« キキョウ:花の終わった株元から新芽が伸びてきた | トップページ | 夜になっても暑い毎日です »

2015.08.02

はじめてのやのあきこ/矢野顕子

このアルバムは以前からCDでより安価でリリースされているけれど、レコードで欲しかった。
そっと針を落として聴いてみたかった。

「はじめてのやのあきこ」は、彼女自身の作品、他人の作品をゲスト・アーティストを迎え、彼女のピアノ+αの楽器による7曲が収められたアルバムです。

特に小田和正とデュエット、宮沢和史の「中央線」や忌野清志郎とのデュエット、彼女自身の「ひとつだけ」は切なくて、僕にはこの2曲を聴くだけでも価値があります。

音楽が所詮消費されるものだとしたら、レコード針が何百回も盤面を削って消費したい、そんな素敵なアルバムです。

はじめてのやのあきこ/矢野顕子  [Analog]

はじめてのやのあきこ/矢野顕子  [Analog]
・ はじめてのやのあきこ/矢野顕子 [Analog]

LP/CDはじめてのやのあきこ
矢野顕子(vo,p)/yamaha music communications/2015

A面
01. 自転車でおいで (共演:槇原敬之)
02. 中央線(共演:小田和正)
03. PRESTO
04. ごはんができたよ(共演:YUKI)
B面
05. 架空の星座(共演:井上陽水)
06. ひとつだけ(共演:忌野清志郎)
07. そこのアイロンに告ぐ (共演:上原ひろみ)

・ LP・CDの紹介一覧 M0163

・ MediaMarker

はじめてのやのあきこ [Analog]
矢野顕子
ヤマハミュージックコミュニケーションズ ( 2015-07-28 )

|

« キキョウ:花の終わった株元から新芽が伸びてきた | トップページ | 夜になっても暑い毎日です »

音楽」カテゴリの記事

LP・CDの紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめてのやのあきこ/矢野顕子:

« キキョウ:花の終わった株元から新芽が伸びてきた | トップページ | 夜になっても暑い毎日です »