« 2000円札はなぜ普及しないんだろう | トップページ | ケプラー186f 地球の環境に一番近いと考えられている惑星 »

2014.04.17

熊本県で発生した鳥インフルエンザはH5N8

4月13日に熊本県のブロイラーの養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が発生しました。
そして、今日、疑似患畜が高病原性鳥インフルエンザH5N8亜型であることが確定されたと、農林水産省がプレスリリースしています。

鳥フルH5N8は日本では初めての発生です。
韓国でH5N8が発生しているので、朝鮮半島から渡り鳥によって日本に持ち込まれたのだろうか?

北方系の渡り鳥は北に帰る時期です。なんでこの時期に発生したのか、これからの調査である程度はわかると思います。

引用文高病原性鳥インフルエンザウイルスのNA亜型の確定について
熊本県で発生した高病原性鳥インフルエンザのウイルスがH5N8亜型であることを確認しました。
1.概要
熊本県で発生した高病原性鳥インフルエンザのウイルスについて、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所における検査の結果、本日、NA亜型が判明し、H5N8亜型であることを確認しました。
2014/04/17/農林水産省

|

« 2000円札はなぜ普及しないんだろう | トップページ | ケプラー186f 地球の環境に一番近いと考えられている惑星 »

ウイルス、細菌、微生物」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/59486482

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本県で発生した鳥インフルエンザはH5N8:

« 2000円札はなぜ普及しないんだろう | トップページ | ケプラー186f 地球の環境に一番近いと考えられている惑星 »