« 今シーズンのインフルエンザはA/香港型が主流 | トップページ | EOS Kiss D-X の正しい手動クリーニングの方法 »

2013.03.13

EOS Kiss D-X のセンサーにほこりがついた

EOS Kiss D-X で撮った写真の左下に茶色のしみのようなものが写り込むようになっていまいました。
レンズを交換しても同じ位置に写るのでセンサーにほこりがのってしまったのでしょう。

このところ星を撮る機会が増えて1~5秒程度のスローシャッターをよく使うので、レンズ交換の際にシャッター幕とレンズの間の空間に入り込んだほこりが、スローシャッターの際にセンサーの上にのってしまったのかもしれません。

EOS Kiss D-Xのセンサー
・ EOS Kiss D-Xのセンサー

とりあえずほこりを取ろうとしてもセンサーはシャッター幕で遮られて露出していません。
しかたがないのでシャッタースピードをバルブ(B)にして、シャッター幕を開きっぱなしにしブロアで空気を吹きかけると、ほこりのような写り込みは解消されました。

この方法が正しい掃除の仕方とは思えないけどね ^^;

----- 
追記 2013.03.15

t-saitoさんから正しいクリーニングの方法についてコメントをいただきました。

Canonのサイトや使用説明書にその方法が記載されていました。
このことについて2013.03.14のエントリーに書きましたので興味のある方はのぞいてみてください。

EOS Kiss D-X の正しい手動クリーニングの方法 (2013.03.14)

|

« 今シーズンのインフルエンザはA/香港型が主流 | トップページ | EOS Kiss D-X の正しい手動クリーニングの方法 »

写真」カテゴリの記事

コメント

t-saitoさん、情報ありがとうござました。
やはり正しいやり方があるんですね。さっそく03.14のエントリーに書きました。生兵法は怪我のもとですね ^^;

投稿: Kaze | 2013.03.14 23:55

デジタル一眼レフレックスカメラを持っていないので、経験はありませんが、普通のデジカメだとブロアで吹いて終わりですよね。
キャノンのHPには記載がありました。
http://cweb.canon.jp/e-support/faq/answer/eosd/61376-1.html

投稿: t-saito | 2013.03.14 07:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/56937044

この記事へのトラックバック一覧です: EOS Kiss D-X のセンサーにほこりがついた:

« 今シーズンのインフルエンザはA/香港型が主流 | トップページ | EOS Kiss D-X の正しい手動クリーニングの方法 »