« クリスマスローズ:ようやく伸び始めた新芽 | トップページ | うるう秒がなくなるかもしれない ? »

2012.01.11

上顎洞嚢胞 (03) - 入院・手術に至るまで

2010年11月に上顎洞嚢胞と診断されて以降、1ヶ月に1回くらいのペースで経過観察のため口腔外科に通っていました。
その間、硬口蓋の膨れが大きくなるたびに麻酔を打ち注射器で内容液を抜く治療をしました。
それはあくまで応急処置で、根本的治療は大きくなった嚢胞を手術で取ることです。

まあ、普段は痛みはなく日常生活に支障はなかったのですが、嚢胞が歯の神経を圧迫するためか昨年の6月頃になると右の上の歯が痛むようになりました。ただ、痛みは内容液を抜くと治まるのだけど‥

結局、仕事を調整して昨年の7月上旬に2週間ほど休みを取り手術入院をすることにしました。

手術の1ヶ月前に手術のための健康診断がありました。
歯や上顎洞、それに胸部のレントゲン写真を撮ったり、血液検査や尿検査をしたり、血液の固まるスピードも測るんですね。

そして、2011年7月7日(木)に手術のために入院しました。

関連エントリー
上顎洞嚢胞 (01) - 上顎洞嚢胞! (2011.12.17)
上顎洞嚢胞 (02) - 上顎洞嚢胞にどうして気がついたのか (2011.12.28)
上顎洞嚢胞 (04) - 入院・手術前 (2012.01.26)
上顎洞嚢胞 (05) - 手術 (2012.02.06)
上顎洞嚢胞 (06) - 手術直後 (2012.02.17)
上顎洞嚢胞 (07) - 手術後 入院中 1 (2012.03.17)
上顎洞嚢胞 (08) - 手術後 入院中 2 (2012.07.07)
上顎洞嚢胞 (09) - 手術後 入院中 3 - 抜糸 (2012.08.04)
上顎洞嚢胞 (10) - 手術後 入院中 4 - 入院生活 (2012.09.18)
上顎洞嚢胞 (11) - 退院 (2012.11.24)
上顎洞嚢胞 (12) - 退院後 傷口が開く (2013.04.23)
上顎洞嚢胞 (13) - 退院後 傷口を縫う (2015.09.06)
上顎洞嚢胞 (14) - 治癒 (2015.09.24)

|

« クリスマスローズ:ようやく伸び始めた新芽 | トップページ | うるう秒がなくなるかもしれない ? »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5814/53665464

この記事へのトラックバック一覧です: 上顎洞嚢胞 (03) - 入院・手術に至るまで:

« クリスマスローズ:ようやく伸び始めた新芽 | トップページ | うるう秒がなくなるかもしれない ? »