« 世界の飢餓人口が約20年間で2億1600万人減少し7億9500万人に | トップページ | 東海地方の梅雨入りは6月8日(2015年) »

2015.06.07

ニュー・ホライズンズが7月中旬に冥王星に最接近する

2006年1月にケープ・カナベラル空軍基地より打ち上げられた探査機「ニュー・ホライズンズ(New Horizons)」が、7月中旬に準惑星 冥王星に最接近します。

予定では、2015年7月14日11時49分(協定世界時 UTC)、日本時間 20:49です。

冥王星は謎の多い神秘的な準惑星です。

最大の衛星のカロンは冥王星と双子星とも考えられ、重心を共有しています。また、衛星のニクスとヒドラは、自転がランダムでラグビーボールのような形をしているし、ケルベロスは黒い月であることかハッブル宇宙望遠鏡の観測からわかってきています。

ニュー。ホライズンスが最接近すれば、冥王星の謎がよりわかると思います。
楽しみです。


New Horizons Mission to Pluto Trailer /Universe Today (YouTube)

下の動画の冒頭に冥王星に接近しているニュー・ホライズンズから配信された冥王星とカロンが写っています。


New Horizons Takes First Color Images Of Pluto and Charon/The Cosmos News (YouTube)

|

« 世界の飢餓人口が約20年間で2億1600万人減少し7億9500万人に | トップページ | 東海地方の梅雨入りは6月8日(2015年) »

サイエンス」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/61710399

この記事へのトラックバック一覧です: ニュー・ホライズンズが7月中旬に冥王星に最接近する:

« 世界の飢餓人口が約20年間で2億1600万人減少し7億9500万人に | トップページ | 東海地方の梅雨入りは6月8日(2015年) »