« 錯覚を利用した立体表示の横断歩道 | トップページ | 東大駒場キャンパスで新種のカメムシが発見されたそうだ »

2013.12.25

2014年1月4日未明はしぶんぎ座流星群がよく見えるかもしれない

2014年のしぶんぎ座流星群は、月明かりがなく観察の絶好のチャンスかもしれません。

極大は2014年1月4日の未明。放射点は、北斗七星のひしゃくの柄の先端 アルカドの少し下、ポラリス(北極星)の右側です。

下の画像はステラナビゲータで、2014.01.04 4:00の静岡市葵区平野部 北北東の空をシミュレートしたものです。

ステラナビゲータ Ver.9 によるシミュレート
・ ステラナビゲータ Ver.9 によるシミュレート

新年早々、流れ星が見られるといいね。

|

« 錯覚を利用した立体表示の横断歩道 | トップページ | 東大駒場キャンパスで新種のカメムシが発見されたそうだ »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/58821175

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年1月4日未明はしぶんぎ座流星群がよく見えるかもしれない:

« 錯覚を利用した立体表示の横断歩道 | トップページ | 東大駒場キャンパスで新種のカメムシが発見されたそうだ »