというかスマートフォンの弱点のひとつはバッテリーの持ちの悪さにあります。僕の2年ほど使っているiPhone5は、使い方にもよりますが、朝フル充電しておいても夕方にはほとんど残量がない状態のことがしばしばです。
新しいバッテリーに交換すればいいのだけれど、iPhoneはバッテリーを購入して自分で交換ができません。(iPhone専用のドライバーは持っているけれど ^^;)

バッテリー切れに備えて、モバイルバッテリーや充電ケーブルを一緒に持ち歩くことになりますが、N700やN700A型の新幹線には各座席の窓側の壁にサービスコンセントが備えられ充電ができるので、東京の出張帰りに何度か助かりました。

N700系新幹線のサービスコンセント
・ N700系新幹線のサービスコンセント

関連エントリー:新幹線のサービスコンセント (2013.12.11)

僕はあまりバスを利用することがないので、バスのサービスコンセントについて検索してみたら、1年ほど前の記事ですが八王子の西東京バスで路線バスで充電用コンセントを導入したというプレスリリースを見つけました。

路線バスでも導入が始まったということは、長距離長時間を走る高速バスや観光バスでは導入が進んでいるのかな?

スマートフォンはに日常生活の中に溶け込んできた(いつも乗る通勤電車では、本や新聞を読んだり居眠りしたりする人よりもスマートフォンを操作している人のほうが多い ^^;)から、乗り物も充電のためのサービスコンセントが付いていることがより求められるかもしれないね。

引用文「電源バス」の運行を開始しました! ~路線バスで携帯・スマートフォンが充電できます~
西東京バス株式会社(本社:東京都八王子市、社長:越水陽太郎)では、座席に携帯電話およびスマートフォン専用の電源コンセントを搭載した「電源バス」の運行を7月より開始いたしました。
通勤・通学などで、毎日長時間バスにご乗車いただくお客様へのサービス向上のため、バスメーカー3社(三菱ふそうトラック・バス、いすゞ自動車首都圏、東京日野自動車)に電源バスの開発を依頼しておりましたが、このたび完成し、一般路線バス車内での無料充電サービスの提供を始めました。

■ 電源バス導入について
一般路線バスの新製時の充電用コンセント搭載は、日本初です。(各メーカー調べ)当社バスをご利用されるお客様は、沿線に学校が多いことから大学生・高校生の方が多く、日常的にバス車内でスマートフォン等をご利用される光景が見られます。また、バス車内に常備しているお客様アンケートはがきにも充電用コンセントの設置に関するご希望をいただき、今回の導入に至りました。
この電源バスは、通常の路線バス車両に専用インバーターを追加搭載し、中扉後部の窓側座席に充電用コンセントを中型車は8個、大型車は12個設置しています。お客様は、一般路線バスご乗車中に無料で携帯電話、スマートフォンの充電をすることができます。(※電気使用量の大きいパソコン等はご利用いただけません。)
2015/07/15/西東京バス

|

« 今日の静岡はとても暖かかった | トップページ | 働かないアリの話 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/63219363

この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォン、携帯電話専用電源コンセント搭載バス:

« 今日の静岡はとても暖かかった | トップページ | 働かないアリの話 »