« 早春の北東の空 おおぐま座・北斗七星 | トップページ | 今日の静岡はとても暖かい »

2013.03.07

国際宇宙ステーションは夜空に突然現れて突然消える

国際宇宙ステーション(ISS)は月を除けば夜空で一番明るい物体で肉眼で十分確認ができ楽しめます。

ただ見える日時は、ISSの軌道の関係で限られ方向や角度も違うため宇宙航空研究開発機構(JAXA)のサイトで確認します。

関連サイト:「きぼう」を見よう/宇宙航空研究開発機構

それと面白いのは夜空に突然現れ、数分白い光の点が移動し、突然姿を消します。

これはISSが約400km上空の軌道で地球を周回していること、自らは発光していないのため太陽光を反射した姿を見ていることが関係しています。

下の図は大雑把にISSの見える範囲をイメージしたものです。(地球は球体だから本当は3次元でもっと複雑だけど ^^;)

地上から国際宇宙ステーション(ISS)の見える範囲

ISSは地上約400km上空にあるので日の出前や日没後の時間帯は地上が暗くてもISSには光が当たっています。(日中はISSに光が当たっていても空が明るすぎて見えない)
そのため地球の影に入らない時間帯だけ見えるので、肉眼で見るISSは空に突然現れ突然消えます。

|

« 早春の北東の空 おおぐま座・北斗七星 | トップページ | 今日の静岡はとても暖かい »

天文」カテゴリの記事

コメント

がっぴーさん。コメントありがとうございます。
ISS、通常は1分くらい見えます。また、挑戦してみてください。

投稿: Kaze | 2017.01.30 22:41

一瞬で消えた‼️ もっと見たかった~

投稿: かっぴー | 2017.01.28 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/56909500

この記事へのトラックバック一覧です: 国際宇宙ステーションは夜空に突然現れて突然消える:

« 早春の北東の空 おおぐま座・北斗七星 | トップページ | 今日の静岡はとても暖かい »