« ソユーズ(Expedition 44)が国際宇宙ステーションにドッキング | トップページ | 静岡のガソリンは前回から5円下がって140円 »

2015.07.24

地球の従兄 ケプラー 452b 'an Earth 2.0'

ケプラー宇宙望遠鏡が、これまででもっと地球に類似した大きくて年上の「従兄」を発見したと、NASAがアナウンスしています。

それはケプラー 452b(Kepler-452b)で、はくちょう座の中にある地球から1,400光年離れた恒星 ケプラー 452の惑星です。

ケプラー 452bは、地球より60%大きく385日で公転しているとのことです。また、452bの恒星 452からの距離は、地球と太陽の距離より5%遠いけれど、452は太陽よりも20%明るいので、425bが受けるエネルギーは地球と同程度と考えられています。さらに、425は地球より15億年長い60億年前にできた恒星である事などから、425bは地球にかなり類似した惑星と推察されるそうです。

それで、ケプラー 425bを大きくて年上の地球の「従兄」と表現しているのですね。そうなると生物の存在が期待されます。

また、今後ケプラー宇宙望遠鏡がどんな地球型惑星を見つけるか楽しみです。

恒星 ケプラー 425の位置 2015.07.24 23:00 静岡市葵区(ステラナビゲータ 10によるシミレーション)<br />
・ 恒星 ケプラー 425の位置 2015.07.24 23:00 静岡市葵区(ステラナビゲータ 10によるシミレーション)

参照:NASA’s Kepler Mission Discovers Bigger, Older Cousin to Earth (2015.07.23)/NASA

|

« ソユーズ(Expedition 44)が国際宇宙ステーションにドッキング | トップページ | 静岡のガソリンは前回から5円下がって140円 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/61950728

この記事へのトラックバック一覧です: 地球の従兄 ケプラー 452b 'an Earth 2.0':

« ソユーズ(Expedition 44)が国際宇宙ステーションにドッキング | トップページ | 静岡のガソリンは前回から5円下がって140円 »