« この季節一番寒い朝だったみたい | トップページ | 散歩の途中のピラカンサの赤い実 »

2014.11.15

恋する伊勢物語/俵 万智

俵 万智さんが古文の先生だったら、もっと古典に興味を持て古文の授業が楽しくなったと思う一冊です。

「恋する伊勢物語」は、あまりにも有名な平安時代初期に書かれた古典の代表作のひとつ「伊勢物語」を俵 万智が解説したものです。
そう、「むかし、男ありけり」で始まる章段の多いあの「伊勢物語」です。

平安貴族の恋愛と男の友情が書かれた物語を、俵さんの時にはっとさせられる解釈が加えられとても面白く読めます。もしかしたら解説というよりも「伊勢物語」を題材にしたエッセイに近いものかもしれません。

昔の言葉で書かれた古典は内容がよくわからずどうしても敬遠してしまいます。
でも、俵さんのフィルターを通した「伊勢物語」を読むと、昔も今も人の考えや行動は変わらないんだなと感じます。

この内容が古文の時間に教えられていいものなのかな。それくらい「伊勢物語」は艶めかしく情けない物語だったんだ。

本恋する伊勢物語
俵 万智 (Tawara Machi) /筑摩書房(ちくま文庫)/1995

書籍の紹介一覧 B0141

・ MediaMarker

恋する伊勢物語 (ちくま文庫)
俵 万智
筑摩書房 ( 1995-09 )
ISBN: 9784480030795

|

« この季節一番寒い朝だったみたい | トップページ | 散歩の途中のピラカンサの赤い実 »

書籍の紹介」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/60659240

この記事へのトラックバック一覧です: 恋する伊勢物語/俵 万智:

« この季節一番寒い朝だったみたい | トップページ | 散歩の途中のピラカンサの赤い実 »