« 東海地方の梅雨明けは7月20日(2015年) | トップページ | 2015年の梅雨は前半は空梅雨、後半はまとまった雨が降った »

2015.07.21

静鉄電車が来春から新型車両 A3000形 'shizuoka rainbow trains'を順次導入

静岡と清水を結ぶ静岡鉄道 静岡清水線の車両が来春から順次更新されるそうです。

現在の静岡清水線の車両は、2両編成のステンレスの車体で、洒落ているわけでも斬新でもなく、かといって郷愁を誘うレトロでもなく、素っ気ない、静岡的といえなくもないデザインです。この1000形電車は40年も使われてきたんですね。

静岡鉄道 1000形 電車(静岡清水線)
・ 静岡鉄道 1000形 電車(静岡清水線)

そして、1000形電車が来春から順次、A3000形に更新されるそうです。

車体のカラーリングは静岡市をイメージする、苺のパッション・レッド、桜海老のプリティ・ピンク、蜜柑のブリリアント・オレンジ・イエロー、山葵のフレッシュ・グリーン、茶のナチュラル・グリーン、富士山のクリアー・ブルー、駿河湾のエレガント・ブルーの7色(レインボー)と現在のシルバーを加えた8色です。色は綺麗ですが、この名称、垢抜けず何だかなぁと感じる一方で静岡的でホッともします。

2016年春に最初の1編成が導入され、約4年後、2019年度の静鉄グループ創立100周年を迎える時に7色のラインナップが完成。8年をかけて7編成をレインボー、5編成はシルバー、計12編成の導入を予定しているそうです。

参照:静鉄電車 新型車両の製作開始について ~制作会社、形式名、外観カラーリング決定~/静岡鉄道

また、新型車両のイメージ・ビデオも公開されています。

見慣れた景色が流れていますが、少し背伸びした青くさいコピーとイメージに恥ずかしくもなります。
でも、黄昏の巴川を渡る電車はいいね。

カラフルな新型車両が静岡の街を走れば、風景も変わるのかな? 楽しみではあります。


『ささえるチカラ』篇 静岡鉄道新型車両導入イメージムービー /静岡鉄道


『つながるオモイ』篇 静岡鉄道新型車両導入イメージムービー /静岡鉄道

|

« 東海地方の梅雨明けは7月20日(2015年) | トップページ | 2015年の梅雨は前半は空梅雨、後半はまとまった雨が降った »

動画」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/61925489

この記事へのトラックバック一覧です: 静鉄電車が来春から新型車両 A3000形 'shizuoka rainbow trains'を順次導入:

« 東海地方の梅雨明けは7月20日(2015年) | トップページ | 2015年の梅雨は前半は空梅雨、後半はまとまった雨が降った »