« 東京地下鉄(東京メトロ) 飯田橋駅 | トップページ | ポテンティラ:冬を越した株のつぼみ »

2015.04.17

目標寿命をはるかに超えた磁気圏観測衛星「あけぼの」が運用終了

オーロラの現象を解明する磁気圏観測衛星「あけぼの」の運用を終了すると、宇宙航空研究開発機構(JAXA)がアナウンスしています。

参考:磁気圏観測衛星「あけぼの」の運用終了について (2015.04.09)/宇宙航空研究開発機構 PDF 5.4MB

この「あけぼの」の目標寿命は1年。それが1989年に打ち上げられてから25年間運用されていたことに驚きます。

磁気圏観測衛星「あけぼの」概要(磁気圏観測衛星「あけぼの」の運用終了について (2015.04.09)/宇宙航空研究開発機構から引用)
・ 磁気圏観測衛星「あけぼの」概要(磁気圏観測衛星「あけぼの」の運用終了について (2015.04.09)/宇宙航空研究開発機構から引用)

そういえば、NASAのボイジャーは、当初の目的の木星や土星の探査を終え、機能は少しずつ欠落しているけれど太陽系を離脱し、恒星間空間の情報を送っていています。

すごいね。

関連エントリー:ボイジャー1号が太陽圏を離脱 (2013.09.13)

----------
PDF形式のファイルの閲覧には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、下のバナーのリンク先からダウンロードしてください。

get_adobe_reader

|

« 東京地下鉄(東京メトロ) 飯田橋駅 | トップページ | ポテンティラ:冬を越した株のつぼみ »

サイエンス」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/61459809

この記事へのトラックバック一覧です: 目標寿命をはるかに超えた磁気圏観測衛星「あけぼの」が運用終了:

« 東京地下鉄(東京メトロ) 飯田橋駅 | トップページ | ポテンティラ:冬を越した株のつぼみ »