« アブチロン:満開 | トップページ | やっぱり静岡も暑い! »

2013.08.13

今日は伝統的七夕

七夕というと7月7日が一般的です。

ただ、もともとの七夕は太陰太陽暦の7月7日で、国立天文台では
「二十四節気の処暑(しょしょ=太陽黄経が150度になる瞬間)を含む日かそれよりも前で、処暑に最も近い朔(さく=新月)の瞬間を含む日から数えて7日目」を「伝統的七夕」としています。

今年の処暑は8月23日、処暑を含む直近の新月は8月7日、その日から数えて7日目が8月13日で今日です。

この頃になるとベガとアルタイルが日没後の早い時間から頭上に位置して、七夕らしくなります。

ただ静岡は今、局地的と思われる雨が降っているけれど ^^;

質問3-10)伝統的七夕について教えて
太陰太陽暦にもとづく七夕を「伝統的七夕」と呼んでいます。
もともと七夕の行事は、7月7日といっても現在使われている暦ではなく、旧暦など太陰太陽暦の7月7日に行われていました。これは、月齢およそ6の月が南西の空に輝く夏の夜になります。現在の暦での7月7日は、たいてい梅雨のさなかで、なかなか星も見られません。そこで国立天文台では2001年から「伝統的七夕」の日を広く報じていくことにしました。
太陰太陽暦は、明治6年に現在の暦が採用されるよりも前の暦で、現在は公には使われていません。このため、伝統的七夕の日は、太陰太陽暦による7月7日に近い日として、以下のように定義します。
二十四節気の処暑(しょしょ=太陽黄経が150度になる瞬間)を含む日かそれよりも前で、処暑に最も近い朔(さく=新月)の瞬間を含む日から数えて7日目が「伝統的七夕」の日です。
国立天文台

|

« アブチロン:満開 | トップページ | やっぱり静岡も暑い! »

天文」カテゴリの記事

歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/57986521

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は伝統的七夕:

« アブチロン:満開 | トップページ | やっぱり静岡も暑い! »