« 今シーズンのインフルエンザワクチンの効果は低い? | トップページ | パンジー:正常な花の開花 »

2012.02.26

ダイアンサス:徒長した芽の処理

シベリアンブルーは、少し寒さが緩んで株元から新葉を展開し始めました。

寒くなる前に伸びた芽がかなり徒長していたので、徒長して伸びた芽は切り、株元の新芽だけ残しました。

ダイアンサス:徒長した芽の処理 ダイアンサス:徒長した芽の処理
・ 徒長した芽を整理する前(左) 整理後(右)

・ 詳しくはこちらへ。
・ 関連Blogはこちらへ。

|

« 今シーズンのインフルエンザワクチンの効果は低い? | トップページ | パンジー:正常な花の開花 »

ガーデニング」カテゴリの記事

ガーデニング日記 2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/54083821

この記事へのトラックバック一覧です: ダイアンサス:徒長した芽の処理:

« 今シーズンのインフルエンザワクチンの効果は低い? | トップページ | パンジー:正常な花の開花 »