« 3652/伊坂幸太郎 | トップページ | キキョウ:2年目の花・満開 »

2015.07.04

Apple Musicのようなサービスは、利益がどの程度作り手に還元されるのだろう

「Apple Music」が7月1日に開始されました。

今日の静岡は雨だし、Apple Musicがどんなものだろうと午後、いろいろと試していました。

まだ、サービスが始まったばかりからか、多くの楽曲が提供されてはいるけれど、僕の手元にないもので聴きたいと思うものは少ないなあというのが感想です。

その中で、僕の持っているLPやCDで提供されているものが多くありました。

ピンク・フロイドの「ザ・ウォール」もそんな1枚です。
「ザ・ウォール」はLP 2枚の大作ですが、iPhoneで簡単に聴くことができます。iPhoneをUSB端子のあるアンプやCDプレーヤーにつなげれば、ステレオで再生もできます。

LPとApple MusicのPINK FLOYD 'The Wall'
・ LPとApple MusicのPINK FLOYD 'The Wall'

CDプレーヤーのUSB端子につなげたiPhone
・ CDプレーヤーのUSB端子につなげたiPhone

Apple Musicは、無料のトライアル期間が終わると月額980円の定額制になるとのこと。980円で聴き放題とは極めて安価ではないだろうか。「ザ・ウォール」だけでもそれだけの価値があると思うのだけど。

「Apple Music」や「Google Play Music」、「Spotify」、「Amazon Music」などの安価なインターネット音楽配信サービスがこれから、音楽を聴く主流になるのでしょう。

安く音楽を聴けることはいいことだけど、その時、収益がどの程、作り手に還元されるのだろう?
多くの作品を聴くことができても、新たな作品を創ることにつながらなければ意味がないものね。

|

« 3652/伊坂幸太郎 | トップページ | キキョウ:2年目の花・満開 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/61837908

この記事へのトラックバック一覧です: Apple Musicのようなサービスは、利益がどの程度作り手に還元されるのだろう:

« 3652/伊坂幸太郎 | トップページ | キキョウ:2年目の花・満開 »