« 岳南鉄道が鉄道事業を分社化 | トップページ | 今日は満月、木星、アルデバラン、すばるなど星が綺麗です »

2013.01.26

かけ算の順序なんて教えられたっけ?

朝日新聞に「小学校のかけ算 えっ? 順序が違うと「バツ」」というタイトルで面白い記事が載っていました。

突然ですが問題です。8人に鉛筆をあげます。1人に6本ずつあげるには全部で何本いるでしょう。「8×6=48」と答えた方、小学校のテストではバツになるかも知れません。
2013.01.25/朝日新聞

記事はこんな出だしで始まります。

かけ算の順序を小学生に教えるのに「[一つ分の数]×[いくつ分]」とするのがかけ算の意味を習得しやすいということのようです。

だから先ほどの問題は、答えが同じ48でも「6[一つ分の数]×8[いくつ分]」が正解で「8×6」とすると不正解になるケースがあるそうです。

どちらでも同じじゃんと僕は思うし、そういった考え方を持つ人も多いらしく、過去にも話題になったらしい。

僕がかけ算を習ったときそのように教えられたのかまったく記憶にありません。
それでそんなこともあるんだと興味を持って記事を読みました。

でもこれって算数というより国語の問題じゃないのだろうか。
「8人に6本ずつあげる」となれば「8×6」、「6本ずつ8人にあげる」となれば「6×8」が自然なような気がします。

そもそも普段、順序なんて意識してかけ算をしている人がいるんだろうか?

|

« 岳南鉄道が鉄道事業を分社化 | トップページ | 今日は満月、木星、アルデバラン、すばるなど星が綺麗です »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アレルオフさん、コメントありがとうございます。
やはり教えられているんですね。僕はすっかり忘れてしまっています ^^;

投稿: Kaze | 2013.01.29 23:35

たしかに掛け算の順序はありました。小学校では本文の通りに指導されましたよ。

投稿: アレルオフ | 2013.01.29 16:01

にゃんごろさん、こんにちは。
まったく思いもしなかったことなので、ある意味新鮮な驚きでした。
文部科学省はそういった指導はしていないらしく、学習指導要領の記述を解釈するとそうなるようです。
答えはひとつでもそこにたどり着く方法はひとつでないのになと思います。
ただこの問題を考えていて、数式は言葉なんだと改めて感じました。

投稿: Kaze | 2013.01.26 23:46

積分定数さん、コメントありがとうございます。
たし算でも似たような議論があるんですね。知りませんでした。
このような議論がたし算やかけ算で起こり、ひき算やわり算で起こらないのは面白いと感じます。

投稿: Kaze | 2013.01.26 23:34

kazeさん、同感です!

いったい誰が「順序」を持ち出すんだろう???巷に出て行くと、どういう順番かを決められないことがいっぱいです。そんなことにいちいち捉われているうちに、どんどん状況は変わって行きます。

でも、もしかするとそういうことに幼少の頃からこだわっていると、複雑なものを「整理」できるクセみたいなものが身について、結局答えを見つける早道になるのかな・・・?

投稿: 美瑛のにゃんごろ | 2013.01.26 23:25

初めまして。検索でここに来ました。

>僕がかけ算を習ったときそのように教えられたのかまったく記憶にありません。
それでそんなこともあるんだと興味を持って記事を読みました。

2006年、私も同様でした。
http://suugaku.at.webry.info/201102/article_1.html

その後色々調べて算数教育がおかしくなっていることが分かってきました。

足し算に順序がある、などという教科書まで登場しました。
http://ameblo.jp/metameta7/entry-11442739547.html

多くの人に、現在の算数教育がおかしくなっていることを知っていただき、算数教育が少しでも改善される方向にいけばと思ってコメントさせていただきました。失礼しました。

投稿: 積分定数 | 2013.01.26 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/56632088

この記事へのトラックバック一覧です: かけ算の順序なんて教えられたっけ?:

« 岳南鉄道が鉄道事業を分社化 | トップページ | 今日は満月、木星、アルデバラン、すばるなど星が綺麗です »