« 鳥インフルエンザ遺伝子4箇所の変異で新型インフルエンザへ | トップページ | ツバメが減っている? »

2012.05.10

2012年6月6日は金星の太陽面通過

5月21日は太陽の前を月が通過する日食、それも金環日食です。

そして6月6日は金星が太陽の前を通過する金星の太陽面通過があります。
その次は2117年12月11日とのことだから多くの人にとって金星の太陽面通過に遭遇できる最後の機会です。

国立天文台によると静岡での食の始まりが07:10、金星が太陽の中心に最も近づく最小角距離が10:29、食の終わりが13:47です。

参考:暦計算室/国立天文台

|

« 鳥インフルエンザ遺伝子4箇所の変異で新型インフルエンザへ | トップページ | ツバメが減っている? »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/54665726

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年6月6日は金星の太陽面通過:

« 鳥インフルエンザ遺伝子4箇所の変異で新型インフルエンザへ | トップページ | ツバメが減っている? »