« 杭州市地下鉄2号線の建設 | トップページ | 上海浦東国際空港の朝 »

2014.03.10

昔も今も茶の揉捻機の構造は同じなんですね

下の写真は、杭州市の西湖のすぐそばにある中国茶葉博物館に展示されていた昔の木でできた製茶機械・揉捻機(じゅうねんき)です。

1950年代の揉捻機/中国茶葉博物館
・ 1950年代の揉捻機/中国茶葉博物館

今は金属製でコンピューターで制御するけれど、形も構造も、現在のものとあまり変わりません。
昔に比べれば技術は進歩していると思うけれど、形や構造の変化が少ないということは、すでに技術的には完成され洗練されているということかな。

|

« 杭州市地下鉄2号線の建設 | トップページ | 上海浦東国際空港の朝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/59267219

この記事へのトラックバック一覧です: 昔も今も茶の揉捻機の構造は同じなんですね:

« 杭州市地下鉄2号線の建設 | トップページ | 上海浦東国際空港の朝 »